2021年04月12日

喪失感と安堵

昨晩は、アルコールを控えようかと思いましたが、ジュジュを失った喪失感から飲んでしまいました。

ここ最近は、寝不足や疲労から飲むとその後はほぼその場で寝てしまいます。

夜中に目が覚めてジュジュの様子を見に行くというパターンでしたが、昨晩はもうジュジュが居ない為、書きかけのジュジュについての直前の記事を書き上げてアップしました。

そして、昨晩だけはジュジュの部屋で寝ることにしました。

2021-04-12 01.49.27.jpg

ジュジュの市の火葬場への持ち込みが仕事休みの水曜日となる為、今朝からジュジュ部屋のプチプチカーテン内はエアコンで冷房することにしています。

保冷剤と併用しますので、今晩からはもう一緒に寝ることはできません。

動物病院へも電話をして、親身になっていただいた看護師さんにジュジュの訃報を告げ、先生ともにお礼を伝えてもらって切りました。

奥さんは、朝からジュジュの顔を見に行ったらしいのですが、パート出勤前にも顔を見に行って、「冷たくなっていた」とまた涙を流し始めました。

当たり前なのに泣くなと言いたいところですが、私もつられてしまいます。

口内炎でドライフードがそのままで食べられなかったジュジュのご飯は、常にお湯で湯煎して温めていたことから、一番初めにするのが電気ポットでお湯を沸かすことでした。

なので、お湯が沸いている音を耳にすると、ついジュジュのご飯のことを考えてしまいます。

でも、もうその必要もなく、今朝は少しゆっくり寝坊しようと思ったのですが、それもできませんでした。

大変だったジュジュのお世話ですが、それ故にその存在が大きくなって、心身に染み着いているので、その喪失感は小さくありません。

でも、一方でたったジュジュひとりのことで、こんなに心身を削ることになるとも思ってもいませんでした。

ジュジュのお世話をしながら、自分は保護猫活動には向いていないということを思い知らされました。

入り込み過ぎて日常生活にも支障をきたしてしまうんですね。

なので、保護はジュジュを最後にして、今後は保護団体への寄付をして行こうと決めています。

昨晩、寝ている時に足音がして一度目が覚めたのですが、思わずジュジュじゃないかと見回してしまいました。

奥さんもジュジュを見に行って撫でながら、生き返るんじゃないかと思ったなんてことを言っていました。

そんな喪失感一杯の朝でしたが、知ってか知らずかメイとさつきが私に寄り添ってくれます。

まぁ、きっといつもジュジュのお世話で居なかったので、そうなっているだけなんでしょうが、今後はメイとさつきとの時間をもっと大事にしたいと思います。

ジュジュが天国へ召されました

元気がなくなっていたジュジュですが、土曜日の朝には、プチプチカーテンの外の冷たいフローリングの床の上に居ました。

直ぐに暖かい場所へと移動させて、おしっこが出ていなかったので、ペットシーツを敷いてその上でお腹の辺りを絞ってみると、出ました。

2021-04-10 07.18.04.jpg

腎不全で亡くなったゴンタも、絞ってやらないとおしっこが出なかったので、やはりジュジュも腎不全のようです。

2021-04-10 07.18.40.jpg

心配ですが、土曜日は奥さんともども仕事ということで、そんなジュジュを家に残して、出勤しました。

2021-04-10 16.00.02.jpg

前日金曜日の夕方に、残り少ないブドウ糖液をもらいに動物病院へ行った際、数日前にお腹がタプタプなのに水を飲んで吐いたという話をしたら、ポカリスエットの薄いブルーのパッケージの「イオンウォーター」をあげると良いと言われ、土曜の昼間にあちこち探すも見つからず、ようやくキリン堂薬局で買えました。

そして、土曜日は仕事から帰宅後は、オルビスで三男坊を島根へと送っていくことになっていて、ジュジュも連れて行きます。

三男坊からジュジュの状態が良くないので連れて行くのはどうか?という話がありましたが、それは百も承知であり、もう少しで「それなら、お前は勝手に一人で帰れ」と言いそうになりましたが、荷物が多く、無理なことはわかっているので、ぐっと我慢しました。

夜、日が変わる前に出発したものの、ジュジュの流動食の間隔が3時間以上あいてしまっていたため、加西のサービスエリアでチューブから入れてやりました。

ここのところは嘔吐を避けるために食事の間隔が開き気味になっています。

2021-04-11 00.59.01.jpg

朝に運良くおしっこが出たものの、その後子供たちに圧迫排尿のYouTube動画のアドレスを送ったりして、給仕と共にお願いしていたのですが、結局おしっこは出ずです。

2021-04-11 03.28.59.jpg

おしっこが出ていないことで、流動食を与えてもお腹が辛そうに見えて、あまりたくさんはあげられません。

その後、再び移動して、仮眠の道の駅でも食後は、元気なく、リアベッドに横たわりました。

2021-04-11 06.39.00.jpg

未明にジュジュが鳴くので、起き出してご飯を与えてから、オルビスのサードシートに寝かせて付き添いました。

2021-04-11 06.38.17.jpg

結局そのまま朝となりましたが、ジュジュはふらつきながらも、冷たい床で寝ようとします。

2021-04-11 08.13.49.jpg

そのままにしていると冷えて状態が悪化するのは目に見えていますから、冷たくない場所へ移動しますが、何度移動しても、直ぐに冷たい床へと降りてしまいます。

相変わらずおしっこが出ていないことから、腎不全の尿毒症による低体温症になっていると思われます。

2021-04-11 08.23.59.jpg

散々調べて来たので、ジュジュの命が長くないことは理解しており、金曜日の看護師さんとの会話でも、最後の看取り方についてもお聞きしていました。

2021-04-11 09.36.53.jpg

それまでは移動中はずっと奥さんの膝の上でしたが、フラットな方が良いようなので、私と奥さんとの間にペットシーツを敷いて、そこに寝かせて出発しました。

2021-04-11 12.11.46.jpg

三男坊をアパートへ降ろした後は、私はオルビスの中でぐったりと横たわるジュジュを看ていました。

2021-04-11 12.22.24.jpg

おしっこが出ていなく、お腹も膨らんだままであることから、もうこれ以上チューブから食事を入れることもためらわれ、脱水防止のブドウ糖液やイオンウォーターを少量入れるくらいしかできませんでしたが、突然起き上がったジュジュは、サードシートへ移動して、マナーウエアの中に排便しました。

おしっこが出ない以上、膨らんだお腹は便として出すよりなかったのでしょう。

2021-04-11 15.19.34.jpg

帰路も、山陰道、鳥取道とやはり運転席と助手席の間のペットシートの上で横たわらせますが、中国道へ入ったところで、ジュジュに異変が起こりました。

慌てて安富パーキングに駆け込み、イオンウォーターをチューブに、そして口がべたべただったので、シリンジで一滴一滴湿らせてやると、ぐったりした中でも飲んでくれたものの、直後に吐いてしまいました。

2021-04-11 18.15.58.jpg

島根を出発するときからもういつどうなるかわからないと覚悟はしていましたが、いよいよその時が迫っていると感じながら、奥さんがジュジュを抱き、二人でジュジュの名前を呼びながら帰宅を急ぎました。

ジュジュは懸命に頑張ってくれたものの、高速を降り、大通りから自宅近くの道へ入った途端、奥さんが泣き始めたため、私も状況を理解しました。

自宅前にオルビスを停め、そのまま急いでジュジュをジュジュの部屋まで連れて行きましたが、未だ暖かいものの動いてはくれませんでした。

2021-04-11 20.34.33.jpg

ジュジュは天国へと召されました。

亡骸には今日はお花がありませんが、ご飯をそばにたくさん置いてあげました。

また、経鼻チューブも外してやりました。

突然の別れに私の心にはぽっかりと穴が開いています。

瀕死の状態で連れ出したことに疑問を持たれる方も居られるかも知れませんが、自宅に置いて行くという選択肢はありませんでした。

もし、そういう事態になったとしても、ジュジュとはオルビスでのドライブで絆を強めてきましたし、何より一人で逝かせたくはなかったのです。

FIV(猫エイズ)ということで、メイとさつきと一緒にしてあげることができず、絶えず部屋に一人っきりだったジュジュの最期は看取ってやりたかったのです。

ここ最近の私の日常は、ジュジュを中心に回っており、常に口内炎のジュジュのご飯や薬のことで頭は一杯でした。

自宅での時間も、圧倒的にジュジュと一緒にいる時間が多く、生活の大部分を占めていました。

なので、いつかはやって来るとわかっていた別れですが、「セカンドオピニオンなどせず、副作用のない形でステロイドを使ってあげていたら…」とか、「最後にご飯を食べさせてやりたかった」とか、悔いしかありません。

そして、何より「私のかけがえのないジュジュ」だったわけで、特別な存在となっていたことに改めて気が付きました。

ありがとうジュジュ。

そしてさようなら。