2016年07月25日

私的ポケモンGO終了観

スタートダッシュでかじることとなった「ポケモンGO」ですが、ワイドショーでは格好のネタとなって、「ポケモンGO」絡みのニュースを見ていない人はいないかと思います。

我が家では、国内サービス開始前に、US版を勝手にインストールしてやった次男坊は、受験生ということで、手を出していなようですが、インストールを拒んだ三男坊が、いつの間にかダウンロードしていて、しっかり「ポケモンGO」をやっています。

家族ではそれ以外はやっておらず、私の唯一の「ポケモンGO」絡みの話し相手も三男坊のみとなっています。

未だポケモンジムは体験しておらず、ひたすらポケモン収集のみに徹していますが、段々と感じてきていることがあります。

2016-07-25 11.33.08.jpg

それは、このブームはそう長続きしないなということです。

既に上がりすぎた任天堂株が下落しているのも、そういう見方からだと思いますが、にわかは段々と遊ばなくなって行くのは目に見えています。

米国でも既にピークは過ぎたようですが、話題性が無くなるとともに、プレイヤーも減少するでしょう。

個人的に、やっていて自分も長続きしないだろうと思う部分が幾つかあります。

先ずは、「ポケモンGO」の革新的なAR機能が、実はポケモンの捕獲には邪魔なこと。

2016-07-21 12.22.13.jpg

最初にプレイした時にAR機能で、現実世界と融合したポケモンに誰もが感動すると思いますが、それはあくまで初めだけで、本格的にポケモン集めをしようとすると、効率のよいAR切りとなるので、早々に「ポケモンGO」最大の革新ポイントが無くなります。

そして、最大の続かないポイントは、レアポケモンが都心でないと捕獲できないことです。

ポケビジョンという米国のサイトで、付近の捕獲できるポケモンがリアルタイムに確認できるのですが、大阪市内中心部のポケモン出現数に圧倒されます。

2016-07-25 02.36.03.jpg

この場合、ポイントとして指定したJR大阪駅を中心に表示されているので、表示のないところにポケモンが居ないかといえばそういうことではありません。

他のポイントを指定してやれば、そのポイントの周囲で捕獲可能なポケモンを表示します。

例えば、私の職場に近い茨木インターを指定すると、こんな感じで周囲に居るポケモンが表示されます。

2016-07-25 02.37.57.jpg

前の大阪駅とは縮尺が違うので、直接比較はできませんが、圧倒的に違いがあるのは明らかです。

2016-07-25 02.42.49.jpg

同じ大阪市内でも、中心部を外れると、新幹線の停まる新大阪駅でこの状態。

大阪駅と新大阪駅で縮尺を合わせてみると…

2016-07-25 02.44.03.jpg

大阪駅

2016-07-25 02.44.43.jpg

新大阪駅

となります。

テレビやニュースでも、レアポケモンの出現する地域が取材されていたりしますが、結局は都心でプレイする人が有利であり、同じポケモンでも自宅の周りのものはCPという強さの数値が小さかったりして、圧倒的不利となるので、私のプレイ終了もそう遠くないかと思われます。

開始以来、夜の公園のタムロ状態や、タブレットを手にウロウロするファミリー等、消えていく代表ですが、唯一、ポケモン世代のプレイヤーだけは、本来のポケモンゲームとして楽しめるのかも?と思ったりします。

何せ、ポケモンについての知識がない私には、どのポケモンがどのポケモンに強いなんて、全くわかりませんから、強いポケモンを手に入れたところで、ジムで勝てる気がしません。

かと言って一からポケモンを勉強しようとも思わないので、マイブームの終焉も近いというわけです。

まぁ、早くマイブームが終わってくれた方が、カメラに没頭できるので良いのですが…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣アプリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176221927

この記事へのトラックバック