2015年04月29日

久しぶりにハードオフへ行ってみた

今日は、58mmの保護フィルター目当てで、久しぶりにハードオフへ行ってみました。

久しぶりということで、ジャンク品コーナーもジャンクの山が増えて、お目当てのものがより探しにくい状態になっていましたが、当然、ものも増えており、各税抜き800円のペンタックスのフィルムカメラのキットズームと思われる2本を見つけたものの、買っても使うことがないのは明白なので、スルーしました。

お目当ての58mmのフィルターはゲットでき、純正のペンタックスのレンズケースを見つけたので、こちらも確保。

そして、ジャンク品のショーケースに目をやると、ペンタックレンズが…。

「smc PENTAX-M 50mm F1.7」というレンズです。

その場でスマホで調べると、なかなかの描写をするレンズのようです。

より明るいF1.4もあるようですが、総体的にF1.7の方が、状態の良いレンズが多いらしい。

税抜き2000円という価格は微妙なのですが、店員のお姉さんにショーケースを開けてもらい、状態を確認すると、非常に綺麗だったことから、そのままお買い上げとなりました。

これらの戦利品?がこちらです。

IMGP1375.jpg

純正レンズケースは、200oのキットズームを入れるのに良さそうですが、そのキットズームは、シグマの300oズームのせいで、おそらく出番がありません。

IMGP1376.jpg

それならば、シグマの300oが入らないかと試したところ、フードがやや厳しいものの、何とか入りました。

IMGP1383.jpg

そして、メインともいえる「smc PENTAX-M 50mm F1.7」ですが、残念ながら前後ともキャップがありません。

IMGP1384.jpg

しかしながら、レンズ自体の状態はすこぶる良くて、パッと見た限りでは、内部の細かいチリさえ見られません。

IMGP1385.jpg

早速、K-50にセットしてみます。

DSC00028.jpg

なかなかおさまりが良いですね。

DSC00029.jpg

それもそのはず、現在、この「smc PENTAX-M 50mm F1.7」の他には「XR RIKENON 50mm F2」とデジタル専用の「smc PENTAX-DA 50mm F1.8」と、K-50で使用できる50oのレンズは3本となりましたが、その中で、こいつが一番コンパクトです。

DSC00030.jpg

50oばかり集めてどうするんだという感じですが、実際に使えるコレクションって感じでしょうか?

これが、レンズ沼ってやつなんですね。

実は他にもM42マウントというスクリューマウントのレンズもあるのですが、マウントアダプターを持っていないので使えないのでした。

さて、肝心の「smc PENTAX-M 50mm F1.7」の描写の方ですが、「smc PENTAX-DA 50mm F1.8」と比較してみます。

フラッシュなしで、ISOも抑えたので、ちょっと暗くなってしまいましたが、こんな感じです。

先ずはオールドレンズ「smc PENTAX-M 50mm F1.7」で2枚。

IMGP1379.jpg
露出優先オート f1.7 1/125秒 ISO-800 35mm焦点距離75mm

IMGP1380.jpg
露出優先オート f1.7 1/80秒 ISO-400 35mm焦点距離75mm

次にデジタル専用レンズ「smc PENTAX-DA 50mm F1.8」の2枚です。

IMGP1381.jpg
露出優先オート f1.8 1/60秒 ISO-400 35mm焦点距離75mm

IMGP1382.jpg
露出優先オート f1.8 1/100秒 ISO-800 35mm焦点距離75mm

デジタルの方も、マニュアルフォーカスで撮影しました。

色に違いがあるようですが、オールドレンズの方が自然な色味だと感じますが如何でしょう。

とはいえ、AFが使えないとやはり面倒なので、今後もDA中心とはなるのでしょうが…。

やはり、ペンタックスのオールドレンズの描写は良いですね。


※オールドレンズは開放1.7のつもりでしたが、もしかすると幾らか絞っていたかも…。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オールドレンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124514439

この記事へのトラックバック