2015年02月05日

「OLYMPUS AIR」発売だって

1  Facebook.png

先日の記事でご紹介した「OPC Hack & Make Project」の、基本となるカメラの発売が発表されたようです。

オリンパスのオンラインショップ限定で2015年3月6日に発売とのこと。

重量は、ソニーの「QX1」の158gに対して、オリンパスの「AIR A01」は147g。

サイズは、QX1が74.0mm(幅)×69.5mm(高さ)×52.5mm(奥行き)なのに対して、

「AIR A01」は56.9mm(幅)×57.1mm(高さ)×43.6mm(奥行き)と、一回り小型のようです。

ただし、センサー部は、QX1がAPS-C(23.6×15.8mm)に対して、「AIR A01」はマイクロフォーサーズ(17.3×13.8mm)となります。

さて、問題の価格の方はというと、
「QX1」が本体のみ35,880円(税込38,750円)、16-50mmキットレンズのセットで50,880円(税込54,950円)

一方の「AIR A01」の方は、本体のみ36,504円、14-42mmEZレンズキット53,784円

となっています。

ただし、ソニーの「QX1」は、ソニーストアの価格としていますが、本日現在の価格コムでは、本体のみ税込30,800円、パワーズームレンズキットが税込45,400円となっていますから、オンラインショップ限定の「OLYMPUS AIR」に比較して安く手に入ると言えるでしょう。

私の「OLYMPUS AIR」の個人的な印象としては、「QX1」よりも小型であるのは良いものの、ストロボもなく、「QX1」よりも中途半端な感じがします。

ソニーの場合は、一眼を持たないエントリー層には、サイバーショットシリーズのQXシリーズがあり、その層のおもちゃとしては、安価な「QX10」が手頃です。

一方、Eレンズ一眼のユーザーには、時にはそのレンズを使えるおもちゃとして使え、時にはストロボも付いていることで、一眼を持たない時の携行カメラとして+αのおもちゃと成り得ます。

ですが、「OLYMPUS AIR」の場合、マイクロフォーサーズということで、エントリー層にはおもちゃとしては高価過ぎますし、マイクロフォーサーズ機ユーザーにどれだけニーズを感じてもらえるかが疑問です。

元々コンパクトなマイクロフォーサーズ機にこの選択はあるのだろうか…。

「OPC Hack & Make Project」の存在を知った時は、面白いかも?と思いましたが、「OLYMPUS AIR」の商品ページを見ると、ソニーのレンズスタイルカメラとの差別化はできていませんね。

変態カメラの飛躍を期待しましたが、変態のまま終わっちゃうような気がして心配です。

アプリで楽しむカメラというキャッチフレーズですが、ソニーのアプリは、サイバーショットシリーズとアクションカムやハンディカムとも共通ですから。
posted by かわいいHERO at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レンズスタイルカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113232617

この記事へのトラックバック