2020年07月31日

排気口の処理

オルビスのセカンドシート下の電気設備の為に開けた3つの穴の仕上げがようやくできました。

よく考えずに適当な大きさの穴を開けたので苦労しましたが、ホームセンターを物色していて、先ずはこんなフィルターを発見。

IMG_20200731_223414_resize_20200731_224617.jpg

最悪、穴を広げるつもりでアルミのメッシュも用意しましたが、取り敢えずはこのプラ製フィルターを使ってみようと思い、枠をどうしようかと考えていたら、エアコン用のこんな部材がありました。

IMG_20200731_223436_resize_20200731_224617.jpg

こいつはソフトな素材なので、試しにこいつにさっきのフィルターをはめてみたら…

IMG_20200731_223456_resize_20200731_224616.jpg

ギチギチでしたが何とかはまりました。ひらめき

IMG_20200731_224149_resize_20200731_224616.jpg

そして、都合良く完全な丸型では無く、縦2つの内の1つを少しカットしただけで、ボンドも使うことなくピッタリ留まりました。

IMG_20200731_224501_resize_20200731_224616.jpg

PCファンを取り付けた方の少し小さな穴の方には、適当なカバーが見つからなかったので、カッティングシートを丸くカットして誤魔化して、同じフィルターをダイレクトに差し込みました。

IMG_20200731_224523_resize_20200731_224616.jpg

上手く処理できたつもりですが、問題は排気が上手くいくかなので、プラ製フィルターの空気抵抗がスムーズな排気を妨げるようであれば、やり直しです。

IMG_20200731_224804_resize_20200731_224837.jpg

リチウムイオンバッテリーの電圧は、ダイネットの照明位しか使用していないので、ここ数日はほぼ変わりなしです。
posted by かわいいHERO at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>家具

2020年07月30日

初アリエク到着

先月、アリエクでこ購入手続きをしていた「スマートBMS」が、昨日の作業中に届きました。

2日程前に追跡調査をしたら動きがあり、「JPKWSA」やら「JPNRTA」等の文字が登場し、到着が近いことは予想をしていました。

スクリーンショットは到着後のものなので、しっかり到着済になってますね。

2020-07-29 18.19.45.jpg

届いたものは、噂通り精密部品にしては大丈夫なの?っていう梱包です。

2020-07-29 18.20.59.jpg

はさみで切り開いてみると…

2020-07-29 18.23.28.jpg

プチプチのオンパレードでした。

2020-07-29 18.24.06.jpg

マジックによる文字で、それが注文したBMSであろうことは何となくわかりました。

本来なら、直ぐに商品が正常に機能するかどうかの確認をするべきですが、そんなスキルは無いので、万が一不良品でもちゃんと届いたので良しとします。爆弾

2020-07-29 18.24.57.jpg

元々はリチウム先駆者ZAKIOさんのブログを見て電圧計代わりに念のため注文しておこうという気持ちでしたが、最近になって、リチウム先駆者うなぎさんもこのスマートBMSを手に入れておられ、記事をアップされているので、とても助かります。

2020-07-29 18.25.38.jpg

ですが、私の場合は走行充電器にCTEKの「D250SE+SMARTPASS120S」をチョイスしてしまったので、BMSにより接続を遮断してしまうと問題が起きそうなので、使えそうにありません。たらーっ(汗)

走行充電量を少しでも多く確保するために、冷蔵庫は「SMARTPASS120S」経由としているので、遮断されると冷蔵庫の電源も遮断されるものと思われます。

オルタネーターの配線強化等で充分な充電量が確保できるようになれば、冷蔵庫の配線をバッテリー直へと移すとか、もしくは使用に問題がないことの確認が取れたら使うかも知れませんが。

こういうところで、基礎知識のなさが弱みとなります。ふらふら
posted by かわいいHERO at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月29日

ラーメン鱗

昨日は、奥さんに仕事帰りに迎えに来いと言われ、帰りにパート先まで迎えに行ったのですが、帰るまでに娘も塾だと聞かされました。

以前に今月は塾がないと聞いていたので、寝耳に水です。

それなら、奥さんではなく、娘を迎えに行って帰るべきだったのに…。

仕方なく、一度帰って奥さんを降ろしてから、娘を迎えに行くという2度目の激務でした。

そして、仕事が休みの今日も娘は塾ということで、ソーラーパネルの取り外しだけに終わって、オルビスの作業を早めに切り上げたこともあり、奥さんに娘のお迎えを提案しました。

ついでに夕食も外で済ませようという提案でした。

もちろん、夕食の準備から開放される奥さんは大喜びで、三男坊も一緒に娘を迎えに行きました。

夕食候補は、塾の隣にあるやよい軒の定食かラーメンでしたが、塾が終わった娘の鶴のひと声で、ラーメンとなりました。

そのラーメン屋さんがこちら。

IMG_20200729_193804_resize_20200729_234219.jpg

ラーメン鱗さんです。

実は、私自身が何年も前から行ってみたいと思いつつも、行けずにいたお店なのです。

IMG_20200729_194633_resize_20200729_234219.jpg

狭い店舗なのでで、テーブル席は一杯だったので、4人でカウンター席に陣取りました。

IMG_20200729_194959_resize_20200729_234219.jpg

コロナ対策で、一人ひとり衝立で仕切られていました。

きっと以前はもっと席数が取れていたのでしょうね。

IMG_20200729_195020_resize_20200729_234218.jpg

こちらの看板ラーメンは、柚子胡椒によく合うアッサリとした塩ラーメンなんですが、鰹節のように見えるのは、鰹ではなく鶏なんです。ひらめき

鶏節がのっているんです。

もちろん美味しかったですし、家族みんなに評判良かったので良かったです。

IMG_20200729_200133_001_COVER_resize_20200729_234218.jpg

手をアルコール消毒しようとしたら、ソーラーパネルの撤去で剥け剥けの拳に染みて泣きそうでした。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

撤去は取付よりもたいへん

我が家のオルビス・イオの10年記念?リフォームですが、ソーラーパネルの問題は未だ手つかずです。

早々にCTEKの走行充電器の導入を決めて、準備してしまったものの、そのCTEKの走行充電器では、23V以下の電圧しか入力できないことがわかり、何とかDC-DCコンバーター等で電圧を下げて入力できないかと模索しましたが、リスクがありますし、ロスもあるので諦めて、スタンドアローンで使うことも考えましたが、オルビスのオルタネーターからの配線が貧弱で20A程度しか入らなさそうなので、ソーラー分の上乗せが必要と感じて、ソーラーパネルも入れ替えることにしました。

現在は、サブバッテリー用の210Wのメインパネルの他、メインバッテリーの補充電用に100Wのフレキシブルパネルを追加していましたが、カーポートがある為、フレキシブルパネルはほとんど意味がありませんでした。

フレキシブルパネル100Wは23V以下なので、CTEKに繋ぐこともできるのですが、如何せん中途半端なのと、新しいパネルを設置すると、影ができて発電が見込めない為、この際撤去することにしました。

IMG_20200729_103002_resize_20200729_213812.jpg

フレキシブルの方は軽いので、両面テープとシリコンコーキングでの固定でしたが、両面テープがたいへんでした。

シリコンは、シリコン除去剤のお陰で楽になりましたが、両面テープは地道に剥がすよりありません。

IMG_20200729_115447_resize_20200729_213812.jpg

フレキシブルパネルの撤去は出来ても、両面テープやシリコンコーキングの除去には手間が掛かるので、綺麗にするのは後回しにします。

IMG_20200729_115747_resize_20200729_213812.jpg

この茶色いのは何だろう?

IMG_20200729_113336_resize_20200729_213812.jpg

シェル内への引込み口の大量のシリコンコーキングも、シリコン除去スプレーで処理しやすくしてから、配線を引き出しました。

フレキシブルパネルの撤去のあとは、アルミのステーで屋根に固定している、オータムテクノロジーのサンパワーモジュールの高効率パネルです。

IMG_20200729_134506_resize_20200729_213812.jpg

ですが、ここで絶望することとなりました。

アルミのステーは、オルビスの屋根にブラインドリベットで取り付けているのですが、取付時には、ステーにキャップボルトで固定してから、リベットを打ったのですが、そのことをすっかり忘れていました。

単純にパネルだけを入れ替えれば良いと考えていたのですが、そもそも、屋根とパネルの間にスペースが無く、ナットに工具を当てることが不可能だったのです。

リベットを留めてからではパネルを取付できないから、先にステーにパネルを取り付けていたということを全く覚えていませんでした。

ナットに工具を当てられないということは、キャップボルトをいくら回しても、供回りするだけで、ビスを外すことはできませんし、緩めても締めることができなくなるということです。

この問題を解決しようと思えば、ドリルででもステンレスのビスの頭を潰すか、ソーラーパネルを壊して外すよりありません。

もう、諦めるしかないかと思っていましたが、せめて撤去さえ出来れば、取り付け方法は再考する余地があるので、最後の足掻きでこいつでビスの取り外しを試みました。

IMG_20200729_143441_resize_20200729_213812.jpg

ネジザウルスです。

供回りを防ぐには、引っ張りながら緩めれば何とかなるのではないかと思いやってみたところ、やや時間は掛かりますが、外すことに成功しました。

IMG_20200729_144024_resize_20200729_213812.jpg

更に、ある程度緩めば薄めのレンチで引き方向の力を加えながら六角レンチで回しても緩めることが出来、スピードアップも図れました。

IMG_20200729_144148_resize_20200729_213812.jpg

とは言え、猛暑の中、片側7箇所、両側で14箇所のビスをちまちま外すのは大変で、外し終えた時には、5時を知らせるチャイムが鳴っていて、外したパネルを屋根から降ろして力尽きました。

IMG_20200729_172051_resize_20200729_213811.jpg

オルビスの屋根上はスッキリはしましたが、しばらく洗車ができていなかったので、汚れが酷い。

IMG_20200729_172153_resize_20200729_213811.jpg

次の休みまでにパネルの取り付け方法を考えて、その準備の上、先ずは洗車してから取り付けに掛かりたいと思います。
posted by かわいいHERO at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

余計な作業

今日の休みは、朝からオルビスの作業をするつもりが、全く関係ない作業をすることに。

IMG_20200729_081517_resize_20200729_205231.jpg

自転車置き場の上のテラスの梁?が腐って落ち掛けているではないですか。

IMG_20200729_081514_resize_20200729_205232.jpg

いつからこうなっていたのかわかりませんが、毎日見ているおばあちゃんは気がついてたんじゃないのか?

肝心なことを教えてくれないと思いつつも、それを言っても仕方がないので現状を確認すると、屋根のポリカーボネート板を留めているビスに防水の為のゴムワッシャが付いてませんねぇ。

IMG_20200729_090804_resize_20200729_205231.jpg

ここから雨水が入って腐った可能性があります。

でも、原因を推測しても既に屋根が落ちかけているので、先ずは応急処置の方法を考えます。

家にある材料で方法を考えて、娘のベッドマットの台を作った際に余って邪魔に思っていた2×4材を使うことにしました。

IMG_20200729_084755_resize_20200729_205231.jpg

手持ちのビスでは長さが足りないので、予め半分ほどの深さの穴を開けてから、腐った部材を挟み込むようにして、腐っていない部分を中心にビスでしっかりと留めました。

IMG_20200729_093304_resize_20200729_205231.jpg

本当は、屋根上のシーリング等をするべきですが、オルビスの作業もあるので、それは後日にします。

余計な時間を取られたので、この後、急いでオルビスの作業に入ります。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2020年07月28日

ショート(短絡)は恐ろしい

先日、オルビスのリチウムバッテリーのボルトを締めていた時、補助で何気に手にしていたプライヤーをうっかり端子と接触させてしまったようでショート(短絡)させてしまいました。

配線用に探していたサイズの圧着端子がなく、ボルトにギリギリはまった端子を利用したことで、端子自体が供回りしてしまうので、プライヤーで供回りを防ぐというお粗末な作業の結果です。

大きな火花に驚いたのはもちろんですが、プライヤーを見て背筋が凍りました。

2020-07-28 00.27.52.jpg

えぐれてます…がく〜(落胆した顔)

不注意以外のなにものでもなく、素人という言い訳は利きませんから、猛省です。ふらふら

シート下とは言え、端子丸出しが怖くなって、目の前にあったクリアファイルを使って即席でこんなものを作ってみました。

2020-07-28 00.28.10.jpg

クリアファイルを縦に半分にカットして、ガムテープで片面を丸めて固定しただけです。

2020-07-28 00.30.07.jpg

その丸まった部分をバッテリーと壁との間に突っ込んで、一応端子部分に掛かっているので、不意なショートは防げるかなと思っています。
posted by かわいいHERO at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月27日

ロッシ表彰台

昨日は先週と同じスペインのヘレスサーキットでモトGPの決勝が開催されていました。

コロナの影響でもてぎの日本GPも中止となり、ヨーロッパ内での開催となるため、名前だけ変えて同じサーキットで2週連続という異例の開催です。

アンダルシアGPと名付けられた今回は、昨年までの絶対チャンピオンであるホンダの「マルク・マルケス」が前レースでの転倒、骨折から予選の走行で決勝レースの欠場を決断しました。

また、同様に転倒での怪我からホンダの「カル・クラッチロー」、スズキの「アレックス・リンス」も精彩を欠く状態で、やや物足りない舞台となりました。バッド(下向き矢印)

そんな中、決勝レースでは前回に引き続き、若きポールシッター「ファビオ・クワッタラロ」が独走で2連勝とし、2位も前回同様ヤマハの「マーベリック・ビニャーレス」が収め、喜ぶべきは3位表彰台に我らが「バレンティーノ・ロッシ」が登りました。ぴかぴか(新しい)

Andalucia00.jpg

41歳、もう駄目かと諦めかけていたファンも居たことでしょう。

路面温度約60度という灼熱の長いサバイバルレースでの表彰台獲得は、まさに超人です。

Andalucia01.jpg

しかしながら、ロッシの前後を挟むように走っていた、ロッシの愛弟子ともいえるドゥカティの「フランシスコ・バニャイヤ」とヤマハの「フランコ・モルビデリ」については、何とも運命的なものを感じました。たらーっ(汗)

先ずは、レース中番16周目の終わりに、ロッシを抜こうかという勢いだったモルビデリのマシンが停まってしまいました。

Andalucia05.jpg

前回のロッシのマシントラブルのような結末です。

そして、ロッシの前を走っていたバニャイヤも19周目にマシンが白煙を吹き出しレースを諦めることとなりました。

Andalucia03.jpg

奇しくもこの2台のリタイヤによって、ロッシに表彰台がもたらされたのです。

ヤマハが独占となった表彰台は、ほのぼのとした良い雰囲気でしたが、モトGPはずっとこれじゃあ面白くない。ふらふら

やはり速いマルケスが帰って来て、ドゥカティやスズキも表彰台を争ってこその面白みは必要です。

本来、ヘレスでのレースはもっと気温の低い時期に開催されるはずでしたが、これもコロナの影響で、2週に渡る熱すぎる路面の上でのレースで、多くのライダーが転倒、負傷することとなり、思わぬマシンの故障が相次ぎました。もうやだ〜(悲しい顔)

これもレースなわけですが、やっぱりコロナが憎いなぁ…。ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

リチウムバッテリーの勝手にお勉強

我が家のオルビス・イオのサブバッテリーのリチウム化に関しては、先にリチウム化を実行された先輩オルビストであるかむぱぱさんに助言をいただいておりましたが、予算等の都合で、BMSのない生セルタイプのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを選択したことで、自力での情報収集が必要でした。

その中で、参考とさせていただいた先駆者な方々はこちらの記事の通りですが、今なお、一方的にブログを拝見して勉強させていただいております。

そして、最近更新がなくチェックしていなかったZAKIOさんのブログで、素人には大変ためになる記事がありました。

間違いだらけのリチウムイオン・サブバッテリー・ソーラーパネルの噂 − 蒼天航路 〜ドローンと空撮とキャンピングカーのブログ〜


私の場合は、既にリチウム化の実行過程で知識を得ていきましたが、この中でも

「4 リチウムイオンバッテリーは放電しながら充電できない?」

という部分に混乱させられました。

ZAKIOさんは名前は出されていませんが、それは執拗に私が注目してきたキャンパー鹿児島さんの「KULOS」に違いありません。

ホームページのバナーからのリンクは切れていますが、「KULOS」のページ自体は未だ存在していて、「KULOS」で検索すると出てきます。

kulos_uso01.jpg

確かに明確にはっきりと書かれていますね。がく〜(落胆した顔)

ひょっとして、こういう嘘が原因でわざとリンクを切っているのでしょうか?

散々「KULOS」のページを見ていた私には、この「リチウムバッテリーは放電しながら充電できない」がしっかりと刷り込まれていたのです。

なので、かむぱぱさんから助言をいただいても、???と思うことがありました。

でも、実際自分でリチウムバッテリーに載せ替えて、バッテリーから車内の照明を取りながら、ちゃんとAC充電器で充電ができています。ひらめき

間違いなわけですから、リンクを切るのではなく、きちんと間違いを訂正するべきなんじゃないかと思います。ちっ(怒った顔)

間違った情報を、未だに検索で引っ掛かる形で訂正も無く残しておくことは、更なる誤解を生じる可能性が大です。

知恵袋のような責任のないページとは違い、正式なビルダーのページですよ…。ふらふら

また、以前にはセルという認識が無く、漠然とリチウムバッテリーというものを捉えていましたが、改めて見ると、「KULOS」って200AHを2基並列にしたシステムだったのですね。

4セル並列の8セルということで、BMSが必須ということでしょうが、高価すぎるシステムです。

先のZAKIOさんは、ご自身で「BLUE SKY CAMPER PROJECT」というショップページも導入され、中国からのリチウムバッテリーやBMSの輸入代行販売も始められたようですが、「KULOS」の代金なら、同じ容量のリチウムバッテリーが何回載せ替えができるでしょう。爆弾

しかし、安いですねぇ。

我が家と同じシノポリーなんて、少しだけ安いのかと思ったら、400AHではなく500AHでした。あせあせ(飛び散る汗)

でも、どうせ我が家のオルビス。イオには、500AHを積むスペースはなかっただろう…と思っていたら、なんと500AHのサイズは400AH全く同じ???

2020-07-13 21.44.03.jpg

kulos_uso02.jpg

そんなことってあるの???

それなら、500AHが良かったなと思いますが、現在のシノポリー社のサイトには500AHは掲載されていないようです。

また、検索で引っ掛かったサイトでも、リンクが切れていたりで、ひょっとして販売中止か?なんて思ったり。

良くわかりませんが、400AHが無難かなと思ったりします。

ZAKIOさんが使用されている「CALB CA400」でも十分な気がします。

ここまで来ると、鉛のトリプルサブバッテリーとも容量差を考慮すればほとんど差がないですよね。

まぁ、もっともそこには「自己責任」という言葉が付いて回りますから、万人向けではありませんが…。

ということで、うなぎさんジルっちさんZAKIOさん、これからも勝手にお勉強させていただきますので、よろしくお願いします。
posted by かわいいHERO at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣関連記事・ニュース

2020年07月26日

充電器の排熱対策

サブバッテリーのリン酸鉄リチウムバッテリーへの移行は一応の完了を見せていますが、付随する細々した作業は未だ続きます。

その一つが、セカンドシート下の電気配線エリアの排熱対策です。

IMG_20200726_120226_resize_20200726_185209.jpg

事前にホールソーで3カ所穴を開けていますが、向こうの縦2つはCOTEKの80AのAC充電器に対しての穴ですが、先日の初充電では、板の上に座っていてかなりの熱を感じました。

IMG_20200726_112153_resize_20200726_185209.jpg

そこで、0.5mm厚のアルミ板で工作で2つの部品を作成しました。

アルミは加工が容易なので、つい多用してしまいます。

IMG_20200726_120255_resize_20200726_185209.jpg

作成したパーツの一つをAC充電器の下部分に固定します。

IMG_20200726_124146_resize_20200726_185209.jpg

オルビスのビルダーであるキャンピングワークスは、あまり熱対策に無頓着で、私のイオも当初は縦向きにすぐれもの充電器が取り付けられていて、排熱用のファンと床にほとんど空間が無いという状態で高温エラーを起こし、販売店が横向きに設置し直してくれました。

リチウムの先輩でもあるオルビスト「こむてっく」さんも、AC充電器の高温エラーに悩まされておられていたことから、今回の排熱対策の参考とさせていただきました。

思案の結果、AC充電器の2つのファンから排出される熱風を庫内に残さず外へ排出するためのダクトを設けるのです。

出来るだけスムーズに排出できるように、アルミテープで気流を誘導します。


IMG_20200726_124155_resize_20200726_185209.jpg

やはり上部も必要ということで、急遽追加で切り出しました。

IMG_20200726_124505_resize_20200726_185209.jpg

最後にサイドの仕切りを取り付けたら、

IMG_20200726_124647_resize_20200726_185209.jpg

隙間を外からアルミテープで塞いで完成です。

IMG_20200726_124711_resize_20200726_185209.jpg

取り敢えずは丸型2つの排気口のままで行って、厳しいようであれば2つを繋げた大きな開口にカットし直すつもりです。

でも何も考えずに一番大きなホールソーで穴あけしてしまったら、中途半端な大きさの穴となっていて見た目の処理に悩みます。

IMG_20200726_124852_resize_20200726_185209.jpg

排気状況確認のために、リモコンからAC充電器を起動してみました。

IMG_20200726_130202_resize_20200726_185313.jpg

特に問題は無さそうなので、後は実戦で確認して行くことになります。

と、気がつくとセル電圧計の一番上の合計電圧が14.2Vになっていて、各セルの電圧もばらつきが大きくなっており、短時間でいきなり電圧が急上昇しましたので、充電器をストップしました。

COTEK充電器は未だバルク充電真っ盛りですが、やはり、13.8V位が常用の充電終了電圧で良いのかも知れません。

IMG_20200726_164829_resize_20200726_185313.jpg

3つの穴の内、残る真ん中の一つには、PC用の12V静音ファンを取り付けました。

sketch-1595760163694.jpg

トータルで排熱について考慮した結果、AC充電器の排熱は独自で排熱しますから、隣のバッテリー室とFFヒーター室の配線用の穴からのエアが、このPCファンから排出されて、エアの流れを作ろうという作戦です。

これによって、エンジンの熱による温度上昇からリチウムバッテリーを守ることと、CTEKの走行充電器が熱をもった場合にも有効じゃないかと期待しています。ひらめき

IMG_20200726_164858_resize_20200726_185313.jpg

このファンのオンオフ用に、安価なボタンスイッチを取り付けました。るんるん

これで、ようやくセカンドシートを本来のシートの形状に戻すことができました。グッド(上向き矢印)

このまま、ノートラブルで行ってくれることを期待しています。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月25日

With リチウム

万が一の為のバランサーも取り付けたので、いよいよ本格的にリチウムバッテリーの充電に入ります。

2020-07-24 16.56.33.jpg

改めて、スタートの電圧はこんな感じです。

2020-07-24 16.57.40.jpg

COTEKの80AのAC充電器ですが、充電はじめは半分くらいです。

2020-07-24 16.57.51.jpg

でも時間と共にどんどん電流値が上昇し、

2020-07-24 17.00.56.jpg

60Aに突入です。

2020-07-24 17.03.18.jpg

そして、とうとう70Aを突破し、

2020-07-24 17.04.21.jpg

80Aまであと少し。

2020-07-24 17.04.32.jpg

でも、最高79Aまで上昇したかと思うと…

2020-07-24 17.05.55.jpg

突然39Aに落ちてしまいました。

ちなみに、セルの電圧計はセカンドシートのシート板の角を少しだけ切り欠いて配線スペースを確保して、この場所へ両面テープで貼り付けています。

2020-07-24 17.08.00.jpg

シート下にしようと思っていたのですが、運転席からも見えた方が、異常に気が付きやすいと考えてこの場所にしました。

2020-07-24 17.12.34.jpg

で、話は戻って、一旦半分に落ちた充電電流が、再び80A近くまで行きますが、

2020-07-24 17.12.40.jpg

また、突然半分程度に落ち込みます。

2020-07-24 17.12.48.jpg

各セルの電圧は少し上がっていますが、トータルでの電圧は変わらず13.4Vです。

2020-07-25 10.40.36.jpg

この半分くらいから80A近くまで上昇してその時の電圧という写真をスマホで延々と繰り返し撮っていたので、スマホの中はそれらの写真で埋め尽くされています。

それを全部上げる意味はないので、言葉で説明すると、先の38A程度から80A手前という充電を繰り返しながら、各セルの電圧は少しだけ上昇するものの、延々と13.4Vのまま、時間だけが過ぎていきました。

で、この電流の動きを写真の撮影時間で拾っていくと…

2020-07-25 10.42.36.jpg

どうやら、7〜8分ごとにこの動きを繰り返しているようです。

ここで、発電機での充電も問題がないか検証しようと思い立ち、充電器やエアコンを一旦停止して、外部電源を外してから発電機を稼働させてみました。

2020-07-24 18.00.17.jpg

そして、充電を開始すると、いきなり80A近い電流で充電を始めました。

2020-07-24 18.00.02.jpg

そして、発電機の場合は半分に落ち込むことなく、ずっと80A近くでの充電を維持します。

これって、外部電源と何が違うのでしょう???

ご存知の方がいたら、是非教えてください。

充電自体は問題なくできたことから、これ以上発電機で充電する意味も無いので、再び外部電源に切り替えて、充電再開です。

そして、ここからはセルごとの時間での電圧推移だけ見ていきます。

2020-07-24 18.20.48.jpg
18:20

2020-07-24 18.28.59.jpg
18:28

2020-07-24 18.30.28.jpg
18:30

2020-07-24 18.46.55.jpg
18:46

2020-07-24 18.52.50.jpg
18:52

2020-07-24 19.29.59.jpg
19:29

2020-07-24 19.56.53.jpg
19:56

2020-07-24 20.52.32.jpg
20:52

2020-07-24 22.06.41.jpg
22:06

この辺りから、各セルの電圧の動きが活発になって来ました。

2020-07-24 22.12.57.jpg
22:12

少しの時間で数値が上がる印象です。

2020-07-24 22.13.44.jpg

この少し前から、電流値の最大は80Aを表示するようになりました。

2020-07-24 22.14.05.jpg

ここで各セルの電圧は綺麗に揃っていますが…

2020-07-24 22.17.27.jpg

13.8Vになると、セル間の差が大きくなってきました。

2020-07-24 22.18.17.jpg

とは言え、問題にするほどのものではありません。

2020-07-24 22.18.39.jpg

一番上の4セル全体の電圧計は各セルの電圧を足したものよりも高く表示する傾向にあり、精度が怪しいのですが、ボトロニックの電圧は更に上の13.9Vということで、この日の充電はここまでにすることにしました。

2020-07-24 22.19.13.jpg

で、充電中にCOTEKのAC充電器の電源をオンオフするのにいちいちシートを外してられないなぁと思い、もう一度リモコンのジャックを刺してみたら、何事も無かったように認識してくれ、リモコンのLEDランプも正常にステータスを表示するようになりました。

なので、リモコンのボタンを押してみたところ、無事に充電器をオフにすることが出来ました。

リモコンが不良品ではなったので良かったです。

2020-07-24 22.19.23.jpg

充電器をオフにすると、電圧は0.2Vダウン。

本当はまだまだ充電して問題ないレベルと思われますが、今のところハードにバッテリーを使用する機会も無いであろうことから、ここでストップとしました。

2020-07-24 22.25.17.jpg

ダイネット照明の負荷だけが掛かった状態でしばらくすると…

2020-07-24 22.26.57.jpg

結局、13.4Vで落ち着きました。

2020-07-24 22.27.42.jpg

メインスイッチを切ると、電流は0.0Aとなりました。

2020-07-24 22.29.47.jpg

セル電圧計は、消費電力は微々たるものだと思うので、今のところ常時点灯としていますが、結構明るいので、就寝時には対策が居るかも?

写真は夜景モードでの撮影なので、ここまでは明るくはないですが。

2020-07-25 09.29.41.jpg

昨晩と今朝の電圧を比べてみると、また一段電圧が下がってますねぇ。

でもきっと、使用できる電力量に差はないのでしょうね。

初回なので、細かく充電状況を観察しましたが、今後はそこまですることはないですし、リチウムとなって、新たなバッテリーの管理スタイルとなり、「With リチウム」な新しいキャンピングカー生活様式の始まりです。るんるん
posted by かわいいHERO at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

リチウム初充電トラブルと走行充電

いよいよ形になった我が家のオルビス・イオのサブバッテリーのリチウム化ですが、未だ納品状態のままで充電を試みていないので、昨日は朝からオルビスに入ってCOTEKのAC充電器での充電にチャレンジです。

IMG_20200724_111517_resize_20200724_233609.jpg

エントランス上の壁面に設置したリモコンは、本体の電源をオンにしないと利用できないので、本体の電源をオンにしたところ、いきなりのエラー表示です。

IMG_20200724_111444_BURST002_resize_20200724_233609.jpg

赤いランプが小刻みに点滅して、取扱説明書を見ると温度異常のようです。

でも、稼働したばかりで温度に異常があるわけもなく、数回試しても同じくエラーとなって充電できないので、本体からリモコンのケーブルを抜くと、正常に稼働しました。

IMG_20200724_104421_BURST001_COVER_resize_20200724_233610.jpg

本体のインジゲーターはバルク充電を示すオレンジ色の点滅です。

IMG_20200724_104653_resize_20200724_233610.jpg

一瞬だけ見かけの電圧が上がりましたが、直ぐに落ち着きました。

IMG_20200724_104949_resize_20200725_121614.jpg

ここで、一旦AC充電は辞めて、念のため外部電源ソケットを外してからインバーターを起動してみました。

IMG_20200724_111731_resize_20200724_233609.jpg

エアコンでも良かったですが、先ずはテレビの正常動作を確認。

IMG_20200724_111746_resize_20200724_233609.jpg

テレビを付けずにダイネットの照明だけなら1.5Aです。

IMG_20200724_112022_resize_20200724_233609.jpg

でも、ボトロニックのバックライトが消えたら-01A。

2020-07-24 11.21.08.jpg

なかなかのバックライトですが、続いて気になっているCTEKの走行充電器のチェックです。

2020-07-24 12.23.11.jpg

オルビスのエンジンを掛けて、アイドリングでの充電状態を…。

2020-07-24 12.24.37.jpg

予想はしていましたが、20Aと拍子抜けでした。

2020-07-24 12.25.26.jpg

CTEK走行充電器本体のインジゲーターを見る限り、正常に動作しているようです。

2020-07-24 12.28.19.jpg

でも、問題はそれだけではないようで、徐々に充電量が減って、充電されなくなってしまいました。

2020-07-24 12.29.05.jpg

これも予想はしていましたが、CTEKの走行充電器はオルタネーターからの電圧で、オンになって充電を開始するのですが、実際はメインバッテリーに接続していることから、その時点の電圧で判断することとなります。

オルビスの場合は、やはりオルターネーターからの配線が貧弱であるため、充電量が20Aと僅かで、メインバッテリーへ電気が到達するまでの電圧降下が大きいために、充電を停止してしまうのではないかと推測します。

実際に走行すれば、メインバッテリーの電圧はもう少し上がるかも知れませんので、充電自体は開始されるかも知れませんが、配線強化をしないと充電量は見込めないでしょう。

まぁ、これはわかっていたことなので、総合的なリチウムバッテリーの充電状況を見ながら対応していこうと思います。

折角なので、走行中のエアコン使用を想定して、エアコンを稼働してみました。

2020-07-24 12.31.45.jpg

ぐんぐん電流値が上がっていきますが、リチウムなので以前のAGMも時のような身を削る感覚はありません。

2020-07-24 12.33.28.jpg

流石に電圧も大きく下がります。

2020-07-24 12.36.28.jpg

やや落ち着いてもおよそ30A程度は使用していたので、環境にもよりますが、10時間使用で300AHというところでしょうか。

それでも400AHで対応可能ですが、夜間や実際の就寝時間を考えると充分でしょう。

テストはここまでにして、作業で散らかった車内を片付けます。

IMG_20200724_103834_resize_20200724_233610.jpg

と、ここで綺麗になったテーブルの上にあるものを発見してしまいました。

2020-07-24 12.41.24.jpg

バランサーです。

モノに埋もれていて、すっかりその存在を忘れていました。

2020-07-24 12.59.14.jpg

エアコン&テレビの快適環境の中、再び配線作業に掛かります。

2020-07-24 15.11.25.jpg

このバランサーは、オンリースタイルのリチウムバッテリーのシンプルBMSにあたるものというか、恐らく全く同じものだと思われます。

バッテリーの各セルの電圧が3.7V以上になると、そのセルの電のを3.7を超える部分をカットして、全てのセルの電圧を揃えてくれるという機器です。

BMS(バッテリー・マネジメント・システム)という言葉に明確な定義がないので、バランサー機能だけでもBMSと明示できるのでしょう。

2020-07-24 16.33.43.jpg

バランサー本体は、インバーターのスイッチを取り付けているバッテリー室(元々は収納庫)の蓋の裏に取り付けました。

2020-07-24 16.34.46.jpg

配線済み端子は別体ソケットになっていて容易に取り付けできるのですが、付けた瞬間からモスキート音のような高い周波数のかすかな音が少し気になります。

でも、これで過放電対策は12V遮断のプロテクター、過充電対策は完全ではないとは言え、バランサーで保険が効きます。

さて、次はいよいよ本充電に行きたいところですが、ボリュームがあり過ぎるので、次のエントリーとします。
posted by かわいいHERO at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月24日

バッテリーの電圧は目安でしかない

昨晩のリチウムバッテリーの電圧がこれ。

2020-07-23 23.54.58.jpg

そして、今朝の電圧がこれ。

IMG_20200724_103723_resize_20200724_233610.jpg

上2つのセルについては、電圧が増している。ひらめき

充電もしていないのに…。ふらふら

所詮、電圧は目安でしか無いということか、特にリチウムは。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

オルビスリフォーム木曜日の作業

祝日木曜日の朝は、パートの奥さに送れと言われ、帰宅後から作業スタートです。

未だ肝心の配線作業に掛かれずのオルビスリフォームですが、出来ることからして、進めなくてはなりません。

そこで、先日手に入れたこれから。

2020-07-15 12.01.40.jpg

未来舎のバッテリープロテクターです。

2020-07-15 12.03.21.jpg

これ、我が家のオルビス・イオにも標準で装備されているものですが、敢えて必要としたのはこれ。

2020-07-15 12.03.42.jpg

遮断電圧を鉛標準の10.5Vからリチウムの12Vに変更するためです。

リチウムバッテリーの場合は、最後にストンと電圧が落ちてしまう為、12Vから10.5Vへ至るまでに使用できる電力は多くはないそうです。

なので、リチウムバッテリーを劣化させてしまう10.5Vではなく、12Vで遮断するのが良いということです。

先駆者さん達は、ユーザーつながりで手作りのバッテリープロテクターを準備されていますが、私はそのような伝手はないので、素直に未来舎で遮断電圧の変更をお願いしました。

実は、元々みちのくトレードさんのサイトで知ったのですが、質問があり問い合わせするもスルーされ、一向に返事を頂けず、仕方なく直接未来舎さんに質問をして、対応していただきました。

まぁ、みちのくトレードさんも、単に未来舎へ電圧変更のオーダーしたものを販売しているだけなので、直接の方が安くて速いのでお勧めです。

オルビスに設置してあった旧製品は既に廃番で、新型のプロテクターとはなっていますが、端子は全く同じなので、現在の配線をそのまま移行すればOKです。

2020-07-23 11.18.19.jpg

これなら、ハードルは低いですね。

本体設置のネジの位置まで全く同じでした。

ひょっとすると、現商品を送っても有償で電圧調整してくれるのかもしれませんが、そこは確認していません。

また、インバーターの遮断も可能で、現在の未来舎のインバーターのリモコンにもオンオフ機能があるらしく、プロテクターと連動させることができるようです。

正式にアナウンスされているものではないからか、回路は自分で考えろ=自己責任ということのようですが。

2020-07-23 14.38.41.jpg

さて、次の作業はCOTEKのAC充電器の電源を3電源リレーに接続しなければなりませんが、コンセントをカットすることになるので、躊躇してました。

2020-07-23 15.41.35.jpg

アース線は、浸水の可能性は低い場所ですし、ボディアースも問題ありという意見もあるので、放置です。

よくよく考えると、延長コンセントをカットしても良かったことに気が付きましたが、無駄に長くなるのでまぁいいや。

そして、とうとうCTEKの走行充電器の配線に手を付けなければならなくなり、38SQの太い線を加工した後、メインバッテリーの配線の確認です。

2020-07-23 16.48.48.jpg

余計なものを取り除くことで、状態がシンプルで理解しやすくなりました。

2020-07-23 16.49.02.jpg

ここで、あることに気が付きます。

オルタネーターからの配線だと思っていたケーブルは、ヒューズボックスが付いているにもかかわらず、中身のヒューズがない。

つまり、プラスに接続されていても、実質通電はできていなかったということになります。

その線をよく見ると、以前、殺して上部に避けている旧のリレー式のサブバッテリーを充電するケーブルと全く同じケーブルの太さで同じヒューズボックスが付いている。

ということは、ツインのサブバッテリーをパラレルで別々に充電していたのか?

2020-07-23 16.49.50.jpg

そんでもって、じゃあ、オルタネーターからの配線ってこれじゃないか…。

完全に勘違いしていました。

同じイオ乗りのオルビスト「レオン」さんが、オルタネーターを交換してもらった業者が、オルターからの配線は22SQ以上のものだったと言っていたそうなので、ひょっとして我が家のオルビスもそうなのか???

2020-07-23 18.26.43.jpg

かなりすっきりしたけれど、後日、結束バンドでもっと整理しよう。

2020-07-23 22.26.05.jpg

ようやく、CTEKの配線も完了・・・のはず。

マイナス側の配線等、ちょっと怪しいけれど、一応説明書通りにはなっていると思うのですが、CTEKのインジゲーターは良くわからない。

説明書にはないパターンです。

そして、ここまで来たら我慢できなくなり、夕食後にもオルビスへカムバック。

実はボトロニックの配線をメインバッテリーのプラス端子に噛ませることを忘れていました。

昼間の作業でも、同じような失敗をして、何度、ターミナルのボルトの付け外しを行ったことか。

そして、満を持してメインのリチウムバッテリー本体の配線へ。

2020-07-23 23.29.11.jpg

セルの電圧計を貼り付けようとしていたら、一番下がまたもや断線し、またもや苦手なはんだ付けでなんとか復旧させました。

2020-07-23 23.29.25.jpg

相変わらず、各電圧はほぼ揃ってます。

電圧計の誤差を考えると上等です。

2020-07-23 23.29.31.jpg

さぁ、ドキドキでメインスイッチをオンしてみました。

2020-07-23 23.32.17.jpg

うん、大丈夫みたいです。

2020-07-23 23.39.45.jpg

ボトロニックは、満充電後にリセットする必要がありますが、取り敢えずは初期設定してみました。

2020-07-23 23.38.52.jpg

電圧13.2Vは、セル電圧計のと同じです。

2020-07-23 23.32.42.jpg

照明とマックスファンを回しても、こんなもの。

2020-07-23 23.40.43.jpg

流石に冷蔵庫をオンすると、一気に上がりました。

ちゃんと動作しています。

ヤフオクで2.5万円のボトロニックよ、ありがとう。グッド(上向き矢印)

2020-07-23 23.54.58.jpg

各セルは、各機器のオンオフで常に電圧に動きがありますが、負荷をかけた後には揃う傾向があるようです。

早くCOTEKで充電したいですが、それは明日のお楽しみ・・・。るんるん

でも、一番の心配はCTEKの走行充電器「D250SE」+「SMARTPASS120S」がちゃんと動作してくれるのかです。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

オルビスリフォーム水曜日の作業

水曜日はランチで家族サービスだったので、作業のスタートはのんびりでした。

COTEK(コーテック) AC充電器は既に取り付けていますが、ケーブル1本に付き40Aの仕様で、80Aで充電しようと思えば、14SQのケーブルが2本必要だと届いてから気が付き、追ってケーブルを注文するついでに、充電を手動で止めたい時の為に、リモコンを注文していて、午前中に届いていました。

以前使用していたクレシードの走行充電器のリモコン設置場所に、COTEK充電器のリモコンをつけようと思ったのですが、リモコン本体がカットされた四角い穴とほぼ同じ大きさで、そのままでは付きません。

2020-07-22 17.25.35.jpg

なので、VOTRONIC(ボトロニック)のバッテリーモニター同様に、アクリル板を利用します。

2020-07-22 12.56.06.jpg

リモコンの裏は丸いので、VOTRONICと違ってホールソーで楽々でした。

2020-07-22 17.18.11.jpg

そして、2か所のビスは敢えて長いものを使います。

2020-07-22 17.34.47.jpg

しかし、このアクリル板のミラーはまんま鏡です。

2020-07-22 17.36.46.jpg

自宅をいろいろ探し回ったのですが、固定の為に使えそうな金具が無かったので、リチウムバッテリーの枠に使用したアルミはかまの余りをHの真ん中でカットして使用することにしました。

2020-07-22 17.18.24.jpg

少し削って、ビスに合わせて穴を開けたらこんな感じで固定します。

2020-07-22 17.46.35.jpg

見えない部分なので、金具は綺麗でなくても問題なしです。

2020-07-22 18.01.08.jpg

イメージ通りに固定できました。

さて、メインのリチウムバッテリーの配線については、考えがまとまらず、ずるずると先延ばしにしていましたが、バッテリーの+と−の位置から、急遽、買ったものの使わない予定だった端子台を使用することにしました。

アルミ枠の組み立て時に、わざわざセルの順番を入れ替えして組み上げたものの、逆の方が都合よかった

リチウムバッテリーは高さがあるので、その上の空間は僅かであることから沢山のケーブル端子を接続するのが厳しいと思えて来たからです。

2020-07-22 18.07.06.jpg

元々オルビスの電気部品取り付けに使用されていた角材を、バッテリーの横の壁に取り付けました。

この上には、VOTRONICのバッテリーモニターのシャントを置くことにしました。

2020-07-22 19.38.34.jpg

でも、そのシャントの隣にマイナスの端子台を設置しようとすると、短すぎてケーブルで繋げません。

なので、未だ残っていたアルミ板で、ケーブル代わりの接続金具を作ってみました。

2020-07-22 19.38.13.jpg

そして、自宅に余っていた2×4材の切れ端を角材のように切り出して…

2020-07-22 18.06.04.jpg

マイナス端子台の奥の壁に固定します。

2020-07-22 18.35.33.jpg

プラスとわかりやすいように、角材に赤いカッティングシートを貼ってみました。

2020-07-22 19.50.21.jpg

プラス側は、38SQのケーブルでバッテリーから最短距離でつなぎます。

2020-07-22 19.50.28.jpg

こんな感じで、プラスとマイナスの端子台が付きました。

オルビス内での作業はここまでにして、リビングで安っぽいが故にすぐに裏の半田のケーブルが切れてしまう各セル計測用の電圧計に苦手なはんだ付けを施しました。ふらふら

2020-07-22 22.48.25.jpg

もう3回くらいやってますが、復旧してくれるので良しとします。るんるん
posted by かわいいHERO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月22日

家族サービスはランチでリーズナブルに

世間の連休は明日からですが、私は水曜日が休日ということで今日から連休です。

滋賀から次男坊が帰って来ているので、昨晩の仕事帰りに業務スーパーに寄って、ステーキ用の肉を買おうと思いましたが、想定していた類のお肉がなかったので、今日のランチを外食にすることを思い付きました。

唯一学校の娘も、テストで2時限目だけの登校ということで、おばあちゃんも誘って6人でブロンコビリーへ。

IMG_20200722_132920_resize_20200722_230118.jpg

コロナの流行以降、初めての訪問です。

サラダバーが人気なので、コロナで行こうという気にはなりませんでしたが、マスクとアルコール消毒必須でビニールシートで対策もされているので、以前よりも衛生的かも知れません。

IMG_20200722_133947_resize_20200722_230118.jpg

ブロンコビリーと言えば、店員さんが席で仕上げをしてくれる俵状の粗挽きハンバーグが人気ですが、同じシステムの静岡県のさわやかまではそうそう行けないので、もどきでも有り難いです。

IMG_20200722_134631_resize_20200722_230118.jpg

私ももちろん粗挽きハンバーグです。

t2pix_20200722-230340.png

初めて、ドリンクバー&ジェラートバーをオーダーしてみましたが、ジェラートがゆるゆる過ぎ残念でした。

しかし、80歳のおばあちゃんの食べること。

あれもこれもしっかりおかわりしていて、誘った甲斐がありました。

ランチでリーズナブルではありますが、人数が多いので諭吉さんが旅立っていきましたが…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2020年07月21日

灼熱のパンク

今朝、いつものように通勤の為に賃貸駐車場へ行くとなんだか違和感が…?

2020-07-21 10.01.39.jpg

うっ…パンクしてる。がく〜(落胆した顔)

2020-07-21 10.01.45.jpg

太陽ギンギンで既に暑い中、取り敢えずジャッキを取りだして持ち上げましたが、エアポンプが無い。

以前はサンコーで買ったエアポンプを載せていましたが、不良品でバッテリーが死亡して使い物にならなくなったので処分し、現在はオルビスに南海部品で買った同じOEMポンプを載せているだけです。

そこで、一度帰宅してオルビスからポンプを持って来て、エアを注入してみました。

2020-07-21 10.16.50.jpg

帰宅した時に水を持って来れば良かったものの、気が付かずで漏れの個所がわかりません。

仕方がないので再度帰宅して、ペットボトルの水とティッシュに台所洗剤を含ませて持って来ました。

家から賃貸駐車場までそこそこ遠いので、もう暑さで汗が流れます。

2020-07-21 10.37.02.jpg

これで、ようやく穴の場所が特定できました。

2020-07-21 10.37.05.jpg

で、サンバーに積んであったパンク修理キットで修理しようと思ったら、スティックは変色してベタベタになっていて、セメントというチューブに入った接着剤は気化して空っぽになっていて修理不可でした。あせあせ(飛び散る汗)

折角積んでいても、これじゃあ意味がないですな。

まぁ、接着材は一度使用して開封していたので、完全に期限切れですね。もうやだ〜(悲しい顔)

ということで、改めて荷台下のスペアタイヤを降ろしましたが、エア圧が30でした。たらーっ(汗)

偶然、現在のタイヤと同じタイヤでしたでしたが、空気を充填してホイールごと交換しました。

2020-07-21 10.48.13.jpg

かなり汚れていますが、取り敢えずは問題なさそうなので、会社に着いてから方法を考えることにします。

2020-07-21 10.53.32.jpg

パンク修理の消耗品だけを買って自分で直しても良いのですが、そうするとまた開封することになるので、いざという時に役に立たない可能性があります。パンチ

それより何より、この暑さの中も作業が憂鬱なので、今回は給油がてらガソリンスタンドで修理して、消耗品は未開封のまま積んでおこうと思います。ひらめき

事務所の涼しさの中で汗は引いたものの、一度汗でびしょびしょになったシャツが臭〜い!ふらふら
posted by かわいいHERO at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2020年07月20日

複雑な心境のモトGP初レース

昨晩のコロナに邪魔をされた今シーズンのモトGPの初レース。

喜びと悲しみに衝撃という複雑なレースとなりました。

先ずは、喜びは言うまでもなく、来シーズンのヤマハワークス入りが確定している21歳ファビオ・クワラタラロ選手の初優勝。

motogp2020_06.jpg

昨シーズンから、度重なるポールシッター奪取に何度もチャンスがありながら未だ優勝はお預けとなっていたので、ようやくその日が来たという喜びです。

一方で、悲しみというか残念な部分は多く、先ずは優勝候補でもあったスズキのアレックス・リンス選手の予選の転倒によるケガが原因の不出場です。

motogp2020_07.jpg

また、ホンダのカル・クラッチロー選手も午前のウォーミングアップでの酷い転倒で、リンス同様ドクターストップが掛かり、後に骨折が判明。

そしてレース本番では、スズキの期待を一身に背負うジョアン・ミル選手の早々の転倒リタイヤ。

新しいミシュランタイヤはヤマハとスズキに有利とされていただけにリンス共々残念です。

また、表彰台2位を獲得したとはいえ、終始自信がある発言だった心身共に優勝が期待されたヤマハのマーベリック・ビニャーレス選手がトップを維持できないままに、来シーズンのチームメイトであるファビオに大差をつけられ優勝を持って行かれたことは、今後のビニャーレスを思うと残念でしかありません。

motogp2020_08.jpg

そして、何より41歳の我らがバレンティーノ・ロッシが、良いところなしで最終的にマシントラブルでリタイヤと放送での露出もほぼ無く、これまでとは明らかに違う残念な終わり方となったこと。

motogp2020_09.jpg

折角、来シーズンもペトロナスヤマハからの参戦が確実視されていますが、ついモチベーションによる気持ちの変化を心配してしまいます。

まぁ、今シーズンは異例の次回同じサーキットでもう一度レースが行われるということで、事態が改善できる可能性があるかも?という前向きな発言に期待です。

でも、今回のレースでの主役は間違いなくチャンピオンマルク・マルケス選手です。

motogp2020_10.jpg

motogp2020_11jpg.jpg

曲がらないホンダのマシンでトップのビニャーレスを追い込みながら、またもや完全に転倒していると思われる状態からダートへ突入し、尚もダートトラックレースのごとく転倒することなくレースに復帰するという離れ業を成し遂げたかと思うと、18位まで落とした順位を表彰台圏内の3位まで挽回するという、これまたレベルの違う走りを見せてくれました。

motogp2020_01.jpg

しかしながら、あと少しというところでまさかのハイサイドでの転倒リタイヤで、上腕部の骨折が判明しました。

motogp2020_02.jpg

motogp2020_03.jpg

motogp2020_04.jpg

motogp2020_05.jpg

神経にも影響が出ている可能性もあるらしく、明日の手術の成功を祈るばかりです。

骨折だけなら、また強いマルケスが帰って来るのは確実ですが、神経でこれまでのような指の動きができないとなると、もうあんな走りは不可能という可能性もあります。

マルケス独走というレースほどつまらないものはないのですが、今回のレースで見せた何時だって全力なマルク・マルケスは文句なく格好いい!ひらめき

EdTgBQBX0AIKjgm.jpg

だからこそ、その強いマルケスのまま、サーキットへ帰って来てほしいと強く思います。ぴかぴか(新しい)

おっと、モト2クラスの前回カタールでの優勝の長島哲太選手も今回2位で、間違いなくチャンピオンを狙えるライダーとなっているので要注目です。

EdS9Tf1XkAAaedj.jpg

コロナで亡くなった方への黙祷が行われるレースですから、今後、ライダー達にも大きな怪我が無いことを祈ります。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

半沢直樹が…

hanzawa01.jpg

昨晩はモトGPのLIVE放送がメインで、初回放送の「半沢直樹」は、レコーダーで録画されたものを観るつもりでした。

ところが、モトGP中継から地上波にチャンネルを替えて、偶然放送中の半沢直樹が映った時に、ふとレコーダーを見ると、録画ランプが一つしか点いていません。たらーっ(汗)

モトGPの録画が未だ完全に終わっていないので、「半沢直樹」が録画されていないのではないかと思い確認したら、やっぱり録画になっていませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

先週までの前作SPを毎回録画に設定していたので継続して録画されているものと思っていたのですが、勘違いでした。

途中からでも観ようとしたのですが、うちの奥さんが三浦春馬君のニュースの方を観ると言い、「半沢直樹」はTVerで見ればいいじゃんと言われ、渋々諦めました。

とは言え、日本の銀行を取り巻く環境は、前作の時と大きく変わっていて、取引のある銀行でも、マイナス金利やAI化等によって、特に若い銀行員の意識の変化を顕著に感じます。どんっ(衝撃)

そんな側面を見ると、出向先でまで一行員を叩き潰そうとするという内容には、「そんなパワーがあるわけない」と現実が邪魔をします。パンチ

まぁ、ドラマですから現実を切り離さないといけないのはどれも同じですが、前作越えの22%という視聴率を知ると、「やっぱり観ないとなぁ」と思ってしまいます。ひらめき

コロナで先延ばしされた待望のドラマということなんでしょうが、視聴率が思わしくない「ハケンの品格」のように現実離れし過ぎないことを祈ります。爆弾

まぁ、質が全く違うドラマなので、重量感が違う分爽快感も違うでしょうから、要らぬ心配かな。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ドラマ・映画・動画等

2020年07月19日

連休のリフォーム作業決定

今日日曜日は、オルビスのリフォーム作業を大きく進める必要があります。

最難関は、リチウムイオンバッテリーの各セルを固定して、劣化による膨らみを防止するジル&ストラップに相当する自作のアルミ枠です。

でも、その前にシノポリーのリチウムバッテリーのプラスとマイナスは、赤黒のゴムキャップはひと目で分かって良いのですが、使用するにはそのゴムキャップを外さなくてはなりません。

一応、マイナスは端子が一部銅になっていたり、プラスとマイナスの表示もありますが、黒いところに立体なので、決して見やすいとは言えません。

IMG_20200719_110304_resize_20200719_200547.jpg

なので、カッティングシートでプラスを分かりやすくしてみました。

IMG_20200719_111757_resize_20200719_200547.jpg

そして、強敵アルミ枠の完成イメージはこんな感じです。

先駆者さんたちは、木製のケースやケース無しで運用されているので、手間を掛けてもなぁと思っていましたが、実際に単セルのバッテリー4つを並べて密着させようとしても、真っ直ぐに見えても、どうしても隙間ができてしまいます。

ごつい金属と思われるボディではありますが、劣化で膨らむというイメージも湧きました。

決して強くはないアルミですが、軽量な割には膨らみに対して強度を見せてくれるアルミのハカマは優秀だと思います。

IMG_20200719_125921_resize_20200719_200547.jpg

作業としての問題点は、セカンドシート下の狭いスペースで、重いバッテリーに上手くアルミ枠を組み立てることが出来るのかです。

比較的スムーズに進んだと思ったのですが、やはり精度の怪しい自作の洗礼はしっかりと苦労することとなりました。

それでも、何とかバッテリーの定位置で組み上げることができました。

IMG_20200719_182140_resize_20200719_200547.jpg

でも、そこまででした。

今日は待ちに待ったモトGPの決勝日ですから、これ以上の作業はできませんでした。

でも、良いんです。

今週の連休は、うちの奥さんが連休であることを失念してまさかのパートを入れていたので、久しぶりに福山に居る大学時代の友人を訪ねようと思っていたのですが、その友人も今月が決算月で、それどころではないらしく、お出かけ予定を失っていました。

おまけに明日、滋賀の次男坊も帰宅するらしいので、もう連休のお出かけは諦めて、じっくりと作業に当てることにします。

まだまだ作業はありますから。

ということで、今日はあまり作業の進展はありませんでしたが、日々、時間の取れるときにこんな作業をしてました。

IMG_20200719_090714_resize_20200719_200548.jpg

ボトロニックのバッテリーモニターについてです。

IMG_20200719_090737_resize_20200719_200547.jpg

以前の鉛バッテリー用モニターであるBM-2の設置場所への細工です。

IMG_20200719_091023_resize_20200719_200547.jpg

パネルの開口部が隠れないので、シルバーのアクリル板で隠しました。

IMG_20200719_091753_resize_20200719_200547.jpg

ゆっくりではありますが、いろんな作業を継続中です。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2020年07月18日

あんぱんとマッサージ機

うちのおばあちゃん、まぁ私の実母なわけですが、ここ数年はわがままが過ぎて私は距離を置き気味です。

とは言え、同じ建物内に住んでいるので、口をきかないという訳ではありません。

そんな微妙な関係のおばあちゃんですが、先日2階に上がって来て、ソファーに座り込みました。

私は眠くて横になっていたので、うちの奥さんにいろいろ話をし始めました。

すると、岡山の田舎に住むおばあちゃんのお姉さんの旦那さんが亡くなったと言います。

兄弟の多いおばあちゃんなので、私もこれまで何度も岡山県まで車を走らせましたが、その度に他の従妹は来ていないのに…と思っていました。

そして、今回もきっと送ってくれと言いたげですが、私自身は全く付き合いが無いと言って良い状態ですし、仕事もあるので、そのまま寝たふりをして聞いていました。

すると、今年に入って自分の知り合いが多数続けて亡くなっていると言い出し、自分の互助会の資料を奥さんい手渡していました。

自分に何かあった時の為にということですが、ささやかな家族葬が主流の今、互助会なんかは積立分を差し引いてもかえって高くつくんじゃないかと思います。

まんまと互助会の口車に乗せられているんでしょうね。ふらふら

そして、結局自力で岡山の葬式へ行ったようですが、昨日帰宅して、お風呂をと呼びに行った娘に「お土産はないけど…」と言って、レジ袋を渡したようです。

で、その中身はお供え物のお裾分けでした。

田舎なので、私が子供の頃の祖父や祖母のお葬式でも何故かお供え物には必ずアンパンやクリームパンがあったりしましたが、今なお変わらないんですねぇ。

まぁ、電車もバスも無くタクシーでしか行けないような本当の田舎ですから、時も止まっているのでしょう。

で、そんな昔ながらのアンパンをもらっても、我が家では誰も食べません。

私も、健保のメタボ指導から糖分摂取を控えているので、本当はパスするところですが、誰も食べないので食べざるを得ないかなと話していたら、なんと今日のお弁当代わりになってました。

土曜日で娘のお弁当も無いので、奥さんにしてやられました。

2020-07-18 13.30.17.jpg

悔しいので、「牛乳が無いと食べれない」と言ってみたところ…

2020-07-18 13.31.37.jpg

ステンレスボトルに牛乳入れて持たされました。爆弾

まぁ、これをおばあちゃんのせいだと言うと可哀想かも知れませんが、最近さらに呆れることがありました。

私の実姉の協力を得て、片付けや断捨離に精を出していたと思っていたのですが、先日、玄関ホールにジャパネットたかたがこんなものを置いて行ったらしいのです。

2020-07-14 21.05.04.jpg

なんと、マッサージチェア!?

2020-07-14 21.06.21.jpg

オルビスの外したバッテリーを仮置きしていたのですが、邪魔だ邪魔だと端っこに追いやられていました。

いやいや、ここは玄関だからと、三男坊が「部屋に入れたら?」と言おうものなら「部屋に入るわけないやろ!」と怒鳴られたらしいです。

本当は部屋に入らないものを買うなって話なんですが。

また、元々この場所に置いてあった誰も使わない足開いたり身体をひねったりする?健康器具は何処へ行ったのやら???

これでは捨てても捨ててもモノが減らないわけです。パンチ

散財ばあちゃんのわがままはまだまだ続きそうです。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣家族