2015年01月26日

ICA5とQX30のいい関係

ica5.jpg

前回のエントリーで、ご紹介したgizmonのカメラ型iPhoneケースの「ICA5」ですが、実は、ただのカメラ型ケースというだけなら、買っていなかったと思います。

面白い商品ですが、iPhone5sのコンパクトさを犠牲にしてまで欲しいとも思いません。

では、なぜ購入したのか?

それは、オプションでソニーのレンズスタイルカメラQXシリーズ用のマウントアタッチメントが発売されているからです。

2015-01-25 21.41.43.jpg

今回到着したものの中に、そのマウントアタッチメントもありました。

左上のものですね。

では、このアタッチメントを、カメラ型iPhoneケース「ICA5」に取り付けてみましょう。

2015-01-25 22.25.22.jpg

「ICA5」のダミーレンズの部分を取り外します。

2015-01-25 22.26.10.jpg

そこへ取り付けるだけなんですが、ちゃんとロック機構も付いていて、しっかりと取付できます。

レンズスタイルカメラを落としちゃったら大変ですからね。

そこは、しっかりと考えられています。

前回言い忘れましたが、この「ICA5」というケースの内側は、アップル純正のケース同様に、iPhoneが傷つかないよう、薄いクッション性のある生地が貼り付けられているのですが、この辺りの配慮は製品全体のクォリティにも出ていると思います。

さて、話をマウントアダプターに戻しますが、しっかりとケースに取り付けられたマウントに、今度は手持ちのレンズスタイルカメラ ソニー「DSC-QX30」を取り付けます。

2015-01-25 22.26.55.jpg

QX-30に付けっぱなしにしていた、標準でついてくる挟み込むタイプのマウントは、不要なので取り外します。

2015-01-25 22.27.29.jpg

迫力のある外観になりました。

もう、どう見てもカメラです。

実際カメラなんですが…。

2015-01-25 22.28.52.jpg

挟み込むタイプでも、それっぽくは見えましたが、やはり雰囲気は全く違いますね。

2015-01-25 22.31.03.jpg

カメラとしては、何が変わるわけでもありませんが、トイカメラとしては最高です。

基本機能が変わるわけではないのですが、この形態での利点というのはいくつかあります。

それは、レンズスタイルカメラを取り付けた状態で、首から掛けることができるということです。

QX-30を着けた状態だと、それはもうカメラでしかないわけですが、これまでは、それを手持ちするしかありませんでした。

もしくは、レンズとiPhoneをわざわざ分離させて、ポケットに入れるという状態です。

カメラとして利用している間に、首に掛けられるというのは、便利です。

そして、もうひとつ。

これは、実際にQX-30を取り付けてわかったのですが、iPhoneケース「ICA5」にはお遊びで光学ファインダーが付いています。

2015-01-25 22.34.56.jpg

実際に覗くと、向こうが見えます。

このファインダーが、思いの外使えそうなんです。

レンズスタイルカメラは、モニターを持ちません。

その代わりに、スマートフォンをモニターに使用するわけですが、モニターがないということで、使用するバッテリーの容量は小さめです。

モニターこそありませんが、スマートフォンとはWiFiで接続するので、それなりに電力を消費します。

バッテリーが心許ない場合にWiFiをオフにするという事もできますが、その場合モニターが使えないので、画角が全くわからなくなります。

ですが、このファインダーがあれば、ズームアップしなければ、ほぼモニターの映像と同じ画角であることがわかりました。

これは、「DSC-QX30」についてなので、QX10やQX100の場合はわかりませんが、目安にはなりそうです。

標準の挟みこむタイプのマウントだと、都度位置が変わってしまいますが、

WiFiをオフにすることがあるのかどうかですが、「ICA5」の場合は、マウントとファインダーの位置関係は不変ですから、これは思わぬ利点です。

実際、スマホとの接続に時間が掛かって、シャッターチャンスを逃すことがあるので、ファインダーで直ぐに取れるのは嬉しいです。

と、ここまで、「ICA5」と「DSC-QX30」のいい関係をお知らせしてきましたが、「ICA5」はレンズスタイルカメラが無くともカメラとして機能するということも忘れてはいけません。

「DSC-QX30」を取り付けた状態でiPhone5sのカメラを使用すると、こんな感じで少し「DSC-QX30」が映り込んでしまうので、実際使うことはできないでしょうね。

2015-01-25 22.35.55.jpg

インカメラはそのまま使用できます。

2015-01-25 22.38.56.jpg

次の状態で、iPhone5sのカメラを使用して撮影してみると…

2015-01-25 22.41.29.jpg

こんな感じでちゃんと撮影できます。

2015-01-25 22.40.39.jpg

iPhone5s自体のカメラですから、当然といえば当然ですね。

でも、iPhone5s自体のカメラを使用する時は、持ち手の位置に注意しないといけません。

私にとっては、「DSC-QX30」とのコンビネーションが素晴らしい「ICA5」&マウントアダプターのご紹介でした。
posted by かわいいHERO at 11:20| Comment(0) | ┣レンズスタイルカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]