2019年02月26日

何となく「ゆるきゃん△」

スーパーバイク開幕戦はドゥカティパニガーレV4の圧勝、モトGPのカタールテストは、一見ヤマハ勢が好調も、トップスピードではホンダ、ドゥカティに劣り、スズキが想定外の進化を見せるなど、興味深い内容である反面、来月半ばのSBK次戦やMOTOGP開幕戦までの時間がもどかしく感じられます。

その上、即席ラーメン完成で充実感を得た朝ドラ「まんぷく」も模造品でスッキリしない展開となっていて、なんだか悶々とした日々です。

そんな折、アレクサ復活ついでに何気なく「Fire TV Stick」を触っていたら、アニメ「ゆるきゃん△」が眼に入りました。

608DCB4B-03C6-42F2-A0A3-6613326F7AA9.jpeg

以前に、どこかのブログかニュースかの記事でその存在だけは知っていましたが、すっかり忘れていました。

名前からしてキャンプをテーマとしたアニメであることはわかっているのですが、内容は全くもって知りません。

ということで、取り敢えずは第1話を見ました。

E0FD0C14-5E14-4204-A0AC-E6D9B7FAD1E1.jpeg

「ゆるきゃん△」という名前からゆる〜いキャンプを想像していましたが、初っ端から出て来た女の子のキャンプはオフシーズンに湖畔でひとりという決してゆるくない内容でした。がく〜(落胆した顔)

趣味を扱うアニメという点では、おじさん世代としては「ばくおん」を連想してしまうところもあります。

私が観ているところに三男坊がやって来て、即座に「ゆるきゃん△」と見当てたので、そこは世代でしょうか。

続編の制作も決定しているそうなので、人気だったのですね。あせあせ(飛び散る汗)

数日前にSNSでキャンプブームでにわかキャンパーが増えて予約が取れないと嘆いているツイートを目にしましたが、オルビスに乗り始めてから、キャンプらしいキャンプはしなくなったので、最近のキャンプ場の状況はわからず、浦島太郎状態です。

まぁ、キャンピングカーチョイスの段階で、夏休みキャラバンの予約が取れないキャンプ場対策からオルビスをチョイスしているので、キャンプ場と縁遠くなるのはある意味順当なことです。

ツイッターの元トレイラー乗りの方のツイートで、電力が足りないという方に対して「不便を楽しめなければ素直にホテルに泊まればいい」とツイートされていて、スタイル違えば求めるものも違うので、そこは理解してあげて欲しいなと感じました。

不便を楽しむというのはわからないわけではないのですが、人それぞれに事情やスタイルがありますから…。

我が家だって、夏休みのハイシーズンにキャンプ場さえ取れなかったのに安いホテルが取れるわけもなかったわけですから。

そんな私は果たして「ゆるきゃん△」で純粋なキャンプを思い出せるでしょうか?ひらめき

まぁ、でも少なくともこの悶々とした日々の気分転換にはなりそうです。るんるん
posted by かわいいHERO at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ドラマ・映画・動画等