2020年07月29日

ラーメン鱗

昨日は、奥さんに仕事帰りに迎えに来いと言われ、帰りにパート先まで迎えに行ったのですが、帰るまでに娘も塾だと聞かされました。

以前に今月は塾がないと聞いていたので、寝耳に水です。

それなら、奥さんではなく、娘を迎えに行って帰るべきだったのに…。

仕方なく、一度帰って奥さんを降ろしてから、娘を迎えに行くという2度目の激務でした。

そして、仕事が休みの今日も娘は塾ということで、ソーラーパネルの取り外しだけに終わって、オルビスの作業を早めに切り上げたこともあり、奥さんに娘のお迎えを提案しました。

ついでに夕食も外で済ませようという提案でした。

もちろん、夕食の準備から開放される奥さんは大喜びで、三男坊も一緒に娘を迎えに行きました。

夕食候補は、塾の隣にあるやよい軒の定食かラーメンでしたが、塾が終わった娘の鶴のひと声で、ラーメンとなりました。

そのラーメン屋さんがこちら。

IMG_20200729_193804_resize_20200729_234219.jpg

ラーメン鱗さんです。

実は、私自身が何年も前から行ってみたいと思いつつも、行けずにいたお店なのです。

IMG_20200729_194633_resize_20200729_234219.jpg

狭い店舗なのでで、テーブル席は一杯だったので、4人でカウンター席に陣取りました。

IMG_20200729_194959_resize_20200729_234219.jpg

コロナ対策で、一人ひとり衝立で仕切られていました。

きっと以前はもっと席数が取れていたのでしょうね。

IMG_20200729_195020_resize_20200729_234218.jpg

こちらの看板ラーメンは、柚子胡椒によく合うアッサリとした塩ラーメンなんですが、鰹節のように見えるのは、鰹ではなく鶏なんです。ひらめき

鶏節がのっているんです。

もちろん美味しかったですし、家族みんなに評判良かったので良かったです。

IMG_20200729_200133_001_COVER_resize_20200729_234218.jpg

手をアルコール消毒しようとしたら、ソーラーパネルの撤去で剥け剥けの拳に染みて泣きそうでした。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

撤去は取付よりもたいへん

我が家のオルビス・イオの10年記念?リフォームですが、ソーラーパネルの問題は未だ手つかずです。

早々にCTEKの走行充電器の導入を決めて、準備してしまったものの、そのCTEKの走行充電器では、23V以下の電圧しか入力できないことがわかり、何とかDC-DCコンバーター等で電圧を下げて入力できないかと模索しましたが、リスクがありますし、ロスもあるので諦めて、スタンドアローンで使うことも考えましたが、オルビスのオルタネーターからの配線が貧弱で20A程度しか入らなさそうなので、ソーラー分の上乗せが必要と感じて、ソーラーパネルも入れ替えることにしました。

現在は、サブバッテリー用の210Wのメインパネルの他、メインバッテリーの補充電用に100Wのフレキシブルパネルを追加していましたが、カーポートがある為、フレキシブルパネルはほとんど意味がありませんでした。

フレキシブルパネル100Wは23V以下なので、CTEKに繋ぐこともできるのですが、如何せん中途半端なのと、新しいパネルを設置すると、影ができて発電が見込めない為、この際撤去することにしました。

IMG_20200729_103002_resize_20200729_213812.jpg

フレキシブルの方は軽いので、両面テープとシリコンコーキングでの固定でしたが、両面テープがたいへんでした。

シリコンは、シリコン除去剤のお陰で楽になりましたが、両面テープは地道に剥がすよりありません。

IMG_20200729_115447_resize_20200729_213812.jpg

フレキシブルパネルの撤去は出来ても、両面テープやシリコンコーキングの除去には手間が掛かるので、綺麗にするのは後回しにします。

IMG_20200729_115747_resize_20200729_213812.jpg

この茶色いのは何だろう?

IMG_20200729_113336_resize_20200729_213812.jpg

シェル内への引込み口の大量のシリコンコーキングも、シリコン除去スプレーで処理しやすくしてから、配線を引き出しました。

フレキシブルパネルの撤去のあとは、アルミのステーで屋根に固定している、オータムテクノロジーのサンパワーモジュールの高効率パネルです。

IMG_20200729_134506_resize_20200729_213812.jpg

ですが、ここで絶望することとなりました。

アルミのステーは、オルビスの屋根にブラインドリベットで取り付けているのですが、取付時には、ステーにキャップボルトで固定してから、リベットを打ったのですが、そのことをすっかり忘れていました。

単純にパネルだけを入れ替えれば良いと考えていたのですが、そもそも、屋根とパネルの間にスペースが無く、ナットに工具を当てることが不可能だったのです。

リベットを留めてからではパネルを取付できないから、先にステーにパネルを取り付けていたということを全く覚えていませんでした。

ナットに工具を当てられないということは、キャップボルトをいくら回しても、供回りするだけで、ビスを外すことはできませんし、緩めても締めることができなくなるということです。

この問題を解決しようと思えば、ドリルででもステンレスのビスの頭を潰すか、ソーラーパネルを壊して外すよりありません。

もう、諦めるしかないかと思っていましたが、せめて撤去さえ出来れば、取り付け方法は再考する余地があるので、最後の足掻きでこいつでビスの取り外しを試みました。

IMG_20200729_143441_resize_20200729_213812.jpg

ネジザウルスです。

供回りを防ぐには、引っ張りながら緩めれば何とかなるのではないかと思いやってみたところ、やや時間は掛かりますが、外すことに成功しました。

IMG_20200729_144024_resize_20200729_213812.jpg

更に、ある程度緩めば薄めのレンチで引き方向の力を加えながら六角レンチで回しても緩めることが出来、スピードアップも図れました。

IMG_20200729_144148_resize_20200729_213812.jpg

とは言え、猛暑の中、片側7箇所、両側で14箇所のビスをちまちま外すのは大変で、外し終えた時には、5時を知らせるチャイムが鳴っていて、外したパネルを屋根から降ろして力尽きました。

IMG_20200729_172051_resize_20200729_213811.jpg

オルビスの屋根上はスッキリはしましたが、しばらく洗車ができていなかったので、汚れが酷い。

IMG_20200729_172153_resize_20200729_213811.jpg

次の休みまでにパネルの取り付け方法を考えて、その準備の上、先ずは洗車してから取り付けに掛かりたいと思います。
posted by かわいいHERO at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

余計な作業

今日の休みは、朝からオルビスの作業をするつもりが、全く関係ない作業をすることに。

IMG_20200729_081517_resize_20200729_205231.jpg

自転車置き場の上のテラスの梁?が腐って落ち掛けているではないですか。

IMG_20200729_081514_resize_20200729_205232.jpg

いつからこうなっていたのかわかりませんが、毎日見ているおばあちゃんは気がついてたんじゃないのか?

肝心なことを教えてくれないと思いつつも、それを言っても仕方がないので現状を確認すると、屋根のポリカーボネート板を留めているビスに防水の為のゴムワッシャが付いてませんねぇ。

IMG_20200729_090804_resize_20200729_205231.jpg

ここから雨水が入って腐った可能性があります。

でも、原因を推測しても既に屋根が落ちかけているので、先ずは応急処置の方法を考えます。

家にある材料で方法を考えて、娘のベッドマットの台を作った際に余って邪魔に思っていた2×4材を使うことにしました。

IMG_20200729_084755_resize_20200729_205231.jpg

手持ちのビスでは長さが足りないので、予め半分ほどの深さの穴を開けてから、腐った部材を挟み込むようにして、腐っていない部分を中心にビスでしっかりと留めました。

IMG_20200729_093304_resize_20200729_205231.jpg

本当は、屋根上のシーリング等をするべきですが、オルビスの作業もあるので、それは後日にします。

余計な時間を取られたので、この後、急いでオルビスの作業に入ります。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事