2014年07月29日

NASデータ損失と対策用3TB認識問題

以前にも読み取り不可能となって、多大な動画データの損失を招いたバッファローのネットワーク対応ハードディスクですが、またもやUSB接続の外付けハードディスクをドライブ自体を読めなくなりました。

image.jpg

本体のハードディスクでは、未だ問題が起こったことはありませんが、NAS自体にUSB接続するハードディスクだけに問題が生じます。

これだけ続けばもう、不良品の域です。

今回で、USB接続分は全て駄目になりましたので、今後USB接続することはありません。

このバッファローのNASの厄介なところは、Linaxを使用しており、WindowsPCではデータが読み取れないことです。

一応、LinaxOSの「Ubuntu」のDVD起動で読み取ろうとしたものの、案の定撃沈に終わりました。

image.jpg

この問題があって販売終了となっているのかもしれませんし、導入してから相当年数が経過していることもあるので、リスクを承知で使用しており、データも大したデータはありませんでしたので、スッキリ諦めます。

ハードディスク自体が再利用できないかの確認を含めて、ダメ元でWindowsでフォーマットしていますが、昨晩から始めて、未だ42%と時間が掛かっており、望み薄かなという感じです。

format.png

現在のバッファローのNASの仕様はわかりませんが、新しく運用を始めたNASは、IOデータのものにしたところ、こちらはWindowsPCでも読め、快適に使用できています。

ということで、今回もまたハードディスクがゴミとなってしまいましたが、大量のデータの扱いに苦労する中、ハイビジョンから4Kへと、ひたすらに高画質のみ追求してデータ量を無駄に増加させる、日本の家電メーカーへの疑問は増すばかりです。

ネットワーク経由で利用しないデータをNASに置いていてもしかたがないので、これ以上NASを増やすつもりもありませんが、NASのデータをコピーする形でバックアップ用のハードディスクを用意することにしました。

普段は電源を落としておけば、耐久性にも問題を生じることはないだろうと考えています。

実は、3TBのハードディスク2基をだいぶ前に購入して、手持ちのハードディスクケースに放り込んだまま、手を付けられないまま放置していました。

image.jpg

でも、今回も事が起こってから動くというのは、私の悪い癖です。

さて、ハードディスクをケースに入れただけでは使えませんから、PCに接続して初期設定が必要です。

ところが、Windowsの「ディスクの管理」でこのハードディスクをみると、746.52GBの未割当部分しか見えません。

おそらく、このままフォーマットすると、この容量しか使えないのではないかと思われます。

実際には、2.2TBの壁があって、746.52GBが使えないようですが…。

そこで、WEBで調査開始。

どうやらディスクの初期化で選択するパーテーションスタイルを2TBを超える大容量ハードディスクの場合には、GPTを選択しなければならないところ、通常のMBRを選択してしまったようです。

そこで、管理者権限のコマンドプロンプトを使用して、パーテーションスタイルから初期化しなければなりません。

diskpart 「Enter」

list disk 「Enter」

デイスクの一覧が表示される

select disk ○ (○の部分はディスクの番号)「Enter」

select partition(この場合省略できる?)「Enter」

clean 「Enter」

exit 「Enter」で終了。

これで、初期化出来たので、再度「ディスクの管理」からGPTを選択するも何故か状況変わらずです。

どうも、PCのドライバーの問題のようなので、Intelの ダウンロード・センター からインテル ラピッドストレージテクノロジーの最新版を入れました。

さぁ、これでOKかと思いましたが、そもそも、ハードディスクケースがUSB2.0対応の古いものなので、このケースに入れた状態ではIOエラーが出て初期化がうまく行きません。

急遽、USB3.0に対応したお立ち台を用意して、そちらで接続することで、なんとかフル容量で初期化できました。

image.jpg

一度、初期化が完了すれば、USB2.0のケースでも、問題なく認識しますので、バックアップ用途なので、これでOKです。

久しぶりに少しハードディスクの価格情報に目をやると、タイの洪水から高止まりしていた価格が、既に当時の水準に戻して、なお下落傾向にあるようです。

さらなる大容量化も手伝って、まだまだバックアップ目的でも利用価値はありそうです。

しかし、手間取ってしまった。ふらふら
posted by かわいいHERO at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129311291

この記事へのトラックバック