2013年03月19日

オートレースも興味深い

一昨年、44年ぶりの女子オートレーサーとしてデビューした佐藤摩弥選手が、18日に行われた川口オート12R優勝戦で、オートレース63年の歴史で初めて、女子優勝を成し遂げたそうです。

佐藤摩弥選手.png

凛々しい美人さんで、元々モトクロスをやっていたということで、デビュー当時は興味を持って見てました。
ですが、昨年1月に同じく同期でデビューした坂井宏朱選手が練習中に転倒して死亡というショッキングな出来事があり、期待は彼女一人の肩に掛かっていました。

実際に走りを見たことはないですが、モトクロス時代からのセンスの持ち主なんでしょうね。
おめでとうございます。

オートレースっていうと、私の中ではあまり馴染みがありません。
同じオートバイなわけですが、西は山口、東は浜松と、関西にないということもあって、若かりし日には良くわからないまま、ギャンブルのおっさんバイク的な見方しかしてませんでした。
そのおっさんになったからというわけではないけれど、オートバイのコントロールの楽しさを知った今なら、オートレースというものもきちんと理解ができます。

その上で、以前は元SMAPの森君くらいしかイメージがなかったんですが、昨年養成所に入所したメンバーが結構すごいみたいです。
佐藤選手と同じ女子モトクロス界からは、レディースモトクロス4年連続チャンピオンの益春菜選手(25歳)がいるそうです。

益春菜選手.jpg

私自身は、益春菜選手のことは良くは知りませんが、4年連続チャンピオンで佐藤摩弥選手がモトクロス時代に憧れていた存在ということなので、佐藤選手以上の逸材ということになるのでしょう。

そして、更に知らなったこともチラホラ。
ミニバイクレース出身で、その名を馳せた青木三兄弟の末っ子「青木治親」選手もオートレース界に居たんですね。

青木治親 選手.jpg

私の中ではロードレース世界選手権GP125 チャンピオンのイメージが強く、その後も500CCヘステップアップしたりは何となく記憶にありますが、オートレースへ転向していることは、全く知りませんでした。

青木治親選手.jpg

同じくロードレース界からは青山周平選手が抜群の強さを発揮しているようですね。

青山周平選手.jpg

長らくバイク生活から遠ざかっていた私は、名前を聞くぐらいで良く走らないのですが。
また、全日本ロードレースST600クラスの佐藤裕児選手もいるそうです。

そして、現在私が興味を持つ、モータード界からも転向する選手がいたのですね。

blog_header.jpg

スーパーモタード全日本選手権"MOTO1オールスターズ"松本康選手がその人です。

その他、やはり女子モトクロスの岸萌水選手に、異色どころでは、元女子プロボクサー藤本梨恵選手や岡谷美由紀選手はスピードスケート総体3位、国体2位だそうです。

選手の顔が見えてくれば、オートレースも違った見方になりそうな予感がします。
しかし、九州にもあるのに、なぜ関西にない…もうやだ〜(悲しい顔)


※今回も写真はGoogle画像検索から、情報はこちらから拝借しました。都合悪ければ削除いたします。
posted by かわいいHERO at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣レース関係
この記事へのコメント
是非実際に見てください。
そして選手が分かってくると面白さも倍増するでしょう!
ちなみに最年長選手は浜松の谷口武彦選手(71歳)です^^
Posted by 銀ばる at 2013年07月11日 15:33
>銀ばるさん

コメントありがとうございます。
関西近郊にないのが残念ですが、是非、一度どこかへ遠征してでも見てみたいと思います。
71歳ってすごいですねぇw。
Posted by かわいいHERO at 2013年07月11日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123731203

この記事へのトラックバック