2020年08月01日

旧仕様のオルビスには良いかも?

サブバッテリーのリチウム化に伴い、リチウムバッテリーについてのいろいろなサイトを見せていただいているわけですが、その中で、時々日産のリーフのバッテリーについて書かれている時があります。

leaf_1912_exterior_interior_pfa_01.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

電圧が高く、12V車で常用バッテリーとするにはいろいろと面倒な様なので、素人の私には縁のないものとスルーしておりましたが、活用されている方のブログを見ると、案外オルビスとの相性は良いのではないかと思い始めました。

オンリースタイルに「車載用大容量電源システム CORE-REX 6.5(コアレックス 6.5)」という独立型のリチウム電源システムがありますが、以前、これをオルビスに積んでおいて外部電源として使って、オルビスの発電機で充電すればオルビスの電気系統を触らなくても、エアコンが使えるなぁなんて考えたことがあります。

slide1.jpg

もちろん、現実的にはただ載せるだけではなく、走行中に外部ソケットを利用するわけにもいきませんから、多少の切り替えや配線等の作業は必要でしょうが、基本的にはポン付けでエアコンの使用が可能になるイメージです。

鉛のツインバッテリー等の従来型仕様のオルビスにお乗りの方なら、出先で外部電源に繋げず、発電機も使えない状況であっても、比較的簡単にエアコンや電子レンジの使用が可能になるわけですが、問題はその価格だけです。

そこで、冒頭のリーフのバッテリーのメリットというのがどうやらコストらしいのです。

CampingPlatz 10kW NMC リチウムイオンバッテリーシステム完成 − ロードバイクとキャンプカーとアウトドア日記

こちらのブログ主である「Take15さん」は、リーフのバッテリーを分解して、中身のセルを利用してポータブル電源化されています。

リチウムイオンバッテリーにもいろいろと種類があって、キャンピングカーに積載される12Vタイプはリン酸鉄を利用したものですが、リーフもマンガン系からニッケル、マンガン、コバルトの化合物系のNMCと進化しているようですが、新型リーフに搭載されているNMCはかなりエネルギー密度が高くなっているそうです。

リーフのバッテリーのメリットは、バッテリー自体が手に入りやすいことだそうで、実際、ヤフオクでも出品されています。

reaf01.jpg

なので、DIYで太陽光発電をされている方には以前から人気のようです。

ラベル リーフバッテリシステム − にゃんた発電所

そんな比較的安価で手に入るリーフのバッテリーを利用したポータブル電源なら、コストの面も解決できるのかも?と思ったりします。

もっとも、販売されているわけではないので、実際の価格はわかりませんし、「Take15さん」にお願いして販売していただけるものなのかもわかりませんが、できるだけ難しくなくエアコン等を使いたいという方には、問い合わせしてみる価値はあるのかも知れません。

記事を読ませていただいて、少し気になったのは、元々のリーフのバッテリーが300kgあって、それを解体して200kgのバッテリーセルを取り出すと100kgの鉄くずが出るらしいこと。

つまり、100kg分の鉄でセルを包み込んで安全性を確保していたとも言えますから、木製のボックスというのはエネルギー密度が高いが故に心配な気もするのですが、用途や環境が違いますし、バッテリー自体の信頼性も高いものなので、大丈夫なんでしょうね。

高松の岡モータースさんとコラボされたりと、実績はお墨付きのようですし…。

私も、自分で3電源化やリチウム化に手を出していなければ、お願いしていたかも知れません。

でも、リチウム化の作業の必要性に迫られて、リチウムについていろいろと勉強をしたという側面があるので、それがなければその存在さえ知らなかったかも知れませんけど。爆弾
posted by かわいいHERO at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス情報

いろいろと情報収集を

ソーラーパネルが載れば、一応の完成?となる我が家のオルビス・イオのリチウム化ですが、まだまだ分からないことは山積みです。

なので、理解できたところから少しずつ改善していくことにします。

アリエクで届いたスマートBMSについても、てっきりBluetoothのモジュールが付いているものだと思い込んでいましたが、うなぎさんのブログ記事で、そんなものが無いので別で購入しなければならなかったのだと悟りました。

bluetooth01.jpg

改めて販売者のページを見ると、画像にBTモジュールは含まれないとちゃんと書いてありますね。がく〜(落胆した顔)

今から注文しても1か月以上掛かるわけで、戦意喪失です。

スマホに繋げられなければ、セル電圧計の代わりもなりません。もうやだ〜(悲しい顔)

また、BMSでは指定電圧でバッテリーと完全に遮断されてしまうものと思っていましたが、遮断されるのは充電のみで、放電は大丈夫ということも、タイムリーにうなぎさんにコメントで質問された方がいて、良い情報収集ができました。

wh-town_ctek-smartpass120s_2.jpg

この情報からスマートBMSを使用しても、CTEKの走行充電器(D250SE+SMARTPASS120S)でオルタネーターからのダイレクトな電源で稼働するよう設定している冷蔵庫も問題はないのかなと思ったのですが、ソーラーをCTEKに接続すると、バッテリーの状態をCTEKが判断することとなるので、充電側も切り離すとまずいのかしら。

そんなことを考えて、改めて様々なケースを考えた時に、走行中の発電機によるAC充電についても疑問が生じてしまいました。

鉛バッテリーの時も、走行中でも気にせずに発電機を稼働していましたが、よくよく考えると、この時も未来舎のすぐれもの充電器と走行充電の同時充電となっていたはずですが、実際のところどうなっていたのだろうか…。

すぐれもの充電器が走行充電を感知して充電しない仕様となっていたのだろうか?

それとも、すぐれもの充電器の充電が勝って、走行充電はされない状態だったのだろうか?

もし、走行充電と発電機によるAC充電の同時で問題が出るなら、移動中に発電機を稼働してリチウムに80Aを流し込むという作戦はできないこととなります。

これはやはりCTEK代理店であるTCLさんに確認するべきだろうと思い、昨日メールを送ったところ、今回は素早く返事が来ました。

結論としては、CTEK走行充電器自体は問題ないようですが、AC充電器は保証できないので同時使用はするなという回答でした。

つまりCTEKはオンオフスイッチは無いので、エンジン始動中はAC充電するなということです。

一方で、CTEKに接続したソーラーについては、CTEKがバッテリーを監視しているので、AC充電されている場合は充電を停止するので問題ないようです。

となると、やはりオルタネーターの配線強化必須となりそうですが、ソーラー分を足して冷蔵庫使用分が含まれない状態で、実際のところどのくらい充電するかを見る必要があります。

全てにおいて、先ずは使用しなさいということですね。ふらふら
posted by かわいいHERO at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

駐車場のメイちゃん

自宅近くに通勤車のサンバートラックを駐車しておく月極駐車場を借りていますが、その駐車場近くで頻繁に黒猫を見かけます。

凄く人慣れしていて、寄って行っても逃げません。ハートたち(複数ハート)

でも、飼い猫ではなく野良猫のようですが、避妊去勢の耳カットも見当たりません。

2020-04-18 19.16.14.jpg

可愛い黒猫ちゃんなので、我が家の猫娘のメイに似ていて、私は勝手に「駐車場のメイちゃん」と呼んでいます。

IMG_20200605_100548.jpg

暑い日の朝にもアスファルトの駐車場で見掛けたことがあって、ちょっと心配になりました。

明るいところで見ると、黒い中にもうっすらとしっぽに縞模様が見て取れたので、完全な黒猫ちゃんでもないようです。

そんな「駐車場のメイちゃん」を、最近、帰宅時に駐車場近くの新しいお宅の玄関の前で見掛けることが多く、どうもそこでご飯をもらっているようで、それを待っているように見えました。

飼ってはもらえないけどご飯はもらえていると安心していたのですが、昨晩通った時には道路の真ん中で倒れていて、びっくりして駆け寄ったのですが、ただ寝ころんでいただけのようで安心しました。

でも、その時に撫でると、あばら骨が当たって想像以上に痩せていることに気が付きました。がく〜(落胆した顔)

充分にご飯をもらっているのだと思っていたのですが、そうでもなかったようです。

そこから、「駐車場のメイちゃん」のことが気になり、帰宅して奥さんにそのことを話すと、奥さんも心配になって二人で猫娘たちのご飯を持って「駐車場のメイちゃん」の所へ向かいました。

部外者が餌を与えることに不快感を感じる方も居るでしょうから、こっそりあげて帰るつもりでしたが、先ほどの場所に「駐車場のメイちゃん」はもう居ませんでした。

しばらく、近くを探しましたが見つけられずにそのまま帰宅しましたが、他にも水の容器らしいものが置いてあるお宅もあり、その辺りの方が気ままに面倒をみている地域猫なのかなと感じました。

そして、今朝の出勤時にも偶然「駐車場のメイちゃん」を見かけたのですが、昨晩見たお水の容器が置いてあったお宅のおばあちゃんが水撒きをされていて、「駐車場のメイちゃん」はそのお宅の敷地内へと入って行ったので、やはり飼われてはいなくとも居場所にはなっているのかなということで、少し安心しました。るんるん

痩せ気味なのは気になりますが、必要以上に気にしない様にしようと思います。

また、最近自宅付近にも耳をカットされた白い靴下を履いたような柄の野良猫ちゃんを見かけるのですが、その子は警戒して直ぐに逃げてしまいます。

奥さんはご飯をあげたいと言いますが、特にやせ細っているという感じも無く、人慣れしているわけでもないので、むやみにあげることは良くないと思い、控えています。たらーっ(汗)

保護猫を譲り受けてから、やたらと周りの猫が気になって仕方ありません。ふらふら
posted by かわいいHERO at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事