2019年03月16日

新しい世界へ「GRV」

富士フィルムXシリーズのフラッグシップ機である「X-H1」ですが、先日の大阪クルーズに赤バッジズーム3本と持ち出そうと試みましたが、余りの重さにギブアップして、大きさ重さにネガティブ面しか感じられなくなっていました。

以前はできた「X-Pro2」と「X-T2」の2台持ちも、1台が「X-H1」となると不可能に感じてしまいます。

そんなことから、本来の撮影の楽しさよりも、機器を所有することに満足を求めるという誤った状況を正すべく、当初の「小ささは正義」という初心を思い出しつつあります。

2019-03-15 17.12.07-2.jpg

そんなタイミングで発売がアナウンスされたリコーの「GRV」については、旧型「GRU」の倍近い金額に躊躇しつつも、ずっと気になっており、先のクルーズの帰りには、ヨドバシ梅田に寄って、カタログをゲットしておりました。

2019-03-15 17.12.54.jpg

でも、コンデジはソニーの「RX100M3」があるし、スマホの「Mate20Pro」で広角単焦点の「GRV」に出番なんてないんじゃないかという心配もありました。

ですが、ペンタキシアン(ペンタックスカメラの愛好者)まではいかないまでも、次男坊に譲ったとはいえ、私もペンタックス機を使用していたわけで、何よりも、フィルム時代の愛機がまんまのリコーだったわけですから、リコーのGRが気にならないわけはありません。

デジタル時代のカメラに興味を持ち始めて、必然的にGRにも興味はいっていたわけですが、当時は広角に興味が無かったことで、その本質を見誤っていたようです。

ですが、満を持して昨日発売となった「GRV」は、過去のモデルからユーザーの意見を取り入れて新たに再構築され、むしろ新たにGRの世界に足を突っ込む者としては、この上の無いモデルと言えます。

ということで、私の手元にもやって来ました。

教育費で余裕のないこともあり、今回は、仕事用のコンデジとして導入させてもらいました。たらーっ(汗)

2019-03-15 17.13.30.jpg

予約をして発売日に入手ということで、

2019-03-16 07.51.49.jpg

特典である非売品のブルーのリングキャップも同梱されていました。グッド(上向き矢印)

2019-03-15 17.16.23.jpg

スイッチを入れて、まずその起動の速さに「最強のスナップシューター」を実感します。ひらめき

2019-03-15 17.17.38.jpg

早速、ブルーのリングキャップを装着したことで、「GRV」であることが主張されます。ぴかぴか(新しい)

2019-03-15 18.53.14.jpg

ネットを見ていたら、ツイッターで「わさお公式(@WASAO_official)」さんも発売日に導入されたようですねぇ。わーい(嬉しい顔)




残念ながら、我が家はゴンタ君が旅立ってしまったので、被写体が…もうやだ〜(悲しい顔)

2019-03-15 18.54.47.jpg

ということで、会社でちょっとだけ試写しました。

R0000001.jpgGRV

手っ取り早く机の上のモトGPマシンのフィギュアを撮影してみましたが、パッケージのままなので、うまく伝わらないですね。

R0000002.jpgGRV プログラムモード

次いで観葉植物の鉢の上の小人人形。

R0000003.jpgGRVプログラムモード

ガラス造花の手前のブリザードフラワーを。

R0000004.jpgGRV プログラムモード

これらはマクロモードでフォーカスも素早く決まります。

R0000005.jpgGRV プログラムモード


残念ながら、解像感を検証できるような被写体がなく、ボケを強調するものばかりですが、解像感もすごいようです。

大きなAPS-Cセンサーで、ボケも「RX100M3」には出せないもので、「Mate20Pro」のフェイクとも全く異なる、素晴らしい写りです。

それぞれに個性が違い、共存は可能と思わせてくれますが、「GRV」はむしろ一眼を喰うような気がしていて、一眼ミラーレス&広角とスナップ担当が「GRV」という体制が期待できるのではないかと思っています。

それにより、一眼の整理が捗るのではないかと期待しているのですが、先日の第2回オフロードレッスンでは、車ということで、「X-H1」&赤バッジズームで撮影したところ、ピントはばっちり、歩留まりも最高で、また迷いが生じています。

よって、「GRV」で初心に帰って苦手な標準的な広角を勉強しつつ、並行して整理していきたいと考えています。ダッシュ(走り出すさま)

ちなみに、「GRV」に未だSDカードを入れ忘れているのですが、メモリを内蔵しているので、そこそこは撮れるというのも、そういうシーンに遭遇すると素晴らしいと感じますが、発売されたにも拘らず、スマホアプリの対応アップデートが4月下旬というのはいただけません。

リコーはユーザーに寄り添うメーカーのイメージですが、包容力が無いと不満を感じてしまうメーカーでもあると思います。

でも、好きですね、リコー&ペンタックス。るんるん
posted by かわいいHERO at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣コンデジ

2019年03月15日

4千万円突破…

今朝、うちの奥さんから浪人生となる三男坊の予備校の学費が70万円越えと聞かされてショックを受けました。がく〜(落胆した顔)

現在大学生の次男坊の学費と合わせると200万円を超えるのではないでしょうか。もうやだ〜(悲しい顔)

次男坊と同じ予備校なので、次男坊の時より高いなぁと言うと、変わらないはずだと奥さんが反発します。

なので、改めて調べてみたら、次男坊の時も70万超えてました。爆弾

こんな状況で、よくもオートバイの乗り換えの妄想とかしてたなと、我ながら呆れます。パンチ

但し、長男の幼少期からずっと、奥さんの教育費に対する金銭感覚に疑問を持ち続けていますが、基本的には結果主義でやって来た私からすると、費用対効果はひどいものです。

そう感じながらも、奥さんの好きにさせて任せていることは私自身の責任ですから、やむを得ませんが、奥さんの要求してくる教育費をひたすらに工面する生活は、私にとっては何よりのストレスかも知れません。むかっ(怒り)

次男坊の予備校の費用を調べるにあたっては、18年前から利用しているマイクロソフトのマネーで検索をしました。(現在はマイクロソフトマネーは終売となっていますが、無料版が提供されています)

運用する資金はないので、家計簿代わり程度の利用ですが、細かい食費や費用は、奥さんの要求に応じて渡しているので、実際は家計簿にもなっていませんね。眠い(睡眠)

結果、私の収支だけが比較的きっちりと記録されることとなり、私の支出だけに抑止効果があるように思います。ダッシュ(走り出すさま)

まぁ、とは言え、私も買う時には買っちゃうんですが…。

幸い、子供たちの教育費については、奥さんから子供別に請求を受けるので、マイクロソフトマネーにも、そのまま記録するようにしています。

なので、子供別に、現時点でどれくらいの教育費が掛かっているのかを抽出してみました。

kyuikuhi01.jpg

すると、教育費が完結している長男で、1150万円程度でした。

次いで、次男、三男、長女と検索していくと、トータルで4000万円を超えました。あせあせ(飛び散る汗)

実際には、ここに含まれない通学や塾への交通費や、次男坊のレオパレスの家賃部分も内容的には教育費的な子育て費用と言えますから、更に膨れ上がります。

一時の子供手当や児童手当、税金面での扶養控除等プラス面もありますが、実際に教育費以外にかかる食費や雑費用さえ賄うこともできません。

4000万円って家が買えるなぁ…。

住宅ローンもオルビスのローンも残っているけど、これじゃあやむを得ないと感じました。

ちなみに、ネットで一般的な大学までの子育て費用を調べてみると…

教育にかかる費用 - 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション − 不動産・住宅情報「ノムコム」

kyouikuhi.jpg

我が家は高校までは公立、浪人+私立大学(理系)というパターン多いものの、当てはまるものがないので、ピッタリとはいきませんが、これ以外のサイトを見ても、およそ収まっている感じなので、うちの奥さんが特別ということでもないのかも知れませんね。たらーっ(汗)

でも、我が家で教育費が完結しているのは長男だけで、新年度の次男坊と三男坊だけで200万円越えに加え、長女も居ますから、将来的には確実にあと1000万円は上乗せされることでしょう。どんっ(衝撃)

ちょっとくらい助けて欲しいと奥さんに愚痴をこぼすと、「正社員で働こうかな」とその場では言うものの、ちょっとしたことでパートを休んでしまう奥さんに本心から期待してはいませんが、理解だけはして欲しいので、子供毎のマイクロソフトマネーのスクリーンショットを送っておきました。

4人の子供が多すぎるんだと言われればそれまでですが、もう少し金銭的に子育てが楽にならなければ、子供が一人二人の家庭でも、成長過程の環境に恵まれない子供たちが多くなっているように思います。

結果、馬鹿ッターと化してしまうような子供達が増えてしまうのかも?(飛躍し過ぎですが)

まぁ、そもそもの親の問題というケースも少なくないのでしょうが。

思い切ってスウェーデンのような環境にでもしなければ、少子化や子育てに関しては、改善は不可能で、今後も悪化の一途をたどりそうな気がします。ふらふら
posted by かわいいHERO at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ

2019年03月13日

第2回オフロードレッスン

2019-03-11 09.54.38.jpg

この前の日曜日から、次男坊が帰宅しています。

その次男坊をサンバートラックの助手席に乗せて、朝から出掛けて、とあるローソンの駐車場へ。

DSCF4018.jpg

次男坊の友達と、このローソンで待ち合わせをしていました。

2019-03-13 10.15.18-1.jpg

このローソンからは、PLの塔が望めるという場所であり、ここで、お茶やパン等を買いだして、向かうはオフロードコースのプラザ阪下さんです。

そうです、次男坊の友達と2回目を約束していたオフロードレッスンデーです。

まぁ、レッスンと言っても私の助言できることはあまりありませんが、そこは自ら身体で掴んでもらいます。

DSCF4019.jpg

早速走り出した次男坊のお友達君は、前回に引き続き、思い切りの良い走りをします。

DSCF4021.jpg

とにかく倒し込みの思い切りが良いのです。

DSCF4022.jpg

そこは私も不得手な部分ですが、彼は面白がって簡単にやってのけます。

DSCF4032.jpg

それにしてもまぁ、仲の良い二人で微笑ましいです。

DSCF4035.jpg

一方の次男坊は、走り始めは見事にがちがちの固い走りで、普段からオートバイに乗っているかどうかの差が大きいようです。

DSCF4037.jpg

お友達君は、その後も過激さを増していくのは良いのですが…

DSCF4086.jpg

やっぱりこうなっちゃいますね。

次男坊も徐々に慣れてきたようで、段々と良い感じにはなってきました。

DSCF4124.jpg

お友達君は転倒も多いですが、

DSCF4154.jpg

決まる時はバッチリ決まります。

DSCF4161.jpg

全く雨は心配していなかったものの、月曜日までのはずの雨が予定外に昨日まで続き、明け方にも結構な雨を降らすという状態で、コースのコンディションは泥泥マディな部分もありましたが、それ以外は土を噛みやすく走りやすいように思います。

しかしながら、気温が低く、半端ない風の強さでお昼時間は、下のクラブハウスをお借りしました。

2019-03-13 13.39.16-2.jpg

折角、下りて来たので、食後はエンデューロコースを走ることにしました。

DSCF4187.jpg

お友達君は約6分で帰って来ました。

前回、エンストしてエンジンを再始動することができず、いつまで経っても帰ってこなかった次男坊も、今日は7分半で帰って来ました。

DSCF4198.jpg

少し自信が付いたようで、二人とも、その後エンデューロコースを数ラップずつ楽しみ、気が付くと走行終了時間まで40分ほどしかないことがわかりました。

なので、残りの時間を再びオーバル練習場でレッスンに励みます。

DSCF4140.jpg

途中、春らしい風景に出会いました。

DSCF4202.jpg

思わずカメラを構えてしまいました。

DSCF4203.jpg

そして、走行終了となる16時になり、一旦下のクラブハウス前へと再び集合します。

泥泥マディ状態から、高圧洗浄しました。

2019-03-13 16.10.01.jpg

綺麗になったホンダ「XR100R」をサンバーに積んで、自宅近くで前回同様夕食反省会です。

2019-03-13 17.54.42-2.jpg

オートバイ談議に花が咲きました。

2019-03-13 18.13.09-2.jpg

それに、お肉でハッピーです。

2019-03-13 18.13.21.jpg

私はハラミステーキと粗挽きハンバーグでした。

私自身はアドバイスで見本を見せるために少し乗っただけですが、それでも楽しい1日でした。るんるん

第3回があるのかどうかは今のところわかりません。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オフロード

2019年03月11日

やっと決心がついた

2019-03-11 21.18.00.jpg

以前こんな記事を書きました。

どう森やめたい…

スマホゲームの「どうぶつの森 ポケットキャンプ」に費やす時間が勿体ないから辞めたいと思っていたわけですが、そこから半年以上経過してもなお、続けてきました。

持ち前の性格が災いして、こまめに作業しつつ結果を無駄にできずにコツコツと続けていたわけです。

現在もフレンドの状況を見る限り、キャンパーレベルは上位4人に入っており、持ち物もフォーチュンクッキーのもの以外はコンプリートに近い状態ですが、オートバイの乗換えを検討する中で、改めて時間を無駄にしているなと強く感じました。

現在もイベント中ですが、結局イベントは永遠に続くわけで、動物の仲良し度も、運営側で永遠に上げ続けることが可能ですから、それは終わりのないただ働きと言えます。

リアルマネーで購入できるリーフチケットや限定アイテムをもらったところで、ゲーム内に置くだけのものであり、現実世界では何の価値もありません。

そりゃあまぁゲームなわけですから、始める前から分かっていることですが、先を走り続けるが故に辞め時を失っていたのです。

ポケモンGOのように、気が向いたときにやれば良いという考えもありますが、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は時間で区切られるゲームであり、度重なるイベントは運営ペースなので、プレイヤーが合わせなければクリアできないのです。

中途半端な状態では辞められないので、アプリ自体を削除することにしました。

IMG_2801.JPG

先ずはiPhoneから。

2019-03-11 21.22.59.jpg

削除しました。

次に、Android版のMate20Proからも削除します。

2019-03-11 21.25.33.jpg

もう迷いはありません。

2019-03-11 21.25.55.jpg

さようなら「どうぶつの森 ポケットキャンプ」!

とは言っても、実はこのゲームはクラウド上にデータが保存されいるので、任天堂アカウントにデータは残っています。

2019-03-11 21.19.50.jpg

そこは、アカウントを削除しない限り消えないので、アプリを再インストールすれば続きから再開可能なはずです。

でも、両スマホからアプリを削除したので、もう戻ることはないでしょう。

なんだか肩の荷が下りた気がします。ぴかぴか(新しい)
posted by かわいいHERO at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2輪乗換計画のハードルの高さに意気消沈

DR-Z400SMからV-STROM250への乗換について、バイク店主の友人からようやくメールの返事が返ってきました。

その内容は…

V-STROM250 諸費用込み納車 570,000
DR-Z400SM  下取概算   ▲200,000

つまり、少なくとも現金370,000円位は必要となるわけです。

頭の中にザクっと40万円が刻まれ、「40万???」と絶句のメールを返すと、「35位の線にはできるかと…」との返事が返ってきましたが、んん〜、ちょっと考えが甘かったようです。

元々30万で手に入れたCBR900RRと27万で手に入れたSB250に8万ほど追金して手に入れたDR-Z400SMですから、CBRから考えると、45万が消えたことになります。

もちろん、それぞれに乗ってきたわけですから価値は下がるのは当然ですし、改めて見てみると、DR-Z400SMももう6年も乗っているので、完全に自分の見込みが甘かったとしか言いようがありません。

CBRでリターンライダーとなったのが2011年なので、8年間で45万減少とすると、1年で5.6万になりますから、月一も乗っていないことを考えると、バイクは高くつきますねぇ。

もちろん、日常的に利用していれば、決して高くはないのですが、あくまで私の場合は高価すぎる趣味となっています。

しかしながら、よくよく考えれば、キャンピングカーなんてその比じゃありません。

うちのオルビスなんて、オプション含めれば、年間50万とかの減少になるんじゃないでしょうか?

但し、キャンピングカーの場合は、出番が少なくても、家族と利用ができるので、単純に計算できない部分があります。

いわゆるプライスレスってやつですね。ぴかぴか(新しい)

もちろん、オートバイにも単純に計算できない部分はあるのですが、それはあくまで自分自身の問題であり、買い替えなければ、維持費だけで済むわけですから、自分に対しても胸を張りにくいのが現実です。

実際に奥さんや子供にどうこう言われることは絶対にないのですが、今年大学2回の次男坊と浪人の3男坊のこれからの出費を考えると、これくらいならと思える金額が一気に萎んでしまいます。

その下の娘もどうなるかわかりませんし…。 

ということで、完全に折れたわけではありませんが、一気に冷静になったことは確かです。爆弾
posted by かわいいHERO at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣愛車

大きなテレビでストリーミング

昨日というか今日の夜明け前に終わったモトGP開幕戦は、結果こそ昨年を思い起こす新鮮味に欠けるものでしたが、スズキの2台の速さが印象的でした。

我らがバレンティーノ・ロッシも、予選までの不調から14番グリッドでスタート前から結果が見えたと思いきや、流石はロッシ、ほぼ先頭集団と言える5番手まで上がって来て、残念な中にも光を見出してくれましたが、ホンダ、ドゥカティのV型エンジンに対して、ヤマハ、スズキの直列エンジン勢のトップスピード不足は明らかで、コーナーリングでタイムを稼いだものを、直線で一気にあっさりと抜かれるというのは、子供と大人の喧嘩のようです。ふらふら

おっと、モト3クラスで18歳の日本人鳥羽海渡君が優勝したというビッグニュースを忘れていたので追記!

何だかんだ言っても楽しめた開幕戦ですが、その陰には大画面テレビの活用もありました。ひらめき

以前、民放の見逃し配信サイト「Tver」をアマゾンの「Fire TV Stick」を利用して、リビングのテレビで観たという記事をあげましたが、今回もそのアマゾン「Fire TV Stick」のインターネットブラウザである「Silk ブラウザ」を使って、海外のストリーミングサイトを表示させてみたところ、見事に視聴できました。

2019-03-09 20.22.26.jpg

通信状態によって、画質が粗くなることもありますが、PCやiPadの小さな画面で見るよりも快適なのは言うまでもありません。グッド(上向き矢印)

PCでストリーミング映像を全画面にして、HDMIケーブルでテレビに繋ぐこともできますが、「Fire TV Stick」のリモコン操作だけで完結するので、はるかに楽です。るんるん

もっとも、時間帯によっては、テレビを占領するのに気が引けるので、ヘッドセット利用のiPadの需要も無くなることはありません。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

思い出したDR–Zの車検と「Vストローム250」

残念ながら雨で中止となったショップツーリングですが、ふと愛車DR–Zの車検が来月だったことを思い出しました。

IMG_20190309_185545_resize_20190310_120100

すっかり忘れていたので、また出費か〜と思うと憂鬱です。

最近、ゆるキャン△を観たりで、キャンプツーリングも良いなぁなんて思っていると、スポーティ性を犠牲にしても積載力のある楽に乗れるツアラーへの興味が沸いてきて、こいつが目に留まりました。

35826DA8-4345-43A0-BB67-FF7F05EE60FE.jpeg

スズキの「Vストローム250」です。

84362929-E59B-42AB-9A88-FF72D7947FA8.jpeg

250ccとしては大柄な車体ですが、シート高も低く私向きです。

BA42964B-35D9-49D2-93B6-826E3311FC76.jpeg

同じエンジンを載せているGSR250には、以前友人のショップの試乗車に乗ったことがありますが、非常に扱いやすかったイメージです。

年齢的なこともあり、楽に走れるものを求めるようになってきました。

3FA1A014-190B-43CC-B2C6-A7789C420B76.jpeg

アドベンチャーで250ccということもあり、今まで全くピンと来ることもなかった「Vストローム250」ですが、少し前にテレビで所さんの「笑ってコラえて」を観ていたら、若き日にバイクでアフリカ大陸縦断を果たした御歳72歳の賀曽利隆さんを取り上げていて、その時に賀曽利さん宅に「Vストローム250」があるのを見て気になっていました。

すると、賀曽利さんのこんな記事で、ますます興味を持つこととなりました。

特集やっぱり乗りたい!250cc 「旅人・カソリが語る SUZUKI V-STROM250」 – タンデムスタイル

フラットダートも何のそのって感じみたいです。

46CDC9C8-8648-40C9-91AC-3E5DC15F737E.jpeg

純正でトップとサイドの3ラゲッジシステムも用意されていて、キャンプを含め、これまでとは違うツーリングスタイルが頭を過ぎります。るんるん

車検もないし良いと思うのですが、友人には反対されるかも・・・。あせあせ(飛び散る汗)

さて、どうなることやら。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣愛車

2019年03月10日

コストコどうする?

コストコから会員更新の案内が届きました。

img20190310_115943.jpg

まぁ、これは毎年のことなのですが、よくよく考えてみると、長らくコストコへ行っていません。

そこで、最後に行ったのはいつだったか?とブログを検索してみると…


オルビス引取ついでの時間潰し


昨春のCCFオオモリへのオルビス車検引取り時でした。がく〜(落胆した顔)

確かこの時に更新手続きをしたと思うので、この1年でコストコ利用は無かったということか?

これは年会費の無駄遣いです。

考えてみれば、尼崎倉庫店は何処かへ出掛けついでに寄れる位置関係ではなく、コストコへ行くにはコストコに行くつもりで出掛けるしかありません。

友人のバイク店へ行く途中ではありますが、私一人でコストコへ行くこともほぼありません。

一旦行けば、何なりと買って帰るわけですが、以前は存在したわざわざコストコへ行って買いたいものというのが無くなっているのが一番の原因でしょうか?

コストコブランドの格安炭酸飲料の取り扱いがなくなったり、牛タンの塊でさえ、在庫数は違いますが、業務スーパーでも置いているので、もう近場で良いか…となってしまうこと多数です。

また、長男と次男がいなくなり、普通の家庭並みの頭数となったことで、大容量が必要なくなったということもあります。

でも、コストコ店内を見て回る楽しみがあるのも事実ですから、どちらでも良いかなという気持ちもあります。

コストコのミシュランタイヤコーナーでアジリスキャンピングが安く買えるなんてことはないのかな?

まぁ、更新期限が過ぎても、退会の意思表示をしていなければ、更新自体は出来るようなので、近いうちに行くことがあるかどうかで決まるでしょう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

続けて「ゆるキャン△」ネタ

「ゆるキャン△」について書いていると、不思議なもので、またまたネタを見つけてしまいました。

それがこれ。

A9148871-1495-4C05-BF9B-BD93F835976D.jpeg

NEXCO中日本のキャンペーンのようです。

AFE43E05-AE08-485E-8353-952B1040155B.jpeg

スタンプラリーというのはわかりましたが、内容については開催初日までわからないってこと???

事前に分かると気の早い人が居たりして準備に支障があるのかも知れませんね。

29446083-3442-4819-995C-289F9E531430.jpeg

ただ、プレゼント内容が参加者による抽選で200名だけって…絶対当たらない奴ですね。

せめてスタンプ全部集めると、カードがもらえるとか、細やかでも記念に参加賞的なものが欲しいところです。

スマホの専用アプリを使うようなので、アプリ内にAR等の仕掛けがある可能性はあるでしょうけど。

秋までやっているようなので、気が向いたら参加してみようかなと思います。るんるん
posted by かわいいHERO at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ

2019年03月09日

ゆるキャン△&ばくおん!!&ヤマハ?

yurucamp.jpg

先日、記事で取り上げたアニメ「ゆるきゃん△」ですが、アニメは短いこともあり、アマゾンプライムビデオであっという間に全話観終わってしまいました。

何となく「ゆるきゃん△」

この記事にも「ばくおん!!」を連想したと書いていますが、主人公のポワンとした感じや、クールなキャラクターの娘がいたり、人数的なものもあって、違うんだけど連想してしまう要素があります。

ちなみに「ばくおん!!」についてはこちらで書いています。

えっ?「ばくおん!!」終わり???

「ゆるきゃん△」はキャンプについてのアニメなわけですが、硬派なキャンパー「志摩リン」ちゃんは、当初の自転車から免許を取ってスクーターでキャンプに行くようになります。

そこで、ますます「ばくおん!!」チックに感じてしまいました。

静かなソロキャンプも良いなぁと改めて感じて、オルビス・イオでのひとりキャンプをやってみようかなぁと思いつつ、オートバイでのキャンプツーリングにもそそられます。

スポーツバイクを楽しむには、年齢が行き過ぎた感も出てきているので、アドベンチャーバイクでのキャンプツーリングなんていうのも良いかも?

アニメ作品としては、「ゆるキャン△」という作品自体は、舞台が富士山に近い場所で、長野を含めてキャンプに最適なエリアであるので、キャンプ未経験者は現実のハードルでエリアが違えばなかなか共感が難しいかも知れません。

その点、オートバイは場所に関係なく入り込めるので、「ばくおん!!」の方が共感できそうですが、先の記事にもあるように、「ばくおん!!」は男目線が結構あって、若い女性にはどうかと思う部分も多いかな。

それにタイトルの「ばくおん!!」って、冷静に考えれば、駄目じゃんってタイトルですよね。

タイトルがマナーに反しているところが、「ゆるキャン△」と最大の違いかも知れません。

と、そんなことを考えていたら、ネットの記事で、ヤマハ発動機が3月7日「サウナの日」に、バイクとサウナとサウナ飯の魅力を伝える新作漫画4作品を専用サイトで公開したということ情報を知りました。

ヤマハ発動機が「サウナとバイクでととのう漫画」新作4本を公開 『ゆるキャン△』志摩リンが“初サウナる”エピソードも − ねとらぼ

そこにあるヤマハ発動機の専用サイトにはなんと、「ゆるキャン△」の「志摩リン」ちゃんと「ばくおん!!」の「天野恩紗」ちゃんのそれぞれの漫画がアップされています。

yamahasauna.jpg

そう、私はアニメしか観ていませんが、どちらも原作は漫画なんですよね。

そして、「ゆるキャン△」の「志摩リン」ちゃんは、オルビスト「COMTECH」さんも乗る、ヤマハの3輪スクーター「トリシティ」に乗ってます。

一方の「ばくおん!!」の「天野恩紗」ちゃんも3輪の大型車「ナイケン」ですよ。

まぁ、内容はともかくとして、ちょっとワクワクしました。

2017-08-19 20.28.30.jpg

ちなみに、我が家のリビングのテレビの上には、「ばくおん!!」の「鈴乃木凜」ちゃんがいます。
posted by かわいいHERO at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム

ツーリング中止

一週間前の週間天気予報から傘マークがついていた明日日曜日ですが、直前になればずれてくるかも?と期待していたものの、頑固に傘マークを通しています。

yahootennki.jpg

ということで、昨晩、早々に日曜日のショップツーリングの中止が決定しました。

救いはモトGPが開幕で、むしろモトGP観戦に集中できることですが、昨晩気分よく飲みながら見ていたFP1ではトップタイムだった我らがバレンティーノ・ロッシが、FP2ではなんと17位とヤマハ勢で一人激遅くん状態です。

rossi17ps.jpg

同じマシンに乗るチームメイトのマーベリック・ビニャーレスが絶好調ということを考えると、摩訶不思議ですが、スズキのアレックス・リンスやホンダのホルヘ・ロレンソもFP2で条件が変わってタイムが出なかったようなので、環境変化への対応によって違いが出ている可能性があるようです。

rossi17ps_2.jpg

砂漠の中にあるカタールの「ロサイルインターナショナルサーキット」は、砂漠特有の昼夜の温度差があり、温度面でナイターレースを強いられるわけですが、夜が更けるにつれて湿度も上がるようですから、モト3、モト2、モトGPと3つのレースを消化するにあたり、時間の振り分けが難しいのだそうです。

結局、昨晩のFP2は画質も良くないストリーミングということで、ベッドの中でスマホ観戦して、午前3時に終了しましたが、明日のツーリングがなくなったことで、今晩の同時刻帯のFP4と予選は日テレG+で視聴できることもあり、気合を入れて観ようと思います。
posted by かわいいHERO at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣あるライダーのつぶやき

2019年03月08日

いよいよ開幕モトGP

待ちに待ったこの日が来ました。

モトGP 開幕戦は、今年もカタールです。

砂漠の中ということで、昼間は暑すぎてレースができないので、ナイトレースとなります。

日本時間では夜中のスタートとなりますから、ヨーロッパラウンドとなるまでは、週末は寝不足な日が多くなります。

明日の予選と明後日の決勝は日テレG+で視聴可能ですが、今日のFP1とFP2は、海外のストリーミングに頼らざるを得ないので、リスクを乗り越え、至福の時間を過ごします。

img20190308_205536.jpg

今晩は、次男坊にもらった大学協力の日本酒と、昨年の泉佐野市のお礼品の牛すじ煮込みがお供です。

ほろ酔い気分で、真夜中になるであろうFP2は寝てしまわないかがちょっと心配です。
posted by かわいいHERO at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2019年03月06日

雨のクルーズとアフタヌーンティー

この水曜日の休みには、朝から奥さんと梅田へと出掛けました。

来週がバタバタと忙しいので、1週間早く阪急百貨店でホワイトデーのお返しを奥さんに選んでもらいました。

2019-03-06 12.35.16.jpg

そして、夕方、もう一度引き取りに行くこととして、JR環状線で移動します。

DSC00575.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

今回は天王寺ではなくて、それよりもずっと手前の「大阪城公園」駅で下車。

DSC00576.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

駅を出て少し歩けば、大阪城が見えてきました。

DSC00577.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

でも、大阪城が目的ではなくて、ジョーテラスでさっと昼食を済ませます。

DSC00654.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

あまり時間がないので、タリーズでのパスタセットにしました。

2019-03-06 13.12.45-2.jpg

そして、食後にはそのすぐそばのこの場所へ。

DSC00582.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

はい、読んでの通り水上バスのりばです。

DSC00583.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

実は、昨年に奥さんのお姉さんのご主人、つまり私達の義兄のお父様が亡くなったのですが、香典返しにカタログギフトをいただいたので、奥さんがその中の水上クルーズをチョイスしたというわけです。

DSC00585.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

なので、これから水上バス「アクアライナー」での1時間ほどのクルージングのスタートです。

DSC00586.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

座席は指定席です。

2019-03-06 13.57.00-2.jpg

本当なら桜の時期が最高なのですが、残念ながら期限が3月下旬ということで、どちらにしても桜は間に合わないので、ギリギリは避けて予約していました。

2019-03-06 14.00.21-2.jpg

中国人の団体客が居ましたが、船内は比較的空いていて快適なクルーズが期待できそうです。

2019-03-06 14.32.28-1.jpg

見慣れた大阪の街ではありますが、船の上からは新鮮です。

2019-03-06 14.02.15.jpg

水の都大阪ですから、橋を巡るクルーズなのです。

2019-03-06 14.08.33.jpg

途中ですれ違ったのは水陸両用バスかな?

2019-03-06 14.10.42-2.jpg

何とかもってくれていたのですが、とうとう雨が落ちてきました。

2019-03-06 14.14.37-1.jpg

短い時間の中で、乗務員の方はカメラマンを申し出たり、船内販売をしたりで、今度は下船の案内です。

2019-03-06 14.17.35-2.jpg

何名かの方がここで下船されました。

2019-03-06 14.19.18-2.jpg

私達は大阪城港乗船で、下船も大阪城港です。

2019-03-06 14.20.22-1.jpg

なので、まだまだクルージングは続きます。

2019-03-06 14.21.33.jpg

中之島の大阪公会堂。

2019-03-06 14.25.59.jpg

奥さんが「飛行機だ!」と言うので、思わず撮影。

HUAWEI「Mate20Pro」の3倍望遠、なかなか優秀です。

2019-03-06 14.31.44-1.jpg

今回は、富士フィルムの一眼「X-H1」にレンズを4本持ってくるつもりでしたが、雨予報なのとあまりの重さに急遽ソニーの「α7B」にレンズ2本に変更したのですが、アクアライナーはガラスに囲まれていたので、反射必至で、一眼には向きませんでした。

2019-03-06 14.32.28-1.jpg

なので、ここではスマホの「Mate20Pro」の独壇場でした。

2019-03-06 14.35.00-2.jpg

これも3倍望遠による造幣局です。

2019-03-06 14.35.38-2.jpg

スマホの限界か、すれ違い際に手を振るおじさんはブレてしまいました。

2019-03-06 14.38.29-2.jpg

超広角で撮る水面は、スマホとは思えない構図です。

2019-03-06 14.39.25.jpg

またもや奥さんが「飛行機!」と叫ぶので、今度は小さいながらも3倍望遠で良い感じです。

2019-03-06 14.47.02-1.jpg

終盤には、水位が上がった時用に備えられている、船の天井が30p下がるというシミュレーションを行っていただき、貴重な体験ができました。

2019-03-06 14.48.47-2.jpg

とうとう大阪城へ帰って来ました。

DSC00590.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

約55分間のクルーズが終了しました。

2019-03-06 14.54.35-1.jpg

そして、下船後には乗り場を見ながら橋を渡ります。

DSC00592.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

そして、そこにあるのは「ホテルニューオータニ大阪」です。

DSC00595.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

ホテル内のショップが並ぶ通路を抜けて…

DSC00596.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

エレベーターで18階へ上がります。

DSC00600.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

そして、スカイラウンジへやって来ました。

DSC00637.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

カタログギフトの商品は、クルージングとスカイラウンジでのティーセットが組み合わせられているのです。

DSC00602.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

案内された窓際の席からは、大阪の街が一望できました。

DSC00604.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

楕円形の屋根の向こうに大阪城が鎮座しています。

DSC00603.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

下の川には、先程まで乗っていたアクアライナーの姿が見えました。

DSC00605.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

そうこうしている間に、アフタヌーンティーセットが運ばれてきました。

2019-03-06 15.09.11-1.jpg

季節柄、苺が目につくスイーツです。

2019-03-06 15.11.39-1.jpg

苺尽くしとまではいきませんが、かわいい“映える”アフタヌーンティーに奥さんも満足げ。

2019-03-06 15.12.00-1.jpg

ラウンジ内には、写真映えするポイントもいくつか目につき、私もテンション上がります。

DSC00640.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

桜の向こうの大阪城・・・もちろん桜は造花だと思いますが。

DSC00629.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

大阪城ホールの今夜のイベントは「パフューム」だそうで、物販コーナーに行列が見えます。

DSC00631.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

ラウンジを出た後は、ホテルの1階をブラブラした後、ホテルを後にしました。

2019-03-06 16.16.14-1.jpg

「ホテルニューオータニ大阪」の道路向かいには、完成間近?な読売テレビの建物があって、そこに名探偵コナンのブロンズ像がありました。

DSC00650.jpg「Sony α7B+FE 24-105mm F4 G OSS」

その後、梅田に戻ってホワイトデーのお返し品を受け取って帰りました。

雨の中のクルージングとアフタヌーンティーということで、内容的には大したことは無いのですが、普段経験しない内容なので、良い気分転換になりました。

そして、何よりやっぱりカメラを持ち出さないと駄目だと強く思いました。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2019年03月05日

BS・CSの知識なし

我が家のオルビス・イオのテレビには、当初は八木アンテナの「power up UwPA」なんて地デジアンテナを持ち込んだりしていました。

オルビスの地上デジタルテレビ計画

ですが、当時のナビが地デジに対応していなかったこともあって、パナソニックの自動車用の4×4チューナーをナビと兼用する形で設置していました。

パナソニック地デジチューナー取り付け

その後、ナビを楽ナビに入替えたことで、現在はこのパナソニックの地デジチューナーは、ダイネットのテレビ専用となっています。

多少電波が悪くても、ワンセグで受信してくれるところが自動車用チューナーの良いところですが、結局、電波が受信できない山間部なんかだと、テレビを諦めて、デジ像にバトンタッチすることになりますが…。

基本的に、キャンプ場でのんびり過ごしたりすることが無いので、キャラバン中は走行時以外にはテレビもそんなに見ないのですが、先輩キャンパーさんを見ていると、のんびりキャンプには、きっと地デジだけでなくBS・CSなんかも欲しくなるのでしょうね。

子供達が大きくなって、キャンピングカーの利用方法も変わりつつあるので、我が家のオルビス・イオについても、BSやCSという選択肢も必要となってくるのかも知れません。

そんな中、グーグルがピックアップしてきた記事の中に、こんなアンテナの記事がありました。

sa00_o.png

旅先でも地上/BS/110度CS放送が受信できる携帯型アンテナ − AV Watch


置いて繋ぐだけみたいですから、私のようなBS・CSの知識なしの人間でも、簡単に使えそうですね。

でも、大きくて収納が大変そうですし、キャンプ場以外では置き場所に困りそうなので、やはり車載タイプの方が良いのかな。

と思っていたら、同じ会社が1年以上前に、屋根に設置する車載用も販売しているようです。ひらめき

キャンピングカーなどで使える、自動で角度を調整するBS/110°CSアンテナ「SELFSAT SNIPE2」を発売 −  ValuePress!

これの性能や使い勝手はどうなんでしょうね?

しかしそれ以前に高いなぁ…がく〜(落胆した顔)

BS・CSが必要かを含めてじっくり勉強したいと思います。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣関連記事・ニュース

2019年03月04日

仕事した〜

今日は雨ということもあって、事務所で事務仕事にまい進していました。

お陰で、一気に片付きましたが、何だかモヤモヤします。

多分、長男の入院のことやら、次男坊の彼女のことやら、三男坊の受験のことやら、長女の成績のことやら、奥さんの健康上のことやら、数えるとキリがないのと、ストレス発散となるモトGP開幕直前であることが原因なのでしょう。

さて、自力で風向きを変えれるよう頑張らないと…。
posted by かわいいHERO at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと

2019年03月03日

雛祭りとカメラチョコ

今日は、オルビスのタイヤ交換の後は、夕方に予約しているケーキを取りにエキスポシティへ行くのみでした。

エキスポシティ近くの万博公園では、アウトドアフェアが開催されていて、CCFオオモリさんや岡モータースさんがキャンピングカーを持ち込んでいるらしいのですが、日曜日のエキスポシティは、駐車場割引が最低限なので、寄る余裕もなく、奥さんのイズミヤでの買い物に付き合った後、プチプランスで雛祭りケーキを受け取っただけで帰って来ました。

そして、夕食後には雛祭りケーキをいただきますが、その前に我が家のお雛様を紹介しましょう。

X-T10&XF60mmF2.4MACROで撮影しました。

F46205B2-DBEE-4813-9A84-4A463ECD148A.jpeg

娘のお雛様は、7段飾りとかの大掛かりなものではなく、おばあちゃんが買ってくれたガラスケース入りの2段ものです。

91AF0091-C279-44BB-905F-6592B1A822C7.jpeg

お雛様※(追記)

F4BD2B3A-236B-446A-A9EB-31D509AA7A05.jpeg

お内裏様※(追記)

そして3人官女の面々です。

D28A7E6A-803C-4956-A588-3C52B5AB0B6A.jpeg
60E4D138-7851-4C73-B146-08D4187C1F44.jpeg
B14DADA8-C095-4BB3-AE50-937F67C979A3.jpeg

なかなかの美形ぞろいです。

8AD9B6ED-BE52-4EA1-BE5D-A35DFC57D686.jpeg

そして、夕食はちらし寿司でした。

663FD1C3-DBCD-42DB-99AB-F4EDC7547902.jpeg

食後しばらくしてから雛祭りのケーキタイム開始!

アレクサに雛祭りの歌をお願いしたら、アマゾンミュージックの雛祭りの例の曲を掛けてくれましたが、アレクサに歌ってってお願いしてみたら、はいだしょうこさんの雛祭りが掛かりました。

BC630335-4064-4D18-A79B-B30382463DDF.jpeg

この雛祭りは、娘が嫁ぐ日まで続くのだろうか?

637CAC61-E0DE-4D00-837C-5763C68AAA1D.jpeg

そして、話は変わって、先日のバレンタインデーに奥さんにもらったカメラ型缶を食べようと開けてみたところ…

D8823590-64C0-4CBA-9DAF-808D49F99F8F.jpeg

中からフィルム時代のパトローネを模したチョコが出てきました。ぴかぴか(新しい)

素晴らしい・・・コダックっぽいけど。

772DD136-F734-482A-84C3-F1DF2BCD6F3B.jpeg

缶の裏に貼ってあった原材料等のシールを剥がせば、もうどこから見てもカメラです。るんるん

何と、缶のレンズ部分は外れました。ひらめき

9CF61CF9-D9E1-49D7-A945-2860D62BBA08.jpeg

こりゃあ、一眼フィルムカメラそのものです。

撮影はできないけど…ふらふら

愛着が湧きそうです。

3/7追記
※ひな祭りの「おだいり様」「おひな様」って誰? チコちゃんが解説した誤解の理由に騒然 − しらべぇ
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

夏タイヤへの交換完了2019

午後には確実に雨の降り出す予報の中、今朝は朝食を食べ終わって、だらだらすることなく、昨晩持ち帰った夏用タイヤへの交換に着手しました。

2019-03-03 10.12.26-1.jpg

今朝はお向かいさんのガレージには車があるので、前面道路での作業では、急に出たいと言われると困るので、敢えてガレージでそのまま作業するので、かなり狭い。

フロントはそのままではボトルジャッキが入らないので、先ずは左後輪から作業しました。

2019-03-03 10.13.16-1.jpg

夏用タイヤ装着後、先日導入した南海部品のハンディエアコンプレッサーの登場です。

2019-03-03 10.19.12.jpg

現在の空気圧は5.6kg/㎥ということで、これから気温が高くなる時期なので、このままでも充分ですが、折角ハンディエアコンプレッサーがあるので、0.1kg/㎥だけ追加して5.7kg/㎥とすることにします。

2019-03-03 10.20.06.jpg

正確には計測していませんが、0.1kg/㎥入れるのに必要な時間は20秒くらいでしょうか?

コンパクトなボディなので、そこは仕方がありませんが、バッテリー駆動でボタンを押すだけなので、想像以上に快適です。

アタッチメントを使うことなく、附属のホースの先端金具をねじ込むだけで注入できるので、楽ちんです。

2019-03-03 10.24.18-1.jpg

あとは、エアモニのセンサーを付け替えて、左後輪の交換完了です。

2019-03-03 10.32.47-2.jpg

次はシエンタを少し前に出して、右後輪の交換に掛かります。

2019-03-03 10.33.42-2.jpg

ガレージ内で作業するとなると、ここは、シエンタを動かさないことにはどうにもなりません。

2019-03-03 10.46.53.jpg

ここも交換後に空気圧を確認すると、左後輪と同じ5.6kg/㎥。

2019-03-03 10.57.02-1.jpg

なので、同じく0.1kg/㎥追加です。

タイヤの前後左右の区別はしていなかったので、偶然、以前の後輪のタイヤが当たったのでしょう。

ローテーションとはなりませんが、溝もたっぷりなので問題もありません。

2019-03-03 10.58.06-1.jpg

ここで、予報より1時間早く雨が落ちてきました。

2019-03-03 11.00.31-1.jpg

でも、幸い本降りとはならず、作業を続けます。

2019-03-03 11.07.45.jpg

前輪の交換にはレベルブロックが必要なのですが、ガレージ部分から側溝を中心に道路面までが谷状になっているので、レベルブロックと地面との摩擦が効かず、オルビスで乗り上げようとするとレベルブロックが動いてしまいます。

2019-03-03 11.07.57-1.jpg

レベルブロックの底が削れちゃいましたねぇ。

でも、位置を考えて右前輪の交換完了です。

2019-03-03 11.30.25.jpg

5.45kg/㎥ですが、ここも0.1kg/㎥追加しておくことにします。

2019-03-03 11.31.13-1.jpg

最後に、左前輪の交換を完了しましたが、ハンディエアコンプレッサーからエアが漏れる音がするなぁと思ったら、タイヤにホースの金具をねじ込むので、ホースのコンプレッサー側の金具が緩んでしまって、そこからエアが漏れていました。

2019-03-03 11.58.54.jpg

なので、少し空気圧が低くなっていますが、右前輪の5.55kg/㎥に合わせます。

2019-03-03 12.00.04.jpg

無事に、雨の中の作業とはならずにタイヤ交換を完了できました。

2019-03-03 12.15.32.jpg

ハンディエアコンプレッサーは、購入時のままで未だ充電したことがありませんが、追加のエアの量が少なく、問題なく作業できました。

これは、やはり一つ常備しておくと、便利だと思います。

大量のエアを注入するのは無理ですが、調整用途では、エアモニとの組み合わせでお手軽さが良いと感じました。るんるん

さぁ、これで終わったと思ったのですが、エアモニの値もチェックしておくべきだと気付いて改めて…。

2019-03-03 12.41.16.jpg


あれっ?かなり数値が違うなぁ。たらーっ(汗)

どちらが信用できるかと考えると、やっぱりハンディエアコンプレッサーの方なので、エアモニの誤差を頭に入れておく必要があるのかもしれません。爆弾
posted by かわいいHERO at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>タイヤ

タイヤ交換できるかな?

もう3月に入り、急激に暖かくなりましたが、我が家のオルビス・イオは未だスタッドレスタイヤです。

結局、雪の上を走ることは無かったものの、その経過年数を考えると、路面温度が上昇してくるこれからの方が不安です。

今月は何だかんだと忙しくなりそうなので、うっかりするとタイヤ交換交換の機会を失う可能性もあるので、休日前夜に会社の倉庫から夏用タイヤをお持ち帰りします。

IMG_20190302_185917_resize_20190303_013414

でも、なんだか空が怪しい。

天気予報をチェックしてみたら…

CABBDFC0-23C8-4922-90C5-4B668C32DE6F.jpeg

日曜日は、午後からは完全にアウトですが、何とか午前中はいけるか?

IMG_20190302_191320_resize_20190303_013414

という事で、軽トラの荷台に積んで帰りましたが、果たして雨に降られることなく、無事に交換できるのだろうか?

改めて、真夜中に天気予報をチェックし直すと、雨の落ちてくる時間が3時間も早まってるぞ!

これは、やばいよ、やばいよ。
posted by かわいいHERO at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビスのある日常

2019年03月02日

少数派の違和感

1232603.png

先日の友人のバイク店のツーリング仲間で行く月一ワンカルビでのこと。

この日の参加者は私を含めて5人だったのですが、主催者のペンキ屋さんが、かっぱ寿司の食べ放題に行くという話から、回転寿司の話題になったのですが、隣に座っていたKさんから、

「最近、回らない寿司行きました?」

って聞かれて、ふと、先日の結婚記念日に京口町てるいさんで出してもらった握りを思い出し、

「この間、結婚記念日に行った・・・」

と話し掛けたところで、

「結婚記念日?カッコイイ!」

と話を中断されてしまい、周りのみんなも同調するように、

「カッコイイ!」

を連発するのです。あせあせ(飛び散る汗)

話の腰が折れてしまい、それ以上話すことができなくなったのですが、正直、

「何がカッコイイの?」

と思ってしまいました。バッド(下向き矢印)

ですが、よくよく考えると5人の内既婚者は私と30代のM君の二人だけ。

M君以外は、ワンカルビのシニア料金適用です。

M君も奥さんとの仲が上手くいっているとは言い難いようなので、一緒になって反応していて、私ひとりがキョトンと訳の分からない状態でした。

趣味のバイク仲間なので、気を使ってまで一緒に居たくないので、今後も特に言葉に注意しようとかは思いませんが、特段珍しい話では無いと感じている結婚記念日の食事で、ここまで盛り上がるのは不思議な経験でした。

ある意味、新鮮な体験ではありますが、その日の少数派であった私との間に明白な違う何かがあるということを感じざるを得ませんでした。

何だかちょっと寂しい気もします。ふらふら
posted by かわいいHERO at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと

2019年03月01日

X-T10とXF23mmF2

ここ最近、次男坊にやるか売ってしまうつもりだった富士フィルム「X-T10」を普段持ちしています。

「X-Pro2」と「X-T2」によってすっかり出番を失くしていた「X-T10」ですが、改めて持ち出すと、そのコンパクトさに改めて驚きます。

「X-T2」との大きさは少しだけだと思っていましたが、実際に持ち出すとなるとここまで違ってたんだという再発見がありました。

加えて、「X-Pro2」にしっくりくるというコンパクトな標準画角レンズ「XF23mmF2」ですが、「X-Pro2」が大柄なので、「X-T10」と組み合わせてみました。

2019-03-01 13.26.19.jpg

つけたままバッテリー交換可能なボトムケースと付属していた赤いレリーズボタンでちょっとお洒落に進化した「X-T10」もなかなか良い感じですが、「XF23mmF2」はスリムですが長さはそこそこなので、携帯性は同じセンサーを使用するコンデジ「X100F」の方がはるかにコンパクトです。

img_main01.jpg

同じ23mm(フルサイズ換算約35mm)でも、センサーは「X-T20」と同等ということで、画質の点でも完敗ですが、「X-T10」も何とか持ち出したくなるサイズなので、昨晩のケーキ予約のエキスポシティに持ち込んでみました。

DSCF5029.jpg

例のガンダムですが、ハイライトが強すぎてガンダムが白飛びしてイマイチです。

その場で適正露出に設定できていないので、結局後からアドビのLightroomでRAWファイルを再現像することに…

DSCF5029-1.jpg

JPEG撮って出しが自慢のはずの富士フィルムのカメラですが、私の腕では意味がありません。

我ながら、本当下手くそで嫌になります。

以下、同様です。

DSCF5031.jpg
DSCF5031-1.jpg

DSCF5032.jpg
DSCF5032-1.jpg

DSCF5034.jpg
DSCF5034-1.jpg

DSCF5035.jpg
DSCF5035-1.jpg

DSCF5037.jpg
DSCF5037-1.jpg

DSCF5038.jpg
DSCF5038-1.jpg

未だRAWファイルと現像ソフトが欠かせません。がく〜(落胆した顔)

JPEGでは完全にスマホ「Mate20Pro」に負けてるでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)

その「Mate20Pro」と「X-T10&XF23mmF2」は、先日のオフロード練習の際にどちらも使用したので、ちょっと比較してみようと思いますが、その前に「X-T10&XF23mmF2」のものを数枚。

DSCF5017.jpg
DSCF5021.jpg
DSCF5025.jpg
DSCF5026.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」VGAに縮小

VGAサイズ(640×480)に縮小した画像なので、画質の何がわかるってところですが、次からの比較の方はオリジナルサイズをアップしておきます。(画像クリックでオリジナルサイズが開きます)

比較に使用するのは同じような構図の次の各2枚にしましたが、そもそもの画像サイスがHUAWEI「Mate20Pro」の約4000万画素「7296×5472」に対して、「X-T10」は1630万画素の「4890×3264」です。

画素数が多ければ良いというものでもありませんし、センサーサイズは圧倒的に「X-T10」が大きいのですが…

2019-02-27 10.52.17-1.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」

DSCF5018.JPG
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」

2019-02-27 10.54.03-1.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」

DSCF5023.JPG
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」

1枚目は背景の空の有無で露出が同様でないということもありますが、それ以前にサイズが違ってわかりにくいかもしれません。

なので、より構図の近い2枚目をPCの画像ソフトで拡大、縮小キャプチャーしてみました。

hikaku1mate20pro_100%.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」100%

hikaku1XT10_160%.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」160%

hikaku2mate20pro_60%.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」60%

hikaku2XT10_100%.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」100%

まぁ、これも画像ソフトなので100%以外はジャギーが出てしまって正確な比較になりませんが、画素数を考慮したらほとんど差はないように感じます。

シーンによってはスマホで十分ということになりますが、厳密な質感はやはり一眼がスマホを勝ります。

まぁ、センサーサイズを考えれば当然なのですが…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム