2014年10月15日

NASの寿命とバックアップ

過去にも何度もデータの消失で泣かされているNAS(ネットワークハードディスク)ですが、最近、また調子が良くない。

電源付けっ放しのハードディスクですから、寿命が来るのは仕方がないものの、今回は、ちょっと様子が違います。

現在、バッファローのNASとは別に、IOデータのNASの2台体制となっています。

バッファローの方は、USB接続の増設ハードディスクの故障で悩まされましたが、本体のハードディスクの方は、全く問題なく来ていました。

ですが、とうとう本体のハードディスクの寿命がやってきたようです。

2014-10-152022.19.32.jpg

でも、これは販売終了となっても、なお長生きしてくれたので、やむを得ないと思えますし、バックアップもちゃんと取っていますので、全く問題ありません。

しかしながら、IOデータの方は、導入してからそんなに時間が経っておらず、バリバリの現役販売中の機種です。

ちょっと早すぎるし、ネットワーク経由で、フォルダー自体は見えるのですが、時々開くことを拒絶されることから、設定の問題かと、あれこれ試行錯誤していたのですが、とうとう、全く開けなくなってしまい、意を決して対策を取るために、リビングに持ち出して、アクセスしてみたところ、運良くアクセスできたかと思うと、ファームウェアのアップデートが来ていました。

これは…とちょっと期待しつつ、アップデートしてみると、なんと、不安定だった設定画面の動きが見事にサクサクになっています。

これは、ハードディスクの問題ではなくて、ファームウェアの問題だったのだろうか?

2014-10-152022.22.12.jpg

真相は、未だわかりませんが、置き場として、より適したリビングのテレビの横にそのまま設置して、様子を見ることにします。
posted by かわいいHERO at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129312434

この記事へのトラックバック