2012年01月11日

お次は「EVO 3D」のHDMI出力

現在使用しているHTC「EVO WiMAX」はHDMI出力が可能なものの、非常に不安定で一度使えなくなると本体を初期化しないと使えないようで、そうそう初期化する訳にもいかずそのまま使えない状態でした。
ですが、先日カーテレビに繋いでみるとなんと見れました。

sDSC04466.jpg

パンドラTVでしたが、よくよく考えると先日携帯アップデートを行ったので初期化の効果があったのだと思われます。
ラッキーと思ったのも束の間で、次に繋いだ時には再び認識しなくなりました。

で、本題のHTC「EVO 3D」はその「EVO WiMAX」の後継にあたる為その辺りの不具合の改善が期待できます。
ところが、その改善は予想外の宿題付きでした。
というのは、「EVO 3D」でのHDMI出力にはその安定化を図る為にアダプターが必要となってしまったのです。
おまけに、そのアダプターで常時電源供給が必要となり、お手軽度に劣りこの点は前回の記事のモトローラ「PHOTON」の方が優れています。
「EVO 3D」のHDMI出力の使い勝手を検証する為にはまずこのアダプターが必要となるのですが、年末にこのアダプターを買いにauショップへ行ったところ「在庫は置いていないので家電量販店なら置いている」というので回ってみたがどこにもなく、最後に行った量販店で「そのアダプターはネットで購入するかauショップで取り寄せしないといけない」とまともな回答を得て時間を無駄にした経験があります。
で、後日ネットで購入しようとしたら売り切れになっています。
あきらめかけたその時にサードパーティ製の同様の商品があることに気がつきました。
早速アマゾンで見てみると、純正品よりもかなり安くであり、即購入しました。

1325637367990-orig.jpg

エレコムの製品です。
こいつがないと「EVO 3D」ではHDMI出力はできないんです。

1325845960943-orig.jpg

今回もカーテレビに接続してみます。

1325846094095-orig.jpg

アダプターにマイクロタイプではないフルサイズのHDMI端子と電源供給用のマイクロUSB端子を刺します。

1325846174750-orig.jpg

「EVO 3D」では「PHOTON」同様にスマホ本体のスクリーンと同じ内容をテレビに映すことができます。

1325846274278-orig.jpg

「EVO 3D」にプリインストールされているスパイダーマンのゲームを起ち上げてみました。
オープニングムービーはただの2Dとして再生されました。
そして、ゲーム画面は残念ながらブラック画面のままでした。
この辺りは、HDMIをコンポジットに変換する機械を挟んでいるため、その影響もあるかもしれません。

1325846451028-orig.jpg

次にオルビスを撮影した3D写真だと2重の画像となっていたので、何らかの3Dメガネで3Dに見えるのかも知れませんが、よくわかりません。

1325846615053-orig.jpg

ゴンタを撮影した3Dの動画を再生してみるとなぜか2Dとして動画が再生されました。

IMG_0001.JPG

お次は「EVO WiMAX」のテサリングを使ってスリングプレイヤーのテストです。

IMG_0004.JPG

問題なくテレビ放送が映し出されました。

IMG_0003.JPG

アダプターと電源さえあれば「EVO 3D」も「PHOTON」と同様の使い勝手と言えますが、不意の使用にはマイクロHDMIケーブルだけで事足りる「PHOTON」に分がありますね。
posted by かわいいHERO at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119193039

この記事へのトラックバック