2016年09月15日

似て非なる物?Plexus&LOOX

我が家のオルビスのトレードマークとも言えるカムロードの帯の塗装ですが、経年劣化で、クリア塗装部で部分的に細かいひび割れが出てきました。

2016-09-14 09.55.26.jpg

お盆の富山キャラバン出発前に、Plexus(プレクサス)を吹いておこうと思ったのですが、生憎直ぐに見つからず、代わりに少し前にオルビスのシェルのおでこ部分に使った呉工業のLOOX(ルークス)が目についたので、帯に吹きかけました。

すると…

2016-09-14 09.54.39.jpg

ひび割れ部分にLOOXが入り込んで白くなり、余計に目立つ状態となってしまいました。

そこで、今更ですが、改めてPlexusを吹いてみると、完全とはいきませんが、ひびが目立たなくなりました。

2016-09-14 09.59.36.jpg

ちょっとピンボケしていたので、わかりにくくなってしまいましたが、肉眼では、明らかに目立たなくなりました。

2016-09-14 09.59.36-2.jpg

念のため、Plexusを吹く前の同様の画角では、

2016-09-14 09.55.57.jpg

こんな感じでした。

2016-09-14 09.55.57-2.jpg

ピントが合っていれば、もっときちんと比較できたのにすみません。

まぁ、Plexusについては、オルビスの大ネットの大きなアクリル窓についたキズでもかなり目立たなくしたという実績があるので、その性能は折り紙つきと言って良いと思います。

気の枝ダメージ補修


錆が浮きかけている?ようなサイドミラーのメッキカバーもピカピカになります。

一方、LOOXの方は、場所を選ばないといけないようです。

肝心の帯のひび割れの方は、塗装し直すのが一番ですが、一度LOOXを落としてPlexusを吹くというのもやってみたい気がします。
posted by かわいいHERO at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176885729

この記事へのトラックバック