2014年09月20日

スキットルと勘違い

朝ドラ「花子とアン」もいよいよ終わりに近づいて、ほぼオンタイムでの視聴になったところで、今朝が最終回と思って見ていたのですが、もう一週あったんですね。爆弾

吉太郎の結婚に現実での仲間由紀恵さんの結婚とハッピーエンド感が漂っていて、いい感じですが、もう一週楽しめると喜ぶべきなんでしょうね。

さて、そんな「花子とアン」が終った次の朝ドラは、初の外国人女性が主役に抜擢されているわけですが、日本語も話せない女優さんということで、期待度は高くないようです。

実際、主人公の人間性が重要な朝ドラで、日本語が全く話せない主役で果たして感動を得ることができるのか…?

これは、大きなチャレンジのような気もします。

そんな、世間の期待とは裏腹に、この次の朝ドラを楽しみにしている方がおられます。

来月、オルビス・イオが納車となる、オルビスト COMTECHさんです。

COMTECHさんのブログを見て、私自身もこの新しい朝ドラ「マッサン」が楽しみになりつつあります。

詳しくは、COMTECHさんのブログ記事で、ストーリーがイメージできると思いますので、見ていただきたいのですが、タイトルの「マッサン」というのは、主人公の夫である亀山政春のことを指しています。

日本人になろうとしてもなれない、青い目の“日本人”と、頑固なウイスキーバカの、「国境を超えた壮大な愛の物語」だそうです。

COMTECHさんがこのドラマを楽しみにされているのは、氏が学生時代に酒屋でアルバイトをして、ウィスキーに詳しくなったのだとか。

実は、私も大学時代の3年間は、自宅近所の夫婦で営む小さな酒屋さんでアルバイトをしていました。

そこの6つも違う娘さんとの恋の話など、青春の詰まったアルバイトでしたが、もう一つ酒屋の後の時間に居酒屋でアルバイトをしていて、そこのアルバイト仲間に初めてバーに連れて行ってもらい、バーボンにハマりました。

バーと言っても、最近よくある安っぽいショットバーなんかは当時はなくて、バーテンダーひとりの静寂の中でお酒を味わう大人のお店でした。

バイト仲間は私よりもひとつ年下の大学生でしたが、パチンコ屋に知り合いが山程いて、商店街を歩けば、知り合いのおじさんおばさんが声を掛けてくるというアダルトな人間でした。

一方の私は、テニスサークルで昼間は友達とワイワイやったり、バイクに乗ったりと、学生らしい学生生活だったので、後にそのバーを訪れることはありませんでした。

ちょっと、昔話が長くなりましたが、そのバイト仲間の影響でバーボン好きとなった私は、アメリカ旅行へ行けば、ワイルドターキーの12年ものを探すなんてことをしていました。

とは言え、基本的にアルコールに弱い私は量が飲めません。

量を飲むと、頭が痛くなったり気分が悪くなって戻してしまいます。

若い頃は、飲んでは戻し、飲んでは戻しの繰り返しでしたが、その中で学習したことが、直ぐ酔の覚めるビールをゆっくり飲むことと、アルコールの高いウィスキーをストレートで舐めるように飲むということです。

社会人になって直ぐの頃、先輩社員の命令でウィスキーのストレートを5杯ほど一気に飲んで、記憶が飛んで、家族と友人と阪急電車に大迷惑を掛けたことがあるのですが、舐めるようにちびちび飲んで、チェイサーを多めに飲むことで、楽しいお酒がいただけるようになりました。

そして、ちびちび飲むというよりは、舌で舐める感じなので、舌でウィスキーを味わうことになるので、より刺激的な癖を求めることから、バーボンがピッタリだったのです。

そして、アウトドアに目覚めて、コールマンのキャンピング用品を集めていた頃に、映画のシーンでよくあるウィスキーを直飲みする金属製のボトルである「スキットル」にあこがれて、当時、奥さんからプレゼントしてもらいました。

ですが、自宅の建替え時に、どこかへいってしまって、ステンレス製のじょーごだけが残っています。

永らく、友人の経営するバー以外でバーボンを飲むこともなかったのですが、先日の3回目の讃岐オフの時に、ふぇありさん宅で、Msiさんが北海道で買ってきたというウィスキーの原酒を舌先で味見させていただき、自分はやっぱりウィスキーが好きなんだと実感しました。

そして、今回のCOMTECHさんの「マッサン」情報から、急にウィスキーが愛おしくなって来ました。

そして、アマゾンで「スキットル」を狙っていますが、なかなかうまく行きません。

通販   Amazon.co.jp  スノーピーク snow peak  スノーピークチタンスキットルL T 013  スポーツ アウトドア.png

スノーピークからチタンのスキットルが出ているみたいですが、ちょっと高すぎです。

Amazon.co.jp: WMF ヒップフラスコ 200ml カップ付 W0603529990  ホーム キッチン.png

WMFというドイツのキッチンブランド?から良さ気なセットが出ているのですが、残念ながら在庫がないようです。

Amazon.co.jp: バッカス ウイスキーボトル 100ml  ホーム キッチン.png

サントリーの工場で名前を入れて売っているのが、このバッカスという製品だという情報があったので、これが手頃で良さ気だなと思っていますが、どうせなら、カップも欲しいなぁと思ったのですが…

Amazon.co.jp: バッカス ウイスキーカップ 3P  ホーム キッチン.png

このバッカスのカップも在庫切れ。

あちらが立てばこちらが立たずで、上手くいきませんが、それはそれで楽しんでいます。

そして、放置状態の寝室にあるテレビ台兼キャビネットの中の洋酒をチェックしてみました。

2014-09-192023.05.44.jpg

以前はリビングに置いてあったのですが、置き場所に困って寝室へと移動、雑然と放り込まれ、完全に忘れ去られた状態の洋酒たちです。

2014-09-192023.07.28.jpg

ミニチュア含めてジャックダニエルが多いです。

でも、ジャックダニエルはバーボンじゃないんですよね。

バーボンというのはとうもろこしを原料としているもので、ジャックダニエルはモルトなので、テネシーウィスキーが正式です。

2014-09-192023.10.05.jpg

「マッサン」の主役とも言えるスコッチも有りました。

親戚のおじさんに貰ったスコッチと、シーバスリーガルもスコッチでしたよね。

昔はそれなりに高級品でしたが、並行輸入品が入ってくるようになってからは、激安ですね。

独立に揺れたスコットランドの独立もなくなり、スコッチもこれまで通りとなりました。

スコッチじゃないですが、レミーマルタンも何年飾った状態なんだろう…。

でもやっぱり、一番気持ちが動くのはバーボンです。

2014-09-192023.07.45.jpg

アメリカ好きというのもあるのですが、ワイルドターキーは青春の味と言ってもいいくらいです。

そして、近年のお気に入りは馬のキャップが特徴のブラントンです。

友人のバーでも、いつもブラントンです。

これらを、スキットルに入れて、飲みたいと思う今日この頃です。
posted by かわいいHERO at 12:23| Comment(6) | TrackBack(0) | ┣ドラマ・映画・動画等
この記事へのコメント
マッサンの応援ありがとうございます。

あまり飲めない割には随分揃ってますね。

スキットル持ってますが、昔ニッカの工場で買ったものですが、アウトドアブランドのものの方がかっちょいいですね。

これからウイスキーシーズンです。
マッサンを見ながら毎晩舐めます。
Posted by COMTECH at 2014年09月20日 16:11
>COMTECHさん

長年のもらい物等の飾りです。

これだけあれば、時々舐めるだけなら一生ものですかねw。

以前は、寝る前に飲むのが好きだったんですが、寝る前に飲むのは睡眠の質を下げるという記事をどこかで読んで、それ以来飲まなくなりました。

早くスキットル買わなくっちゃ!
Posted by かわいいHERO at 2014年09月20日 16:57
バーボンすか。
その昔ジャックダニエルのお湯割りばかり飲んでました。臭いので、人が近寄ってこないのが良かった(^○^)
スキットルも昔欲しかったっす。たしかあれに入れるための金属製の漏斗みたいなものもあったような記憶があります。
Posted by おっぽ at 2014年09月20日 17:58
>おっぽさん

ジャックダニエルもいいんですが、とうもろこしだからか、ターキーはもっと荒い感じです。

もちろん臭いですねw。

スキットルは安いものからあるので、昔キャンプ場で飲みたかったんです。

そうそう、その漏斗だけが残っているんですが、小さすぎて使い道ないんです。
Posted by かわいいHERO at 2014年09月20日 18:25
消化に困ったときは任せてください!
Posted by ぴー太 at 2014年09月20日 22:17
>元々飾りなので、消化に困ることはありませんが、送料のほうが高くつくのが問題ですねw。
Posted by かわいいHERO at 2014年09月21日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129311720

この記事へのトラックバック