2021年07月30日

エアサス不在のフロントについて

先日の連休中に、一泊で滋賀の箱館山へ行った際、フロントのキャンサスを外して初めてのまとまった走行だったものの、それについて一切触れていなかったので、今更ですが感想をば。

2021-06-02 15.35.08.jpg

オイル漏れした我が家のキャンピングカーオルビス・イオのフロントのキャンサス・ハイスペックはオーバーホールするつもりで一時的な仮付用として、オルビストのtakekidさんに処分予定だというビルシュタインをいただいて自力で交換していました

2021-06-02 13.20.38.jpg

交換後のチョイ乗りでは、あまり違いは感じませんでしたが、自宅から琵琶湖をぐるっと一周した位の距離では少し印象は変わりました。

やはり多少フロントに硬さは感じましたが、そこまで気になるものでもなく、助手席のうちの奥さんも乗り心地が悪くなったとは思わないと言っていました。

気温が高いせいもありますが、むしろリアだけになったことでタンクに対してエアの量が少なくなったので、エンジン始動とともに動き出すエアポンプの頻度が低くなり悪くありません。

カムロードの場合、タイヤのエア圧が高いので、サスペンションよりもタイヤのゴツゴツ感の方が気になります。

カムロードに本当のエアサスの乗り心地を求めるなら、構造変更してリアの板バネ2枚の内の1枚を抜く必要があるらしいです。

でも、重量級のオルビスの板バネを抜くなんて私は怖くて出来ません。

ということで、このままいただいたビルシュタインのままでも良いのでは?と思ったりもしましたが、帰路では気のせいかも知れませんが、少しへたってきたような気がしました。

キャンサス・ハイスペックの時には、当初ゴム製だったブッシュが車検毎に交換が必要な程に変形していて、最終的には金属製に変更となったことから、如何に過酷な状況なのかが脳に刷り込まれているので、そう感じるのかも知れません。

まぁ、そこまで気にならないので良いんですが・・・。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>足回り