2012年04月16日

今年初のバイクツーリング

直前までどうするか悩んでいたこの日曜日の過ごし方。
天気がいいと聞くとやはりこの季節はバイクだということで、ソロツーリングの予定でしたが、せっかくの日曜日なので、子供を連れて行くことにしました。
この日は次男坊と長女がフリーでしたが、もうすぐのGWには次男坊がおそらくクラブ活動の試合で休みが潰れるだろうという予測の下、次男坊を連れて行くことにしました。
長女に断るも、あっさり「いいよ」ってことで、彼女にバイクへの執着はなさそうです。

翌朝はスマホのアラームをセットして、早目に起き出して寝起きの悪い次男坊を起こすのに一苦労しましたが、なんとか準備完了、さぁ出発です。

2012-04-15 07.JPG

モタードバイク「スズキ250SB」はマフラーが交換してあって、少々音が大きめなので大通りまで押して行ってセルスイッチを押すもセルが動かない。
キュルリとも言わない状況に、そうそうに諦めて自宅へ出戻りました。
さて、どうしたものか・・・。
ブースターケーブルで乗用車とつないでセル始動とも考えましたが、この250SBは、購入時に前オーナーからバッテリーはそろそろ厳しいと思うと言われていて、昨年しばらく放置の後に一度掛け損なってバッテリーが上がってしまい、充電。
その後は問題なく始動しており、先日の京セラドームのキャンピングカーショーへ行く前に確認した時にも問題なく掛かっていたので、すっかり油断していました。
なので、バッテリーが究極に駄目な可能性もあり、キックペダルのないこのバイクで遠出するにはやはり不安が残ります。
アドバイスをいただいたミクシィな皆さんありがとうございました。
その時は全然見れてなかったですが、そんな事情で押し掛けはどの道なかったんです。
そこで、最善策として思いついたのが、会社の倉庫にある「ホンダCBR900RR」での出動です。
それには、まず会社まで行かないといけないのでバイクスタイルのまま車で会社へ。
急いで、倉庫からCBRを出してきました。

2012-04-15 08.JPG

CBR君、久しぶりの太陽の下です。
調子も良く、ようやくツーリングのスタートができました。
急遽オートバイが入れ替わったことで、今回はタンクバックの類を持ってきていません。
なので、せっかく買ったツーリングマップルも見ながらは走れないし、当然スマホも使えません。
ですが、行き先は日本海方面としたので、まずは福知山を目指すのに9号線を行けばよいと安直に考えていました。
高槻の田能へ抜ける道はすごく整備されていて、気持ちよくスタートできたものの、分岐でいきなり「通行止」の表示が。
9号線を目指していたものの、そちらが通行止めになっていて、その先の分岐の亀岡方面で土砂崩れがあったようなのです。
そして、ここで私は勘違いを犯してしまい、亀岡方面は大丈夫だと思って通行止めの方を選択したのです。
すると、その先で亀岡に抜けられずに高槻方面へしかいけないことを知り、とにかく9号線に出ればよいという思いだけで、仕方なく京都の向日市方面へ進んでしまいました。
せっかく買ったマップルを開けばそんな失敗はなかったのですが、選んだ道は軽自動車でも苦労するようなひどい道でした。
おまけに山越えをして、いきなり貴重な時間と体力を浪費してしまいました。
そして、遠回りしながらようやくたどり着いた道の駅ガレリア亀岡にて休憩。

sDSC05195.jpg

ここからは、ひたすら9号線を進むのみです。
福知山の先でも道を間違え、今度はマップルでリカバリーして事なきを得ずに済みました。
そして、ようやく最初の目的地である「但熊」へ到着。

sDSC05203.jpg

有名?な卵掛けごはんのお店です。

sDSC05196 2012-04-15 12.JPG

実は、本当はここに朝一番10時に来て朝ごはんにする予定でしたが、トラブル続きですっかり遅くなってしまい、既に12時前です。
おまけに、すごい人で待ち時間がなんと1時間半・・・。
「卵掛けごはんに1時間半はないわ」と思いつつも、苦労して来たので待つことにしました。
待っている間は暇つぶしであっちこっちをウロウロ。

sDSC05196.jpg

このでかい熊は裏が女子トイレの入口になってました。

sDSC05197.jpg

お腹が空いているので、隣接するお店でシュークリームとロールケーキをいただきました。
卵をたっぷり使ったスイーツは濃厚でおいしかったです。
コーヒーは無料サービスでした。
卵掛けごはんにシュークリームと言えば、三重県の「コケコッコー共和国」を思い出しますが、ここ但熊も延々と素人?が歌うオリジナル曲が流れ続けています。
最後の「TKG」というフレーズが、次男坊には「ヒデジ」と聞こえると言い出し、「本当は何て言っているのだろう?」と何度も何度も聞き返すもわからず、私が発音からして「ローマ字じゃないか?」と切り出したところ。
あっさりと「Tamago Kake Gohan」だと言い当てて解決しました。

sDSC05207.jpg

その後は、天然記念物のオオサンショウウオも生息すると言う前にある川を散策したりして時間をつぶしました。

sDSC05208.jpg

そして、ようやく順番が来ました。

sDSC05209.jpg

これで350円。
卵は食べ放題です。

sDSC05211.jpg

卵3個を投入、珍しい「かき醤油」を掛けて、青ねぎとのりをトッピング。
あっという間に完食です。
1時間半も待って食べたTKGですが、違いがどうとかではなく、お腹が空きすぎてまずいわけがないがないんです。

sDSC05217.jpg

食後は前の土手でたくさん生えていた「つくし」を、次男坊が「おばあちゃんに持って帰ってあげる」というので摘みました。

その後の予定は、天橋立での又のぞきや関西電力の水族館である「魚っ知館」の訪問や農業公園「丹後味わいの郷」なんかを候補に次男坊に選択させましたが、次男坊が選んだのはここ。

sDSC05229.jpg

丹後半島夕日ヶ浦温泉の日帰り立ち寄り温泉「花ゆうみ」です。
グラウンドゴルフと温泉入浴のセット割引があるという珍しい温泉です。

sDSC05226.jpg

グラウンドゴルフ用に無料のロッカーもあって、ライダーには重宝します。
そして、まずはグラウンドゴルフから。
専用の木製クラブに大きなカラフルなボールを使います。

sDSC05222.jpg

待ち時間もなく、二人だと全8ホール?30分も掛からないので、お年寄りの集団が専有していたコースを除いた2種類のコースで3ゲーム楽しみました。
残念ながら、まだまだ子供の次男坊には、1ゲームも負けませんでしたね。

sDSC05228.jpg

ゲームの後は温泉。
普段、明るいうちに温泉にはいることがないので、すごく気持が良かったです。

温泉を後にして、明るいうちに海沿いの道を通ろうとしたのですが、間違って漁港へきてしまい、行き止まりでせっかく来たので写真を1枚。

sDSC05234.jpg

戻る途中でも海をバックに撮ろうと試みますが、逆光でうまく撮れません。

sDSC05238.jpg

ということで、ところどころ桜も見られる海沿いのワインディングロードでの1枚。

sDSC05246.jpg

日本海に来た証が残りました。

そして、次に向かうのは宮津駅前の「富田屋」。
ここも、以前友人のバイク店のツーリングで連れて来てもらったお店です。

sDSC05252.jpg

二人とも刺身定食で焼きあわびも注文してみました。
料理の写真を忘れましたが、刺身定食は今回は小さいですがサザエも入ってましたし、いろんな魚が味わえておいしかったです。
でも、あわびは次男坊も首をかしげるイマイチな感じでした。

sDSC05255.jpg

お店を出るともう暗くなってきていて、結局帰りにも同じ行き止まりのルートに引っ掛ってしまって、寒いし疲れるしでしたが、後ろの次男坊にスマホを持たせてグーグルナビのおかげで何とか無事に帰ることが出来ました。
タンデムに向かないだろうCBRでお尻が痛いと言っていた次男坊は、また行きたいと言うのだろうか?
posted by かわいいHERO at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣ツーリング
この記事へのコメント
楽しい一日でしたね。
実はうちの旦那もバイクが昔好きでチームにも入っていたのです。たちの悪いチームではないけどチーマーですね笑
卵かけご飯、美味しそうですね。専門店で食べたらそりゃ美味いでしょうね☆
何より空腹だと余計にですね
(⌒▽⌒)
Posted by アリッサ at 2012年04月16日 23:00
>アリッサさん

チーム?www
露出のないご主人ますます気になりますねぇ。
楽しかったのかはよくわかりませんが、昼間の温泉は気持ち良かったです。
Posted by かわいいHERO at 2012年04月17日 00:28
親子タンデムですか〜♪いいですね!
自分もいつか・・・(^^
Posted by TUG at 2012年04月17日 08:05
> TUGさん

男同士はタンデムもいいかもしれませんが、娘はやっぱりロードスターでカフェがうらやましいです。
バイクは気持いいんですけどお洒落ではないですからねぇ。
Posted by かわいいHERO at 2012年04月17日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119193175

この記事へのトラックバック