2016年08月04日

ようやくの梅花藻

ここのところ、ちょっと怪しかった天気予報も、関東のようなゲリラ豪雨の心配もなくなり、昨日、水曜日に、ようやくうちの奥さん念願の梅花藻の観賞が実現しました。

夏休み中でも部活で忙しい子供たちを送り出し、名神高速道路をシエンタで走行中、隣で奥さんはうとうと。

運転しない鈴鹿行きで気楽さを知ってしまったので、万年運転手に不満を持ちつつ、ガス抜きに多賀サービスエリアでトイレ休憩。

気分転換にポケモンGOを起動します。

2016-08-03 11.04.14.jpg

大したポケモンも出てこないので、ジムバトルして、ジム制覇。

2016-08-03 11.04.21.jpg

まぁ、直ぐに他の人に奪われてしまうわけですが…。

そして、再スタートして程なくやって来た米原インターを降りて直ぐに、目的の醒井へ到着です。

DSCF1772.jpg

JR駅前の水の宿駅の無料駐車場に車を駐めて、いざ、散策です。

激しくカンカン照りでありながら、あろうことか、帽子を忘れてしまい、頭のてっぺんが、暑い暑い。

DSCF1776.jpg

歩き始めて、早々に梅花藻見頃の看板があり、目的の梅花藻とご対面。

DSCF1777.jpg

今回は、重いので悩んだものの、先日鈴鹿で一定のスタイルが確立しそうな超望遠レンズも持参しました。

DSCF1780.jpg

ウエストバッグとリュックのダブルバッグとなりますが、ポケットも多くて、使い勝手と収納力はピカイチです。

DSCF1786.jpg

マクロレンズではないので、小さな花を画面いっぱいとはいきませんが、少し離れた小さな花を捉えるには、悪くない選択で、昆虫もバッチリです。

DSCF1785.jpg

水が本当に綺麗で澄んでいて、魚もはっきり写ります。

DSCF1791.jpg

観光客を楽しませるためか、置物なんかもありました。

DSCF1793.jpg

ユニークな置物が、梅花藻に囲まれています。

DSCF1799.jpg

水中の梅花藻も、それはそれでいいですね。

DSCF1801.jpg

いきなりの梅花藻撮影に区切りが付いたところで、本来の醒井のメインストリートへと向かいます。

その前に、ガイドマップにあったポイントへと向かいますが、そこは観るべき梅花藻の美しさはなく、中山道の石碑がありました。

DSCF1805.jpg

町並みも特筆するべきものはなく、メインストリートの方へ戻ります。

DSCF1810.jpg

奥さんが調べて、醒井宿問屋場なる場所を見学するのに、旧郵便局の建物で、申込みが必用とのことで、その旧郵便局の建物へとやって来ました。

DSCF1811.jpg

こちらの建物は、近江八幡にも数多く存在する、あのウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の建築物だそうです。

DSCF4183.jpg

近江八幡のメンソレータムの近江兄弟社のあのヴォーリスです。

現在は、醒井宿問屋場と共に資料館として使用されており、冷房が効いた1階に常駐されていたスタッフのお爺さんに、勧められるままに、見学させていただきました。

DSCF4186.jpg

そして、有料だという2階の見学には、その見学料200円に醒井宿問屋場の見学分も含まれるということで、見学を申し込みました。

お時間があれば…ということで、おじいさんに丁寧に醒井宿について説明していただき、2階へと案内していただきました。

DSCF4188.jpg

1階は外観と1階は洋風ですが、2階は純和風となっています。

DSCF4193.jpg

正面窓際は、やや洋風な空間となっていますが、この窓の1枚だけが、100年以上前の当時のものということで、その波打つ歪みが歴史を物語ります。

DSCF1817.jpg

右の窓のガラスが波打っているのがわかるでしょうか?

DSCF4192.jpg

親切なおじいさんのお陰で、古き時代に触れ合う、良い時間を過ごせました。

DSCF1821.jpg

外へ出たところで、ふと思い出して、スマホのポケモンGOを起動してみました。

すると、この旧郵便局もポケストップになってました。

2016-08-03 12.35.31.jpg

そこから、おじいさんに説明された幾つかのポイントを目指し歩きます。

DSCF1822.jpg

通りは地蔵川に沿って続きます。

DSCF1824.jpg

地蔵川の綺麗な水に触れてみましたが、ずっと浸けていると、手が痛くなるほどに冷たい!

DSCF1826.jpg

この立派な門の向こうには、昔は大きなお屋敷があったそうですが、現在は、観光駐車場として利用されているそうで、駅前でなく、こちらに駐車しても良かったかも。

DSCF1827.jpg

この辺りの地蔵川にも、梅花藻が見られます。

DSCF1838.jpg

綺麗なお花もありました。

DSCF4196.jpg

夏らしく、スイカが冷やしてあったり…

DSCF1844.jpg

私が子供の頃は、自宅近所では一番多く目にしたものの、最近はクマゼミしか見ないセミも、こちらはアブラゼミが主役でした。

DSCF1845.jpg

おじいちゃんカメラマンさんが集まっていたので、私も1枚参加させていただきました。

DSCF1848.jpg

タマムシです。

DSCF4199.jpg

そして、醒井宿問屋場までやって来ましたが、ここの梅花藻は、沢山水面から顔を出していました。

DSCF1854.jpg

可愛いです。

DSCF1856.jpg

梅花藻を満喫できました。

DSCF1864.jpg

少し、残念だったのは、本来有料であるはずの醒井宿問屋場には、この日は係の人が駐在しないということで、誰でも自由に見学できる状態となっていて、旧郵便局前の2階見学分の料金は、意味がありませんでした。

DSCF4203.jpg

まぁ、おじいさんの丁寧な説明が聞けたから由としよう。

DSCF1860.jpg

そのまま、先を進むと、地蔵川の水の湧き出るポイント「居醒の清水」へと到着。

DSCF4209.jpg

ここは、ヤマトタケルが伊吹山の神の白いイノシシとの戦いで傷つき、瀕死で辿り着いたこの地で清水を口にしたところ、目が醒めるように元気になったという逸話があるそうです。

DSCF1865.jpg

そして、その横にある鳥居をくぐって、急な階段を上がると加茂神社があります。

DSCF4211.jpg

奥さんが参っていくというので登りましたが、醒井の町が一望できます。

DSCF4214.jpg

来た道を戻りながら、気になったヤマキ醤油さんへ入ってみましたが、特に奥さんの興味を引くものは無かったようです。

私は、またもや、ポケモンGOを起動。

2016-08-03 13.38.47.jpg

すると、地蔵川に沿ってポケストップが続いているんですね。

2016-08-03 13.40.14.jpg

実際はこんな感じですし、田舎なのでポケモンの出現はあまりありませんが、川なので、梅花藻の横のコイキングを捕まえました。わーい(嬉しい顔)

2016-08-03 13.41.59.jpg

駅まで戻って来たら、既に時間は14時でした。

醒井水の宿駅みゆきへと寄って、食事をしようと思いましたが、暑さのあまり、あまり食欲もわかず、買い物だけして移動することにしました。

途中のコンビニで買ったアイスクリームを食べながら、長浜方面へと向かいます。

そして、黒壁スクエア付近まで来ているはずも、よくわからないまま、目の前にあったコインパーキングに入って、散策開始です。

DSCF1872.jpg

実は、ナビで黒壁スクエアと入れても結果が出ずに、この「長浜大手門通り」という表示を見ても、ピンと来ていませんでした。

黒壁スクエアには、以前に来たことがあるので、わかると思ったのですが…。

でも、アーケードに入ると、直ぐに何処に居るのかが理解できました。

DSCF1873.jpg

フィギュアの海洋堂ミュージアムが目の前でした。

そして、もう15時ということで、とにかくお昼を済ませようということで、お店を探しますが、時間が時間なので、目ぼしいお店は終わっており、かと言って、暑い中ののっぺいうどんも気が進まないので、アーケードを抜けた先のカフェに入りました。

DSCF1883.jpg

掲示されたメニューを見て、注文するべき品は、「近江牛カレー」のみだったのですが、まさかの売り切れ。

DSCF1878.jpg

オンリーワンの売り切れに、出ようかと思いましたが、そうもいかないので、しぶしぶ近江牛のバケットサンドとアイス・カフェ・オ・レで我慢します。

DSCF1877.jpg

おまけに、安さもあってかサンドウィッチには、近江牛の姿がほとんど確認できずに残念な気持ちが一杯でしたが、間違って作り過ぎたということで、まさかのソフトクリームサービスしていただきました。

DSCF1882.jpg
夫婦して、余程残念な顔をしてしまったのかと、奥さんと反省していましたが、おかげで気持ちを切り替えることができました。

ありがとうございます。

また、黒壁スクエアには、ポケモンGOのポケストップが多く、カフェの席からなんと3つのポケストップにアクセスできる状態であり、5分おきにモンスターボールを調達、ポケモンを引き寄せるというお香を焚いて、沢山のポケモンを捕まえることができました。

DSCF1894.jpg

食後は、奥さんが見たいというので、黒壁オルゴール館へ。

DSCF1885.jpg

この辺りでも、沢山のポケモンがゲットできました。

2016-08-03 15.55.23.jpg

ガラススタジオやガラス館も見て回りましたが、ガラス館では、商品がポケモンに見えてきます。ふらふら

DSCF1890.jpg

奥さんが欲しいという買い物を済ませて、

DSCF1891.jpg

別の場所へと移動しようかと思っていましたが、もう他へ行く時間もないということで、そのまま黒壁付近を散策します。

DSCF1895.jpg

「日本一の万華鏡」という表示に惹かれて進んでいくと…

DSCF1897.jpg

怪しげな路地を奥に奥にと進んでいった結果、怪しげな塔がありました。

DSCF1898.jpg

この塔を下から覗くと、ちょっと残念な感じですが、確かに万華鏡でした。

DSCF1899.jpg

その横の秀吉像もシュールです。

DSCF1900.jpg

ここは、探偵ナイトスクープで言うところの、まさにパラダイスって感じです。

DSCF1903.jpg

よく見ると、怪しげな通路には、ぶどうやキーウィが成ってました。

DSCF1904.jpg

通りかかった油屋さんで、3種のごま油のおためしセットを買って、最後にやってきたのがこのお店。

DSCF1910.jpg

「茶しん」という地元では有名らしいお店です。

DSCF1906.jpg

ここで、注文したのが「ホワイト餃子」という餃子です。

子供たちの夕食にと30個注文し、ついでに二人で10個をお店で食べていくことにしました。

DSCF1908.jpg

皮の厚い、面白い餃子でした。

帰りは、またもや奥さんにスマホを託し、ポケモンGOをやってもらいながら帰ります。

多賀サービスエリアでは、三重県外で初という「えびせんべいの里」ができていて、えびせん試食堪能してきました。

でも、「トングを使え」と書いてあるのに、そのまま手を突っ込む老人の多さに、残念な気持ちとなってしまいました。

今回もハードな1日でしたが、課題だった「梅花藻」が消化出来て、満足です。
posted by かわいいHERO at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176353805

この記事へのトラックバック