2015年04月25日

ソニー「DSC-RX100M3」

先日、サントリーの山崎蒸溜所にシグマの「DP3 Merrill」を持ちこんで感じたのが、フラッシュのない歯痒さです。

ウィスキーの樽を熟成させる貯蔵庫は、非常に暗く、高感度の苦手な「DP3 merrill」で撮った写真は全滅状態でした。

そこで、スマホで代用したわけですが、スマホのフラッシュではやはり役不足を感じます。

スマートフォンのカメラ機能は、優秀なセンサーを使用していても、やはり、どこまでスマホの機能の最大公約数でしかないのかなと思います。

加えて、その翌日のうちの奥さんの誕生日では、レンズスタイルカメラの「QX30」で動画撮りをしましたが、この「QX30」にもフラッシュは装備されておらず、動画を撮影するにも、スマートフォンのモニターへWiFiで飛ばす為、映像はカクカクで非常に見難い状態です。

実際の撮影映像は、そんなことはないのですが、やはり、あまり使い勝手が良いとは感じません。

以前は、ソニーのコンデジを常時携帯していたのですが、現在、そのコンデジは奥さんが使用しています。

なので、私が使用するカメラでフラッシュのついたものは、一眼レフのペンタックスK-50とスマホのみということになります。

一眼レフが持ち込める場合は良いのですが、やはり嵩の張る一眼レフは、何処にでも持参するということは難しいです。

となると、やはりコンデジが必要という結論に達しました。

写真に興味を持ち出すと、コンデジにも魅力的な機種がたくさんあることに気が付きます。

と同時に、センサーの小さなカメラへの興味は薄れ、一眼レフに近い写真の撮れるセンサーサイズの大きめのものに目が行ってしまいます。

シグマの「DP3 Merrill」も、大型センサーで素晴らしい作品を生み出すコンデジですが、レンズが大きいことから、正直コンパクトとはいえません。

なので、コンデジと呼んで良いものかも疑問ですが、その大きさ故に他に荷物が多かったりすると、持ち出すことが辛い時もあります。

となると、コンパクトさと画質を兼ね備えたカメラということになり、自ずとソニーの「DSC-RX100M3」の存在が導き出されます。

この1インチセンサー搭載のソニーのRX100シリーズですが、初代機も未だ販売されており、画質そのものは現行のM3と何ら違いがありません。

よって、初代機なら他の小型センサーのデジカメとそう変わらない価格で購入できるのですが、私の場合は、完全に悪い病気が発症してしまっています。

はじめに一眼レフ、それもペンタックスを選択してしまったことで、ファインダーの虜になってしまいました。

RX100シリーズの3代目「DSC-RX100M3」には、光学ではありませんが、電子ビューファインダーが装備されているのです。

それが、ポップアップというギミックを用いることにより、従来とほとんどサイズを変えること無く装備されているのです。

正直言って、一眼レフを使用するまで、コンデジの液晶画面で充分だと思っていました。

でも、ファインダーを使用し出すと、ファインダーが欲しくなるんですね。

結局、悩んで悩んだ挙句、少し安くなってきたこともあり、「DSC-RX100M3」を買ってしまいました

IMGP1366.jpg

一眼レフのK-50のレンズ2本のセットよりもはるかに高いというのは、やはり高いと感じますが、ここまで小型で高性能であることを考えると、致し方無いです。

むしろ、もっと早く買えば良かったとさえ感じます。

IMGP1367.jpg

ポップアップのファインダーを展開した状態です。

ストロボのように上へ上がってから、手動で引き出す2段階の手間が必要です。

IMGP1368.jpg

もちろん、ストロボも装備しています。

そんな、「DSC-RX100M3」ですが、私にとってはメリットも有ります。

それはバッテリー。

アクションカムと共通なんですね。

すでに、複数あるので買い足しは必要ありません。

IMGP1371.jpg

また、RX100シリーズの中では最新機種ということもあって、WiFiやアプリの点でも優れています。

IMGP1374.jpg

スマホとはNFCで一発で繋がりますし、少し重いですが、自撮り棒の先につければ、QX30要らずかも知れません。

また、本体に有料無料のアプリを取り込むことにより、機能を追加することも可能だそうです。

IMGP1369.jpg

早速、無料のアプリを取り込もうと思ったのですが、本体のファームウェアをアップデートしろとはねられました。

IMGP1373.jpg

で、仕方なくPC経由でアップデートしました。

昨年秋のアップデートが行われていないとは、長く置かれた在庫品だったのか。

なお、この「DSC-RX100M3」も新型の噂があり、センサーがマイクロフォーサーズと大型化することが決まっているようで、さらなる高画質は期待が持てますが、現行のサイズが維持できるのかという疑問もあります。

私の場合は、サブ機としての要素を十二分に備えていることから、今のところは現行品で充分かなぁという感じです。

では、ここからは「DSC-RX100M3」で撮影した写真を少し。

DSC00002.jpg

DSC00003.jpg

背景がちゃんとボケてます。

スマホや1/2.3センサーのコンデジではこうはいきません。

今朝の通勤途中の公園に、被写体に良さ気な花があったので、撮影してきました。

DSC00010.jpg

DSC00011.jpg

DSC00012.jpg

DSC00013.jpg

DSC00014.jpg

良い天気で気分もよく、「DSC-RX100M3」のおかげでハッピーな時間が過ごせそうです。
posted by かわいいHERO at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣コンデジ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123093040

この記事へのトラックバック