2013年01月25日

危なかった三男坊

昨日、腹痛で子供急病センターへ連れて行き、今朝は市民病院へ行っている三男坊について奥さんから電話がありました。
病名がわかったそうです。

「腸重積」

私は知らない病気なので、WEBで調べてみると、「小腸が大腸の中に入り込んで腸閉塞を発症する病気」だそうです。
病名はともかく、恐ろしかったのが、「明日なら死んでいた」と言われたそうです。
入試のこともあり、病院へ行くのを遅らせていた可能性もあったわけなので、とにかく「良かった」の一言です。
今日は即入院して、入り込んだ腸を外す必要があるとのことで、手術ではなく、明日の試験も受験は可能との話です。
 
腸重積.jpg

緊急性を指摘されなかったことで、昨晩の急病センターの診察には、不満が残るところがありますが、大人の病気を疑って、市民病院への受診を勧めてはもらっていたのが唯一の救いです。
でも、WEBで見ると「腸重積」って2歳までの子供の病気らしいです。
こども急病センターなのに子供の病気ってところが気になりますが、若先生もまさか小学6年生が「腸重積」なんて思わなかったのでしょう。

奥さんからの続報で、エコーで入り込んでいた小腸が外れているのが確認できたようですが、慢性化していたらしく、今は安静にして、場合によっては手術で悪くなっている部分は切除が必要らしい。

明日は一時外出で受験する予定ということだが、安静と言っているのに大丈夫なのだろうか?
午後から私も病院へ行っての確認が必要ですが、なんだか念のため昨日手続きを済ませた私学へ行けという暗示のような気もしてくるなぁ。
posted by かわいいHERO at 13:32| Comment(8) | TrackBack(0) | ┣家族
この記事へのコメント
お疲れ様です。静かなお正月あけてから 目まぐるしいですね 関東ではインフルが 猛威です
家族皆様 お気を付けください
Posted by 隊長 at 2013年01月25日 18:36
怖い。。
明日なら死んでたとまで言われてて試験は大丈夫と言われたら戸惑いますね。
(⌒-⌒; )
Posted by アリッサ at 2013年01月26日 01:24
腸ねん転とか腸にかかわるのは意外と命にかかわるのと時間的猶予が無いんですよね〜。うちの祖母がヤブ医者のせいで腸ねん転を見過ごされ亡くなったことがあるので、他人事では無いです。お医者さんの診断技術が落ちているんじゃとおもうこのごろです。
Posted by ぴー太 at 2013年01月26日 06:38
びっくりしましたね。うちの上の娘も年明けに事故で頭を打って緊急搬送された時は一瞬血の気が引きました。まだ軽い後遺症があるみたいですが10日ほどで退院できたので良かったのかな。いくつになっても子供のことは心配ですね。大事にして下さい
Posted by かむぱぱ at 2013年01月26日 10:02
> 隊長さん

そうなんですよ。基本は受験なんで仕方がないんですけど。
インフルも1人やられていますしねw。
そんな中、どんどん進化する隊長号を羨望の眼差しで追ってますよwww。
Posted by かわいいHERO at 2013年01月26日 10:51
> アリッサさん

そうなんです。
「死」と聞くと素人はビビりますが、それはあくまで1日遅れていたらという話で、お医者さん達には、その後はすっかり笑い話にされているみたいです。
お医者さんってみんな100%受験を経験している人ばかりだから、みんなが受験に理解を示すところが面白いです。
Posted by かわいいHERO at 2013年01月26日 10:59
>ぴー太さん

そうなんですね。
私も今回の件で、認識を改めました。
キャンピングカーと同じで、ある程度、自分達も知識を持っていないと、手遅れになることがあるってことですよね。
Posted by かわいいHERO at 2013年01月26日 11:02
>かむぱぱさん

そうなんですか、頭は心配でしたね。
男の子なんで、大事に至らなければ良いってくらいですが、娘だともっと心配するかもしれませんw。
Posted by かわいいHERO at 2013年01月26日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123730917

この記事へのトラックバック