2014年07月30日

今度は現行オルビス発電機の真似っこです

オルビス・イオの発電機が下方排気化されると同時に、発電機下にゴムシートが取り付けられることとなり、現行オルビス・イオも当然この仕様となっています。

image.jpg

些細なことですが、これも静音化に貢献しているということのようです。

我が家のオルビス・イオは、後方排気ですし、発電機下のスペースが余分に5cmもあったりで、現行オルビス・イオとは、少し違っています。

image.jpg

とは言っても、基本的な構造は変わっていないので、このゴムシートは効果があるかもしれません。

image.jpg

ということで、ホームセンターでゴムシートを買って来ました。

image.jpg

適当な長さに切って、該当部分に当ててみると、わずかに吸気音が抑えられる感じでしょうか。

費用対効果はなんとも言えませんが、現行車が採用しているものなので、効果は二の次でもいいかなと。

image.jpg

ゴムシートということで、単純にゴム用の接着剤を使用して貼り付けました。

image.jpg

あれ?ズボラしての貼り付けで、歪んじゃったかな…

image.jpg

まぁ、大勢に影響ないのでいいっか?といつもの素人仕事でした。

発電機稼働していたので、フレームが結構な熱を持ってましたが、大丈夫かな?

おかげで接着剤は直ぐに乾いたみたいですが、落下しなければ問題なしです。
posted by かわいいHERO at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>発電機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102041371

この記事へのトラックバック