2014年06月20日

いまさらジローのドリンクホルダー

もはや過去のものとなりつつある?LTキャンパーズさんが始めたカムロード標準の灰皿をドリンクホルダーに改造するっていう快適化。
いいなぁと思いながらも、さて、自分はどう手を加えるか…?

あれこれ考えている間に、オルビスユーザーの間では、LTさん以上のクオリティを誇る隊長工房で量産開始となり、その波に乗りたかったものの、工房にお邪魔する機会もなく断念。

「そう言えば、以前オルビスのミニカーを作ろうかと購入した型取り用のシリコンゴムがあるので、それで灰皿の型取りしてみよう。!」

その発想が間違いでした。

我が家も灰皿は使わないのですが、ベースがあれば、ドリンクホルダー以外にも応用が効くんじゃないかという、現実を伴わない案が頭を巡り始めました。

そして、止めときゃいいのに実行に移すも、型取り用のシリコンゴムって、消費期限があるんですよね。

ミニカーも途中戦意喪失だったことから、シリコンゴムの消費期限はとうに過ぎていたのですが、食べもんじゃないしとさほど気にしていませんでした。

ところが、なめちゃいけません。

期限の過ぎたシリコンゴムはいつまでたっても固まらない。あせあせ(飛び散る汗)

ドロドロのゴムのままなんです。

本来は、固まったらサクッと取り出せるはずの灰皿が、ドロドロのゴムにまみれて最悪の事態です。

結果、取り出したところでこんな状態になってしまいました。ふらふら

image.jpg

この時点で、万事休す、完全撤退です。バッド(下向き矢印)

でも、戦意を消失しつつも、かる〜い気持ちで、いつものセリアの型取り用シリコンゴムで粘土遊びだけはしていました。ひらめき

ミニカーも挫折しましたが、こんなものは作ってましたし。ダッシュ(走り出すさま)

そして、時は過ぎゆき、気が付くと今年のゴールデンウィークでオルビス大活躍の季節となりました。

そうなると、ドリンクホルダーやっぱり欲しくなります。

九州キャラバンでは、標準のセンターのドリンクホルダーにトレイを設置して、それなりに使えたものの、オルビスに積んでいるカップが大きいので、ホルダーには入らずトレイに載せたりしていました。
ホルダーに合うコップを使えって話なんですが。

2014-06-192022.03.17.jpg

また、コンビニで500mlの紙パックのドリンクを買うこともあって、できれば紙パックも置けるといいなぁ〜。

でも、全てを一から造るというのはハードルが高いので、市販のドリンクホルダーを応用して希望のドリンクホルダーを模索します。

先ずはともあれ、ドリンクホルダーの固定部分が最も重要なので、これまた幻のミニカー用に買ってあったFRP樹脂で、灰皿の裏の部分を再現しようと思います。

でも、FRP樹脂にも消費期限があって、確認してみると悲しいかな大幅超過…。

image.jpg

シリコンゴムのように固まらないと困るので、少量を硬化剤と混ぜてテストしてみると、予想外にちゃんと固まるじゃないの。

それならと、セリアの型取り用シリコンゴムで作った型に、FRPを流し込んでみました。

image.jpg

作業所なんてないもので、夜中のリビングに新聞紙敷いてやってたら、翌朝、家族から大ヒンシュク受けました。もうやだ〜(悲しい顔)
唯一、お調子者の次男坊だけは、「この匂いがいいのよ〜」なんて言ってましたが、変な遊びにはまらないよう注意しないといけません。がく〜(落胆した顔)

ガラスマットの繊維で腕がチクチクする中、数時間で固まったのを確認して、型から取り出しました。

image.jpg

ただ、型取りシリコンゴム自体が、柔軟性があり過ぎて、ちょっと歪に固まっているような気がしないでもない。

心配になって、オルビスの灰皿部分にはめ込んでみました。

image.jpg

一見して、これだけ見ると悪くないような気がしてきます。

image.jpg

でも、よく見ると、上が相当空いています。

それでも、取り敢えずはやってみなけりゃわからない。
なので、不要な部分をカットして、数箇所ドリルで穴を開けました。

image.jpg

そして、この既成のドリンクホルダーと合体させます。

2014-06-182014.55.07.jpg

発泡ポリウレタン製のカーメイトのドリンクホルダーで、本来は純正のドリンクホルダーに差し込んで使うもののようです。

nz264-3.jpg

ドリンクホルダーにプラスして小さなポケット付きです。

4973007502647.jpg

でも、固定方法に困って、スポンジのような素材にわずかな両面テープとネジという、どうにも怪しい留め方です。

2014-06-182015.03.09.jpg

灰皿部分にはめ込んでみると、これまた悪くない感じですが、安定が良くありません。
100均型取りシリコンゴムに私の技術では、完全レプリカなどできるわけもないか…。

2014-06-192000.48.11.jpg

仕方がないので、接続部分の見えないところにFRP樹脂を貼り付けるように少し追加し、下部には大量のFRPを放り込んで重みで安定感を増すことにして、最後はクッション性のあるテープのようなものを、各部に貼り付けて空間を埋めて、無駄な動きがなくなるようにしました。

2014-06-192022.14.29-2.jpg

結果、なんとか実用レベルで固定できたかと思います。
いざとなれば、クッション材の代わりに3Mの超強力両面テープをかませば、おそらくピクリともしないくらいに固定できるでしょうが、取り敢えず現状は取り外し可の方向でいってみます。

2014-06-192022.04.29.jpg

傾斜はあれど、大きなカップも一応置けます。

2014-06-192022.05.20.jpg

もちろん、紙パックも・・・って500mlタイプがなかったので、1Lタイプで検証しています。
実際は、1Lで使うことはありえないし、満タンだと重量的に厳しいかも知れませんが、構造的には上からの重量だと支持力は悪くないはずです。
スマホなんかをちょっと置くこともできるので、やや嵩は張るものの、邪魔になるほどでもないかなぁという印象です。

2014-06-192022.15.41.jpg

何はともあれ、試作第1号ということで、今後は、使いながら改良していきたいと思います。

posted by かわいいHERO at 02:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席
この記事へのコメント
まだべースはお持ちですか 送っていただければ作りますよ〜
Posted by 隊長 at 2014年06月20日 05:14
>隊長さん

お気遣いありがとうございます。
未練たらしく?書いちゃったかな?
一体感はないですが、実用度では結構気に入ってるんです。
使わないかも知れないのにお願いする訳にもいきませんし、気が変わった頃には材料ないでしょうから、万が一その時には、作り方のご指導だけでもお願いしますね。
Posted by かわいいHERO at 2014年06月20日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100086595

この記事へのトラックバック