2015年03月28日

なんちゃってより少しだけ高度な画質比較

憧れのカメラ「DP3 Merrill」が来て、気分上々ですが、カメラですから撮影しなければ意味がありません。

WEB上では数々の異次元の画質を目にしていますが、実際に自分が撮影して同じような写真が撮れるものなのでしょうか?

そんなことを考えていると、我慢できなくなって、銀行回りのついでに近くのお寺で試し撮りして来ました。

以前、ウロウロしていて見つけたSLのあるお寺です。

そのSLを被写体に、一眼レフの「ペンタックス K-50」との比較をしてみました。

35o換算で75o相当という中望遠ということで、SL全体を捉えることはできませんが、「DP3 Merrill」の得意な質感を体験する上では、その方が好都合です。

「ペンタックス K-50」の方は、75o相当での比較ということで、必然的に「XR RIKENON 50mm F2.0」と、標準キットズームの50o位置で撮影しました。

先ずはこのショット。

SDIM0007.JPG

もう1枚はこのショットを使います。

SDIM0008.JPG

どちらの画像も「DP3 Merrill」の実力を見ていただく為に、撮って出しのJPG画像をオリジナルサイズでアップしました。

※画像をクリックすると等倍画像が開きますが、容量が大きいのでご注意ください。

先ずは1枚目の画像を等倍で並べ、EXIP情報を並べました。

いつの間にか画像とEXIP情報が入れ替わっていたのは、ご愛嬌ということでお許しください。

比較01.jpg

EXIP情報のダイアログで見難いかもしれませんが、K-50の2つがぼんやりした感じなのに対して、「DP3 Merrill」が非常にくっきりしているのがお分かりかと思います。

次は2枚目の一部を等倍で比較です。

比較02.jpg

こちらでも、同じように違いを見ることができると思います。

色の違いについてお気づきになったかも知れませんが、K-50のホワイトバランスが蛍光灯になっていました。

よって、K-50の方は色がおかしくなっていますが、色は無視して、解像感を比べてみてください。

等倍ではなく30%サイズの画像でも、クッキリ度が違いますね。

比較03.jpg

もちろん、等倍にすればさらにわかりやすいです。

比較04.jpg

画像の順番がなぜか入れ替わってしまっていてすみません。

「K-50」の2つはあまり差がないので、ここからは、別のアングルで「DP3 Merrill」VS「XR RiKENON」です。

比較05.jpg

銅像を被写体に、さらに違いを見ていきます。

比較06.jpg

30%で銅像全体を見ているこの画像を等倍表示にすると…

比較07.jpg

撮影角度が違っていて、同じようにはいきませんでしたが、「XR RiKENON」のボケが印象的です。

一方、「DP3 Merrill」は後ろの建物がクッキリ。

比較08.jpg

あれっ?よく見ると、「DP3 Merrill」の方は、後ろにピントが合ってしまっているようです。

しかし、瓦のシャープなところはすごいと思います。

でも、今回はピントが違っていて、残念ながら比較にはなりませんでした。

ここまで、解像感の違いと言いつつ、ホワイトバランスが違って、イメージ的に比較しにくかったと思いますので、RAW現像でホワイトバランスを調整してみたのが次に写真です。

比較09.jpg

どれがどれか書いていませんが、もうお分かりかと思います。

少なくとも、どれが「DP3 Merrill」かは、わかるでしょう。

比較10.jpg

等倍に拡大すれば、よりはっきり違いが分かります。

このように、私の頼りない撮影でも、はっきりと解像感の違いを見せてくれた「DP3 Merrill」ですが、解像感=良い写真というものでもありません。

「ぼんやり写真」<「くっきり写真」だとは思うのですが、時々「XR RiKENON」が見せる、立体感あるポートレート写真等、解像感だけではない、魅力を感じます。

実際、うちの奥さんに最後の等倍分の写真を見せたところ、クッキリ美しいのは「DP3 Merrill」を指しましたが、「XR RiKENON」を指して、一番好きな綺麗さだと言ってました。

同じ75mmという中望遠でも、違った感じの写真が楽しめそうなところが写真の奥の深さなのでしょうか。

今回は、オールドレンズ&キットズームという元々スペック的にハンデがあろう内容ですから、またいつか、違うレンズでも比較してみたいと思います。
posted by かわいいHERO at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣シグマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115803284

この記事へのトラックバック