2015年09月12日

とうとう来たか…ソニー「α7S」の新型

デジタル時代のカメラに興味を持ち始めて、強烈に心を奪われたのがこのカメラでした。

ソニー「α7S」

超高感度の35mmフルサイズカメラで、その性質から1,220万画素と画素数は控えめですが、そこには全く違った世界があるようなのです。

いろんな記事を見ていると、とにかく最高で409600というISO感度に尽きる、夜が昼になっちゃうと言うと言い過ぎですが、他には真似のできない瞬間が撮れるカメラなんですね。

完全電子シャッターで、無音で音楽会なんかが撮影できて、外部レコーダーを使えば、4K動画も撮れるという機種ですが、私には予算的に手が届きませんでした。

その後、「α7」から始まる新型化で、フルサイズミラーレスのαシリーズ3機が順に5軸手ブレ補正を搭載していったわけですが、とうとう最期の「α7S」にその時が来たというのです。

001_s.jpg


ソニー、フルサイズミラーレス「α7S II」を海外発表


未だ海外向けの情報らしいので、国内発表は未だ先となるのでしょうが、他の2機同様に、シャッターボタンの位置等が変更されて、5軸手ブレ補正が乗り、4K動画も外部レコーダーが不要となったそうです。

ただし、お値段の方も「α7RU」同様に、更に手が届かない40万円超50万円未満というレンジとなって、単なる憧れのカメラとなりそうです。ふらふら

posted by かわいいHERO at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣カメラその他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163444987

この記事へのトラックバック