2015年05月16日

朝一番のサプライズと新たなオールドレンズ

今朝は、出勤前にfacebookをチェックすると、なんと先日ピンボケ写真のダメ出しを食らった女子のライフイベントに突然「結婚」の文字が登場。

Facebook.png

各地のマラソンに自転車にとアクティブな彼女は、学生時代のアメリカホームステイ時代の3つ年下の友人ですが、今年の2月の京都マラソンに出場の際、京都の友人夫婦とうちの夫婦で激励に行きましたが、彼女だけが独身なことがちょっと気掛かりだったのですが、ひょっとすると、結婚へのいい刺激になったのかも?

GWのしまなみサイクリングも彼女が先輩で、2度目の今年は、連休前半に彼氏も同行していたので、彼氏出来たんだと思っていたところでした。

何はともあれ、おめでたい話です。

一方、ダメ出しされた側の私は、昨日もカメラ修行に取り組んでいるわけですが、家に帰るとアマゾンのマーケットプレイスで注文していたとある部品が届いていました。

そこで、夜な夜な、寝室に置いていたこれを持ち出してきました。

DSC00247.jpg

ペンタックスの古いフィルムカメラです。

ただ、これからフィルムカメラを始めようというわけではなく、コレクションでもありません。

「Super-Takumar 55mm F1.8」というオールドレンズが欲しかっただけなんですが、ヤフオクでレンズだけのものは、高かったり、程度が良くなかったりなので、本体ごと千円で敵なし落札したものです。

でも、実はこいつはM42マウントという昔のねじ込み式マウントなので、現行ペンタックスのKマウントでは、アダプターが必要になるのです。

ですが、このアダプターが国産のものは結構高い。

ペンタックス純正品もあるのですが、昔は千円だったようですが、今は4千円します。

なので、アダプターなしのKマウントそのままで付く「smc PENTAX-M 50mm f1.7」をハードオフで見つけたりで、そのまま放置されておりました。

常に気にはなっていたので、意を決して、アマゾンの800円しない激安品でも、評価は悪く無さそうなので、ようやくポチッとして、届いたというわけです。

DSC00250.jpg

元々ペンタックスが採用していたM42マウントということで、アダプターも他社に比べると、超コンパクトです。

DSC00251.jpg

ネジ式のM42マウントをフィルムカメラから取り外します。

DSC00252.jpg

予め、レンズにアダプターをねじ込んで装着し、手持ちの一眼レフであるK-50のKマウントに取り付けます。

DSC00253.jpg

アダプターが嵩張らないので、非常にコンパクトに収まりますねぇ。

DSC00254.jpg

黄ばみはありますが、レンズの状態も悪くないです。

早速、試し撮り…。

IMGP1742.jpg

ちょっとピントが甘かったので、これを見せると、また友人にダメ出しされるな。

サントリー山崎蒸溜所で買ったチョコレートにセットされていたバーボン・ジンビームのミニチュアも並べて再度撮影。

IMGP1746.jpg

同じ被写体で、「smc PENTAX-M 50mm f1.7」でも撮ってみたのが次の写真。

IMGP1744.jpg

どちらも絞り開放、ISOは1600です。

きちんと昼間の撮り比べをしないと何とも言えませんが、アダプター無しの「smc PENTAX-M 50mm f1.7」の方が、明るいこともあって、綺麗ですね。

ピント位置の違いもありそうですが、老眼には微調節が…。がく〜(落胆した顔)

「Super-Takumar 55mm F1.8」はM42マウントということで、本当の意味でのオールドレンズですから、性能よりも味が大事なのかなって思っています。

実際、どれだけ味があるのかわかりませんけど、50mmとは少し違う55mm…さて、どうでしょうか?

M42のネジ式マウントには、古いロシアレンズなども豊富にあるそうですから、また手に入れることができればいいなと思っています。

まさにレンズ沼というやつにはまりそうです。

ただ、唯一面倒なのが、このM42マウントアダプターをK-50から取り外す作業です。

DSC00255.jpg

わざわざ専用工具で外すんですよね。

Kマウントでの取替のように、出先でさっと取り替えるというのは難しそうです。ふらふら
posted by かわいいHERO at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オールドレンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/130838529

この記事へのトラックバック