2017年09月26日

チームゴンタ2017

我が家のキャンピングカー「オルビス・イオ」のトレードマークは、我が家の愛犬ゴンタくんです。

team_gonta_brown_s_crearcircle.png

チームゴンタ

チームゴンタ貼ってみたけど…


当時の記事では、気泡で上手く貼れなかったとありますが、その後、気泡は自然に消えて、今なおステッカーは健在です。

しかしながら、リアルゴンタの方は15歳を迎え、黒かった毛がほぼ白くなってしまい、オルビス納車当時とは、かなり見た目も変わってしまいました。

黒い部分が無くなり、精悍さは失われたものの、今のゴンタの方が愛嬌が増して可愛くなったというのが、家族全員の感想です。

そこで、ゴンタの15歳を記念して、マークを新調してみました。

teamGonta_new_black.png

現在のゴンタをモチーフにしてみましたが、どうでしょう?

パグっぽくないか…あせあせ(飛び散る汗)

やっぱりブラウンの方が良いかな。

teamGonta_new_brawn.png

ついでに、以前作った「ちゃんりおメーカー」風ゴンタも、手直ししてみました。

さて、何処が変わったのでしょう…。

ゴンタをサンリオキャラクター風に

gonta_sanrio05.png

まぁ、作ってみただけで、実際にオルビスのステッカーはどうするかわかりませんが…爆弾


※追記:次男坊に“ネズミ”って罵倒されてので、没となりました。 もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★パグ犬ゴンタの日々

2017年09月25日

「道の駅カード」は普及するのか?

2017-09-25 22.28.30.jpg

私は「ダムカード」に加えて「マンホールカード」を集めているのですが、その他にも配布されているカードが有るということは、以前に取り上げました。

増えるダムカード配布とカード仲間たち


いろんなカードがあるものだと思っていましたが、今回、それらが序の口であることと、意外な事実を知りました。

それは偶然たどり着いたこちらのページにまとめられていました。

公共配布カード一覧 − ret0.info ゆるゆると再開。

この手のカードとしては、「ダムカード」が最も種類が多いのだろうと思っていたのですが、意外や意外、「ダムカード」の統一デザイン460枚、非統一デザイン64枚の全524枚(2015年11月現在)に対して「全国消防カード」は全749枚(2015年10月現在の情報による)なのだそうだ。

まぁ、消防署は全国にあるわけで、言われてみればわからなくもないけれど、このサイトにも書かれているように、配布情報が×、最悪なのです。

「ダムカード」や「マンホールカード」のように、「全国消防カード」自体のページはなく、一部の消防署のホームページで紹介されているだけの状態です。

というのも、この「全国消防カード」は、2015年に一般財団法人全国消防協会が設立50年を記念して作ったカードだそうで、継続して配布するというカードではなかったのでしょう、既に配布終了を告知している自治体もあります。

そんな中で、ほぼコンプリートに近く収集されている方の個人ページがありました。

全国消防カードコレクション − 佐野南広報1(@tw_tak)さんの個人ページ

凄いですねぇ、でも、残念ながら、状況から考えても、今から集めようとは思えません。

その他にも、全国規模では「ジオカード」なんてのもありますが、ノーマルカード15枚、レアカード15枚の全30枚(2014/10/3現在)とのことで、収集と言うには枚数的に寂しいです。

また、地域限定ものとしては、「北海道選奨土木遺産カード」、「沖縄観光インフラカード」、「文化遺産カード」、「なごやコレクションカード」なんてものがあったり、変わりどころでは、JAXAの「アンテナカード」とかダムとしてではなく、発電所として配布されているカードなんかもあるようです。

そんな数あるカードの中で、ちょっと個人的に気になるのが「道の駅カード」です。

img_9bcb24e4c06d17902521f1e46304a3a461532.jpg

現在は、福井県内の道の駅の15枚が存在するようですが、有料で1枚200円ですって。

でもこの「道の駅カード」は、全国の1100カ所で発行予定らしいです。

全国初、道の駅カード19日発行〜福井県皮切りに1100カ所で〜 − 福井新聞

とは言うものの、このニュースって昨年の春のもので、今年度中に本当に全国で発行されるのでしょうか?

今現在も福井県以外の「道の駅カード」は確認できませんし、道の駅のホームページでも、カードについての記載は見つけられませんでした。(見落としていたらすみません)

道の駅カード図鑑 − もりさんによる個人のページ

そもそも、道の駅って各エリアで参加料を徴収してスタンプラリーなんかやっていますし、既に有料180円の記念きっぷを発行しているところもありますよね。

その上、有料のカードなんてどうなの?って思いますけど…。

ちなみに、ここを見ると、記念きっぷは、企業が道の駅に売り込んで販売しているものみたいですね。

カードの1枚200円って、福井県の15枚だけで三千円ですよ。

もし、全国千百枚が本当に発行されたとしたら、全部で22万円です。あせあせ(飛び散る汗)

なので、私は「収集はない」と断言します。

私も持っていますが、道の駅「スプリングスひよし」のように、既にダムカードを模したカードを発行している道の駅もありますしね。

2017-09-25 22.29.27.jpg

さて、全国ニュースにも報じられたものの、本当に「道の駅カード」は福井県以外でも普及するのでしょうか?

怪しいなぁ。
posted by かわいいHERO at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ

高級マットレス???

この夏のウォーターベッドの水漏れから始まった、私達夫婦の睡眠難民生活は、

ウォーターベッドロス症候群

続・ウォーターベッドロス症候群

再び、ウォーターベッドロス症候群

と、試行錯誤を繰り返しながらも、未だ完結を見ていません。

直近の「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」のトッパーを最上部に敷いた形では、私は上手く寝返りが打てずにしっくり来ませんでした。

うちの奥さんは、低反発の柔らかさは好みのようですが、偶然その時の睡眠姿勢にもよるのでしょうが、背中の痛みを訴えていたので、好みではあっても、必ずしも合っているということではない気がします。

それならばと、数日間、その最上部のジェルメモリーフォームのトッパーを外してみましたが、私は許容範囲であるものの、奥さんは硬さで身体が痛いと言います。

ならば、ジェルメモリーフォームのトッパーを、その下のフェリーチェ極厚トッパーと入れ替えてはどうかと提案しましたが、奥さんは意味ないと言うので、試していませんでした。

また、ジェルメモリーフォームのトッパーの説明書にも、他の寝具の下に敷かないという項目があった為、その選択肢は除外していました。

ところが、ある時、テレビを観ていて、CMで「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」を使用したマットレスのベッドがあることを知りました。



見た目は普通のマットレスでしたので、「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」を内蔵しているとすれば、表面のキルトらしい生地の下にあるはずなので、我が家のフェリーチェ極厚トッパーの下に敷いても良いんじゃないか?

そう思い、昨晩実行してみました。

すると、適度に柔らかさが増し、私自身は快適度が増しました。

今現在、うちの奥さんの感想は聞けていませんが、バッチリとはいかなくとも、マシにはなっているのではないかと想像しています。

結果が好ましかったことで、そのCMのマットレスがどんなものかと思って、改めてWEBで調べてみたところ…

tvcmcut.jpg

品質と実績が物語る、全米売上No.1 サータ

思っていたよりもすごいメーカーだったようです。

そして、このサータ社のマットレスで「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」を採用した代表的なシリーズが、サータiSeries(アイ・シリーズ)であり、“Serta社を全米No.1のマットレスメーカーに導いたシリーズ!!”らしいです。

サータ社については、これくらいにして、「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」をフェリーチェ極厚トッパーの下に敷いた私としては、サータ社のマットレスでは、ジェルメモリーフォームが何処に配置されているかです。

ホームーページでは、マットの中身の図もありました。

img-stuffing-01.png

そもそものマットが、サータは「ポケットコイルマットレス」なのに対して、私のものは部分沈みしない「ボンネルコイルマットレス」で、大きく違うわけですが、それより上の構造としては、ジェルメモリーフォームが下部に配置されていることから、ジェルメモリーフォームの上にフェリーチェ極厚トッパーを敷いた、現在の配置に酷似しています。

ジェルメモリーフォームの厚さが明記されていないのですが、マットレス全体の厚みが26.5cmということなので、私の構成と比較してみます。

ボンネルコイルマットレス16cm + ジェルメモリーマットレストッパー 5cm + フェリーチェ極厚トッパー 3cm = 24cm

サータ社のマットレスに比較して、わずか2.5cm薄いという結果になりましたが、サータ社のマットレスには表裏両面にウレタンフォーム等の層が配置されているので、コイルから上を考えると同等なのではないかと想像します。

これで、サータ社のマットレスのマットレスに近いマットレスになったかもしれないのですが、驚くべきはそのコストです。

serta_kakaku1.jpg

サータ社のマットレス価格は、同じセミダブルでは、なんと税込み¥167,400という高級マットレスです。

一方、私の構成では、

ボンネルコイルマットレス8,640円 + ジェルメモリーマットレストッパー9,584円 + フェリーチェ極厚トッパー15,800円 = 34,024円

所詮寄せ集めで、サータ社のマットレスと比較するようなものではないかも知れませんが、ボンネルコイルマットレスの上に、+1万円でポケットコイルマットレスを追加して、この構成にすれば、完全に再現できるかも?なんて妄想してしまいます。

ボンネルコイルマットレスをポケットコイルマットレスにするかどうかは別として、この構成が最終型となることでしょう。
posted by かわいいHERO at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム

2017年09月24日

メインバッテリー問題の副産物

今回の単なる端子の緩みが原因だった、メインバッテリー問題ですが、素人仕事が原因とは知らず、我が家のオルビスに、2つの改修プロジェクトを始動させることとなってしまいました。

一つ目は、メインバッテリーのソーラーパネルによる補充電なのですが、既に材料は手配済みで、後は作業に移るのみです。

但し、今回セルが回らなかったのが、バッテリーの問題ではないことがわかり、2年間補充電無しでも、本来ならセルが回せていただろうことを考えると、本当にソーラーが必要だったかと考えると、無くても良いのかも知れないと思う自分も居ますが、なにしろ、既に材料が手元にあることから、取り付けることは間違いありません。

問題は、取り付け作業を行う時期で、10月半ばに栃木県のツインリンクもてぎへの往復があることです。

DKcOZVXW0AYQVhw.jpg

骨折で、チャンピオンシップ争いからは外れてしまいましたが、まさかのアラゴンGPで復活を遂げたバレンティーノ・ロッシは、5位入賞と状況を考慮すれば、素晴らしい結果でレースを終えているので、茂木での完全復活による勝利を期待できます。

rossi.png

なので、最重要行事の茂木行きに影響の無いように、

それまでに作業を完璧に終わらせて尚且つ、トラブルが起きないことまで確認するか?

茂木行きが終わってからじっくり取り付けるか?


という2つの選択肢があるので、様子を見て作業するかどうかを決めようと思います。

もう一つのプロジェクトとは、今更なんですが、キャンサスのポンプ作動についてです。

エンジン始動時の電力の必要なタイミングで、そこそこ電力消費の高いポンプが作動することは、今回のようなバッテリーに不安がある時には、強く問題を感じてしまいます。

スイッチでポンプのオンオフという手もありますが、忘れそうなので、遅れて作動するようにしたいと考えています。

そのために遅延リレーを取り付ければ良いのかなと思っていて、オムロンのタイマーのことを思い出しました。

そう言えば、トリプルバッテリー化の時に、オルビスから取り外した中に、タイマーがあったような…。

2017-09-24 14.12.06.jpg

ということで、引っ張り出してきました。

2017-09-24 14.13.58.jpg

こいつの一番左上の部品がオムロン製のタイマーリレーなのですが、

2017-09-24 14.14.30.jpg

よく見ると、AC用でした。

考えてみれば、発電機と外部電源との自動切り替えを行う回路なわけですから、ACに決まってました。ふらふら

さて、こちらは材料から考え直さないといけないようです。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

ボッシュのCCA値測れず

バッテリー問題が解決し、行き場を失ったパナソニックのカオスプロ2個ですが、1日以上放置したので、三重へ出かける前にCCAテスターで、改めて計測してみました。

2017-09-22 22.45.07.jpg

電圧は、やや下がって12.91V。

一見、充分ですが、時間とともに低下すると思われ、問題はCCA値の方です。

2017-09-22 22.47.10.jpg

「714」やはりこちらも下がってますね。

まぁ、700を超えているので、使用には差し支えないでしょう。

2017-09-22 22.45.46.jpg

もう一つも、電圧12.88Vで、似たようなところです。

2017-09-22 22.46.35.jpg

CCA値の方もほぼ同じで落ち着いています。

未だ充分に使えるのに勿体ないです。

何処かに欲しいという方でもいれば良いのですが…。

一方、今現在、オルビスに積んである、ボッシュの方はどうかなぁ?と思ってCCAテスターを繋いでみたところ…

2017-09-22 22.50.46.jpg

電圧は12.82Vを表示しました。

カオスプロよりも低いですが、時間経過とともに、多分逆転するのではないかと思われます。

2017-09-22 22.51.26.jpg

でも、肝心のCCA値はエラーが出てしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

予想はしていたのですが、オルビス上では、ツインで接続されているので、2台分で表示できなかったのでしょう。

ちゃんと計測しようと思えば、ターミナルから配線を外して、1個ずつ計測する必要がありますが、せっかくトヨタで綺麗に締め直してもらったので、面倒臭さも手伝って、今回はCCA値は諦めます。バッド(下向き矢印)

今更CCA値を知ったところで、何が変わるということでもなく、興味本位以外の何物でもないですから…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月23日

1泊1日?三重カード似非キャラバン

今日明日の連休は、どこかに行きたいと思いながら、赤っ恥のメインバッテリーのセル回らない問題のお陰で、断念。

代わりに、オートバイでカード集めツーリングでもしようと計画を練っていたものの、昨日は雨で、愛車DR-Zを会社の倉庫から持ち帰るのも厄介な事態の反面、オルビスのバッテリー問題が解決したことで、急遽、日帰りに前泊を足した「1泊1日」で、三重県に向かうべく、日が変わる前に自宅を出発しました。

ちなみに、ツーリング代わりなので、一人旅です。

デジ蔵の動画を再生しようと思ったら、ナビの外部入力が無効になっていて、トヨタで配線を確認する時に、ソケットでも外れたのかと、国道173号線の途中で、調べていると、どうやら、バッテリーの通電が切れたことによるメモリー喪失で、初期設定に戻ってしまったことが原因でした。

そんなこんなで、ナビの目的地に設定していた三重県の松坂市役所に近づいて来たので、最寄りの道の駅で寝ようと調べたところ、近くには全く道の駅がありません。

一番近いところで、美杉の道の駅でしたが、既に分岐を行き過ぎて、結構な距離を戻ることなり、何より松阪市までも結構掛かります。

そこで、仮眠できるパーキングでもないかと、検索してみると、ナビタイムの「松阪市駐車場」がヒット。

2017-09-23 17.21.36.jpg

おおっ、無料で24時間???

2017-09-23 17.20.40.jpg

半信半疑で、「松阪市駐車場」ヘ向かってみると、トイレもあって空いていて、問題なさげなので、そのまま熟睡タイムへ。

8時前に起床して、改めて、「松阪市駐車場」についてリポート。

2017-09-23 07.54.29.jpg

道路向かいに市民病院があるので、その駐車場という意味合いも強いようで、祝日の今朝に駐めに来る人の多くは、病院絡みのような気がしました。

2017-09-23 07.53.57.jpg

次の写真の左側に写っている建物がトイレです。

2017-09-23 07.52.03.jpg

観光バスの駐車エリアもありましたし、トイレの前にはこんな観光ガイドマップもあって、観光客誘致に力を入れているんでしょうね。

2017-09-23 07.51.15.jpg

道路側のフェンスには、松坂城跡の案内パネルが…。

2017-09-23 07.54.52.jpg

この駐車場に隣接した小山が松坂城跡のようです。

2017-09-23 07.55.07.jpg

駐車場入口には、午前6時から午後9時半という利用時間が明記されていて、夜間は利用できない旨がありましたが、施錠時間、開錠時間とあるので、以前のものなのでしょう。

2017-09-23 07.56.17.jpg

そう思っていたら、入り口にあるプレハブ小屋の同じ注意書きには最後に病院長と書いてありました。

多分、以前は病院専用の駐車場だったのかも知れませんね。

それを観光目的にも使うようになって24時間開放するようになったのかなと想像します。

2017-09-23 07.58.49.jpg

駐車場に隣接して、野球のグラウンドがありました。

2017-09-23 08.02.48.jpg

休日ということで、ユニフォームを来た方が練習をして居られました。

2017-09-23 07.58.14.jpg

少しですが、彼岸花が咲いていました。

さて、時間が8時半に近づいてきたので、今日の本題のために、徒歩4分という松阪市役所へと向かいます。

2017-09-23 08.25.06.jpg

休日なので、裏の宿直室を訪ねますが、職員らしき方がノボリを外に出されました。

2017-09-23 08.28.41.jpg

そうです、今日の目的はこのノボリの「マンホールカード」です。

2017-09-23 08.30.33.jpg

本日、1枚目の「マンホールカード」をゲットです。

2017-09-23 08.32.11.jpg

駐車場へ戻ろうと歩いていると、松坂牛のお店の看板がこれでもかと誘惑してきます。

2017-09-23 08.33.51.jpg

おいおい、どんだけ誘惑するんだい?

もっとも、こんな時間に営業しているわけはないので、後ろ髪を惹かれながら、駐車場へと戻り、次のポイントへ出発しました。

2017-09-23 10.13.35.jpg

鈴鹿サーキットの近くを過ぎ、松阪市から1時間以上走ってやって来たのは四日市市です。

2017-09-23 10.13.07.jpg

そらんぽ四日市という立派な建物ですが、入口を入ると大きな骨格標本がお出迎えしてくれました。

2017-09-23 10.12.56.jpg

受付で本日2枚目ゲットです。

次のポイントへ向かう途中で、見覚えのある看板を見つけました。

2017-09-23 10.20.33.jpg

「まつもとの来来憲」の大とんてきは、こちらの記事に登場しています。

そして、次なるポイントは、ナビの案内で進むと何だか狭い道へと出ました。

2017-09-23 11.09.41.jpg

この風情ある町並みは、関宿の町並みなんですね。

でも、大きなオルビスには、ちょっと不安を感じますので、早々に抜けましょう。

2017-09-23 11.09.47.jpg

その前に、目的の「マンホールカード」を「関まちなみ資料館」でいただきました。

2017-09-23 11.09.32.jpg

本日3枚目のカードをゲットした後は、三重県での最後のポイントとなります。

2017-09-23 11.52.50.jpg

「伊賀市観光案内所」で本日4枚目の「マンホールカード」ゲットです。

2017-09-23 11.52.19.jpg

これで、現時点での三重県内の配布分はコンプリートできました。

4枚共に、休日対応というところが有り難いですね。

この時点でようやく12時でした。

四日市からは、大阪方面へ戻りながらの収集で、後はさらに大阪方面へと戻って行くのですが、国道173号線に以前通った時にはなかった道の駅が出来ていたので、良いペースで収集できたこともあり、寄っていくことにしました。

2017-09-23 13.00.07.jpg

道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」です。

2017-09-23 12.16.49.jpg

今年の4月にオープンしたようです。

2017-09-23 12.14.18s.jpg

道路向こうを見上げると、2両編成の電車が駅に停まっていました。

2017-09-23 12.58.43.jpg

名前の通り、京のお茶を前面に出した道の駅のようです。

2017-09-23 13.03.54.jpg

道の駅の駐車場の向こうにも、お茶畑が広がっていました。

2017-09-23 12.20.36.jpg

朝から何も食べていないこともあって、せっかくなので、「村風土食堂つちのうぶ」という道の駅内のレストランで昼食を食べていくことにしました。

2017-09-23 12.22.58.jpg

メニューも少なめで、全体的に割高ですねぇ。

2,3組の待ちだったなので、その後ろに並びました。

2017-09-23 12.24.50.jpg

お茶が売りの道の駅なので、茶蕎麦をいただくことにします。

とくダネ!で取り上げられたんですか、そうですか・・・。

2017-09-23 12.38.23.jpg

より、茶蕎麦の味がわかるように、冷たいお蕎麦にしましたが、色は見事なグリーンで美味しそうですが、まぁ、特に感動もなく、普通のお蕎麦かなってところです。

2017-09-23 12.50.04.jpg

でも、食べ終わって外へ出ると、レストランの行列が4倍ほどに膨れ上がっていました。

2017-09-23 12.55.17.jpg

お蕎麦がイマイチだったので、お茶ソフトでリベンジ。

と言っても、こちらも普通な感じでしたが。たらーっ(汗)

気を取り直して、大阪への道を快適に進んでると、すれ違う対向車が約8割の確率でパッシング。

案の定ねずみ取りだったわけですが、大部分の対向車にあまりに連続でされると、別の何かがオルビスに起こっているのかと心配になりました。爆弾

2017-09-23 14.25.46.jpg

最後の立ち寄りポイントは、大阪府四条畷市役所です。

2017-09-23 14.24.46.jpg

先日の「マンホールカード」ツーリングでスルーしたところですが、休日なので、こちらも裏手の宿直室のインターホンを押して、本日唯一の大阪府内の「マンホールカード」ゲットです。

2017-09-23 16.31.15.jpg

順調に消化できたことで、予定通りに16時過ぎには帰宅できました。

本日の収穫の5枚です。るんるん
posted by かわいいHERO at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2017年09月22日

バッテリ問題は毎度の素人仕事から

その原因がわからずに、セル回りの不良を疑ってトヨタへ検査入院させた、我が家のオルビス・イオですが、ある意味“最悪”で、ある意味“最高”な結末となりました。

今朝、営業担当者から電話がありましたが、「セル回りは問題なく、ターミナル周辺の緩みが原因らしいです」とのこと。

ターミナル?

ターミナルは、エーモンのものに取り替えたはずだし、ちゃんと取り付けたつもりなので、緩んでそこが原因とはちょっと考えにくいです。

そこは、営業担当では話がそこまでなので、店へ行くので、整備の方からそこの説明をいただけるようお願いしました。

そして、ついでに引き取るつもりで、昼頃、トヨタを訪問。

2017-09-22 12.12.02.jpg

奥からオルビスがやって来ました。

ターミナルという話でしたが、実際には、バッテリーをツインにする時に、マイナス側のケーブルの長さが足りず、元の端子と延長ケーブルの端子をボルトで接続固定していたものが、緩んでいたことが、直接的な原因でした。

2017-09-18 11.14.02s.jpg

マイナス側なのですが、ビニールテープで巻いていたことで、目視ではボルト接続の緩みがわからない状態になっていました。

各ターミナルもやや締めが甘かったようですが、そこは電圧低下を引き起こすようなものではなく、あくまでもセルが回らなかった原因は、このマイナスの延長ケーブルの緩みだったようです。

あっちゃー…またやっちゃったって感じですが、かむぱぱさんからトヨタへの持ち込みを提案されなければ、未だに「バッテリーは正常なのに?何故?」って頭を抱えていたことでしょう。

安易な「ケーブルのボルト接続」に、ビニールテープによる「緩みの見落とし」と素人仕事が重なった、恥ずかしい結果ですが、そこは、

“素人仕事は恥だが役に立つ”

と、ガッキーに免じて、また一つ良い学習をしたということにしておきます。爆弾

これがわかっていたら、そもそもひとり旅キャラバンの途中でさえ改善できたことですから。あせあせ(飛び散る汗)

さて、原因が解明されたら、もう問題はないので、そのまま乗って帰れるのかと思ったら、もう少し、きちんと配線周りを増し締め等するのですぐには引き取れないと言われてしまい、これまた困った。

今日の夕方は、モトGPの公式練習視聴で忙しいので、軽トラをトヨタに置かせてもらって、オルビスを自宅に乗って帰ってから、再度、電車でトヨタへ来て、軽トラに乗って帰るという計画が、完全に崩れてしまいました。

夜の引き取りを提案してこられ、「それなら後日に引き取りは?」と言うと、ちょっと困った顔をしたので、結局、作業が終わったら電話をもらうことになりました。

仕方がないので、銀行廻り等の仕事を済ませてから、軽トラで一旦自宅へ帰って軽トラを置いて、電車でトヨタへ向かいました。

なかなか電話が掛かってこないので、今更「後日にします」なんて言われたらどうしようと思いながら、トヨタへ到着。

電話が未だないけど待たせてくださいとお願いして、商談スペースへ着席しました。

お姉さんにドリンクを聞かれ、珈琲をお願いしたら、今回はバトンドールが付いてきました。

2017-09-22 15.37.13.jpg

一時なくなっていた高級菓子が復活のようです。

すると、丁度作業が終わるところだったようで、急いで珈琲を飲み干して、請求書をもらって帰ります。

2017-09-22 15.49.15.jpg

整備の方から「すみませんが、少しだけ頂いて良いですか?」と言われた請求書は、たったの2千円。

2017-09-22 18.51.36.jpg

ある程度は覚悟していたものの、確認作業と増し締めだけでは多くはいただけないということなんでしょうね。

バトンドール付きの珈琲頂いてだと、なんだか申し訳なく感じます。

肝心のエンジン始動は、驚きの軽快さでした。

これぞ新品ボッシュという感じ。

そう考えると、プラス側のターミナルと、マイナス側の延長ケーブル接続ボルトの緩みが相まって、バッテリーの能力を台無しにしてしまっていたことを強く反省しました。

2017-09-22 16.33.31.jpg

あとで、バッテリー周りを確認すると、お金をいただく以上ってことでしょうか、増し締めだけでなく、結束バンドでケーブルが整理してありました。

自分の素人仕事が原因で、無駄にバッテリー交換を行う羽目になってしまったことは“最悪”ではありますが、セルスタータ周りの修理が必要なかったことで、そこの出費が無かったことは“最高”だと考えて、今回の件をポジティブな学習だったと位置づけることにしよう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月21日

軽キャンパー?安易なマスコミ取材に疑問

昨日の関西ローカルの夕方の情報番組「テン」で、軽のキャンピングカーの特集がある予告していたので見ていました。

ten9.20-01.jpg

おっ、私も未だ訪問できていない西宮の新しいフジカーズさんのお店じゃないですか。

ten9.20-02.jpg

軽キャンパーが人気…そのとおりですね。

ten9.20-03.jpg

日本RV協会のこんなグラフまで出てきたのは良いのですが…

ten9.20-04.jpg

画面が亀岡の山奥の工務店に切り替わりました。

ten9.20-05.jpg

トラベルハウス???

これって、この間、別の関西ローカル番組でもやってた会社だぞ。

浜松バイクは行けないので、地元のキャンカー

こんな人だったかなぁ…もっとひょろっとした若者だったような気がするけど、気のせいかなぁ?

ten9.20-15.jpg

んん、関西テレビの「ウラマヨ!」では、趣味で作ったシェルに若手起業家が目を付けて事業化したと言っていたのに、こちらでは工務店が住宅建材会社に話を持ちかけて合同で開発って、ぜんぜん違う…。

読売テレビも、このトラックの荷台に載せるタイプは昔からあって、別に新しいタイプじゃないですから。

ten9.20-06.jpg

価格も以前の番組よりも安いような…

ten9.20-07.jpg

箱だけ載せた農家の野菜売り仕様の軽トラか???

ten9.20-08.jpg

「どういうコンセプトで開発した?」の質問に、

「住宅を軽トラックで運んでもらうというコンセプトで作っている」との回答。

ten9.20-09.jpg

キャンピングカーで「車からの発想ではない」で本当に良いのだろうか?

ten9.20-10.jpg

建材は、純国産の住宅用よりも軽さを考慮するのが車からの発想ですが、住宅からの発想なんですね。

ten9.20-11.jpg

販売台数は、以前の番組では発売3ヶ月で50台とのことだったので、そんなものか。

ten9.20-12.jpg

ユーザーさんが何を選ぼうと自由ですから、普通のキャンピングカーの装備は必要ないと言えば、それもまた真理でしょうね。(モザイクは独自の判断で入れています)

ten9.20-13.jpg

でも、奥様と一緒に桜前線となれば、やっぱり実績のあるMYSミスティックさんの方をおすすめしますし、もっと言えば、トラキャンでないキャンパーをおすすめしますねぇ。

ten9.20-14.jpg

神戸の会社が、住宅からの発想で阪神大震災を持ち出すのは、わからなくもないけれど、現実的にキャンピングカーとして売るとなると、ちょっとずるい気もするなぁ。

ten9.20-15.jpg

この見栄えのする北海道仕様って車も、お客のオーダーみたいな口ぶりですが、トラベルブログを見ると実際には中の人の車みたいだし。

建具は完全に住宅用で、問題ないのかなぁ。

キャンピングカービルダーがわざわざ高い海外製の専用品を使うには、ちゃんとした理由があると思うのですが…。

フジカーズさんもこんな取材で文句を言わなかったのだろうか?

ten9.20-20.jpg

コメンテーターの俳優、西村和彦氏が軽キャンパーの後ろに乗ったことがあって快適だったと言っていましたが、それはあくまで軽キャンパーで、トラベルハウスではないのに、一緒くたに絶賛する形になってます。

トラベルブログの中には、「シェルの重量」という記事がありますが、やっぱり重いようで、荷台での安定だけを強調されていて、納得のいかない方も多いのでは?

4ナンバーと8ナンバー」という記事も住宅目線前提なので、仕方がないのかも知れませんが、8ナンバーにできないあくまで荷物だという逃げにも感じられます。

そして、それだけ深く理解していないお客さんが多いということのようにも思えてしまいます。

発売して半年でいきなり70台も売って、後から後悔する人続出ってならなければ良いのですが。

もしそうなった時には、適当な取材で煽ったマスコミの責任は大きいですね。

ブログを見ると、本当にマスコミの取材が多いようですから。

色々と否定的なことを書きましたが、そうならないことを祈っています。
posted by かわいいHERO at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣関連記事・ニュース

パナバッテリー強し

一昨日、お急ぎ便でポチッとしたCCAテスターですが、アマゾンの配送が悪評高き「デリバリープロバイダー」になっていて、昨晩9時を過ぎても届きませんでした。

肝心のオルビス・イオをトヨタに預けてきたことで、ボッシュの新品バッテリーのCCA値は計測できませんから、「まぁ良いや」と思っていたところで、インターホンが鳴りました。

なんとかお急ぎ便の明日中は守れた形ですが、元々の発送が茨木市からなので、もっと早く到着しても良さそうなので、そこが「デリバリープロバイダー(TMG)」ってとこですが、約束通りに届いているので、責めることはできません。

で、購入したCCAテスターはこちら。



一番安くて、評判もそこそこ。

日本語の説明書か無いものの、バッテリーの端子に繋いで、基本は【ENTER】ボタンを押していくだけなので、難しくはありませんでした。

数値が正確でないというレビューもありますが、バッテリーの種類をきちんと選択する必要があるようなので、悪評レビューがそれを守っていたかどうかはわかりません。

覚書としてアマゾンのトップレビューから引用させて頂きます。

「SLI]=電解液タイプ(バッテリー液が中に入っているタイプ用)で、補充タイプ及びメンテナンスフリータイプ共用
「FLAt」=AGMタイプ(グラスマットに電解質を付着させた密閉型タイプ用)で、AGMと表示されている一般タイプの最新式のバッテリー用
「SPL」=スパイラル型(円柱状のセルのタイプ用)で、オプティマバッテリーなど密閉型のAGMが該当
「GEL」=ジェル型タイプ(希硫酸をゲル状にした密閉型タイプ用)で、横積みができるタイプでバイク用のバッテリーなど


せっかく届いたので、手元にある、オルビスから降ろしたパナソニックのブルーバッテリー「カオスプロ」を計測してみました。

2017-09-21 00.33.28.jpg

一つ目は電圧が12.8Vとなっていますが、2個共に12.6Vだったところに、1個だけ少し充電しちゃったので、少し電圧が上がっています。

2017-09-21 00.31.09.jpg

肝心のCCA値は???

2017-09-21 00.31.14.jpg

740…優秀ですね。

パナソニックはCCA値を公表していないため、この数値がどうなのかイマイチわかりにくいですが、新しく購入したボッシュ「ハイテックプレミアムバッテリーHTP-S-95/130D26L」が、定格730だそうですので、それを上回っています。

もっとも、この740という数値は、「SLI」という表示を選択したもので、これはおそらく電解液タイプを表すようなので、多分これで間違いないと思いますが、ここが間違っていると、数値はおかしくなります。

次に、もう1個のバッテリーの方を計測してみます。

2017-09-21 00.31.58.jpg

こちらは事前に確認した12.6Vなので、充電していない方のようです。

2017-09-21 00.32.21.jpg

こちらのCCA値は…

2017-09-21 00.32.25.jpg

725でした。

多分、これでも充分なんでしょうが…。

改めて、昨晩から今朝にかけて、ACデルコの充電器のメンテナンスモードで充電してみました。

すると、今朝の値は

2017-09-21 09.14.07.jpg

電圧13.1V

2017-09-21 09.14.54.jpg

CCA値も751まで上がっていました。

但し、バッテリーの正確な状況を診るには、1日くらい置かないといけないらしいので、後日、改めて確認してみようと思います。

結論としては、このカオスプロでもセルは回って然るべきと思われるので、やはり、オルビス・イオのセル・スターター周りに問題があるのでは?と推測できます。

また、このパナソニックのカオスプロでは、ひとり旅キャラバンでの問題発覚後、補充電をしたところ、神戸へのお墓参りには、サブバッテリーのブースターケーブル接続無くエンジンが掛かりましたが、ボッシュの新品バッテリーでは、単独では、一度もエンジンが掛かりませんでしたので、パナとボッシュのCCA値の差も興味深いです。

ちなみに、バッテリーの性能表記としては、パナソニックのカオスプロS-95が「105D26L」なのに対して、ボッシュのハイテック プレミアムS-95は「130D26L」と、25も上回る性能ランクです。

そう考えると、このパナのバッテリーの強さを感じます。ぴかぴか(新しい)

結局、ボッシュのバッテリーは買う必要無かったんですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

やっぱりCCAテスターは必要ですね。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月20日

ロッシ復活!?嬉しくも複雑

今週末のモトGPアラゴンラウンドに我らがバレンティーノ・ロッシの参戦が濃厚となって来たようです。

これが実現すれば、医者曰く通常復帰に40日要すと言うところをその半分での復帰となります。

2017-09-20 18.03.37.jpg

月曜日にミサノでのヤマハの市販車ベース「YZF-R1M」での4周走行に続き、昨日は20周をこなして、参戦を決意したと言います。

ロッシ、プライベートテスト2日目は成功 - MOTOGP

ロッシ復活は嬉しいニュースではあるのですが、アラゴンのレースで転倒なんかがあれば、間違いなく次の茂木では走れなくなりますから、それだけは避けたい。

なので、アラゴンを走るロッシは見たいものの、安全策で、万全の体制で茂木から走ってくれた方が安心できます。

とは言え、ロッシ本人が走るという訳ですから、アラゴン、茂木ともに転倒なく、表彰台に上がって欲しい。

もっとも、未だ痛みがあるようですから、最終的に精密検査を受けてドクターからのOKが出ないと参戦できないらしいので、静かに見守りたいと思います。

今週末こそは、オルビスで出掛けたいと思っていましたが、オルビスの緊急入院で、それも難しくなりましたので、モトGPのテレビ観戦に熱が入るのは歓迎です。

posted by かわいいHERO at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係