2016年10月31日

驚きの9人目の勝者とスズキへの期待

昨日の休日は、マレーシアでのモトGP第17戦の観戦で充実した時間が過ごせました。

現地の天気予報とは異なり、3クラスとも雨のレースとなってしまいましたが、改修で路面のグリップ力が上がったものの、水捌けが悪くなり、かえって難しいコースコンディションとなってしまったようで、各クラスとも転倒者続出というレースになってしまいました。

ですが、これもレースです。

マレーシアというお国の日常として、温暖な気候も、毎日何らしかの雨が降るというのは、現地の方からしたら、日常そのものなわけですから。

経済の発展がめまぐるしいアジアに位置するマレーシアですから、国際レーシングコースも非常に近代的な反面、独特の衣装をまとう女性の姿もあったりで、そのギャップが不思議に思えたりします。

最高峰のモトGPクラスでは、茂木の日本グランプリで、ホンダのマルク・マルケスが年間チャンピオンを決めていて、本来ならつまらない消化レースとなりそうなところですが、いえいえ今シーズンの面白さはずば抜けていると思われます。

というのも、年間チャンピオンのそのマルク・マルケスが、前戦のオーストラリアGPに次いで、転倒という事態が発生。

motogp17_05.jpg

そして、怪我で戦列を離れていたものの、満を持してレースに復帰し、激しいトップ争いで存在感を示した、ドゥカティのアンドレア・イアンノーネも転倒。

motogp17_06.jpg

イアンノーネに攻め勝ち、トップを走って優勝を予感させた、我らがバレンティーノ・ロッシもまさかのオーバーラン。

motogp17_08.jpg

ドゥカティワークスのステディな走りをするアンドレア・ドビチオーゾが7年ぶりの優勝で、ドゥカティでの初優勝となりました。

motogp17_07.jpg

驚きは、これによって、全18戦で行われる今シーズンのモトGPで、9人目の優勝者が出たということです。

motogp17_02.jpg

今シーズンは、車載コンピュータを各車独自のものから配給される統一品へと変更になったことと、タイヤ供給メーカーが、ブリジストンからミシュランへと変更になったことに加えて、気象条件も荒れたことにより、特殊なシーズンとなっていて、これまで見られた、限られたメーカーやライダーばかりが優勝するという状況が一変しました。

そして、地道に頑張っているがなかなか実を結ばないというライダー達にも、優勝のチャンスができたといえます。

前回のオーストラリアでも、ホンダのサテライトチームのカル・クラッチローが優勝し、表彰台でも微笑ましい祝福の嵐でしたが、今回もドビチオーゾへの祝福が多数見られました。

motogp17_03.jpg

また、2011年には、ここセパンサーキットで、マルコ・シモンチェリがレース中の事故で亡くなっていて、シモンチェリと親交がありながら、その事故にも関わってしまったバレンティーノ・ロッシには、特別な想いがあり、各所でウィリーする姿が見られました。

motogp17_04.jpg

シモンチェリへの哀悼の意のウィリーです。

motogp17_01.jpg

レース結果としては、バレンティーノ・ロッシは前回に続き、2位に終わったものの、同じくランキング2位の座を争っていたヤマハのホルヘ・ロレンソよりも前でチェッカーを受けたことで、2位を確定させました。

総合的に、非常にエキサイティングで、レースとして見ごたえのあるものでしたが、朝のウォームアップランで、トップタイムだったスズキのマーベリック・ビニャーレスが6位に終わったことが少し残念です。

もてぎに次いでオーストラリアでも表彰台を獲得していたのですが、天候の変化が悪い方に出てしまったようです。

そんな、スズキについて、こんな記事が出ていました。


「二輪車大国」日本のピンチで、呉越同舟…ホンダ、ヤマハがまさかの提携、スズキはどう出る?


国内での2輪車販売の減少は、人口減少に加え、若者の堅実嗜好によってリターンライダーによるおっさん市場となっていることについては、過去に何度も否定的な記事を書いています。

おやじライダース

リターンライダーの憂鬱

目につく二輪の死亡事故

リターンライダーの埋まらないギャップ

おっさんライダーの高死亡率


自身もおっさんであることから、理解はできるものの、やはり健全な世代交代が理想だと感じます。

とは言え、高年齢層が国内の需要を支えているとなれば、おっさんライダーも頑張らなければいけないのも事実ですから、こちらのお姉さまライダーさんには刺激を受けます。

お姉さまライダーの存在に改めて反省中

このお姉様の参加されているレースは、単気筒250ccであるホンダ「CBR250R」のワンメイクレースですが、2気筒のカワサキの「Ninja250R」の速さに劣るのは、単気筒の宿命であり、そのNinja250Rに対して、ヤマハが本気のスポーツ車「YZF-R25」を投入したことで、250ccクラスが一気に面白くなっています。

yzr25.jpg

ホンダも2気筒の「CBR250RR」を発表したのです。

2016-07-31 09.19.19.jpg

これは、鈴鹿の8耐で展示されていた時の写真です。

いずれも主要マーケットは東南アジア諸国で、枯渇してしまった日本市場のためのモデルではないですが、日本市場にも投入されるので、市場の魅力となることは間違いありません。

そして、正式には発表されてはいませんが、スズキも確実に2気筒スポーツのニューモデルを投入するようです。

でも、このネットに出回る写真の真偽は不明です。

GSX250R.jpg

しかしながら、モトGP復帰2年目にして勝利を収め、ドゥカティを上回るランキングを手中にしつつあるスズキの業績回復にも、大いに期待したいところです。
posted by かわいいHERO at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

とうとう来たか花粉症

357643.png

昔、耳の診察で受診した耳鼻科の先生に、関係のない鼻をひと目見て「君は花粉症を持ってるね」と言われて、はや30年近くになりますが、子供の頃から埃に反応してくしゃみが止まらなくなるところはあったので、きっとそのあたりのことを言われているのだと思っていました。

ところが、10年前くらいから、冬の寒くなったあたりから、咳が出るという症状が出始め、肺のレントゲンを撮ってもらったりもしましたが、結果は異常なし。

なぞの咳

その後、健康に詳しい会社のトップの助言から、それがアレルギーであるという疑念が湧き、確信へと変わっていきました。

ハンノキ?

榛の木アレルギー

毎年、12月頃からのぐっと冷え込んだ時期に、咳が出始めるのですが、今年はちょっと違います。

数週間前から、鼻がムズムズ、顔もヒリヒリすることが多く、最も問題なのが、目が痒くて赤く充血してしまうことです。

おかげで、コンタクトレンズが付けられない…。

ワンデーならいざとなれば外して捨てて、眼鏡に切り替えればよいのですが、2WEEKの遠近両用の場合は、そうもいかず、結局、眼鏡で過ごす日々です。

ブタクサにでも反応しているのでしょうか?

本来、これから出始めるであろう咳がどうなるのか?ということも気になりますが、ひょっとして来春には、杉花粉にも反応してしまうのではないかと考えると恐ろしいです。

奥さんには、三男坊に有効だったらしいタウロミン?とかいう抗アレルギー薬を勧められていますが、未だに投薬はしていません。

マスクもしておらず、未だましな症状と決めつけていますが、実際のところはわかりません。

花粉症は、長年蓄積したものが、突然発症すると聞いたことがあるので、ひょっとして自分もそうなのかな?なんて思っていますが、さてどうなることやらです。
posted by かわいいHERO at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2016年10月30日

今朝一番は自転車の鍵交換

我が家で唯一、私よりも偏差値の高い高校に通う三男坊ですが、私生活ではいい加減なところが多く、自転車の鍵をよく失くします。

学校へは、自転車通学しているので、許可ステッカーの貼った自転車でないと乗っていけないので、先日も、鍵を失くしてすったもんだしたところなのですが、数日前に、帰りが遅いと思ったら、またもや鍵を失くして後輪を浮かせて押して帰ってきたようです。パンチ

そこで、奥さんに頼まれて、私の出番ということで、休日の今朝は、まず初めにこの作業からスタートです。

2016-10-30 09.04.56.jpg

私は高校生の時に、バイク好きが高じて、バイクも扱う自転車屋でアルバイトをしていて、払下げを受けてきた放置自転車を再生して、中古自転車として売るなんてことやってました。

なので、自転車の鍵交換はお手の物なはずですが、問題点がひとつ…。たらーっ(汗)

2016-10-30 09.05.14 HDR.jpg

最近の自転車って、鍵が後輪についているんですよね。

私の時代は、フロントフォークに付いているタイプしかなくて、後輪につくタイプの鍵の交換は経験がありません。

鍵自体は、昨日、ホームセンターで調達済みで、普通に売っていたので、問題なくつくだろうと楽観視していました。

2016-10-30 09.07.07.jpg

鍵本体を固定しているステーのビスを外しても、ロックが掛かった状態なので、輪っかがハマったままです。

2016-10-30 09.08.05 HDR.jpg

ここから先は、想像で試行錯誤しますが、昔の鍵のイメージで、こんなものも準備していました。あせあせ(飛び散る汗)

2016-10-30 12.06.17.jpg

鍵のシリンダー本体をよく観察すると、爪で止まっている部分があります。

それなら、爪部分をこじ開けてみましょう。

2016-10-30 09.09.23 HDR.jpg

すると、ロックのスライドするピン部分の切れ目が露出したので、よじって切れ目部分を大きく開くと、タイヤから無事に外れました。

前の鍵が外れさえしたら、こっちのものです。

新しい鍵のステーを曲げて、ビス止めして固定すれば、あっという間に完了しました。

2016-10-30 09.17.54 HDR.jpg

思ったよりも簡単でした。グッド(上向き矢印)

三男坊にこれ以上鍵を失くしてもらっても困りますが、次からは楽勝です。るんるん

これで、この後のモトGP観戦に集中できます。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2016年10月29日

健康音痴の失敗

2016-10-24 00.34.48.jpg

先日導入したオムロンの血圧計ですが、スマホへの取り込みも問題なく、日々順調に計測しております。

2016-10-29 09.06.45.jpg

アプリ内に体重の項目もあるので、同時に買った体重計のデータも入力しているのですが、こちらはスマホへの取り込み機能対応のものにしなかったので、手作業で入力しています。

2016-10-29 09.07.07.jpg

こんなことなら、取り込み機能のあるものにすれば良かったかなと思い、こいつは子どもたち専用にしようかなんて考えて、オムロンのホームページを見て、やっちゃったことに気が付きました。

omron01.jpg


ウェルネスリンクサービスの終了について


モデルチェンジのタイミングで、比較的安く買えたと思っていましたが、なんとサービスが終了だなんて…。

一応、我が家の場合は、特別な使い方はしていないので、別アプリにて、これまで同様の使い方くらいはできるようですが、新型機器向けに別アプリをリリースするらしい。


モバイルヘルスケアをサポートする健康管理アプリ「OMRON connect」(オムロン コネクト)


何が残念って、新型では、アップル社のiPhone標準搭載アプリ「ヘルスケア」にも対応するらしい。がく〜(落胆した顔)

ヘルス関係は全く無知な、健康音痴なもので、そっち方面の情報が完全に抜け落ちていました。

とは言っても、ランニングやサイクリングをするわけでもなく、iPhoneアプリ「ヘルスケア」自体も、必要性を見出せない中なので、現状では落ち込み必要もなく、単にガジェットおたくとして残念なだけなんですが。

2016-10-29 18.23.47.jpg

改めてiPhoneの「ヘルスケア」のアプリを確認すると、初期設定さえ放置の状態ではあるのですが、この一件で、取り込み機能付きの体重計の追加購入意欲も一気に萎えました。

機種変更時期が迫ったメインスマホを「iPhone 7(Plus?)」にする可能性が高いものの、「Xperia ZX」にも未練が有ったりしますので、周辺環境含め、既存の体制が整った上で、なお不満があれば、改めて考えることにします。

それまでに、頑張って健康オタクでも目指すか…あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ

ヒッティング・ジ・エイペックス

今週末も、残り2戦のモトGPに釘付けです。

今回は、マレーシアのセパンサーキットで、先週の寒いオーストラリアから一転、30度前後の気温に加え、雨予報よろしくの目まぐるしい天候に振り回される状態となっています。

hitting03.jpg

昨日のフリー走行1日目も、午前中のFP1は雨上がりから急激に乾いた路面でほぼドライに近い状態で、いつものように既にチャンピオンを獲得しているホンダのマルク・マルケスがダントツの速さを見せていましたが、午後前にまた雨が降り、ウエットから始まるFP2には、そのマルケスは胃腸炎を発症して、医療センターへ向かってパスという珍しい展開です。

そんな王者不在のサーキットの路面が徐々に乾いていく中、サテライトチームながら、今シーズンは雨のレースで優勝しているジャック・ミラーがトップで、同じく雨で初優勝し、前回のオーストラリアでは、ドライで優勝という快挙を成し遂げたカル・クラッチローが続きました。

我らがバレンティーノ・ロッシも、FP1が2位、FP2が5位と調子はまずまずなようです。

しかしながら、ただでさえ波乱を起こすミシュランタイヤですが、セパンサーキットでは、雨が降っても、止めば乾くのが早いということがあり、タイヤチョイスが何よりも需要なファクターとなるのは間違いないでしょう。

ということで、仕事日の本日も、仕事をしながら遠く離れたマレーシアのセパンサーキットのFP3、FP4、Q1、Q2と、明日の決勝に向けての展開を見守りたいと思います。

hitting02.jpg

hitting04.jpg

そんな、チャンピオンが決まっても、今なお目が離せない面白さを魅せるモトGPの魅力を伝える映画が公開となっています。

その映画の名前は「ヒッティング・ジ・エイペックス(Hitting the Apex)」で、これは予告編です。



なんと、離婚騒動で話題のあのブラッド・ピットが制作した映画で、バレンティーノ・ロッシはもちろん、ホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、マルコ・シモンチェリという6人の歴史に名を連ねるライダーを追ったモトGPのドキュメンタリー映画だそうです。

ブラピはモトGPの大ファンらしいです。

監督は、「FASTER」や「FASTEST」のマークニールということで、期待できます。

これはぜひ観に行きたいところですが、公開される劇場が少ないのです。

もてぎのGPウィークにも試写会がありましたが、金曜日だったので申し込めませんでした。

hitting00.jpg

大阪で鑑賞可能な劇場は、心斎橋のビッグステップ内にあるシネマート心斎橋のみ。

加えて、上映時間がなんとこんな状態です。

hitting01.jpg

昼間は今日明日のみですが、明日はマレーシアGPの決勝までに帰ってこれない可能性がありパス。

となると、平日18:15開始分となるので、結局、仕事休みの水曜日のワンチャンスです。

「FASTEST」がアマゾンのプライムビデオで観ることができるので、この映画もその可能性もありますが、何時になるかわかりません。

いずれにしてもDVD化されるまで観れないので、この機会を大事にするべきか…。

でも、とりあえずは明日のマレーシアGPだな。
posted by かわいいHERO at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2016年10月28日

ポケモンGOとハロウィーン

トレーナーレベルのアドバンテージから、何となく続けてきたポケモンGOですが、もてぎのモトGPだなんだと、2週間ほど時間を費やすことが無くなったところ、これまでのトレーナーレベルのアドバンテージが全くなくなっていました。

少し前のアップデートで、トレーニングバトルでジムの構築がしやすくなったことから、あっちもこっちもレベル10に近いジムが続出しており、トレーナーレベルも30超えが普通になっていました。

元々ジムバトルをあまりしない私ですが、トレーナーレベルでのアドバンテージが無くなれば、もはやポケモンGOを続けるモチベーションは残っていません。

おまけに、ここ最近のアップデートで、エラーも多発し、動作も重くなってきています。

なので、もう起動するのをやめようと思っていたのですが、水曜日からハロウィーンイベントが行われており、一時的にモチベーションを取り戻しています。

このポケモンGOのハロウィーンイベントですが、内容は幾つかあるのですが、先ずは出現するポケモンが大きく変わっています。

ハロウィーンということで、ゴースト系ポケモンの「ゴース」その進化系の「ゴースト」「ゲンガー」の出現率は半端ないです。

2016-10-28 03.52.14.jpg

ポッポとコラッタが完全にゴースト系に入れ替わった感じ、いや、それ以上の出現率でしょうか。

2016-10-28 04.08.45.jpg

普段、ほとんどポケモンの出ない、事務所内でも、結構出現します。

2016-10-26 16.18.13.jpg

おかげで、ゴースだらけです。

イベント前には「ゲンガー」を持っておらず、手持ちの「ゴースト」を進化させるつもりでしたが、これだけ出現すると、価値なんてものはありません。

なので、ポケモンを捕まえることには意欲もないのですが、ハロウィーンイベントのもう一つの企画として、期間中手に入るアメが倍増するということがあります。

ポケモンを捕まえたり、パートナーと歩くことによってもらえるアメが増えるわけです。

これは、図鑑を埋めるという意味では、手持ちに進化前のポケモンを持っていれば、なかなか有効です。

2016-10-28 03.34.08.jpg

現在は、パウワウというポケモンをパートナーにしていますが、普段は3km歩いてアメを1個もらえるところが、わずか0.75kmで1個もらえるので、格段にアメが集まりやすいのです。

そして、このメリットを最大限に活かせるのが、HUAWEIのスマートフォン「P9」なんです。

普段は、カメラ専用という感じの「P9」ですが、幸か不幸かGPSを良く見失うので、鉄筋コンクリートの事務所内では、あっちへこっちへ勝手に走り回っています。

2016-10-28 12.23.56.jpg

なので、デスクの下のデスクトップPCケースの上に置いていると、その動きが速すぎて運転中と勘違いしてしまうのですが、置いているだけで走り回っているので、勝手に距離が稼げます。

2016-10-28 03.32.40.jpg

わずか3時間ほどで、17個だったパウワウのアメが25個にもなっています。

おまけにメダルまで。

2016-10-28 04.12.29.jpg

一昨日、愛知県でポケモンGOしていた車に、小4の子供が轢かれて亡くなっていましたが、これは超安全です。

実は、現在のパウワウ以前に、ヒトカゲをパートナーにして、リザードがリザードンになりました。

2016-10-28 03.32.07.jpg

個体値は低く、完全に図鑑用ですが、モチベーションを失った現在としては、このハロウィーンイベントで中に、この方法で、手持ちのポケモンを進化させて、図鑑をある程度埋めたら、そこでサヨナラかなぁという感じです。

おそらく、品切れを起こしたポケモンGOプラスですが、次回供給される頃には、ヤフオクに安いポケモンGOプラスが溢れてるんじゃないかと予想しています。

まぁ、無料でそこそこ楽しませてもらいましたので、これで良かったのかな。
posted by かわいいHERO at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣アプリ

2016年10月27日

ラムレーズン2016

昨日の買い物で購入したカリフォルニアレーズンですが、オイルコーティングをしていないというのは有り難いです。

2016-10-26 19.47.04.jpg

2年前に漬けたラムレーズンも残りが少なくなってきていて、漬けておく時間を考えると、そろそろ次のものを漬けないといけないかなぁと思っていたところでした。

前回は、オイルコーティングなしのレーズンが、コープの140g入りの小袋しか見つけられず、コープで13袋も購入しましたが、今回は1kgと大袋で、価格も割安となってラッキーです。

ちなみに、オイルコーティングされたレーズンを一度水に漬けてオイルを取り除いて乾燥させるという方法もあるそうですが、実際、そんなことやっていられません。

購入したレーズンは、要冷蔵ではないはずですが、冷蔵庫に陳列してあったので、気持ち不安なので、早速ラム酒に漬けることにしました。

2016-10-26 19.48.27.jpg

購入したラム酒は、価格が安く、生産国が「セントルシア」という聞きなれない国だったので、怪しいお酒だと嫌だなぁと思って調べると、イギリス連邦加盟国の島国とわかり、安心して購入したものです。

2016-10-26 19.54.00.jpg

入れた瞬間、ラム酒がもう1本要るかと思いましたが、しばらくするとレーズン全部がラム酒に浸かったので、これで良さそうです。

空いていた果実酒瓶を使ったので、2kgでも余裕がありすぎるくらいなので、もう少し追加しようかなと思ったり…。

なお、我が家でのラムレーズンの使いみちは、圧倒的にクリームチーズと混ぜ合わせたラムレーズンディップというかスプレッドです。

朝食時に食パンに塗って食べることが多いです。

他には、ケーキアイスクリームですが、最近は作ってないなぁ。
posted by かわいいHERO at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣クッキング

バースデータコス

昨日の休日は、何処かへ出掛けたかったものの、次男坊の誕生日ということで、遅くなるわけにいかずに遠出は断念しました。

それでも、近場でどこか行けたらと思っていましたが、誕生日のリクエストに次男坊が奥さんに「タコスが食べたい」と言っていると言う。

タコスというのは蛸酢ではなく、Tacos、そうメキシカンフードのあのタコのことです。

自宅でタコスというのは、昔何度か市販のシェルキットを使って食べたことがありますが、シェルキットって結構割高で、それだけっていうのもなんだかなぁ〜ということで、お昼頃から奥さんと買い物へ出ました。

9300695001254.jpg

わざわざお昼という中途半端な時間になるのは、いつもの奥さんのランチ目当てのことです。

ランチ目当ては別に良いのですが、昼ご飯を作るのが面倒というところから来ているので、何を食べるのかが決まらず、目的地が決まらないのが困ったところです。

結局、この日も出発してから、あーでもないこーもないと言いながら、以前の私の話を思い出したのか、「天ぷら」と言い出し、私がランチで時々利用する、レストランさと系列の「さん天」へ。

2016-10-26 13.41.14.jpg

お安く天丼の食べられる店舗ですが、奥さんとのランチということで、普段は食べることのない「グランドスラム天ぷら定食」です。

このお店で、最も高い定食メニューですが、元が安いので、790円です。

2016-10-26 13.52.57.jpg

おまけに、ご飯の大盛りも同価格ということで、私は大盛りをチョイスしましたが、奥さんは普通でもご飯が多いと、その分も私が引き受けたので、ご飯は特大盛り状態でした。

大量の天ぷらとご飯で、もう何も入らなくなったところで、買い物スタートです。

市販のシェルキットを使わずにタコスを作れないかと検索して、クックパッド等でレシピを見ていると、本格的なタコスには、単なるとうもろこし粉ではなく、「マサ」という石灰処理をされたとうもろこし粉を使うらしい。

Quaker_Masa_HarubaDeMaiz_2kg.jpg

普通のとうもろこし粉では、くっついてうまく整形できないらしいのだが、いきなり手作りというのもリスクが高いので、一部手作り、一部シェルキット利用という安全策でいくことにしました。

そこで、先ずはその「マサ」と言うとうもろこし粉を探します。

そんなマイナーな食材が普通のお店にあるわけもなく、ダメ元で、お菓子やパンの材料を扱うというお店に行ってみました。

2016-10-26 14.27.09.jpg

輸入食材が豊富で、とうもろこし粉も複数置いていましたが、「マサ」は見当たりません。

でも、別件ですが、オイルコーティングをしていないカリフォルニアレーズンが安く売っていたので、関係ない食材だけ買って出ました。

やっぱり無理かな?と思いつつ、すぐ近くの輸入食品も扱う酒屋さんにも寄ってみました。

2016-10-26 15.19.26.jpg

でも、やはりあるわけ無いですね。

ここでは、さっきレーズンを買ったので、安いラム酒なんかを買って出ました。

これは、「もうカルディコーヒーファームに寄って無かったら諦めよう」ということになり、最寄りのカルディに適当なところが無くて、職場近くのカルディまで行くことにしました。

ですが、残念ながら「マサ」は無かったものの、タコスのハードシェル用の「タコスミックス」というのが売っていたので、今回はそれでいいやということで、シェルキットと共に調達しました。

4971985110069.jpg

その「タコスミックス」の原材料では、とうもろこし粉に小麦粉を加えているようなので、邪道っちゃ邪道なんでしょうが、素として売っているので、大きな失敗はないだろうという判断です。

タコスだけでは寂しいので、ケンタッキー・フライド・チキンや、ローストビーフ等のオードブルをも買って帰りました。

半日掛けて買い物をしましたが、肝心の次男坊は、夜は塾で帰りが10時だといいます。

時間を掛けて、タコスの準備をして、次男坊の帰宅とともに、夕食開始です。

2016-10-26 21.57.51.jpg

先ずは、シェルキットでスタートして、私は「タコスミックス」を溶いた生地を、オルビスから降ろしてきた小型のホットプレートで焼きます。

初めはくっついてうまく広げることができませんでしたが、伸ばしで使用するクッキングシートごと焼くことで、油が回ってうまく剥がれることに気づいて、数枚目からは良い感じに焼けました。

2016-10-26 22.29.50.jpg

ですが、シェルキットもあって、思いの外、皆のお腹が膨れるのが早く、沢山余ってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

スタートが遅かったので、ケーキでのお祝いも素早くシンプルに行います。

今回も、職場のトップからケーキを頂きましたが、当日が休みなので、前日に頂いており、消費期限は前日のケーキとなり、別にロールケーキも頂いていますが、お祝いはこちらのケーキでしました。

DSC03757.JPG

プリン生地のケーキで、これはこれで美味しかったのですが、生クリームが少なくて、ちょっと不満な方も…。

DSC03777.JPG

最近、バリケードで自由なエリアの広がったゴンタです。

健康面からも、沢山はあげられませんが、プラスチックベースに付いたクリームを楽しみにしています。

t2pix_20161027-103132.png

次男坊は受験生ということで、特に何もプレゼントは用意していませんでしたが、受験が落ち着いてから、(もちろん価格考慮の上ですが)希望のものをやろうかと思っています。
posted by かわいいHERO at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣家族

2016年10月25日

ジェームスのLED

私にとって、カー用品店と言えば、以前はオートバックが定番でしたが、職場の近くに「ジェームス」ができてからは、必然的に圧倒的に近い「ジェームス」へ通うこととなっています。

先月は、ナビの備品購入もあって、じゃがいものつかみ取りなんて言うイベントもやっていて、私も2回分頂きました。

でも、この「ジェームス」、先日偶然に、大阪府内の店舗は、私の通う店舗だけしか無いことを知りました。

james01.jpg

大阪府だけでなく、滋賀県、京都府、奈良県共に1店舗ずつしか無いようです。

james02.jpg

複数店舗がある都道府県もあるようですが、兵庫県に至っては、1店舗もないようなので、馴染みのない方には全く縁のないお店なのだと思います。

そんな「ジェームス」は、会員向けのDMの引換券にて、頻繁に来店者に景品をプレゼントしているのですが、数日前にDMが届いていました。

早速、景品を頂いてきましたが、今回は特に買うものがなく、景品だけでごめんなさいです。

2016-10-24 19.20.03.jpg

で、今回の景品の内容ですが、LEDライトでした。

2016-10-24 19.21.19.jpg

LEDライトの景品って、家電量販店なんかでもあったりしますが、「ジェームス」のそれは、なかなかユニークです。

今回のものは、グリップ部分にマグネット内蔵で、2方向に光を照射できます。

オルビスの場合、シェルボディ部分にはマグネットがくっつきませんが、2方向に切り替えができることで、使い勝手は良いです。

実は、このタイプは、以前にもロングタイプをもらっています。

2016-10-25 09.38.17.jpg

これは歴代のLED景品ですが、手前から2番目の青い棒状のものがそれで、一見無駄に見える長さがあるグリップが、サンバイザー等に挟む場合にちょうど良くて気に入っています。

左後のスタンドタイプのものも、一般的なものとは違う角度で照射できるので、なかなかお気に入りです。

2016-10-25 09.38.40.jpg

まぁ、所詮は景品なので、購入しようと思えば、もっと良いものがあるのでしょうが、購入するまでもなく、LEDライトが溜まっていくので、必要充分というところです。

家電量販店のように、購入を条件としないところも、「ジェームス」の好きなところです。

それなりに買い物はしていますが、いつもいつも必要なものがあるわけではないので、景品のために必要なものを買っていたら本末転倒ですから。

次はどんな景品なのか…ささやかなお楽しみです。
posted by かわいいHERO at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣グッズ

2016年10月24日

健康意識改革

加齢を理由に、肉体的に厳しい状況をとことん避けようとしていたこの1年ですが、「それじゃあ駄目だなぁ」と思う自分もいて、もうちょっとアクティブに生きないといけないと考え直している今日この頃です。

先日、長男の病院への付き添いで、長年お世話になっている脳外科の先生にうちの奥さんが、自分の頭痛のことを相談したのですが、その時に「血圧は?」と聞かれたものの、我が家に血圧計なんてものはありません。

おばあちゃんなら持っているかもしれませんが、気にしたこともありません。

先生はうちの奥さんに“そのお年頃なら、血圧計は持っていて当たり前”的なことを言われ、頭痛=頭の検査とはなりませんでした。

そこは専門家ですね。

頭に異常が起こっている場合には、単なる頭痛で済むことはなく、別の何らかの症状が併発するので、他に症状のないうちの奥さんの場合は、姿勢等の他の原因である場合がほとんどらしく、うちの奥さんの場合は、頭以外の原因だと即座に判断されたのでしょう。

それには、ストレートネックの私も大いに同調するところで、何かと姿勢が良くなく、運動もしないうちの奥さんの場合、原因となることは無数にありそうですから。

でも、その先生の話の中で、引っ掛かるのが、「血圧計」の部分です。

私自身も、「血圧計」なんて、健康診断の時しか使ったことがありません。

世間のミドルエイジな方々は、皆さん「血圧計」をお持ちなものなんでしょうか?

うちの奥さんは、周りの友だちに聞いても、そんなことはなく、お医者さんも周りの常識なだけでしょって言いますが、私はちょっと引っ掛かりました。

でも、我が家には、「血圧計」どころか体脂肪の測れる体重計もなく、いや、そのただの体重計さえも、使えるのに脚がひとつ外れていると、奥さんに捨てられて、家に体重計がない状態でした。

流石に体重ぐらいは測る必要はあるので、新たに体重計を買いました。

2016-10-22 22.35.43.jpg

深く考えずに、オムロン製の一番安いやつを買いましたが、これでも体脂肪やBMIなど、必要十分なデータが表示されるようです。

4人まで登録可能ということですが、我が家はおばあちゃんを除いても6人なので、使う人が使えばいいと、私は未登録です。

でも、本題は「血圧計」ということで、WEBで調べた結果、同じくオムロン製の商品を購入しました。

2016-10-22 22.39.18.jpg

モデルチェンジ前なのでしょう、売り切れのお店が多く、在庫のあった店舗で手に入れました。

この製品の特徴は、材質含め、血圧計としての基本部分が良さげであることに加え、スマホやPCにその結果を残せるところです。

連携や使い勝手だけを考えると、家電メーカーのパナソニックが良いようですが、医療計測機器としての部分はオムロンに歩があると思われますので、付加機能よりも基本機能を優先しました。

奥さん中心で考えても、家計簿も付けられないうちの奥さんが、毎日手書きで記録を付けられるわけはないので、手放せなくなっているiPhoneを使うのがベターと考えました。

そのついでに、私自身も使ってみようかなと思っています。

2016-10-24 00.34.48.jpg

ちょっと高めの正常値と言った感じでしょうか。

確かに、計測自体は手順がわかると簡単ですし、スマホへの転送もアプリのインストールと初期設定さえ済ませれば簡単でした。

2016-10-24 10.59.02.png

これは、私のiPhone6sでの画面ですが、2つのアプリをインストールしています。

2016-10-24 10.57.12.jpg

からだグラフというアプリでデータを取り込んで、

2016-10-24 10.58.53.jpg

血圧ノートというアプリで管理するという感じでしょうか。

ちなみに、Androidでも、

2016-10-24 02.00.16.png

同様の2つのアプリを使って

2016-10-24 01.59.41.jpg

取り込んで

2016-10-24 02.00.03.jpg

管理するといった感じです。

初めてこういう健康連携アプリを使い始めましたが、体重というのも大事みたいで、これらのアプリを使って、体重も管理できるのですね。

同じオムロンのもう少し高い対応の体重計にすれば、体重もここへ取り込みできるようなので、夫婦用に買い足そうか…。

まぁ、データを記録しているだけでは改善はしないわけで、同時に運動することを考えないといけませんね。ふらふら
posted by かわいいHERO at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム

2016年10月23日

法事で鏡野町へ

今日は、叔母さんの一周忌ということで、先日の鳥取地震で震度5を記録したという岡山県の鏡野町へ行って来ました。

日帰りでおばあちゃん(私の実母)と二人だけなので、オルビスではなくシエンタにしました。

昨日は、栃木のオルビストさんが、大阪南港からフェリーで九州へ発たれるということで、見送りに行きたかったものの、仕事が早く終われそうになかったり、突然、四国の親戚が来ることになっていたり、今日の法事に早朝から出発する必要があったりで、諦めました。

そして、法要開始時間に合わせて前日に決めた出発予定も、おばあちゃんの準備が全くできておらず、その間にガソリンを入れに行って、戻っておばあちゃんを乗せていざ、出発。

ところが、中国道に乗って名塩を過ぎた辺りで、突然忘れ物をしたと言い出すおばあちゃん。

仕方がなく、西宮北で降りて乗って、自宅へとんぼ返りして、再度改めて出発しました。

朝食食べてきたのに、いきなり巻き寿司広げて食べろと言ったかと思ったら、これで、勘弁してよって感じですが、やや飛ばして行ったのと、法事の会場が、山奥の自宅ではなく、昨年のお葬式の時と同じインター近くの施設とわかって、一旦帰ったのに、余裕で到着できるとわかり、勝央サービスエリアでトイレ休憩を取りました。

2016-10-23 09.35.39.jpg

そして、院庄インターを降りて間もない「プラント5」近くの会場へ到着。

2016-10-23 10.06.03.jpg

開始まで、コーヒーを飲みながら待機します。

2016-10-23 10.17.45.jpg

そして、先ずは法要が終了。

法要会場には、なんと叔父さんが書いたという詞が・・・。

2016-10-23 11.23.47.jpg

場所を移して食事を取りますが、知った親戚もほとんど居らず、アウェイ感満載の中、食べるしかないので、出されたお弁当を全て平らげました。

2016-10-23 11.33.52.jpg

一応、隣には従兄弟が座っていましたが、元々遊んだ覚えもない従兄弟で、40年ぶりに顔を見た位のレベルで、特に会話もなく、何故自分はここに居るのか?という状態でした。

もう、モトGP見たさに帰りたかったのですが、墓参りだけしたいと言うので、叔父さんの自宅で、うちのおばあちゃんの実家でもある山奥の家へ向かいます。

2016-10-23 13.10.59.jpg

田舎の古い家ですから、トイレも鉄砲式だったりします。

2016-10-23 14.07.02.jpg

こんなのスキー場でしか見たことないです。

2016-10-23 13.21.33.jpg

で、とにかく先ずは墓参り。

2016-10-23 13.23.11.jpg

山奥の風景をスマホ「P9」でと思っていると、蜘蛛発見。

2016-10-23 13.22.13.jpg

無性に反対側から撮りたくなって、こちら。

2016-10-23 13.27.20.jpg

ちょっとグロテスクかなということで、ついでに死んでた蛇。

2016-10-23 13.29.08.jpg

グロ系はやめるも、調子に乗って、いろいろ撮影。

2016-10-23 13.28.35.jpg

山奥ということで、やや色付いて来ています。

2016-10-23 13.28.08.jpg

この組んだ木は何かな?

2016-10-23 13.29.59.jpg

近くの橋からただの風景ですが

2016-10-23 13.33.48.jpg

反対側も

2016-10-23 13.34.12.jpg

道端の花がきれいだったので

2016-10-23 13.39.00.jpg

面白い葉っぱの木

2016-10-23 13.39.30.jpg

バスの車庫のような建物内の藁

2016-10-23 13.40.06.jpg

その隣の建物の下には昔は鯉を飼っていた池があったのですが、そこを覗いてみるとそこそこ大きな魚の姿がありました。

2016-10-23 13.42.37.jpg

あっ、イモリも居るぞ。

2016-10-23 13.47.06.jpg

最近、イモリも見る機会がないので、ちょっとテンション上がります。

2016-10-23 13.36.29.jpg

子供の頃は、この小さな川でやまめをすくったこともあったなぁ・・・。

そうそう、ここを忘れてはいけません。

2016-10-23 13.51.42.jpg

牛舎です。

2016-10-23 13.52.45.jpg

現在は子牛1頭を含む3頭居ました。

2016-10-23 13.53.46.jpg

可愛いですよ。

その後、一気に帰宅しましたが、中国道の安富パーキングのオルビストの関所には寄ることができませんでした。

でも、行き帰りとも、出撃準備をされているらしきオルビス・イオの姿は確認できました。

それと、関所付近は現在、工事中で1車線の対面通行になっているんですねぇ。

シエンタのリアには、叔父さんにいただいた玄米が30kg袋が2つも乗っています。

2016-10-23 17.30.55.jpg

ふるさと納税で、当面の分は確保していますが、家族の多い我が家には有り難いです。

いろいろとおばあちゃんのわがままに振り回された1日でしたが、お米貰えたので良しとしよう。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2016年10月22日

迷走する国内キャリア

少し前に総務省が、ドコモおよびauとソフトバンクの国内主要3キャリアに対して、今年3月に策定された「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿わない端末購入補助を行なっていたとして、各社に行政指導を行なったことがニュースになっていました。

しかしながら、個人的には当初より疑問に思っているこの携帯電話市場への総務省の介入に、ますます???な点が出てきています。

自由競争であるこれまでの携帯電話市場が、わかりにくい複雑な契約体系であったことは、私自身も感じていました。

反面、その内容をきちんと理解して、お得に運用することが可能であったので、私の場合は、消費者の一人として圧倒的に後者の恩恵の方が高かったと言えます。

しかしながら、携帯乞食と呼ばれる、キャッシュバック目当ての金儲けに対しては、最終的に利用者がその原資を負担していることになるので、是正されて然るべきと感じるところもありました。

ですが、現在の総務省の対応は、実質0円という部分に拘り、単に消費者の利益を失わせる行為に見えてきます。

携帯乞食は、実質0円では出現しません。

実質0円は、あくまでも実利用の上で、端末料金を毎月の通信料から割り引くからです。

とは言え、この端末料金を通信料に上乗せするという体質が通信料が高止まりする原因ということで、総務省が目を光らせているわけですが、格安SIMが充実してきた今となっては、必要以上に拘る必要は無いのではないかと感じます。

比較的お手頃なSIMフリー端末も充実してきましたし、スマートフォン自体の性能も上がり、2年を過ぎても実用に耐えうる端末はいくらでもあります。

3大キャリアの通信料が本当に安くなるのであれば、それは歓迎しますが、実際のところは、お得な運用方法が無くなっただけで、通信料が下がったとは言えません。

そんな中、先日、ドコモから「本体価格は一括で648円」というスマートフォンが発表されました。

mono01.jpg

ニュースにもなっていた「MONO」という名のこのスマートフォンは、世間の人々に安いというイメージを植え付けたことでしょう。

しかしながら、これには裏があることは、これまでに複雑な携帯電話契約を勉強した方ならわかるのではないでしょうか。

この一括648円は、購入サポートを付ける必要があり、1年以内に解約すると、解約金として1万5876円(税込)が発生するという。

これって、648円というだけで、これまでの実質0円とそう変わらないんじゃないかと感じてしまいます。

iPhone6sと比較したこんな記事もありました。

ドコモから登場した「MONO」の2年間の支払総額を調べたら、iPhone 6sとほとんど変わらなかった・・・


月々サポートの額が仮定で計算されているので、実際のところはわかりませんが、通信料が高止まりする原因となる売り方の体質は何も変わっていないわけです。

となると、総務省がそれを許すのか?と思うのですが、“卸値が3万円以下の端末についてはガイドラインの適用外になる”というルールがあるそうです。

意味のない、なんとも質の悪いルールですね。

まさにザルです。

スマートフォンとして価値のあるiPhoneならまだしも、安さイメージの強いドコモオリジナルのスマホとなれば、購入した人が更に不憫です。

未だ不十分も、キャリア端末のSIMロック解除が可能となったことや、格安SIMが普及したことに対しては、総務省に一定の評価はしたいところですが、介入しただけという現状では、納得のいくものではありません。

zenphone3dx01.jpg

一方で、格安SIM利用で定番となりつつある端末メーカーのASUSでは、「ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)」というSIMロックフリー端末としては高額の8万9800円(税別)のスマートフォンが、売れすぎて受注を停止したと言います。

「ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)」の受注停止、十分な供給量を確保できず

キャリア販売端末を凌ぐ性能が人気の理由ですが、端末を切り離した上で、通信料だけ下げろとなると、キャリアとしても、厳しい部分があるのも事実でしょうから、難しいところです。

その部分を総務省がうまく調整できるのかは、甚だ疑問です。

個人的には、スマートフォン全体の性能向上で、長く使えるようになったことで、使えればなんでも良いという層と、高性能な端末を使いたいという層の双方がメリットの有る選択肢としては、過度な介入は必要無くなっていると感じるのですが、どうでしょうか…。
posted by かわいいHERO at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

地震とモトGP

今朝は、出社前にネットのストリーミングをチェックしてみると、既にオーストラリアのモトGPクラスのFP3をやっていました。

雨に翻弄されて、有力ライダーが予選1(Q1)から走る展開となりそうで、大混乱となっていますが、昨日のFP2も、結局ほとんど走れないまま、雨で中止となっていました。

そんな波乱のオーストラリアGPですが、我が日本でも、大変な事態が起こっています。

スマホ3台持ちのおかげで、昨日の午後、一斉に3台の「緊急地震速報」が鳴り出し、何事かと大慌てしたところ、間もなく大きな揺れがやって来ました。

急いで、ツイッターをチェックすると、既に地震速報が伝えてくれていました。

jishin.jpg(画像はキャプチャー時のものです)

鳥取と言えば、大学時代の友人が住んでいますので、メールで安否確認を行いましたが、休みで昼寝していたが大丈夫ということで一安心。

倉吉市や北栄町、湯梨浜町辺りが最も揺れましたが、友人はやや東寄りの岩美なので、大事には至らなかったようです。

ですが、もう一つ気掛かりなのが、我が家のおばあちゃんの田舎である鏡野町も震度5だったという情報です。

友人同様、最も酷い地域よりはましだと思うものの、建物が古いので、牛小屋なんかはやばいんじゃないかと思ったり…。

奥さんに確認してもらったら、おばあちゃんがすぐに田舎に連絡したようで、鏡野町の実家に住む叔父さんは、町まで出ていて無事とのことでしたが、家の方は帰ってみないとわからないとのことでした。

そんな鏡野町には、実は明日の日曜日に、行くことになっています。

その叔父さんの奥さん、つまり私にとっての叔母さんの1周忌で、おばあちゃんに車で連れて行けと言われているんです。

よりによって、モトGPの決勝レースが昼間の時間で、不満に思っていましたが、どちらも自然による大荒れの様子ですが、これは、この目で田舎の様子を見ろという、天からの指示かと思い直しています。

熊本のようなパターンにはならないとは思いますが、地震が増えている現状には、身が引き締まります。

常に可能性を頭の中に入れておこうと思います。
posted by かわいいHERO at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと

2016年10月21日

もう舞台はオーストラリア

栃木県はもてぎのモトGP観戦の余韻が覚めやらぬ中、そのモトGPライダー達は既に南半球のオーストラリアに渡っています。

そう、既にモトGPはオーストラリアGPが始まっているのです。

ヨーロッパとは時差が変わってくるので、夜中の時間帯かなと思っていたら、オーストラリアの時差は2時間とあまり時差がなかった。

おまけに日本時間で2時間早いようで、10時の時点で既にモトGPクラスののFP1(1回目のフリー走行)は終わっちゃっていました。

既にホンダのマルク・マルケスが年間チャンピオンを決めちゃったことで、今ひとつ盛り上がりには欠けますが、それ以上の問題が立ち塞がります。

それは天気…。

motogp_16_00.jpg

オーストラリアGPの行われるフィリップアイランドは、オーストラリアの右下、タスマニア島の北に位置していて、メジャーな都市としては、メルボルンが最寄りの都市となります。

motogp_16_03.jpg

そのフィリップアイランドの週末の天気予報はこうなっています。

motogp_16_02.jpg

あわててストリーミング放送見ると、モト2クラスのFP1は未だやってましたが、こんな状況です。

motogp_16_01.jpg

雨となると、今年はサテライトチームが強いですが、FP1の結果もやはりこの人が気を吐いているようです。

motogp_16_04.jpg

カルクラッチローがトップで、ジャック・ミラーも4番手と雨を得意としているライダーが上位に居る中、我らがバレンティーノ・ロッシも2番手とまずまずです。

ロッシはもてぎでの転倒で小指を骨折しているようですが、マルケスのチャンピオンが決まったあと、大事なのは、同じヤマハ内でのホルヘ・ロレンソとの2位争いなので、雨はロッシに見方していると言えるかもしれません。

何しろ雨が苦手とされるロレンソは、FP1はビリから2番目でしたから。

とは言え、決勝日は天候が回復傾向なので、またもや予測不可能な荒れた展開となりそうです。
posted by かわいいHERO at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2016年10月20日

ぎょうざ倶楽部

249546c6871a3df6.png

最近、ランチに職場に最寄りの餃子の王将を利用する機会が多いです。

ちなみに大阪王将ではなくて、社長が射殺された京都王将の方です。

だいぶ前のことですが、うちの奥さんが、友達から料金が5%オフとなる「ぎょうざ倶楽部会員」カードなるものをもらってきて、私にくれました。

日替わりランチ600円が、570円となるだけですが、なんとなく得だという気がして行くようになりました。

ですが、ある時、そのカードを何処かへ紛失してしまいました。

なので、その僅かなお得感はなくなってしまったのですが、未だに結構な頻度で行きます。

それは、日替わりランチの構成が理由です。

王将の場合、レギュラーメニュー以外のメニュー構成やイベント等は、各店の店長に全任されているそうです。

最寄り店にも、以前には、より安いワンコインランチ等もあったのですが、郊外型店舗で階段を登ったところに入口のあるこの王将での日替わりランチの問題点は、その日替わりメニューが、入店するまでわからないというところでした。

私にも、当然メニューの好みがありますので、入ったは良いけれど、メニューが自分好みでなかった場合には、単品を頼むか、少し高い定食メニューを頼むよりありませんでした。

リーズナブルな日替わりランチを目当てに行くとなると、一か八かというところがあった訳です。

しかしながら、貰い物の「ぎょうざ倶楽部会員」カードで行くようになった最寄りの王将では、日替わりランチにAとBの2つが用意され、選択の余地が生まれていたのです。

ガッツリ食べる系と少しづついろいろ欲張る系の選択肢で、そもそも王将という大きな括りの中なので、パターンとして、どちらかで満足できるようになりました。

これは、30円の値引きよりも有意義でして、基本的にハズレが無くなったことと、餃子も基本はニンニクゼロとなって、ランチの候補としては優等生となりました。

最近は、週に何度かは行くので、新年度の「ぎょうざ倶楽部会員」募集のスタンプ20個も溜まり、初めて自力で「ぎょうざ倶楽部会員」カードを手にすることとなりました。

スタンプ40個で、7%引きという更に上の会員もあるようですが、家族での外食で利用することがほとんどないので、40個は無理です。

なので、レギュラー会員の会員証をいただきました。

2016-10-20 17.25.43.jpg

奥さんのお友達からの貰い物には、付いていなかった誕生月に利用できる割引券も、もちろん付いています。

2016-10-20 17.26.23.jpg

今回は、ウルトラマンシリーズの放送開始50周年が王将の創業50周年と同じということで、ウルトラマンとのコラボとなっています。

4つある絵柄の中から選んだものも、もちろんウルトラマンです。

早速次回から使えるらしいので、今後もランチのヘビーローテーションとなりそうです。
posted by かわいいHERO at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

SDカードの修復

カメラ機能がお気に入りのスマートフォン「HUAWEI P9」は、ブログでさえ使用しなくなっていたスマホのカメラを再び使用するきっかけとなりました。

用途的には、一眼を使用するまでもないチョイ撮りや自撮りでの使用が多く、似た用途となるソニーのRX100M3の使用機会を奪っているのかもしれません。

そんな「HUAWEI P9」のカメラ機能ですが、結構前から、エラーを起こすようになっていました。

カメラアプリがフリーズしたりするわけで、シャッターチャンスを逃してしまいますし、それが風景だとしても、再度利用できる状態にするには、スマホを再起動するよりありませんでした。

それでも、当初は稀な症状であったことと、撮影した画像も再起動したら、きちんと保存されているのが確認できていたので、そのまま使用していました。

ところが、段々と症状が頻繁に起こるようになり、撮影した画像も保存されていないという状況を経験するようになってきました。

そういう時には、必ず、スマホ画面上部の通知欄に、「SDカードエラー」のマ−クが表示されます。

2016-10-19 05.21.01.jpg

交換しろと言われる続けているわけで、ようやく別の(マイクロ)SDカードと交換しました。

不良が起こっているのは、PCデポで購入した128GBのものでしたが、今回、交換したものは、「HUAWEI P9」購入時に、キャンペーンで付いてきた64GBのものです。

メーカーはグリーンハウスのものですが、実は128GBのものもグリーンハウスでした。

但し、どちらもスマホの設定画面から見ると、ソニー製のSDカードとなっています。

2016-10-20 07.17.52.jpg

大き方が良いだろうという理由だけでガラガラの128GBでしたから、使用上は64GBでも全く問題ありません。

そして、その128GBをノートPCでフォーマットしようとしたところ、「修復します」という表示が出たので、そのまま修復を掛けました。

ひょっとして、これでもう異常は出ないのかな?

HDDのように物理的にエラーが生じると、修復のしようもないと思うのですが、メモリーカードは物理的とは違うでしょうから、修復可能なのか???

糠喜びかもしれませんが、この128GBは、カメラ以外の用途で使っていこうかと思います。
posted by かわいいHERO at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣モバイルその他

2016年10月19日

長男病院デーの日常

一大イベントだったもてぎのモトGP観戦も終わり、気分的には張詰めていた緊張が解けたような感覚の日常です。

休日となる今日は、昨晩、奥さんから長男の病院の日だと聞かされていて、同行することとなりました。

朝起きて早々に着替えて準備をしていたものの、当の長男本人が病院の日だということを忘れていたようで、慌てて準備をすることとなり、準備完了とともに出発です。

阪神高速が異常に渋滞していると思ったら、緊急工事をやってました。

お陰で予約時間からだいぶ遅れましたが、肝心の診察がいつもと違って、ほとんど待ち時間なく、ラッキーでした。

2016-10-19 11.37.20.jpg

長男の血液検査の結果も、特に心配な部分もなく、関係のないうちの奥さんの頭痛の話や、色黒の先生の趣味の話まで。

ダイビングをされるそうで、もう少しすると南半球へ行かれるらしい。

クロマンタを観に潜るらしく、そのためにGoPro買ったそうで、楽しそうで何よりです。

診察後は、奥さんから先ずは、お決まりのランチのリクエストですが、お店を決めてくれないので困りました。

正確には、決められないわけですが、その場しのぎで「ららぽーと和泉」と言うので、一応向かうものの、フードコートも何度も行っているし、どこの店へ行きたいのか聞くと、思い当たる店もない様子。

焦ってiPhoneで検索し続けていますが、結局、途中で戻って、以前にも行ったことのある「ピソラ」というイタリアンのお店へ。

2016-10-19 13.12.27.jpg

以前来た時の個室っぽい席ではなくて、店内は撮影しにくいので、トイレのディスプレーで…。

2016-10-19 13.44.22.jpg

こんなのや

2016-10-19 13.44.34.jpg

こんな置物がいっぱいの割りとムードある店内です。

2016-10-19 13.54.40.jpg

メニューはランチセットはシンプルで、パスタorピザorリゾットの中から一品をチョイスして、それにサラダとドリンクバーが付くというものです。

ドルチェセットもあるので、今回もドルチェセットにしました。

2016-10-19 14.24.36.jpg

ドリンクは、フレッシュジュースの種類が豊富で、おすすめとあった、「グアバ+ジンジャアエール」に次いで「マンゴー+アイスミルク」を作ってみました。

2016-10-19 14.24.36.jpg

食後のドルチェも、少しだけ追加金額で、春のマロンクリームとラムレーズンジェラートのデザートへグレードアップしてみました。

2016-10-19 14.32.55.jpg

久しぶりのイタリアンも悪くなかったです。

その後は、ここまで来たものの、「ららぽーと和泉」には寄らず、

2016-10-19 15.26.30.jpg

その隣のコストコへ寄って帰りました。

またもや、一眼カメラ持参も使うこと無く帰宅しました。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2016年10月18日

フジX-PRO2でモトGPを撮影

今回の茂木のモトGPには、鈴鹿の8時間耐久同様に、富士フィルムのX-PRO2&XF100-400の超望遠ズームを持参しました。

但し、鈴鹿8耐の場合は、文字通り8時間もレースがあるので、スタンド席から移動して、レースを観戦することが可能なので、写真撮影に適したコーナーに移動しての撮影というものが可能となります。

ですが、モトGPの場合は、1時間にも満たないスプリントレースですから、移動することは不可能です。

もしも、そんなことをしていたら、高価なスタンド席の指定席料金が勿体無いのはもちろんのこと、目まぐるしいレース展開を理解して追いかけることなんてできません。

ですから、今回は、カメラを持参しても、スタンド席からのみで、ほぼ使えない状態であることを想定の上でした。

今回のモトGPが開催された「ツインリンクもてぎ」の場合は、モトGPのレースが行われるレーシングコースの外側に、オーバルコースが存在していて、そのオーバルコース上に、私の居たV席という仮設の観覧席が組み立てられていました。

本来のグランドスタンド席よりもコースに近い位置にある席なので、幾分、写真も大きく撮れそうなものですが、そこはメインストレートとなるので、垂直に被写体を捉えることは不可能です。

かと言って、1コーナー側へレンズを向けても、ただのストレートですし、フェンスがあってまともな写真は撮れません。

文章だけでの説明では、おそらく何のことかわからないと思いますので、実際に撮影した写真を見てみます。

DSCF3028.jpg

ダウンヒルストレート終わりの90°コーナーを抜けたところ、つまり最終コーナーひとつ手前のコーナーを捉えた写真がこちらです。

構図としては悪くないのですが、如何せん遠すぎます。

DSCF3046.jpg

最終コーナーまでのアプローチも悪くないのですが、肝心の最終コーナー自体は障害物で撮れません。

DSCF3050.jpg

最終コーナー立ち上がりで再び捉えることができますが、フェンスが邪魔で、ピントがフェンスに行ってしまう可能性大です。

と、いうことで、予選は別の場所で観たわけです。

DSCF4961.jpg

その場所がこのバレンティーノ・ロッシ応援席のあるZ席です。

写真は決勝日のものですが、予選では自由席となっていました。

DSCF3431.jpg

ダウンヒルストレートから下ってくる様子を、比較的近くで捉えることができました。

DSCF3444.jpg

90°コーナーに近くなればなるほど大きく撮影可能なのですが、一番良い場所に小屋があって、90°コーナーの進入と立ち上がりのどちらかしか撮れません。

DSCF3715.jpg

進入では、かなり大きく撮影できるものの、画面いっぱいには至りません。

ちなみに、400mmズームのAPS-Cセンサーなので、35mm換算の600mmですが、これでも役不足ということです。

DSCF3762.jpg

画質は落ちるらしいですが、「×2.0コンバーターレンズ」があれば、もう少し撮影の幅が広がったのかもしれません。

DSCF3996.jpg

左側に写っているフェンスから小屋部分となるので、ここが角度的に限度であり、次のショットは小屋を写してしまいます。

DSCF4676.jpg

アウトからなので、腹が見える形になりますが、この部分が最も大きく撮影できる角度でした。

DSCF4718.jpg

ここから、一瞬小屋で見えなくなって、立ち上がりで再度現れるという感じです。

DSCF4245.jpg

小屋で一度ピントを外しますので、この部分ではピンぼけになりやすいです。

DSCF3866.jpg

そして、ここから離れていくので、徐々に小さくなります。

DSCF4035.jpg

制約はありますが、∨席スタンドよりは、撮影には向いていると思いますので、予選で移動してみて良かったです。

そして、決勝当日は、V席スタンドから動けませんので、別の撮影を楽しみます。

DSCF4920.jpg

これは、モト3クラスにワイルドカードで出走した、女性ライダー「岡崎静夏」ちゃんです。

スタート直前ですが、この画角は望遠ズームだからこその賜物です。

DSCF4940.jpg

ピット内も、適度に絵になります。

DSCF4949.jpg

ドクターヘリも丁度よい画角で撮れました。

DSCF4958.jpg

生のライダー達も適度に撮影できました。

DSCF5042.jpg

いよいよ始まった決勝は、遠くても絵になるので一応撮影しました。

DSCF5033.jpg

しかしながら、応援席は、旗振りがあったり、応援グッスの帽子が邪魔だったりで、こんな写真になりがちなので、撮影には向きません。

DSCF5111.jpg

悲しいかな、転倒してピットへ戻ってきたロッシの姿も捉えます。

先日のファームアップで高速化を果たしたという、肝心のX-PRO2のAF性能ですが、今回はAF-C&連射(HI
)を試みたので、64GBのSDカード2枚が、あっという間に容量不足となりました。

まだまだ、使いこなせてはいませんが、もてぎでの撮影は、良い勉強となりました。

次は更に上手く撮って、X-PRO2の豊富な機能を使いこなしたいものです。

最後に、決勝日に中央エントランス前で行われていた、フリースタイルモトクロスのデモをGIF形式にしてみました。

FMX01.gif

んんっ!やっぱりX-PRO2を持参しておいて良かった…。
posted by かわいいHERO at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年10月17日

オルビスで「もてぎのモトGP」【後半】

温泉に入り損なって、睡眠に徹した茂木の夜ですが、大きないびきをする友人に対して、ペンキ屋さんは眠りが浅かったようで、夜中に少し会話をしたことを覚えています。

私はと言うと、比較的熟睡できたと思うのですが、ペンキ屋さんとほぼ一緒に6時のアラームで起き出しました。

大いびきの友人は起こさなければ起きませんでしたが、先ずはお風呂に行くだけなので、早速バス乗り場へ向かいます。

2016-10-16 06.27.42.jpg

但し、昨晩と違って、コレクションホール前までのバスはなく、中央エントランスまで歩かなくてはなりませんでした。

早い人達は、もうゲートへ向かっている中を、私達3人はお風呂へ向かっているわけです。

2016-10-16 06.28.06.jpg

中央からなので、更に距離は近くなっていて、バスに乗り込むと、あっという間にホテルへ到着。

2016-10-16 06.37.47.jpg

他の温泉目当ての人達に続きます。

2016-10-16 06.37.57.jpg

すると、朝も既に待ちが発生していました。

2016-10-16 06.39.54.jpg

前に十数名居て、お風呂から脱衣所の鍵を持った人が戻ってきたら、次の人が料金650円を払って鍵を受け取ってから、温泉入口へ向かうという感じです。

2016-10-16 06.44.27.jpg

昨晩は、これで120分以上の待ちができていたというわけですが、女性は待ちがなくそのまま入ることができるので、男性ファンが圧倒的に多いということなのでしょうね。

2016-10-16 07.53.30.jpg

スマホのスリングプレイヤーで、昨日の予選の様子をチェックしていたら、ようやく自分の番が来ました。

2016-10-16 07.43.03.jpg

おっ、下駄箱はバレンティーノ・ロッシの46番が空いてました。

色といい、まんまロッシです。あせあせ(飛び散る汗)

温泉内では、タイミングよく待たずに洗い場が確保できたので、露天風呂に浸かる時間もあって、気持ちよくリフレッシュすることができました。

2016-10-16 07.54.54.jpg

帰りにも未だ沢山待っている人がいました。

2016-10-16 07.55.22.jpg

温泉のあるホテルからは、グランドスタンド辺りがよく見えました。

2016-10-16 08.00.01.jpg

帰りのバスに乗り込んだところ、ホテル前に人がいっぱい居て、気さくな女性のバス運転手さんの話では、ファンが出待ちしているのだそうです。

ドゥカティのチームディレクターであるジジ・ダッリーニャの姿なんかを確認しました。

一度、オルビスへ戻って私が買っておいた全員分のフルーツゼリーやバナナで朝食を済ませ、改めて出発です。

途中、昨晩友人が写真を撮ることができなかった「ホンダコレクションホール」へ寄って、私もX-PRO2で改めて写真を撮りましたが、その友人が一向に戻ってきません。

2016-10-16 09.43.20.jpg

1階の休憩スペースで、珈琲を飲みながら、ペンキ屋さんと待っていましたが、待てど暮らせど降りて来ずで、姿を見せたときにはモトGPクラスの朝のウォームアップ走行が終わってしまっていました。

おいおい、勘弁してよ〜。

友人とてウォームアップ走行を見るつもりだったはずですが、そもそも時間もチェックしてないんですよね…。ふらふら

コレクションホールに寄り直したことを少し後悔しつつ、もう、後は決勝を見るより仕方ありません。

その日のコンディションを占う意味で、ウォームアップ走行のタイムというのも結構重要なんです。

2016-10-16 11.09.18.jpg

決勝まではかなり時間があるので、ペンキ屋さんがジャケットを買うと言っていたので、スズキのオフィシャルショップへ寄ります。

残念ながら、私が買おうと思うものはありません。

その代わり、私は先日京都のVR46ストアで買ったバンダナを、さり気なくウエストバックに結びつけました。

がんばれ!ロッシ!

2016-10-16 13.25.17.jpg

決勝日ということで、V席のスズキ応援席は、スズキブルーで埋まっています。

私もフラッグだけは持ってきました。

2016-10-16 13.58.22.jpg

モト3、モト2と決勝が終わり、いよいよモトGPクラスですが、超望遠レンズを付けたX-PRO2で、撮影しながらレースを見守ります。

しかし、しかし、なんと7周目だったかの序盤のヘアピンコーナーで、マルク・マルケスを追って2位走行中のバレンティーノ・ロッシが転倒、リタイヤとなってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

そこで、私のもてぎのモトGPは終わった感じがしました。がく〜(落胆した顔)

おまけに、ロッシと同じヤマハのロレンソまで終盤に転倒、リタイヤとなってしまい、ホンダのマルク・マルケスのシーズンチャンピオンまで決定してしまいました。

それもレース、可能性の中のひとつの結果なわけですが、終った感が重くのしかかります。ちっ(怒った顔)

マルケスも好きですし、素直におめでとうと思いますが、バレンティーノ・ロッシは、インフルエンザで熱があると聞いていたので、なんだか残念です。

2016-10-16 15.12.48.jpg

帰りのホンダのブースでは、早速』マルケスのチャンピオンの垂れ幕が掛かっていました。

残念感とは違うのですが、物悲しい終息感を覚えつつ、オルビスへ戻って、いざ混雑必至の帰路に発ちます。

鳥目のバイク店主の友人が、明るい内に自分も運転すると申し出るものの、彼がビールを飲みながら観戦していたのを知っているので、そこは遠慮してもらいました。

飲んでいたのは早い時間ではあるものの、一般道でいきなりは心配ですし、正直ペンキ屋さんと二人で事足りると感じていました。

「ツインリンクもてぎ」からは、イチかバチかで、茨城方面の遠回りルートで比較的早く、茂木周辺から抜け出せたと思ったのですが、モトGPの影響なのか、いつものことなのかはわかりませんが、北関東自動車道から東北道に掛けてが、最悪の渋滞状態でした。

また、北関東自動車道に入る時に、ETCがエラーとなり、チケット併用となりました。

栃木都賀JCT辺りの渋滞があまりにも酷く時間がかかったので、来る時にも寄った「佐野サービスエリア」へ寄って夕食を取ることにしました。

2016-10-16 19.19.10.jpg

フードコートでも良かったのですが、ペンキ屋さんがレストランの方が良いと言うので、名前を書いて順番を待ちます。

その間に、メニューを決めて、順番が回ってきて、私がオーダーしたのは佐野ラーメン。

味付け玉子を乗せたものが、何故か「佐野玉子ちゃん」という名前で、それに貧弱そうな焼飯のついたセットがあったので、それにしました。

2016-10-16 20.13.34.jpg

加えて、宇都宮も近いので、気分だけでもとネギ味噌餃子も注文。

2016-10-16 20.13.46.jpg

結構な金額となりましたが、肝心のお味は、ラーメンの麺が茹ですぎでぶよぶよ。

チャーハンも味気なく、見たまんまのイマイチの内容で、あとで、フードコートの佐野ラーメン見て、失敗したと思いました。

辛うじて、レストランではJAFカードを見せるとソフトドリンク1杯無料ということで、トータルで無理やり納得します。

2016-10-16 20.27.55.jpg

ここで、運転に貢献できていないと申し訳なさそうにする友人を見かねて、ペンキ屋さんの居眠り防止に、助手席に乗ってもらうことにしました。

よって、私はダイネットでフリー状態です。

2016-10-16 21.16.18.jpg

勝手知ったる状態ですから、発電機を回してお湯を沸かして保温ポットに注いだり、次のドライビングに向けて、保温マグに珈琲を作ったりしていましたが、ふと見ると、助手席の友人が居眠りしています。

行きの車内でも寝ていて、昨晩も一番熟睡して、一番寝ているはずなのに、助手席で寝るとは…。

最近、飲み会でも二次会ではほぼ100%寝てしまうので、今回運転任せなくて良かったと思ったりしました。

ペンキ屋さんはその助手席の友人につられること無く、圏央道を走りきり、東名に入って足柄サービスエリアまで運転してくれました。

2016-10-16 23.11.44.jpg

足柄サービスエリアのティーサービスを利用して、小林可夢偉のインディ・カーを見たりして、休憩。

2016-10-16 23.32.26.jpg

ここで、再び運転交代です。

ペンキ屋さんも流石にきつかったのか、少し寝ると言い出し、友人も助手席で寝られても困るので、後ろへ廻ってもらって、いつものように自分一人でのドライビングとなりました。

新東名も終盤で、ペンキ屋さんが起き出して、自分が運転するというので、岡崎パーキングエリアへ入りました。

2016-10-17 02.09.06.jpg

こんな真夜中でも、「矢場とん」営業してるんですねぇ…。

2016-10-17 02.16.32.jpg

寝ている友人は起こさずに休憩を終え、ペンキ屋さんドライブで伊勢湾岸道を行きます。

2016-10-17 02.57.39.jpg

工場夜景がなんとも素敵ですが、やはりスマホではうまく撮れませんねぇ。

2016-10-17 02.58.21.jpg

いつか、撮りに行きたいものですが、高速から撮るわけにはいかないので、どこか良いスポットがあるのでしょうか?

そうこうしていると、雨が落ちてきて、豪雨となってしまい、ペンキ屋さんには80キロで安全を担保してもらって先へ進みます。

東名阪、新名神に名神と、仮眠を取ったペンキ屋さんはたくましく、助手席の自分が寝落ちしそうでした。

そして、一般道は怖いというペンキ屋さんに、吹田サービスエリアへ入ってもらって、そこで最後の交代をします。

2016-10-17 05.31.42.jpg

出発する前に、友人を起こして荷物をまとめてもらい、ペンキ屋さんがドリップ珈琲が飲みたいと言うので、再び自家焙煎珈琲を淹れました。

頭もシャキッとして、時間は既に4時半を過ぎています。

バイク店前で友人を降ろし、雨がひどくバイクで帰れないペンキ屋さんを、マンションまで送ってから、6時半を過ぎて、ようやく自分の家に帰宅できました。

少しは寝れるかと思っていましたが、朝風呂に入ってスッキリしたら、もう会社へ行くまでそう時間はありません。

それでも、無理して1時間ほど寝て、出勤となり、週末のオルビスでの「もてぎのモトGP」観戦旅は無事に終了となりました。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

オルビスで「もてぎのモトGP」【前半】

先週末は、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で2輪車レースの最高峰である、モトGPが行われていました。

そして、ツーリング仲間のペンキ屋さんの言葉をきっかけに、土日の観戦のために、オルビスで栃木県まで遠征することとなりました。

行きたいと思う人はいましたが、昨年と違って、今年は翌月曜日が平日なため、興味を持ちつつも遠征を諦める人ばかりで、結局メンバーは、バイク店主の友人とペンキ屋さん、そして私の3人だけでした。

まぁ、余分な気を使わなくいて良いので、それはそれで良しです。

但し、問題は、友人がお店を通常通りに営業するらしく、閉店後準備をして、出発が23時半だということです。

翌日のことを考えると、できるだけ早い時間に出発したいところですが、やむを得ません。

出発が遅いということで、私自身の準備もギリギリまでやっていて、結局5分ほど遅れて、バイク店前へ着いたときには、二人共待機していました。

早速、二人を乗せて出発です。

事前の調査で、名神高速の豊中インターから乗ることとしました。

打ち合わせと称して、事前に集まったものの、実際のところは具体的な打ち合わせがあったわけでもなく、準備もそれぞれが自分お考えで行っていたので、サービスエリアのコンビニに寄ろうということになりました。

関東に入ってから、コンビニに寄っても良かったものの、早めに済ませたほうが良いだろうということで、コンビニと表示のあった、新名神手前の草津サービスエリアへ寄りました。

2016-10-15 01.01.09.jpg

ここのコンビニで私と友人は朝食用のパンを購入しましたが、ペンキ屋さんはなんと3斤も食パンを持ってきたらしく、マーガリンかジャムが欲しいと店員さんに聞いていましたが、売っておらず、最終的にその食パンは無駄になることに…。

2016-10-15 01.00.30.jpg

ここで、ペンキ屋さんがダイネットで「酔いそう」とうるさく言い出し、運転を代われということになり、私は助手席へ移動。

2016-10-15 01.15.45.jpg

運転しているのが良いらしく、私にとっては、いやぁ〜、楽ちん楽ちん。

2016-10-15 01.19.15.jpg

私も運転自体は好きですが、流石に長距離を一人でとなると、それなりに辛いので、交代要員の存在に改めて感激です。

2016-10-15 01.19.36.jpg

友人は一人ダイネットでちょっと可愛そうだったか。

2016-10-15 01.20.20.jpg

ナビも見やすくなったものの、通行予定の圏央道から東北道に入るルートが反映されていないため、想定違いのルートしか表示してくれないので、行先設定は行わずに、デジ蔵のモニターとなっております。

いろいろと面倒臭いペンキ屋さんですが、だんだんとオルビスにも慣れてきたようで、飛ばすこと無く、かと言って遅すぎることもなく運転しているので、安心して任せられそうです。

友人の方は、夜は目が見えないということもあり、ドライバー要因としては考えていませんので、問題なしです。

2016-10-15 02.15.52.jpg

助手席で自由なので、湾岸沿いの工場夜景を撮ってみますが、流石に動いてますし、スマホじゃなお駄目ですね。

2016-10-15 03.14.21.jpg

そして、新東名に入って長篠設楽原パーキングエリアでトイレ休憩。

2016-10-15 03.10.05.jpg

ここで、再び私が運転します。

せっかくの新東名なので、バイク乗りとしては、「清水パーキングエリア」は外せないということで、次の休憩は「清水パーキングエリア」です。

2016-10-15 04.49.25.jpg

但し、時間が時間なので、お店も閉まっているでしょうから期待はできません。

2016-10-15 04.50.23.jpg

それでも、モータースポーツ好きを喜ばせるテイストが、あちらこちらにあります。

2016-10-15 04.52.52.jpg

残念ながら、車種はわからないが絶対に置いてあると言っていた「光岡自動車」展示スペースにスズキのジムニーが置いてありました。

そして、奥の2輪スペースは、MVアグスタの展示となっていました。

2016-10-15 04.54.51.jpg

以前、初めて訪れた時には、ダニ・ペドロサ選手のモトGPマシンが置いてあったんですけどね。

もちろん、レーシングスーツのお店「クシタニ」も閉店してますし。

そんな、ちょっと期待はずれの清水パーキングからは、再びペンキ屋さんの運転で、少し明るくなってきました。

2016-10-15 05.16.39.jpg

おっ、これは富士山…

2016-10-15 05.16.05.jpg

こうして、移動中に写真が撮れるのも、ペンキ屋さんのおかげです。

2016-10-15 05.38.23.jpg

ペンキ屋さん自身も、長らく富士山を見ていなかったらしく、嬉しそうでした。

2016-10-15 05.38.34.jpg

でも、やっぱりてっぺんに雪が欲しいな。

なんて思いながらも、ペンキ屋さんは私のナビゲーションでどんどん進んで、海老名JCTから圏央道に入って、甲府あたりでやや渋滞を経験しつつ、ようやく東北道へ。

オルビスの燃料が心許なくなってきて、帰りの渋滞でガス欠は避けたいので、ガソリンスタンドのあるサービスエリアを探して、佐野サービスエリアで軽油を満タンにしました。

2016-10-15 08.06.45.jpg

また、この時点での到着予定時刻から、なかなかタイトだということで、コンビニで買ったパンを食べることにしました。

2016-10-15 08.08.52.jpg

ペンキ屋さんには、少し停まって食べたら?と言われたものの、そんな余裕はないので、パンを食べながら私が運転することにします。

2016-10-15 08.09.14.jpg

ここからは、新調したカーナビが威力を発揮してくれて、高速を降りて、問題なく「ツインリンクもてぎ」の東ゲートへ到着。

誘導されるままに、入った駐車場は、なんと認識していない「E6エリア」でした。

時間がないので、早速レーシングコースへ向かいます。

2016-10-15 09.55.40.jpg

絵のマップで見ると、ホンダコレクションホールのすぐ裏にある「E6」駐車場ですが、そのホンダコレクションホールなんて何処にも見えず、きつい地道の山登りに悪戦苦闘。

2016-10-15 09.57.30.jpg

登りきったところは、遊園地でした。

2016-10-15 09.57.33.jpg

キッズバイクやカートの脇を抜けて、メインエントランスへと向かい、ようやく「ツインリンクもてぎ」のレーシングコースへ来ることができました。

スズキのブースで、応援セットを引き換えて、モトGPマシンフィギュアのガチャポンをやったり、モンスターエナジーの試飲をしたり…。

2016-10-15 10.02.44.jpg

その後、最後は私の運転だったので、車に酔ったというペンキ屋さんを置いて、私と友人は、スズキの応援指定席へ行って、FP3を観戦しました。

2016-10-15 10.08.09.jpg

グランドスタンド前のオーバルコース内に仮設で組み立てられた「V席」がそうです。

2016-10-15 10.45.03.jpg

翌日の決勝日は、この「V席」で見ることになるので、この日の午後からのFP4とQ1、Q2は、別の場所で観ることにしました。

2016-10-15 12.57.34.jpg

その席とは、バレンティーノ・ロッシの応援シートもある「Z席」です。

ダウンヒルストレートの後の直角コーナーの真ん前で、写真を撮るにも近くて良かったです。

指定席は決勝当日のみということのようで、土曜日の予選には、自由に座って観れました。

そして、なんとなんと、友人と私が応援する、バレンティーノ・ロッシ選手がトップタイムでポールポジションを獲得です。

素晴らしい!

予想外のロッシのポールポジション獲得に感激しながら「E6」駐車場へ戻ったものの、係の人に聞くと、「E6」駐車場では、椅子やテーブルを出すこともできないらしく、そうしたいなら、「E1」〜「E3」のステイエリアに移動せよとのこと。

そんなの空いてるの?と聞くと、空いているらしい。

ということで、改めて「E3」エリアに移動しました。

発電機使用の可能性を考えて、端っこにお尻を向けて、足場の悪いオルビス後方へ、テーブルと椅子を並べました。

2016-10-15 18.44.23.jpg

後なのでオルビスのエントランスライトが使えないのが残念ですが、オフミ用に買ったLEDランタン・ライトが役に立ちました。

焼肉奉行のペンキ屋さんが焼いてくれる中、食材は全て私が買い出し、準備しました。

バーベQと言い出しっぺの友人は、案の定、ビールさえ忘れたとか言っていて、それももちろん私がドラえもんのごとく提供します。

ペンキ屋さんは飲まないし、私も少ししか飲まないので、ほとんど友人用のアルコールを多々という感じです。

2016-10-15 18.44.41.jpg

ちょうど、一通りお肉を食べ終わったあとの写真で、ちょっと寂しいですが、美味しかったです。

その後、お隣の団体さんが宴会を始めるようなので、寒いこともあって、とっとと片付けました。

発電機使用を抑えていましたが、なんと、お隣の団体さんは複数台の発電機を持ち込んで宴会しています。

気を使って損しました。

なので、珈琲を淹れるお湯は、発電機&電子ケトルでサクッと済ませて、自己焙煎の挽きたての豆で、美味しい?珈琲を入れてあげました。

そして、次はお風呂ということで、20時半から夜中2時半まで利用できるらしい、日帰り温泉のあるホテル行きのシャトルバスに乗るべく、お風呂の準備をして、バス停となるホンダコレクションホール前へ行きました。

すると、動き始めたばかりのバスのはずが、温泉施設自体は既に120分待ちだと言います。

バスは空いているものの、向こうで2時間待たないといけないと言うのです。

一睡もせずの2時間待ちは時間が惜しく、夜中の2時半まで営業しているということなので、時間を置けば、少しは空くかと考えて、ホンダコレクションホールを見学することにしました。

2016-10-15 20.37.10.jpg

いきなりの故アイルトン・セナのF1マシンが出迎えてくれ、2輪の記念写真コーナーなんかもあります。

2016-10-15 20.39.07.jpg

お風呂へ行くつもりだったので、友人は私の忠告を聞かずにもう少しで満充電となるiPhoneを置いてきたため、しきりに悔しがっています。

2016-10-15 20.55.31.jpg

展示内容を見て、写真を撮りたいものあかりだったようです。

2016-10-15 20.42.01.jpg

確かに、友人が大好きなヤマハの「RZ250」があったり、

2016-10-15 20.41.31.jpg

スズキの「RGガンマ」があったり、

2016-10-15 20.41.42.jpg

私が最初に惚れ込んだ「CBX400F」があったり、

2016-10-15 20.41.01.jpg

私が初めて買った「MVX250F」があったり、

2016-10-15 20.42.49.jpg

125ccはなかったけれど、私が一時期乗っていたオフロードバイクの「エルシノア」があったり…。

さらに、3階には歴代の貴重なレース用オートバイが、これでもか!と展示されています。

2016-10-15 21.06.22.jpg

フレディ・スペンサーのマシンなんて、5台がまとめて展示してありました。

ですが、私もカメラは持って来ておらず、スマホ「P9」もバッテリー切れで、ここまでしか撮れずでした。

なので、明日また来ようと、友人をなだめて、再度バス停に戻ってみましたが、温泉の待ち時間はむしろ増えてしまったようで、諦めてオルビスへと戻りました。

そして、翌朝お風呂に行ってから、再度コレクションホールを観ることとして、この夜は、睡眠不足解消を優先することとしました。

当然、バタンキューで、これで土曜日の全予定は終了です。【後半に続く】
posted by かわいいHERO at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録