2015年03月14日

ズームレンズのなんちゃって比較(屋内編)

一眼レフカメラ「ペンタックスK-50」を常に車に携帯する日々ですが、徒歩となると大きな一眼レフを持ち出すには気合と根性が必要です。

なので、現状は、コンデジ代わりのレンズスタイルカメラ「ソニーDSC-QX30」を持ち出すという選択肢があるのですが、実際のところ、デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラでは土俵が違いすぎて、どう考えていいものやら、いまいちピンと来ません。

一眼レフで高倍率ズームを実現するには、びっくりするほど高額な望遠レンズを用意する必要があるので、高倍率ズームを装備しつつ安価なコンデジは助かりますが、センサーサイズが小さくなってしまうため、画質とのトレードオフが悩ましいところです。

ネオ一眼と呼ばれる機種では、光学50倍や60倍のズームが装備されたものもあり、ズームに関してはすごいのひとことですが、携帯性は一眼レフとそう大きく変わりません。

そうなると、何が良くて何が悪いのかわからなくなってきてしまいます。

私の場合は、携帯性とズーム性能で、レンズスタイルカメラ「ソニーDSC-QX30」を保持しているわけですが、実際のところ、あまりにも画質に違いがあるとなると、一眼レフの画像をトリミングした方が良いということになります。

ですが、レンズスタイルカメラ「ソニーDSC-QX30」もセンサーこそ「1/2.3」と小さいですが、画像エンジンも旧型よりも良くなっているでしょうから、実際のところはどうなのかが気になります。

そんな折、「ペンタックスK-50」のキットレンズのズームレンズが200mmと物足りないことから、シグマの70-300mmの格安レンズを導入しました。

2015-03-14 17.42.51.jpg

フードがでかいですが、本体は意外にコンパクトです。

2015-03-14 17.44.00.jpg

ということで、こいつを「ソニーDSC-QX30」と比較をしてみます。

2015-03-14 18.09.46.jpg

本当は、屋外の明るい環境で比べるのがベストですが、既に日が暮れてしまっているので、今回は蛍光灯下の環境での比較です。

先ずは、基本的な両者の情報ですが、「ペンタックスK-50」+「シグマ70-300mm F4-5.6 DG MACRO」の方は、K-50が「APS-C」センサーとなるので、35mm換算では、シグマのズームレンズは105-450mmとなります。

一方、30倍ズームを謳う「ソニーDSC-QX30」の方は、35mm換算で24-720oのようです。

確かに35mmフィルム換算では、450vs720となり、コンデジであるQX30の圧勝です。

クッキーを入れるらしい、陶器のおじいちゃんとおばあちゃんを被写体にします。

では、そのQX30の広角側24mmはこんな感じです。

DSC01084.jpg

一方、シグマズームの広角側105mmはこちら。

IMGP0315.jpg

まぁ、広角側は、今回問題にしていないので、スルーしていただいていいのですが、問題の望遠側720mmは、QX30がこうなります。(敢えて縮小せずオリジナルサイズでアップしています)

DSC01082.JPG

ホワイトバランスが違っていたようで、色味が違いますが、そこは無視してください。

シグマの望遠側450mm相当がこちら。

IMGP0316.JPG

一見、それなりには、大きさに違いが出ていますが、問題は解像感です。

数値的に望遠で劣る「ペンタックスK-50」+「シグマ70-300mm F4-5.6 DG MACRO」ですが、解像感で勝れば、トリミングで同等以上にできます。

このままではわかりにくいので、QX30の100%サイズを基準として、シグマの方は153%に拡大して、ほぼ同じ大きさにして並べてみました。

おじいさんの顔の部分です。
(画像をクリックすると拡大して違いが良くわかります)

スクリーンショット 2015-03-14 22.13.54.png

んん〜。

蛍光灯下なので、どちらもISO感度を400にしていますので、センサーの大きさの違いがそのままノイズになってしまった感じです。

ちなみに青み掛かった右の方がQX30、左の暖色系なのがシグマです。

シグマの方もピントの甘さを感じますが、絞りがf5.6と絞れていないこともあるのでしょう。

一方のQX30はf6.3と、シグマより絞れていますが、解像感はご覧の通り大きな違いとなりました。

被写体を同サイズにトリミングしたのと同じ環境ですから、トリミングしても一眼レフの方が綺麗ということが証明されました。

ちなみに、QX30には全画素超解像ズームという60倍のデジタルズーム機能があります。

DSC01083.JPG

ついでに、そちらでも比較してみました。

これは、画像を拡大せずともわかりますね。

スクリーンショット 2015-03-14 22.19.05.png

同様の結果となりました。

こちらも結果を踏まえると、トリミングで十分ということになります。

今回、望遠ズームとQX30の比較だったので、携帯性には大きな差がありますので、今度、標準ズームで比較してみたいと思います。

また、ISO感度100での比較だと、センサーの大きさによるノイズの影響を受けない可能性もあるので、晴れた屋外だと、違う結果となる可能性もあるので、こちらも後日検証してみたいと思います。
posted by かわいいHERO at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レンズスタイルカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115127075

この記事へのトラックバック