2020年07月27日

ロッシ表彰台

昨日は先週と同じスペインのヘレスサーキットでモトGPの決勝が開催されていました。

コロナの影響でもてぎの日本GPも中止となり、ヨーロッパ内での開催となるため、名前だけ変えて同じサーキットで2週連続という異例の開催です。

アンダルシアGPと名付けられた今回は、昨年までの絶対チャンピオンであるホンダの「マルク・マルケス」が前レースでの転倒、骨折から予選の走行で決勝レースの欠場を決断しました。

また、同様に転倒での怪我からホンダの「カル・クラッチロー」、スズキの「アレックス・リンス」も精彩を欠く状態で、やや物足りない舞台となりました。バッド(下向き矢印)

そんな中、決勝レースでは前回に引き続き、若きポールシッター「ファビオ・クワッタラロ」が独走で2連勝とし、2位も前回同様ヤマハの「マーベリック・ビニャーレス」が収め、喜ぶべきは3位表彰台に我らが「バレンティーノ・ロッシ」が登りました。ぴかぴか(新しい)

Andalucia00.jpg

41歳、もう駄目かと諦めかけていたファンも居たことでしょう。

路面温度約60度という灼熱の長いサバイバルレースでの表彰台獲得は、まさに超人です。

Andalucia01.jpg

しかしながら、ロッシの前後を挟むように走っていた、ロッシの愛弟子ともいえるドゥカティの「フランシスコ・バニャイヤ」とヤマハの「フランコ・モルビデリ」については、何とも運命的なものを感じました。たらーっ(汗)

先ずは、レース中番16周目の終わりに、ロッシを抜こうかという勢いだったモルビデリのマシンが停まってしまいました。

Andalucia05.jpg

前回のロッシのマシントラブルのような結末です。

そして、ロッシの前を走っていたバニャイヤも19周目にマシンが白煙を吹き出しレースを諦めることとなりました。

Andalucia03.jpg

奇しくもこの2台のリタイヤによって、ロッシに表彰台がもたらされたのです。

ヤマハが独占となった表彰台は、ほのぼのとした良い雰囲気でしたが、モトGPはずっとこれじゃあ面白くない。ふらふら

やはり速いマルケスが帰って来て、ドゥカティやスズキも表彰台を争ってこその面白みは必要です。

本来、ヘレスでのレースはもっと気温の低い時期に開催されるはずでしたが、これもコロナの影響で、2週に渡る熱すぎる路面の上でのレースで、多くのライダーが転倒、負傷することとなり、思わぬマシンの故障が相次ぎました。もうやだ〜(悲しい顔)

これもレースなわけですが、やっぱりコロナが憎いなぁ…。ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

リチウムバッテリーの勝手にお勉強

我が家のオルビス・イオのサブバッテリーのリチウム化に関しては、先にリチウム化を実行された先輩オルビストであるかむぱぱさんに助言をいただいておりましたが、予算等の都合で、BMSのない生セルタイプのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを選択したことで、自力での情報収集が必要でした。

その中で、参考とさせていただいた先駆者な方々はこちらの記事の通りですが、今なお、一方的にブログを拝見して勉強させていただいております。

そして、最近更新がなくチェックしていなかったZAKIOさんのブログで、素人には大変ためになる記事がありました。

間違いだらけのリチウムイオン・サブバッテリー・ソーラーパネルの噂 − 蒼天航路 〜ドローンと空撮とキャンピングカーのブログ〜


私の場合は、既にリチウム化の実行過程で知識を得ていきましたが、この中でも

「4 リチウムイオンバッテリーは放電しながら充電できない?」

という部分に混乱させられました。

ZAKIOさんは名前は出されていませんが、それは執拗に私が注目してきたキャンパー鹿児島さんの「KULOS」に違いありません。

ホームページのバナーからのリンクは切れていますが、「KULOS」のページ自体は未だ存在していて、「KULOS」で検索すると出てきます。

kulos_uso01.jpg

確かに明確にはっきりと書かれていますね。がく〜(落胆した顔)

ひょっとして、こういう嘘が原因でわざとリンクを切っているのでしょうか?

散々「KULOS」のページを見ていた私には、この「リチウムバッテリーは放電しながら充電できない」がしっかりと刷り込まれていたのです。

なので、かむぱぱさんから助言をいただいても、???と思うことがありました。

でも、実際自分でリチウムバッテリーに載せ替えて、バッテリーから車内の照明を取りながら、ちゃんとAC充電器で充電ができています。ひらめき

間違いなわけですから、リンクを切るのではなく、きちんと間違いを訂正するべきなんじゃないかと思います。ちっ(怒った顔)

間違った情報を、未だに検索で引っ掛かる形で訂正も無く残しておくことは、更なる誤解を生じる可能性が大です。

知恵袋のような責任のないページとは違い、正式なビルダーのページですよ…。ふらふら

また、以前にはセルという認識が無く、漠然とリチウムバッテリーというものを捉えていましたが、改めて見ると、「KULOS」って200AHを2基並列にしたシステムだったのですね。

4セル並列の8セルということで、BMSが必須ということでしょうが、高価すぎるシステムです。

先のZAKIOさんは、ご自身で「BLUE SKY CAMPER PROJECT」というショップページも導入され、中国からのリチウムバッテリーやBMSの輸入代行販売も始められたようですが、「KULOS」の代金なら、同じ容量のリチウムバッテリーが何回載せ替えができるでしょう。爆弾

しかし、安いですねぇ。

我が家と同じシノポリーなんて、少しだけ安いのかと思ったら、400AHではなく500AHでした。あせあせ(飛び散る汗)

でも、どうせ我が家のオルビス。イオには、500AHを積むスペースはなかっただろう…と思っていたら、なんと500AHのサイズは400AH全く同じ???

2020-07-13 21.44.03.jpg

kulos_uso02.jpg

そんなことってあるの???

それなら、500AHが良かったなと思いますが、現在のシノポリー社のサイトには500AHは掲載されていないようです。

また、検索で引っ掛かったサイトでも、リンクが切れていたりで、ひょっとして販売中止か?なんて思ったり。

良くわかりませんが、400AHが無難かなと思ったりします。

ZAKIOさんが使用されている「CALB CA400」でも十分な気がします。

ここまで来ると、鉛のトリプルサブバッテリーとも容量差を考慮すればほとんど差がないですよね。

まぁ、もっともそこには「自己責任」という言葉が付いて回りますから、万人向けではありませんが…。

ということで、うなぎさんジルっちさんZAKIOさん、これからも勝手にお勉強させていただきますので、よろしくお願いします。
posted by かわいいHERO at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣関連記事・ニュース