2015年06月05日

とうとうマイクロフォーサーズで自己満足

完全に病気と化したカメラですが、「シグマ DP3 Merrill」を特別な撮影用としたことで、普段持ち歩くカメラは、「ソニー RX100M3」だけとなります。

「ソニー RX100M3」は、コンパクトデジタルカメラとしては、非常に描写力に優れ、折りたたみ電子ビューファインダーにより、コンパクトさを保ちつつ、一眼に負けないマニュアルな撮影も可能です。

なので、手持ちのカメラで荷物に制約があり、どれか1台だけしか持ち出せないという場合には、迷わず選択するべきカメラです。

コンデジですから、使い勝手が良く、設定にプレミアムオートを使用しておけば、「シグマ DP3 Merrill」のような失敗もなく、安心してきれいな記録写真を残すことが出来ますし、アクションカムやレンズスタイルカメラ同様の、スマホアプリで、リモートコントロールから、カメラからの画像の転送も可能ですし、自撮りまでも快適に撮影可能です。

ある程度のボケも意図的には可能ですし、本当は普段からもうこれ1台でいいでしょっていう話だと思います。

でもでも、コンパクト故に鞄にもう1台入れて持ち歩くスペースがあったりするわけです。たらーっ(汗)

昨日の記事でも書きましたが、このスペースに一眼レフの「ペンタックス K-50」が入れば、自分的にはそれでOKなんですが、そこは少々嵩張る一眼レフなので無理なんです。

また、手持ちの「ペンタックス K-50」「シグマ DP3 Merrill」「富士フィルム X-A1」の何れもAPS-Cサイズのセンサーということで、十分にそこそこ良い画像だと考えていますが、センサーサイズとしてはそれより小さく自分が使ったことのないマイクロフォーサーズ規格が、APS-Cサイズのセンサーと遜色ない作品を吐き出すという話を聞く度に、なんだかモヤモヤするものがありました。

実は当初、いろいろとカメラを調べている中では、マイクロフォーサーズ規格というのも見てはいたのですが、実際に作品を見て、画質的に素晴らしいと感じたものが、パナソニックのハイエンド機「GH3」だけだったので、価格的に難しく、センサーサイズを意識するあまりに、APS-Cサイズの激安一眼レフ「ペンタックス K-50」に落ち着いたという経緯があります。

ところが、「ペンタックス K-50」でオールドレンズを使い始めたことで、ミラーレスとオールドレンズの相性の良さを知ることとなってしまいました。

中でも、気になっていたのが「パナソニック GX7」という機種です。

同じマイクロフォーサーズ規格でも、基本オリンパスはボディ内手ぶれ補正、パナソニックはレンズ内手ぶれ補正ですが、唯一、パナソニックでは、GX7だけがボディ内手ぶれ補正を装備しているのです。

そして、この「パナソニック GX7」に興味をもったわけですが、既に販売終了間近だったようで、量販店の店頭にもなく、もう手に入れるのは無理かなと思っていました。

ところが、先日何気に価格コムを見ると、単焦点レンズとセットで未だ販売されていて、オールドレンズ使用での操作性はオリンパスよりも格段に良く、オールドレンズ使いなら、在庫のある内にキープするべきだという書込みにまんまと乗せられてしまいました。

まぁ、勝手に乗ってるわけで、そういう言い方はいけませんね。

おまけに、量販店向けの単品購入すると価格コムの最低価格でも2本で約6万円というパワーズームレンズをセットにした商品があることがわかり、本体のあまりの割安感にゲットしてしまいました。

DSC00349.jpg
DSC-RX100M3 ISO125 f3.2 1/80 32mm(35mm換算) 

早速、M42マウントアダプターをつけて、オールドレンズ「Super-Takumar 1:1.8/55」楽しんでいます。

実は、先日のヤマサ蒲鉾見学に持って行き、大部分はこの組み合わせで撮っています。

やはり、オールドレンズでは、一眼レフよりも扱いやすかったですが、マイクロフォーサーズの場合は、35mm換算で2倍の焦点距離となるので、Super-Takumarの55mmが110mmとなって、結構な望遠となってしまうところが厳しいですね。

オールドレンズといえば、ソニーのα6000なんて選択肢もあったわけで、むしろそちらの方がオールドレンズ向けのパーツは多いと思われますが、元々ソニーのコンデジやレンズスタイルカメラを使ってきたので、ソニー独特の塗り絵的な画質が気になることと、ソニーにはフルサイズのα7シリーズがあるので、ソニーへ行くならフルサイズでしょって思いもあり、ソニーのAPS-Cのαとはなりませんでした。

でも、よくよく考えると、現在のカメラを全部合わせたら、フルサイズのα7が買えた…。がく〜(落胆した顔)

でもいいんです。

α7だと、既に5軸手ブレ補正のα7Uが出ていますし、本当に興味のあるのは高感度の化け物α7Sなので、これだとレンズを含めると、全部のカメラを合わせても厳しい…。

ソニーのフルサイズαシリーズは、初めに興味を持ったカメラですから、今でも憧れではありますが、色々とわかってくると、問題も見えてきます。

いつかは手にしたいと考えていますが、それはもっと腕を磨いてからでも遅くないと感じています。

カメラグランプリ2015では、キャノンの「EOS 7D Mark II」が大賞を取って、レンズを含めて三冠を受賞し、APS-Cセンサー搭載機の究極だそうですが、現状動きモノを撮らない私には、その大きさであまり魅力が感じられません。

よって、これから発売になるフルサイズ機は尚更です。

もちろん、突き詰めていくとフルサイズでもミラーレスではなく、自然と一眼レフの領域へと入っていくのかもしれませんが、現状の未熟な腕では、無縁の話であるとともに、ペンタックスのリーズナブルさは強力に他なりません。

また、たとえリーズナブルでも、ニコン、キャノンに比べると、相当安いハイエンドのK-3も、その重さを考えると食指は伸びません。

既に必要十分と感じている画質を追求するよりも、モデルチェンジ前で安くなった名機となりそうなカメラで撮り比べるのが楽しい今日この頃です。

最後に、先日の「パナソニック GX7」の作例を少し。

P1010017.jpg
DMC-GX7 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ISO200 f5.6 1/160 22mm

P1010009.jpg
DMC-GX7 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ISO1250 f5.6 1/60 14mm

P1010014.jpg
DMC-GX7 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ISO200 f5.6 1/100 27mm

P1010028.jpg
DMC-GX7 + LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ISO200 f5 1/400 45mm

P1010025.jpg
DMC-GX7 + LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ISO200 f5.3 1/250 115mm

P1010032.jpg
DMC-GX7 + Super-Takumar 1:1.8/55 ISO200 f1.8 1/4000 55mm

P1010054.jpg
DMC-GX7 + Super-Takumar 1:1.8/55 ISO200 f1.8 1/1300 55mm

P1010056.jpg
DMC-GX7 + Super-Takumar 1:1.8/55 ISO200 f1.8 1/1000 55mm

P1010065.jpg
DMC-GX7 + Super-Takumar 1:1.8/55 ISO200 f1.8 1/320 55mm

P1010082.jpg
DMC-GX7 + Super-Takumar 1:1.8/55 ISO200 f1.8 1/800 55mm

DSC00350.jpg
DSC-RX100M3 ISO125 f4.5 1/80 70mm(35mm換算)

「Super-Takumar 1:1.8/55」の写真は、1.8開放とありますが、少し絞ったものが有るかもしれません。

最後は、比較のため、RX100M3を持ってきました。

また、全てがカメラ撮って出しのJPEGです。
posted by かわいいHERO at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣パナソニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138188202

この記事へのトラックバック