2017年05月06日

GW後半団体戦-しまなみ旅(出発&1日目)

GW後半戦。

3日水曜日からフルに楽しむために、前夜から出発です。

後半戦は、うちの奥さんと娘も同行する3人旅の団体戦ですが、その娘の塾終わりを待っての出発となりますが、いつもの通り、パートも休みだったはずの奥さんの準備も整わず、娘の夕食と入浴終わりを待って出発できたのは、ちょうど日が変わる時間でした。あせあせ(飛び散る汗)

この時間になると、ドライバーの自分としては翌日の行動含めて辛くなるので、もう少し早く出たいものです。パンチ

DSCF7092.jpg

助手席でウトウトする奥さんは、逆に目障りなので、龍野西サービスエリアで退場です。

DSCF7091.jpg

流石、GWでキャンピングカーも多いです。

翌日に備えて、できるだけ目的地に近づいておきたいのですが、最寄りのサービスエリアである福山サービスエリアは、早くから混雑表示が出ています。

龍野西も車は多かったもののなんとか駐められましたが、混雑表示は出ていませんでしたから、福山サービスエリアの混雑表示の無かったひとつ前のパーキングエリアに入ったら、駐車枠どころか、隙間までびっしり状態に駐車されていて、オルビスの入る余地などありませんでした。

DSCF7095.jpg

そこで、覚悟を決めて、福山サービスエリアに入ったところ、入ってすぐのトラックの横が空いていました。

DSCF7094.jpg

トラックの横だし、他にもあるだろうって通り過ぎる車が多いんでしょうが、我が家のオルビスにとっては、トラック横は慣れたものです。

DSCF7093.jpg

睡眠時間が少ないほど、プレッシャーに感じて寝れないものですが、なんとか寝入って朝を迎えましたが、煩いのはトラックではなくハーレーダビッドソンでした。ちっ(怒った顔)

DSCF7099.jpg

起き出してサービスエリアのトイレから帰ってきた時に、オルビスのおでこを見たら、虫の死骸もなく綺麗です。

GWで車が多いせいもあるでしょうが、即席プレクサスの効果もあったようです。

いよいよGW後半のスタートということで、早速、福山サービスエリアから30分ほどの目的地へと移動しました。

DSCF7101.jpg

やって来たのは、未だ係の人も来ていない、尾道千光寺公園駐車場です。

こちらは、営業時間外の8時半以前の駐車場利用については無料らしく、自由に出入する車がありました。

我が家は、夕方戻ってくる予定で、係の方に声を掛けると、「それじゃ払って下さい」と言われて、払いましたが、8時半の時点で駐車している車をチェックしている様子もなく、???でした。

DSCF7105.jpg

駐車場のオルビス内で朝食を取って、女性陣の時間の掛かる身支度を経て、ようやく観光へ出発です。

DSCF7111.jpg

サイドに美しいツツジを見ながら、先ずは千光寺公園の展望台へと向かいます。

DSCF7107.jpg

今回は、奥さんが一向に使わない富士フィルムの「X-A1」を中学生の娘に使わせてみました。

美術部の娘なので、アート繋がりで少しは興味を持ってくれるかも?

DSCF4576.jpg

展望台のある広場へ来ました。

DSCF4578.jpg

この恋人の聖地、オルビストのioiheyさんも、少し前に来られていました。

ここもこの手の施設の定番、桂由美さんプロデュースなんですね。

DSCF7112.jpg

展望台の上から、尾道の町を見渡します。

DSCF4583.jpg

朝ということもあり爽快です。

DSCF4584.jpg

やや雲はありますが、天気の良いGWとなりました。

2017-05-03 09.16.53.jpg

スマホのP9でも、良い感じです。

2017-05-03 09.16.27.jpg

スマホとは言え、(VGAサイズでは)LEICAチューンはFUJIの絵に負けていませんねぇ。

DSCF7121.jpg

奥さんが、瀬戸内みかんソフトが食べたいと言うので…

DSCF7120.jpg

ひとつ買ってみました。

美味しかったですが、あとから駐車料金のチケットに割引券が付いていたのを思い出しました。もうやだ〜(悲しい顔)

2017-05-06 16.16.38.jpg

気を取り直して、千光寺へと下ります。

DSCF7143.jpg

尾道の町へは、ロープウェーで行けますが、帰りの登りで利用するつもりです。

DSCF7129.jpg

石段をどんどん下って…

DSCF7130.jpg

千光寺の裏門へ到着。

DSCF7132.jpg

可愛らしいお地蔵さんの乗った石像がたくさんありました。

DSCF4593.jpg

御朱印帳を忘れたという奥さんに、仕方なく御朱印帳を買ってあげたのですが、最初に可愛らしい花柄の御朱印帳を選んでいた奥さんが、お寺の方に説明を受けて、厳つい千光寺オリジナルの御朱印帳にして、特別公開しているという持佛堂襖絵を見せてもらっていました。

DSCF7141.jpg

千光寺を下る途中で居たカラスは、至近距離でカメラを構えても逃げずで、普通のカラスは違うのだろうか?

DSCF4654.jpg

千光寺を出て見えてくる天寧寺三重塔からは、猫の細道が続きます。

DSCF7148.jpg

細い道のあちらこちらに猫のモチーフが見られます。

DSCF7149.jpg

石に猫を描いた「福石猫」は作家の園山春二氏が1998年よりこの路地に置きはじめたそうです。

DSCF7150.jpg

もう、色落ちしてしまっているものも多かったですが、たくさんありました。

DSCF7163.jpg

猫に関するお店が多く、こちらのお店では、珍しい猫グッズが盛りだくさんでした。

DSCF7160.jpg

GWのイベント中のようで、猫の仮面のお姉さん、快く撮らせてくれました。

DSCF7165.jpg

このイベントの取材にテレビも来ていましたが…

DSCF7166.jpg

いただけないのが、猫メイクの強要です。

猫のヒゲだけでも描かないと、入場させてもらえない…。

私はヒゲくらいって感じですが、女性は化粧していたりするので、そう簡単ではありません。

折角訪れたのに、娘がメイクを嫌がって、招き猫美術館には入れませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

もう2度とチャンスは無いかも知れず、嫌な気持ちだけが残りました。ちっ(怒った顔)

本気で盛り上げるつもりなら、主催者さんは、もう少し考える必要があるんじゃないかな。

DSCF4604.jpg

こんなモチーフもあちらこちらで見掛けるものの、本物の猫の姿がない。

DSCF4608.jpg

と、ようやく見つけましたリアル猫。

DSCF4620.jpg

娘のカメラも望遠に付け替えて、二人してズームで猫を追っかけまわしていました。

下まで降りきったところのロープウェーの駅には凄い人の行列ができていて、流石GWと感じたのもつかの間です。

昼近くなり、お腹が空いてきたので、尾道といえば尾道ラーメンです。

行列覚悟でやって来た人気店「朱華園」は予想以上の長蛇の列です。

DSCF7175.jpg

一昨年のGWに福山の友人と前を通った時には、夕方でも行列を目にしていたので、覚悟はしていましたが、ここまでとは…角を折れ曲がって続いています。

DSCF4632.jpg

おまけにお店の横の駐車場まで取り込んでの列ですから、一体どの位掛かるやらです。

DSCF4633.jpg

1時間をとうに過ぎて、ようやくお店の側まで来ました。

DSCF4635.jpg

結局1時間半くらい並びましたが、先にお会計を済ませて札を受け取る方式で、回転は早いです。

2017-05-03 13.13.03.jpg

中華そばと餃子をいただいました。

DSCF4637.jpg

正直、今の時代、美味しいラーメンはいくらでもあるので、「尾道ラーメン」というだけのものとも言えますが、シンプルな醤油ラーメンに、美味しい背脂が人気を持続させるのも頷けます。

でも、並んで食べるのは今回限りでしょうね。

2017-05-03 13.18.54.jpg

600円という価格も納得はできました。

DSCF4650.jpg

で、「朱華園」に並んでいる最中から、うちの奥さんが「美味しそう」とか「食べたい」とか煩いので、食後は向かいのお店へ。

DSCF4641.jpg

「山本の餅屋」さん、娘はいちご大福で、私と奥さんは、食べ歩きにも良いという最中に桜餅を挟んだやつです。

DSCF4647.jpg

歩きながらというのも何なので、お店の方のお誘い通りに外のベンチで頂きました。

奥さんと娘で女子っぽい行動ですが、こういうのを目当てに娘は付いてくるらしい…ダッシュ(走り出すさま)

DSCF4651.jpg

尾道には、何故か有名人の足型があちらこちらにあるそうですが、「これはみたい!」ってほどの人は居なかったりします。

ここには、脳出血を乗り越えた河合美智子氏の足型がありました。

桜餅にお茶は出なかったので、カフェにでもないかと探していたところ、向島の「男だけのチョコレート工場」ってやつに奥さんが反応。

時間的には行けそうなので、予定を変更して千光寺公園を離れることにしました。

DSCF4652.jpg

ところが、未だロープウェーは長蛇の列で、40から50分待ちらしい。

それを待っていたら、間に合わないので、また来た道を登る羽目になりました。

DSCF4663.jpg

ヘロヘロになりながら、登った先には、これまたioiheyさんのブログにあった若貴の手形がありました。

DSCF4670.jpg

美しい千光寺公園を後にして、一般道で渡れるお隣の向島へオルビスを走らせます。

ちなみに、向島へは4年前のGWに、オルビスで「回転 すし千」というお店へお寿司を食べに行った事があります。

DSCF4673.jpg

その向島のえっ?こんな山道?っていう道を進んで到着したのがこちらの建物。

DSCF4687.jpg

「郷土文化保存伝習施設兼管理センター」という表示の、公民館のような建物の中に、目的の「USHIO chocolatl( ウシオチョコラトル)」があります。

DSCF4680.jpg

無理からファンキーに飾り付けられた店内では、信じられない言葉が…。

DSCF4682.jpg

「申し訳ございませんが、チョコレートに関する商品は全て売り切れてしまい、みかんジュース以外お出しできません」だってあせあせ(飛び散る汗)

折角こんな所まで来たので、みかんジュースをいただきました。

DSCF4681.jpg

でも、この紙コップの高いみかんジュースは、滅茶苦茶美味しかったです。

きっと小洒落たグラスに入っていたら、安いと感じていることでしょう。

DSCF4683.jpg

加えて、サービスで食べ比べ用のチョコレートを出して下さいました。

ガーナ産と何処だっけか忘れた…。爆弾

これで、なんだか来た甲斐があったなと感じてしまいました。

でも、男だけのチョコレート工場は、男たちによる変なノリの不思議な空間でした。たらーっ(汗)

そこ後、一旦尾道へ戻りますが、夕食は奥さんの提案で「お好み焼き」です。

私はお好み焼きは広島で、「尾道=お好み焼き」という発想は無かったのですが、よく考えると尾道舞台の朝ドラ「てっぱん」はお好み焼きでしたから、まぁ良いかって感じです。

でも、尾道での駐車の困難さを考えて、千光寺公園駐車場をチョイスしていたので、そこが一番心配でした。

DSCF4688.jpg

JR尾道駅近くのコインパーキングで順番待ちして、なんとかクリア。

DSCF4690.jpg

GWなので、お店をこだわっても難しいと思いながら、グーグルマップで表示されるお好み焼き店を順に目指しますが、何処も営業していません。

少し寂しい商店街を、昼間行った「朱華園」方面へと歩きますが、なかなかお店がなく、商店街を出て少し行ったところで、ようやく開いているお店がありました。

DSCF4692.jpg

「ぽっぽ家」さんです。

先に小さい子のいる家族が1組待っていましたが、カウンターで良ければすぐに入れるということで、先に入らせてもらいました。

DSCF4696.jpg

私と奥さんは、イカ天などが入った「尾道焼き」にノンアルコールビールに、カルピスサワー。

2017-05-03 17.50.37.jpg

麺は50円アップのピリ辛麺をチョイスしました。

DSCF4698.jpg

娘はオレンジジュースにソーセージやチーズの入ってトマトの載った「イタリヤ焼き」。

大きくて、ちょっと手伝いましたが、美味しかったです。

アルコールで気持ちよくなった奥さん他、大満足でオルビスへ戻り、次はお風呂です。

DSCF4703.jpg

お風呂も、私自身は3度目となる「尾道平原温泉 ぽっぽの湯」です。

広いプールのような露天風呂には子供も多く、スーパー銭湯感満載のお風呂ですが、ここの電気風呂と微細気泡によるシルク風呂が大好きです。

今回は、サウナと冷水風呂の3回コースをフルにこなして、寝不足も相まって、駐車場のオルビスに戻って早々に最高の状態で眠りにつき、1日目を終えました。

(2日目へ続く)
posted by かわいいHERO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録