2015年06月18日

「キヤノン PowerShot G3 X」は魅力的?

ソニーRX100M3と同じ1.0型センサーを搭載したキャノンの「PowerShot G7 X」というコンパクトデジタルカメラは、よくRXと比較される、良いカメラです。

そのキャノンから、新しいコンデジの登場です。

その名も「PowerShot G3 X」。

ネーミング上は、7が3に変わっただけ…?

canon1.jpg

でも、このカメラ、1.0型センサーなのに光学25倍ズームを搭載しているんです。

高倍率ズーム機は、ほとんどが私のスマートフォンXperiaZ3と同じ大きさの1/2.3型で、例外はパナソニックFZ1000の光学16倍の1.0型センサーくらいです。

なので、「PowerShot G7 X」に25倍ズームを搭載したのはすごいなぁと感じます。

でも、よくよく見ると、レンズの明るさがG7の F1.8-2.8がG3ではF2.8-5.6と暗くなって、サイズもG7の103.0×60.4×40.4mmに対して123.3×76.5×105.3mmと一回り大きくなり、重量に至っては、G7の約304gの2倍以上の約733gですって。

これはもう、同じシリーズとは言えません。

ミラーレスのM3同様に、キャノンらしく別売りのEVFが用意されるようですが、「PowerShot G3 X」はもうネオ一眼クラスとして、EVF内臓で良かったんじゃないかと思います。

超望遠のネオ一眼クラスとしては、光学83倍ズームのニコンCOOLPIX P900が売れすぎて生産が追いつかないというニュースもありましたが、倍率を追いかけず、センサーを大型化したにしても、なんだか中途半端な感じがします。

パナソニックの1.0型センサー16倍のFZ1000も人気があるわけですから、そこに光学25倍をぶつけて来ても良かったのにと思います。

ソニーの1.0型センサー機RX10もここのクラスと言えますから、EVF内臓のこのクラスで良かったと思うのですが…。

ソニーのRX100&RX10同様のG7&G3という感じで。

「PowerShot G7 X」のサイズそのままに25倍が載ってきたら、RX100M3よりも惹かれたでしょうが、それでも、やっぱりコンパクトなEVFは魅力です。

私なら、センサーサイズを妥協しても「DSC-HX90V」の方がまとまりよく、携帯したいと思うかも。

posted by かわいいHERO at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣コンデジ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/142889716

この記事へのトラックバック