2015年10月18日

危険な物欲

メインマウントを富士フィルムにしたとして、X-T10を手に入れたところですが、中国直送の安物ケースが到着するまでは、持ち出ししにくいので、絵に描いた餅状態です。

そんな折、オルビストのCOMTECHさんがパナソニックのGX7を購入されたということで、私の興味も再びGX7へ向くことになりました。

ちゃんと最後まで目を通していなかった、GX7のムック本も、常時携帯できるように自炊して、PDF化しました。

P1020198.jpg

付けていたシグマの安価な単焦点レンズを外して、携帯に有利なコンパクトな標準ズームに付け直して、出勤前の公園で花の撮影をしてみたり…。

P1020192.jpg

P1020194.jpg

P1020195.jpg

P1020196.jpg

P1020197.jpg

そんなことをしていると、このGX7がマイクロフォーサーズマウントであることから、以前から気になっているオリンパスのオープンプラットフォームカメラである「OLYMPUS AIR A01 」が気になり始めます。

OLYMPUS AIR A01.png

私自身、同じような形状の、ソニーのレンズスタイルカメラ「QX30」を使用しているものの、RAW保存がができないことで、同じソニーのレンズ交換式の「ILCE-QX1」にも、興味が有るのですが、ソニーのレンズは全く所有していないので、購入に至りません。

ですが、マイクロフォーサーズはGX7の2本のパワーズームとシグマの単焦点に加えて、オリンパスのフィッシュアイレンズキャップがあります。

これだけでも、「OLYMPUS AIR A01 」が存在して良い理由に感じています。

これまでも、散々、「OLYMPUS AIR A01 」の問題点を書き連ねて、オリンパスファンの方を的に回すんじゃないかと心配していますが、「QX30」を使用しているからこそ、このタイプのカメラの長所、短所がわかります。

自分としては、短所のほうが多いと結論づけているところもあって、否定的なのですが、やっぱり使ってみたいという気持ちはあるんです。

オープンプラットフォームという部分は、だからどうだと思いつつも、それ自体は楽しそうだなぁと思っている自分がいます。

opc_project6.png

結局、使ってみないとわからないじゃないかと結論づけて、物欲が押し寄せてくるんですね。

また、GX7には、シグマの単焦点を付けて、パワーズームの14-42mmは、手ぶれ補正を内蔵していることもあって、本体に手ぶれ補正を内蔵しない、「OLYMPUS AIR A01 」にピッタリじゃないの…なんて考えていました。

それなら、ヤフオクで本体だけ買ったら安くで買えるじゃないとなってきて、だんだんその気になってきました。

ところが、ヤフオクの「OLYMPUS AIR A01 」は、次々と売れていき、残ったのはホワイトのキットレンズ付きのものだけとなってしまいました。

そこで、何気にこのキットレンズについて調べてみると、なんと、なかなか評判の良いレンズみたいです。

写り自体は、標準の域を出ないようですが、パナソニックがスイッチ式なのに対して、オリンパスはリング式で、そこが評判が良いようです。

とは言え、パナソニックの方のレンズも、写り自体は間違いないということで、別にそこまで興味もなかったのですが、価格.comのレビューにあったシルバーのGX7にそのレンズを取り付けた姿を見た途端、萌〜。

私のGX7は上部分がシルバーなので、シルバーのレンズがよく似合うんです。

14-42ez.jpg
出展:http://review.kakaku.com/review/K0000617302/ReviewCD=724063/ImageID=183806/


わぁ、このレンズ欲しいってなって、思わず、ヤフオクに入札してしまいました。

でも、結局、私が思うより高値で落札されたので、救われました。

よくよく考えると、ホワイトの「OLYMPUS AIR A01 」にブラックのパナソニックのパワーズーム14-42mmは、ちょっとアンバランスかななんて思います。

それ以前に、

● WiFiによるモニター接続は手間が掛かるし、タイムラグがひどくて動きものには使えない。

● 「OPC Hack & Make Project」に期待してみたところで、ソニーのレンズスタイルカメラとの差が付いておらず、現状の多くのものは、アクションカムの方が軽量で良いんじゃないの?と思わせる。

● ソニーで言えるのが、レンズ交換式の「ILCE-QX1」よりもコンデジタイプの「QX10」「QX100」「QX30」の方が、レンズスタイルカメラとしては、まとまりとして良い…つまり、レンズ交換式のメリットが活かしにくい。

● 一見コンパクトに感じるものの、モニターとなるスマホも考えると、形状的にも高級コンデジ以上に嵩張る。

● スマホをモニターとして使うことで、スマホのバッテリー消費が激しく、本来のスマホの利用との兼ね合いの問題も出てくる。

● スマートウォッチのAndroid Wearで使うには、スマホ本体がAndroid5.0以上でないと使えない。

多分、まだまだあると思いますが、ざっと思いつくだけでもこれだけの問題が山積みなのがわかっているのに、自分でも何故?って思います。

また、「OLYMPUS AIR A01 」についてのレビュー記事を探してみますが、発売後間もないものばかりで、最近の記事は殆どありません。

人間は、使い始めは興味津々で、レビューも良い評価だったりするものですが、だんだん粗が見えてきて、使わなくなると記事にも書かなくなるものです。

そんな、私の勘ぐりを払拭して欲しかったのですが、残念ながら、そんな記事はありませんでした。

なので、やっぱり「OLYMPUS AIR A01 」は、面白いけど使えないカメラなんだと思っています。

わかってはいるんですが、私の場合、今回は凌ぎましたが、「OLYMPUS AIR A01 」は、一度は手にしないと納得できないかも知れませんねぇ。

よって危険なので、しばらくその存在を忘れよう。
posted by かわいいHERO at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レンズスタイルカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166010099

この記事へのトラックバック