2019年06月20日

3度目の川崎遠征は築地へ(その2)

築地のガンマナイフ専門のクリニックでは、川崎のクリニックからの紹介ということで、全て情報は行っていますが、改めて説明をされました。

その中で、多少内容の違いもありましたが、基本的には全て理解しており、やらない選択肢はないと考えているので、3人ともサインをして、7月末の手術が決定しました。

それに伴い、そのまま長男は検査に入り、私と奥さんは担当の方から入院時の説明を受けました。

ガンマナイフ専門ということで、ルーティーンとして確立された流れ作業のような段取りの良さです。

ガンマナイフの性質からは、その方が安心と言えるかも知れません。

長男の検査が終わり、この日の診察は終了です。

もと来た道を戻りながら、奥さんがもう少し歌舞伎座辺りを見たそうなので、寄ってみました。

000022.jpg

歌舞伎座の地下にある、大きな提灯の吊り下げられたお土産物屋さんが集まるスペースです。

000023.jpg

「かぶきにゃんたろう」という可愛い猫のキャラクターがいるのですね。

000024.jpg

何処までが「こひき小路」なのかなと思っていましたが、このスペース全体が「木挽町広場」なのですね。

000025.jpg

当たり前ですが、とにかくどこも歌舞伎一色です。

000026.jpg

自動販売機までこの通りです。

000027.jpg

テンション上がりまくりの奥さんが、ガチャポンを見つけてやりたそうなので、百円を5枚あげました。

000028.jpg

欲しい第2位が当たったようです。

000029.jpg

「木挽町広場」をひと通り見た後は、その奥のエレベーターで5階へ上がりました。

000030.jpg

有料の「歌舞伎座ギャラリー」は時間的にも難しいので、無料で観れる部分だけ。

000031.jpg

嫌がる長男に顔出しパネルを促すのに、珍しく自分から顔を出す奥さんでした。

000032.jpg

これは、ケースの中の人形をGR3で至近距離から撮影してみました。

000033.jpg

「屋上庭園」も無料ということで歩きましたが…

000034.jpg

何故か奥さんが、そこから見える永谷園のお茶漬けの看板を力説してました。

確かに歌舞伎柄だね。たらーっ(汗)

そんなこんなで、歌舞伎座周辺見学も終了して夕食には未だ早いので、川崎へ戻ってから夕食を取るべきかと考えていたら、奥さんが長男に「ここからスカイツリーってどれくらい?」と聞いています。

長男がスマホで時間を調べたら20分ちょっとということで、行きたいオーラ全開です。

私としては、遊びに来たわけでもないし、「スカイツリー行ってどうするの?」と思ったのですが、長男が翌日仕事である以外は問題は無いので、結局、スカイツリーへ行って夕食を取ることになりました。

ところが、夕方の帰宅ラッシュが重なり、「東銀座」から「押上」までの移動は大変でした。

000035.jpg

せっかく来たので、私もカメラを最大限楽しみます。

000036.jpg

スカイツリータウンを出て、

000037.jpg

外階段を上がりながら、

000038.jpg

いろんな角度でスカイツリーを撮りました。

000039.jpg

階段を登り切った広場には、カービーカフェがありました。

000040.jpg

スカイツリーの公式キャラクター「ソラカラちゃん」

000041.jpg

近くにはその他の仲間も居ました。

000042.jpg

お気に入りの超広角ズームレンズで、なんとかお花畑含めたスカイツリー全景を捉えました。

000043.jpg

今度は望遠ズームで先端を…

000044.jpg

代わり映えはしませんが、

000045.jpg

自己満足です。

000046.jpg

陽も落ちてきて・・・まさに「東京マジックアワー」です。

奥さんも満足したということなので、夕食目当てでそらまちのレストラン街へ向かいますが、ここには、今年のGWに行った、香川県は高松にある「うどん本陣山田家」のスカイツリー店があるんですよね。

000047.jpg

でも、わざわざ東京で讃岐うどんもありませんので、長男に何が食べたいかを聞くと、まさかの「六厘舎のつけめんが気になる」という返事です。

000048.jpg

もっと金額の張るいろんな美味しいものがある中で、「何故につけめん?」と思いましたが、ずっと気になっていて東京駅で時間が合わなかったり、行列だったりで未だに食べれていないらしい。

私もつけ麺は大好きですし、金額が安いのは有難いので、六厘舎に決定。

000049.jpg

数組並んでいましたが、そう待つことなく入れました。

000050.jpg

海苔の上に載っているのは魚粉ですが、確かに美味しかったです。

ごちそう様でした。

食後は、川崎へ向かいますが、帰りのルートは長男と奥さんに任せて私は付いて行きます。

すると、新橋からJRで川崎へ帰るルートでしたが、こちらも混雑が半端なく疲れました。

まぁ、大阪でも混んでる電車は混んでますが、車通勤の私には久しぶりの経験でした。

川崎へ戻ると、長男のマンション近くの交差点で長男と別れ、私たちはオルビスを駐車しているコインパーキングへと向かいます。

そして、今回も自宅への遠い道のりを進みますが、今回違うのは翌日が水曜日で定休日であることです。

これまでの2回は、月曜日の診察だったので月曜日に休みを取って、翌火曜日は出勤していました。

でも、今回は火曜日の診察で翌水曜日の丸1日掛けて帰れば良いので、ゆとりが違います。

途中、セブンイレブンでアイスカフェラテを買って、高速へ乗りました。

000051.jpg

そして、何処に寄ることも無く、初めて下りの足柄サービスエリアへ到着。

000052.jpg

先ずはサービスエリア内を少し散策しましたが、上りよりも立派な施設ですね。

000053.jpg

そして、お決まりのお風呂で締めくくって、風呂上りにファミリーマートでアイスクリームを買って食べて、オルビスへ戻って爆睡しました。

時間に縛られない、幸せな睡眠だったことは言うまでもありません。

その3へ続く
posted by かわいいHERO at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

3度目の川崎遠征は築地へ(その1)

すっかりブログ更新が滞っていましたが、今週は長男のガンマナイフ手術の件で、月曜日の夜から昨晩まで、今年3度目となる長男の住む川崎へ行っていました。

奥さんが私の帰宅時間を尋ねてきていたので、てっきり7時くらいの出発できるのかと思っていましたが、改めて何時に出られるのかを確認すると、「10時までには…」と残念な回答でした。

そして、その言葉通りの出発となり、高速に乗る前に、ローソンでマチカフェを。

000001.jpg

GWの乗りっ放しで、オルビスのおでこは汚れたまんまです。

地デジの受信が怪しくなった滋賀の新名神からは、アマゾンでダウンロードしていたプライムビデオが旅のお供でしたが、案の定、助手席の奥さんは途中でウトウトしていましたが、しっかりエンディングだけは見ていました。

頚椎症で軽トラ運転で感じた背中の痛みというかだるさを心配していましたが、オルビスのレカロシートの快適さから全く不調なく運転ができていて、新東名の浜松サービスエリアでトイレ休憩となりました。

000002.jpg

サービスエリアでストレッチをして、快調を維持したまま、いつもの足柄サービスエリアへ到着した時には、夜が明けかけていました。

慌ててバンクへもぐりこんで爆睡です。

000003.jpg

8時位に起き出した後着替えて外に出ましたが、残念ながら富士山が見える場所には雲だらけでした。

000004.jpg

足柄サービスエリアなので、朝食は毎度の朝マックにしました。

000005.jpg

奥さんがトイレで顔を作ってくる(本人談)間、私はカメラを持ってウロウロしてました。

000006.jpg

富士山が撮れなくて残念でしたが、私以上に奥さんが毎回楽しみにしているので、可愛そうでした。

000007.jpg

花を撮ったり…

000008.jpg

その向こうのオルビスを撮ったりしている間に、ようやく奥さんが戻ってきたので、川崎へ向けて出発しました。

今回は、長男のガンマナイフ手術についての説明を受けるために、築地の病院へ行かなくてはならないのですが、当初は長男と現地で待ち合わせて、オルビスでそのまま築地へ行こうと思っていましたが、駐車場事情が全く違うことから、沿線のどこかでパーク&ライドなんて考えて、東京在住のオルビストさんに相談したりもしたりもしたのですが、結局、川崎からの時間や運賃を考えるとパーク&ライドの意味もあまりないようなので、既に駐車場事情を理解している川崎から、長男と一緒に電車移動することにしました。

なので、川崎の前々回と前回利用したコインパーキングへ行ってみるも、どちらも空きが無く、別のコインパーキングへ駐車することとなりました。

停めてから、ここの最大料金が24時間ではなく午後8時までだったことに気が付きましたが、それ以降は1時間100円なので「まぁいいや」となりました。

000009.jpg

半休を取ったという長男の帰宅に良い時間での到着となり、長男のマンション経由で、川崎の駅へと向かいます。

000010.jpg

グーグルマップナビや乗り換え案内で、経路を検索しながら、今回は京急川崎駅へ向かいましたが、途中、運良く1時ちょうどのイベントに出くわしました。

000011.jpg

幾つものルートが存在するので、土地勘のない私達には全くピンと来ません。

000012.jpg

そんな中、泉岳寺という駅で、一度だけ隣のホームへの乗り継ぎでやって来たのは東銀座駅です。

000013.jpg

3時からの診察なので、先ずは昼食をということで、ネットで東銀座のランチを検索したところ8件を紹介するサイトがあり、内3件が奥さんのお眼鏡にかない、その3件の中から長男が選んだお店へ行くことにしました。

が、地上へ出るとすぐに歌舞伎座の姿が見え、奥さんが前を通りたいと言います。

000014.jpg

幸い、お店の方向もそちらなので、歌舞伎座の前を通ってぐるりと向かいます。

000015.jpg

ミーハーなうちの奥さん、とても喜んでいます。

000016.jpg

こちらの演目の入場待ちのお客さんがたくさんおられました。

000017.jpg

歌舞伎座脇に小さな神社を見つけて、早速お参りする奥さんでした。

そこに、歌舞伎座タワー5階で御朱印紙がいただけるとあったのですが、先ずはランチが先です。

そして、目的の夜は高級水炊き屋さんらしい「森川」というお店へ向かったものの、昼の営業が1時半までとなっていて、その時間には間に合ったものの、もうオーダーストップかも?と思っていたら、案の定、暖簾は掛かっているけど、札が支度中となっていました。

仕方がないので残りの候補の2件となるわけですが、ここへ来るまでの間に、内1件のYOU/ユーという喫茶店には長い行列ができているのを目にしていて、そこはパス。

なので、残りの1件のイタリアンのヴォメロ (Vomero)というお店へ行ってみたところ、無事に入ることができました。

000018.jpg

東銀座でイタリアンというと、ちょっと気が引けますが、こちらのお店はカジュアルで非常にリーズナブルでした。

000019.jpg

パスタランチは1080円ですが、立派な前菜つき。

000020.jpg

幾つかからチョイスできるもちもちパスタは、フレッシュトマトにしました。

000021.jpg

どれも美味しかったですが、これに、珈琲もしくは紅茶のドリンク付きなので、満足感は高いです。

ここで、奥さんは早々にドリンクを飲み干して、先ほどの御朱印を求めて歌舞伎座タワーへ行くことにして、私と長男は少しゆっくりアイスコーヒーを飲んでから、歌舞伎座タワ−へ向かいました。

診察時間が迫る中、何とか御朱印をもらえた奥さんと合流して、ぎりぎりクリニックへ滑り込みました。

その2へ続く
posted by かわいいHERO at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録