2014年07月16日

車両メンテとトヨタのへの不信感

電装快適化に意識が集中しており、ベース車両のカムロードの方のメンテがおろそかになりがちです。

春の車検では、トヨタがオイル交換さえ実施していなかったので、夏を前にエレメントと共に交換のため、トヨタに行って来ました。

image.jpg

春に車検に出した、職場近くの大きなトヨタです。

image.jpg

今日も朝からオルビス内に入ったものの、午後からトヨタの予約を入れていたので、先ずは、オルビスを動かせる状態に片付ける必要があり、作業らしい作業はできませんでした。

取り敢えずはがセカンドシート下に置いてあるバッテリー3個を、動かないようにする必要があります。

元々のスペース自体にさほど余裕がないので、大きく暴れることはないでしょうが、少しの距離ではありますが、簡単に対策しました。

image.jpg

木材でスペーサーを作ってはめ込みました。

さて、トヨタの作業の待ち時間のガトーフェスタハラダのラスクを楽しみにしていましたが、前回の車検の引取り時は、お菓子が付いて来なかったので、今回はどうかなぁと変な期待をしてしまいます。

image.jpg

残念ながら、今回もガトーフェスタハラダのラスクは付いておらず、代わりに付いてきたのが、阪急百貨店で販売されている高級ブランドポッキー「バトンドール」でした。

image.jpg

まぁ、お菓子なんてどうでもいいはずなんですが、凝ったものを出されると、今日は何だろうって期待しちゃいますね。
ドリンクバーのところの貼り紙がありましたが、毎月お菓子は変わっているようです。

大変だなぁと思いますが、担当者によると先ずは来てもらうことが大事ということで、それで良いらしいです。


今回、我が家のオルビス・イオはディーゼルであることから、オイル交換以外に 不意の排気ガス浄化装置警告灯の点滅に備えて、排ガス浄化装置スイッチの取付もお願いしました。
ディーゼルの排ガス浄化装置、DPR(Diesel Particulate Reduction system)の煤を燃焼させる装置のスイッチですが、警告灯の点滅中のみ有効で、完全に点灯となると、ディーラーに持ち込む以外に方法がなくなるそうですが、このスイッチがないとその自己浄化の機会さえないというのですから、なぜ標準で付けないのか不思議です。

我が家は、その傾向さえないので、無くても問題ない気もしますが、なって後悔したくもないですから。

でも、そのせいかすごく時間が掛っています。

トイレに行った時に、マッサージルームがあるのを見つけました。

image.jpg

最近、ストレートネック含め、姿勢による体調不良を感じているので、マッサージチェアに座ってきました。

image.jpg

15分間の身体を伸ばすコースと続けて5分間のスピードコースを受けました。

気持ち良かった〜。

身体が少し楽になりました。

さすがに、もう呼びに来るんじゃないかと気にしていたのですが、ガラス越しにオルビスの作業が見えました。

image.jpg

程なくして作業が終わり、帰ろうとオルビスに乗り込みました。

image.jpg

一応、スイッチを確認しようと探して見てもスイッチが見当たりません。

image.jpg

見送りをしようとしてくれていた方に、スイッチの場所を聞いたところ、今日は作業だけでスイッチは付けていないと言うので、担当者にスイッチを頼んだのでそんなはずは無いと言うと、担当者が出てきました。

すると、担当者曰く、今日スイッチの在庫を確認して手配するつもりだったと言う。

はぁ???

オイル交換のついでに、排ガス浄化のスイッチを付けてくれと言っていたし、作業前にも、排ガス異常が出ていたのかを聞きにきたので、出先で浄化できるようにスイッチを付ける旨を言っていたにもかかわらず、しらばっくれるような態度に心底腹が立ちました。

付き合いの長い担当者なので、仲を悪くしたくはないものの、あまりの内容に、不満が露骨に態度に出ていたのでしょう、少しして担当者から電話が入り、平謝りです。

スイッチの手配ができ、お代も今日の分に入っていますと言う。

車検代も高いわ、外部の自動車工場だわ、おまけに今回の件でもう縁切りかと思いましたが、辛うじて首の皮1枚繋がったけれど、車検はもう無いです。

排ガス浄化をやってたので、時間が掛っかったのですね。

燃料も急激に減って警告ランプは点くは散々です。

もう1回スイッチを取り付けにトヨタへ行かないといけないけれど、しばらくはエラーが出る可能性はないので、夏が終わってからにするか…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129311177

この記事へのトラックバック