2012年12月10日

孤独のグルメ

つい最近見終わったドラマがこれ「孤独のグルメ」というドラマです。

孤独のグルメ01.jpg

原作は漫画のようですが、主役の松重豊さん演じる個人で輸入雑貨商を営む男「井之頭五郎(いのがしら ごろう)」が一人、仕事で訪れたいろんな街の、ふと立ち寄った店で食事をし、言葉で表現できないようなグルメたちに出会うというストーリーです。

孤独のグルメ02.jpg

テレビ東京系の今年の1月からのドラマでしたが、評判が良かったのか、現在シーズン2をやってますね。
最近、名脇役として露出する機会の多い松重豊さんですが、これが初主演らしいです。

孤独のグルメ03.jpg

普通のドラマと違って、メインがお店の紹介みたいなもので、実在する店が登場します。
短いドラマの後、原作者の久住昌之氏(作画は別人)が、実際にその店を訪れて、飲食レポートするという「ふらっとQUSUMI」というコーナーがあり、スマホアプリの「たべコレ」とも連動しているらしい。
ドラマという形を取ったグルメ番組と言っていいのかもしれない。
ドラマ自体は何が面白いわけでもないし、グルメ情報も関東の情報ばかりで関西人の私には直接関係ある部分はないのですが、酒の飲めない男一人の普通の昼食グルメってのが、何か惹かれるのかも。

テーマソングの「い・の・が・し・ら♪ ゴロー♪ゴロー♪」というフレーズが頭にこびりつきます。

その影響で、今日の昼食は全国チェーン店とかでなく、以前は何度か行ったことのある、駅前の少し寂れた「かつ専門店」へ行きました。

image.jpg

そのお店は、駅前なのに、寂れた地下の飲食店街にあります。

image.jpg

ほとんどのお店のシャッター閉まっている中、そのお店「きたはま」はちゃんと営業していました。
正直、数年ぶりなので閉まっているかも?と心配していました。

image.jpg

1時過ぎなのに、他のお客さんがなかったのですが、後から入ってきた別々の二人はそれぞれ常連らしく、お店の奥さんがそれぞれに親しげに話しかけていました。

夜の様子はわかりませんが、きっと常連さんに支えられているんでしょう。

image.jpg

注文したのはAランチ700円也。
コロッケとミンチカツで700円は決して安くはないですが、そこはかつ専門店の味で、赤だしといい、特製ソース?といい、十分に満足できるものです。

ついつい、ドラマのように心の中で独り言を言ってしまいます。
「あ〜、旨かった」わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 16:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣ドラマ・映画・動画等
この記事へのコメント
漫画とは知りませんでした。
たまたまテレビで見てこの方の主役、珍しいな!と思っていました。ドラマと聞いて納得です。
私のときは餅食べてました。
Posted by takekid at 2012年12月11日 16:14
>takekidさん

わざわざ視るほどのものでもないのですが、集中してみると結構はまってしまいます。
漫画としては相当前みたいですけど、私には、食の楽しみを見直すいいきっかけになりそうです。
Posted by かわいいHERO at 2012年12月11日 18:43
近くにこんな店があったんですね〜 
今度行ってみようと思います!
Posted by ろくりん at 2012年12月12日 01:57
>ろくりんさん

正統派のとんかつ屋さん?です。
寂れた中で生き残っているのは、正統派ならではかなって思います。
Posted by かわいいHERO at 2012年12月12日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119196269

この記事へのトラックバック