2016年07月08日

スマートウォッチ3の寿命

2016-07-08 11.47.59.jpg

「iPhone6s」とのペアリングに切り替えたソニーの「SmartWatch3」 ですが、Android機との使用に比べると、通知される内容が少なく、対応アプリも少ないことから満足度は低下しています。

それに加えて、内臓のリチウムイオンバッテリーが極端に劣化してきました。

充電時に非常に熱を持つことがあり、最近は100%までの満充電ができなくなってきました。

それでも、常時点灯とせず、通知のみでの利用なので、2日位は持つのですが、バッテリー残量表示が50%を切ったあたりからのもちが悪く、気がついたらバッテリーが無くなって落ちているということが多くなっています。

イメージとしては30%くらいでは、電源が落ちているのではないかと思われます。

実際のところ、「iPhone6s」との組み合わせでは、以前のような便利さがないので、外しても全く問題ないと思っていますが、変に日焼けの跡がついてしまっているのと、腕への通知のバイブがないというのも寂しく感じるので、習慣的に付けている状態です。

最近お気に入りのAndroid端末である「HUAWEI P9」とのペアリングがベストではありますが、「HUAWEI P9」が仕事に使うメインのau回線に対応していない為、仕方なく「iPhone6s」で使っていますが、メール関係はGmailでも受信できるようにしているので、電話とSMSやメインのLINEを諦めて、サブの「HUAWEI P9」で使ってみても良いのかもしれません。

でも、いずれにしても、バッテリーがそんな状態では、もう長く使い続けることはできないと思われますから、その後をどうするか…。

wena01.png

ソニーの社内クラウドファンディングから生まれた、バンド部分に通知やお財布機能を内蔵させた「wena wrist」の一般販売も始まったようで、バッテリーの持ちも良いので、いいなと思ったものの、LEDの色別けによる通知では、通知の有無しかわからないので、常時メールが届くGmailでは、その重要性の判断ができないので、お財布機能も使わない私には、あまり意味が無いかと思ったりします。

それに、Bluetooth対応の腕時計とさほど変わらないような気もしてます。

そういう意味では、カシオのアウトドア志向のスマートウォッチ「WSD-F10」の方が楽しそうかなと思ったりもします。

casio01.png

また、予想を裏切る高性能で評価急上昇の「HUAWEI P9」のファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH」もよくできているようなので、魅力を感じますが、どれも結構な金額しますから、スマートウォッチの寿命というものを考えると、高すぎるかなと思います。

huaweiwatch01.png

グーグル自身もスマートウォッチを開発中という噂もあるので、今しばらくは「SmartWatch3」をごまかしながら使って様子見かなと思っています。
posted by かわいいHERO at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートウォッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175991045

この記事へのトラックバック