2016年04月26日

明日は雨予報なので

今日は暑いくらいの陽気でしたが、せっかくの仕事休みの明日は雨みたいです。

予定もないので、ランチで外に出たついでに、X-T10をお供に、あてもなく山奥へ向かいました。

そもそも、会社が山奥手前の立地ということで、少し車を走らせるだけで、のどかな自然に包まれます。

あてなく進むものの、とある標識に目が止まり、矢印に従います。

そして、やって来たのはコチラ。

DSCF2001.jpg

「キリシタン遺物資料館」です。

市営の施設ですが、残念ながら本日火曜日が定休日でした。

DSCF1999.jpg

定休日といえども特に残念に思うこともなく、駐車場の前の竹やぶに目が行きます。

DSCF2002.jpg

この花何かな?と相変わらずの無知です。

DSCF2003.jpg

竹やぶは、ちょっと思った写真にはなりませんでしたが、お花は綺麗です。

調べてみると「シャガ(コチョウガ)」という私には聞き慣れない花のようです。

DSCF2004.jpg

その横からたけのこが出ていました。

DSCF2005.jpg

他に見るべくものもなく、来た道を戻っていると、途中通った不自然に巨大なコンクリートトンネルの全容が見れました。

DSCF2006.jpg

これって、新名神じゃないのかな?と思って、近くの観光マップを見てみると、やはりそうでした。

DSCF2007.jpg

新名神というと、つい先日、神戸の北区で橋脚が落下するというあり得ない事故がありましたので、ちょっと気になる構造物ではあります。

新名神と平行に、山道を登っていると、茅葺きの変わった建物が見えました。

DSCF2008.jpg

道路わきに「まだま村」という看板がありました。

DSCF2009.jpg

「縄文ランチ」なるものを提供するカフェとして、聞いたことがありますが、行ったことはありません。

一人で行くようなところでもないので、先へと進みます。

すると、前が開けて工事現場が見えてきました。

DSCF2011.jpg

新名神のインターチェンジのようです。

DSCF2012.jpg

ループを作るのに、地中を掘って鉄筋を組んでいますね。

そこまでするの?って思いましたが、大きな地震のあった今では、必要な対策だと素直に感じます。

DSCF2013.jpg

橋ができていたので渡りましたが、車は先へは行けそうにないのでUターンしました。

この下に、高速道路の車道ができるのでしょうね。

DSCF2014.jpg

ずっと先まで車道となるだろう砂地が続いていました。

と、ここで会社の事務員さんから電話が…。

とある銀行の支店長さんがアポ無しで来られたようですが、直ぐには戻れないと伝えてお帰りいただくよりありません。

実は、アポ無し訪問は先週からこれで3度目です。

気の毒に思いますが、事前に一本電話をいただければ済む話なんですがねぇ。

電話が入ったことで、気持ちも萎えてしまい、会社へ戻ります。

DSCF2015.jpg

途中、見えて来たのも新名神かな?

DSCF2016.jpg

先ほどと違って、コチラははるか上空の工事です。

DSCF2017.jpg

神戸の事故を思うと、なんだか恐ろしいです。

DSCF2018.jpg

多分上り車線と思われる1本は既に接続済みです。

DSCF2019.jpg

その向こうは未だですが。

DSCF2020.jpg

下り方面は山の法面があって山のてっぺんへと向かっていました。

その後、れんげそうの花が一面に咲いていたので車を停めます。

DSCF2021.jpg

後で撮った写真を確認すると、手前のれんげそうにピントが来たものがありませんでした。

DSCF2023.jpg

まぁ、それは狙って撮っているわけですが、以前にピンボケと指摘されてからは、手前にきっちりピントが合ったものも撮るようにしていたのですが、今回は撮リ忘れたようです。ふらふら

DSCF2024.jpg

これというものはありませんが、青空のもと、束の間のドライブを楽しみました。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175056278

この記事へのトラックバック