2015年09月04日

面倒臭いなぁソニーのアフター

喜んだのも束の間、初期不良で充電できないという、「Xperia Z4 tablet」専用Bluetoothキーボードですが、早速、交換してもらわないといけません。

量販店での購入なら、お店に持っていって、在庫があれば、その場で終わる話でしょうが、今回の購入先は、ネットのソニーストアです。

実店舗と価格差の出にくい商品ですし、在庫の問題もあると考えて、ソニーストアにしましたが、こういうことになると、実店舗の方が良かったのかも知れません。

商品到着までは、非常に丁寧なメールが届くソニーストアですが、初期不良を想定した連絡先の記載はなく、全体の問い合わせ電話番号が書いてあるだけです。

まぁ、そんなものだと思って電話してみると、案の定自動音声ですが、直ぐに応対してくれるらしいチャットを推しているようです。

それでも、電話にこだわって最後まで行くと、そのまま繋がるかと思いきや、担当部署の電話を伝えて終わるという結末でした。

電話番号を聞くためにあれこれやってたのか?と思うと、なんだかなぁなって感じです。

また、一からのような気がしたので、もう一度同じ総合案内に掛けて、今度はチャットを選択してみました。

すると、なんと、「インターネットの検索サイトで「ソニーストアに問い合わせ」と検索せよ」という、斬新な案内でした。がく〜(落胆した顔)

言われたとおり、Google先生にお聞きして、チャット画面までたどり着きましたら、ニックネームが必要だって…。あせあせ(飛び散る汗)

適当なニックネームで入室すると、直ぐに担当の方が登場、電話の自動応答のような質問が届きます。

ソニーチャット01s.jpg

項目が故障だか修理だかしかなかったので、それで進めてましたが、昨日届いて初期不良なんだよと伝えると、ようやく交換という文字が出てきました。

そこで、部署が変わるということで、チャット相手の担当者も交代しました。

症状を伝えるも、それだけでは初期不良か判断がつかないのでと、改めて別の部署から電話が入るということで、連絡先に携帯電話の番号を伝えていました。

しかし、なかなか電話が掛かってきません。

もうお昼だというタイミングで、会社の番号に電話が掛かってきました。

わざわざ、携帯番号伝えているのに何なんだよってことで、文句を言うと、それはその担当者のチェックミスだったようです。

まぁ、仕方がないということで、再度症状を伝えますが、リセットやら、アップデートやらの確認を言われ、そのまま受けてはくれません。

手元にキーボードがなかったので、5分後に再度電話をもらうということで、キーボードを取ってきて、指示通りに症状を伝えました。

結果、初期不良ということになり、交換と相成りましたが、今度は購入したソニーストアから改めて電話が入るとのこと。

んんっ〜、面倒くせ〜。

今度はちゃんと携帯電話に電話入れさせますからと念押しされ、外出中の昼食時に電話が入りました。

もう、交換自体は決まっているので、難しい話はないのですが、代品が届くのが最短で来週の火曜日だって…。もうやだ〜(悲しい顔)

新規購入は午前中なら翌日、午後からなら翌々日到着と、非常に速いんですが、今回は土日抜きって話なのか、先の長い話です。

もう気長に待つより仕方がありませんが、LINEのようなチャット初体験は悪くはなかったものの、面倒くさい交換までの道のりでした。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162898102

この記事へのトラックバック