2015年08月31日

夏の総決算!一泊二日の高知結婚式キャラバン【前半】

一昨日、昨日の土日は、未だなんとか8月ですが、既に子供達の学校も始まっていて、夏休み気分は何処へやらの状態の中、おばあちゃんにゴンタを含めたフルメンバーでの高知行きが決まっていました。

目的は、日曜日の午後に行われた私の実姉の次男坊、つまり甥っ子の結婚式です。

既に2歳の男の子が居るので、今更感がないかと言えば嘘になりますが、我が家の子供達からすると、兄弟のように育って来た従兄弟の結婚式で、全員初の結婚式体験となるので、どの子も楽しみにしているようです。

本来、日曜日の午後なら、無理すれば日曜日の日帰りも可能ですが、スケジュールがタイトになりますし、何よりドライバーの私がしんどいです。

よって、わざわざ高知まで行くわけですから、前日に入ってゆっくりしたいと考えました。

フルメンバー7人+ワンコという中での連泊も楽ではないので、土曜日の朝に出発となりました。

今回は淡路島を抜けても、あまり時間が変わらないようなので、高速代の安い中国道から山陽道へ抜け、瀬戸大橋を渡るルートにて四国入りしたので、休憩は頑張って走った位の位置にある「吉備サービスエリア」です。

DSC01297.jpg

山陽道の場合、桃太郎の迎えてくれる、ここのサービスエリアでのワンストップ率が高いです。

おばあちゃんが、みんなにソフトクリームを買ってやると言いますが、誰も欲しいと言わないので、仕方なく私が、桃のソフトクリームを頼みました。

DSC01298.jpg

ただ、これはソフトクリームじゃなかったです。

果汁が多いからかもしれませんが、甘いシャーベットみたいで、クリームと言いながらクリーム感が無く、ちょっと残念なお味でした。

吉備サービスエリアから再出発すると、瀬戸大橋を渡って川之江から高知自動車道へとノンストップで抜け、目指すは高知の一つ手前の南国インターチェンジです。

そして、その南国インターチェンジを降りた時には、予定通りの既にお昼時ですから、先ずはランチと参りましょう。

DSC01333.jpg

やって来たのは、インターを降りて数分走ったところのこのお店です。

ゆず庵」という知る人ぞ知る、有名なお店だそうです。

DSC01307.jpg

お店に入ろうとした時、いきなり目に飛び込んで来たのは、大きなサメです。

DSC01305.jpg

それもUSJのジョーズのサメが横たわっているようにも見えますが、実は、このサメは先日の台風によって、ひっくり返ってしまったらしく、ヤフー!のトップニュースにもなっていました。

トピックス一覧   Yahoo ニュース.jpg

ニュースになる前に予定を組んでいたので、ニュースを見た時はびっくりしました。

高知・台風の影響で巨大サメが転倒「おもしろいからそのままに」高知 Yahoo ニュースs.jpg

お店へ入る前から、色んなモノが雑然と並んでいます。

もちろん、大塚家具の花輪はネタですね。

DSC01308.jpg

店内へ一歩入っても、やはり色んなモノが雑然と並んでいます。

DSC01309.jpg

これが、ゆず庵というお店なんですね。

ちなみに、この店内のディスプレイは、ほとんど全てが売り物でもあるそうです。

お店は良く繁盛していましたが、明らかに人員不足で、名物社長さん自ら、ほとんど一人でホール仕事をこなしておられました。

忙しい中、席に案内してもらうと、その社長さんが「新聞見てください」と言ってます。

DSC01312.jpg

そのフレーズは、ネットでも幾つか見たので、何か面白い記事でもあるのかと思うと、そこにあったのはメニューでした。

DSC01311.jpg

お箸入れにも、一つ一つメッセージが…?

DSC01314.jpg

面白いこと大好きな、アイデア社長さんのようです。

DSC01313.jpg

案内された席の周りを見渡しても、客席なのかディスプレーなのかわからないような席があったり、

DSC01316.jpg

天井から龍やお札が吊るされていたり、

DSC01317.jpg

坂本龍馬とお龍さん?

さて、そんなウケ狙いのお店のようなゆず庵さんですが、意外や意外、料理の方の評判も悪くないようです。

特に土佐ジローの卵を使ったオムライスが人気商品で、わが家も7人全員がオムライスをオーダーしました。

それに、興味本位でウケ狙い商品?の「カツオタタキパフェ」も食後でなく注文してみたら、先に「カツオタタキパフェ」が来ました。

DSC01319.jpg

ゲ〜ってなりそうですが大丈夫、ちゃんと葉っぱで仕切られていますので、パフェ本体に鰹のたたきの味が付くことはありません。

そんでもって、ゆず庵さんは鰹のたたきもうまいんです。

トッピングの藁焼きの鰹のたたきは、みんなで一口ずつ美味しくいただきました。

DSC01321.jpg

そして、やって来たメインのオムライスですが、私は一番人気というこれまた高知名物の鯨カツとのセットにしました。

DSC01323.jpg

写真はありませんが、奥さんやおばあちゃんは、活エビフライとのセットでした。

DSC01328.jpg

うわさ通りの美味しい土佐ジローのふわとろオムライスを堪能したので、会計へ向かうと、その途中にも龍馬がいました。

レジの横には、レジに仕舞われ忘れかお金が置いたままになっていて、人手不足の忙しさを感じました。

名物社長さんの手が空いていれば、いろんなお話聞けたりするようですが、社長さん自ら忙しさを嘆いて居られたので、お店へ行かれる方は、そのつもりで、人出不足による不手際は、目を瞑ってあげて欲しいなぁなんて思います。

DSC01329.jpg

まぁ、お値段は少し高めと感じますが、ディスプレイと美味しい料理を考えると、一度は行くと楽しめると思います。

そして、駐車場のオルビスへ戻ると、そこには爆睡のゴンタくんが居ました。

DSC01334.jpg

お腹も膨れて、次のポイントへ移動します。

ゴンタのために、エアコン使用で駐車場へオルビスを駐めます。

DSC01397.jpg

やって来たのは「龍河洞」です。

DSC01396.jpg

この日は、偶然「龍河洞まつり」の日でした。

DSC01395.jpg

ただし、露天は特に安くもなくて、買おうと思うものも無くて、前をスルーします。

DSC01338.jpg

寂れきった両サイドのお店の間の道を進みます。

DSC01339.jpg

すると、階段とエスカレーターが現れました。

DSC01340.jpg

ここを登ると龍河洞の入り口のようです。

実は、この龍河洞については、日本3大鍾乳洞の一つだそうなのですが、私はその存在すら知りませんでした。

以前、その近くのアンパンマンミュージアムやのいち動物公園は行っているにも関わらずです。

でも、先日、ミクシィボイスで岩手の龍泉洞を訪れたオルビストさんの呟きに、別のオルビストさんがコメントされ、わが家も昨夏に行った龍泉洞と昔行ったことのある山口の秋芳洞に加えて、この高知の龍河洞が日本3大鍾乳洞であると知り、これは機会があればぜひ行きたいと思ったいたところに、甥っ子の結婚式が舞い込んできたというわけです。

DSC01348.jpg

JAFの割引を受けていざ入場です。

DSC01351.jpg

昨年の龍泉洞をイメージして入場したものの、直ぐに気がついたのが「んんっ、狭い…」という感覚です。

DSC01357.jpg

非常に歩きやすいイメージだった昨年の龍泉洞とは違い、明らかに狭い龍河洞は、うっかりすると頭をぶつけそうな所だらけです。

DSC01358.jpg

でも、鍾乳洞としてはよりアドベンチャー感覚が強い龍河洞の方が、子供たちには面白いのかも知れません。

事実、予約が必要ですが、プラス千円で頭にライト付けて、ガイドさんに案内してもらう冒険コースなるものもあるようで、這って進んだりするみたいです。

DSC01371.jpg

反面、アップダウンもきつく、お年寄りには厳しい鍾乳洞でした。

DSC01378.jpg

うちのおばあちゃんも、足はあまり良くないので、大変だったと思います。

一番の上りでは、途中ベンチと扇風機を置いた休憩所スペースがありましたが、鍾乳洞内は寒いからと、みんな長袖を着込んだものの、汗が吹き出すくらいでした。

DSC01382.jpg

私も、後で膝が笑ってました。ふらふら

DSC01383.jpg

なお、龍河洞にも坂本龍馬が居ました。

写真だとわかりにくいですが、実物のほうがそれっぽく見えました。

DSC01385.jpg

この壺は弥生人が使用していたもので、鍾乳石と同化しているとか。

DSC01388.jpg

結局、かなり登って地上へと出ました。

DSC01387.jpg

登ったので、帰りは外の階段をひたすら下りました。

DSC01390.jpg

その途中で、尾長鶏を展示した珍鳥センターがありましたが、さっき食べたオムライスの土佐ジローも展示してありました。

でも、特別天然記念物に指定されているオナガドリの飼育小屋は尾を守るためとはいえ、自由が無さ過ぎて、ちょっと可愛そうな気がしました。

駐車場へ戻る途中、奥さんにねだられて、これも高知らしいアイスクリンのゆず味購入。

DSC01391.jpg

お店で100円だったのに、露天では150円でした。

ダブルかもしれませんが…。

DSC01398.jpg

そして、駐車場のオルビスへ戻ると、やっぱりゴンタは爆睡でした。

DSC01400.jpg

歩き疲れたのと、おばあちゃんがイカ焼きを買ってくれたらしいので、車内でしばし休憩ですが、リアダイネットが役に立ちました。

DSC01401.jpg

ゴンタがイカにつられてやって来ます。

DSC01406.jpg

風が回らないので、扇風機が必要ですが、子供たちが大きくなって、ダイネットだけでは座れなくなったので、リアダイネットの存在が役に立ちました。

家族には「CAFEスペース」と呼ばれて概ね好評でしたが、中でもおばあちゃんが何故かひどく気に入ってました。たらーっ(汗)

DSC01407.jpg

これまで、リアダイネットの展開に二の足を踏んでいたものの、今回実践することで、展開手順についてもコツが掴めましたので、これからは少し展開する機会が増えるかも知れません。

さて、休憩後、当初はどうしようかと考えていました。

と言うのも、この日は先程の龍河洞まつりで夜は花火があるという。

ryuugadoumatsuri.jpg

また、どうやらのいち動物公園でもナイトサファリを開催しているらしい。

yoruzoo_003.jpg

でも、子供たちの意見を尊重して、少し早めの温泉行きとなりました。

DSC01410.jpg

やって来たのは「ながおか温泉」ですが、雨なので、どのみち先の2つの選択肢は無かったです。

DSC01411.jpg

でも、子供たちがこの「ながおか温泉」が良いというのには理由がありました。

というのも、この「ながおか温泉」にはプールがあるんです。

入浴料でプールにも入れるということで、水着を持参していました。

illust_pool.jpg

それに、大学生以下、学割があるというありがたい温泉で、おばあちゃんと奥さんは温泉でゆっくりするということで、私と子供たちの5人でプールを楽しみました。

私は25m往復×20本でトータル1km泳ぎました。

お風呂でさっぱりした後は、夕食となりますが、奥さんとおばあちゃんから、髪留め?を買うので、食事の前に100均かコンビニへ寄れという指示がでました。

何にも無さそうな田舎ですが、ふと目の前にこの日がオープンしたてと思しきセブン-イレブンがありました。

今年3月に初めて高知県に進出したセブン-イレブンですが、順調に店舗を増やしているようですね。

ですが、思うような髪留め?があるはずもなく、夜に飲む用のお酒を買って、その後、幾つかお店を回りましたが、諦めて、翌朝探すことにして、今宵は潰しの効く夕食としました。

DSC01414.jpg

割りと遅くまで営業しているので、いざという時には助かります。

食後は、懸案の就寝場所へと移動しますが、結構な雨が降っているので、途中の道の駅でも良いかな?と思いつつも、南国ICから高知ICまでの僅か250円支払うだけで、綺麗なトイレが利用できるということで、当初の予定通り、南国サービスエリアにしました。

サービスエリアに到着すると、案の定、エンジンの掛かったトラックが数台が駐まっており、その少し前の乗用車エリアへ駐めて、マックスファンでの就寝を試みました。

ですが、やはり多人数乗車と雨ということで湿気もあり、快適に就寝するのは難しそうなので、エアコンを利用しました。

DSC01420.jpg

トラック以前に、雨で音の問題は全くなかったのですが、エアコンの風がまともに当たるダイネットベッドが寒いかもと思って、次男坊にタオルケットを渡したものの、何故かゴンタが独り占めしてました。あせあせ(飛び散る汗)

DSC01421.jpg

そして、涼しい車内で、セブン-イレブンで買ったハイボールで締めくくって、この高知旅の前半終了です。

DSC01419.jpg

【後半へ続く】
posted by かわいいHERO at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162635328

この記事へのトラックバック