2016年10月08日

洗浄便座の水漏れ

少し前から自宅の2階にあるトイレの洗浄便座、いわゆるウォシュレットとかシャワートイレとか言われるものから僅かに水漏れするようになりました。

その時に、一度ネットで調べて、使用年数的にも珍しくないことで、パッキンだけは手に入らないというのを見ていて、たまに水滴が落ちるくらいということもあり、小さなバケツを置いて対処していました。

ところが、ここ最近になって、奥さんからその小さなバケツにすぐ水が貯まると聞いて、元栓を閉めて、駄目もとで、排水口らしき部分のキャップを外して、パッキンの状態を確認してみました。

すると、予想に反してパッキン自体は目立った劣化はないように見えました。

何かできることはないかと思っていましたが、結局パッキンの上下を変更して取り付けるという、あまり意味のないことをして終了。

元の状態に戻して、元の水栓を開けたのですが、開け方が少なかったようで、子供たちがトイレタンクの手洗い水がチョロチョロで止まらないから何時になったら止まるのかが心配と言ってきました。

別に問題ないとも思いましたが、後で水栓を多めに開け直しました。

その後、改めてネットで調べ直すと、私がチェックをした部分は、本当の水漏れ箇所ではなくて、どこか他の場所で漏れ出た水が、排水されているだけだと知りました。

そして、やはり修理は難しく、交換するより仕方がないようです。

もう15念以上前の自宅の新築時に、便器とセットで設置したもので、色がフォグブルーというグレーっぽい青だったこともあり、市販の白い洗浄便座を取り付けるのはどうもなぁ…と思っていたのですが、INAXでは、現在も青系の製品があるようです。

価格ドットコムで見ても、実際に取替をしている方も多いようなので、早速、最安値のアマゾンで注文し、翌日には届くこととなっていました。

すると、その日の夜に水栓を開け直して、水の勢いが増したことで、今度はミニバケツが表面張力状態になっていると子供たちが大騒ぎしています。

子供は右往左往するだけなので、私が台所からペットボトルを持ってきて、スポイドの原理で吸い出して、ミニバケツの水を処理しました。

水自体はポタポタ程度ではあるので、忘れずに処理すれば、なんとかなるレベルですが、これはいよいよ不味いことになってきたようです。

2016-10-07 22.16.19.jpg

取り敢えず、バケツを大きいものに替えました。

アマゾンで注文しておいて良かったと思いつつ、到着する予定の昨晩、帰宅途中の私に奥さんから電話が入って、宅配業者が箱を潰してしまったので、開梱して状態を確かめてから、不具合があれば再手配すると言っているらしい。

他に方法もないので、それで良いと返事して、そのまま帰宅すると、玄関に箱から出したまんまの洗浄便座が置いてありました。

2016-10-07 22.17.24.jpg

ここにあるということは、中身に問題が無かったということでしょう。

出来上がっている夕食を食べる前に、作業に取り掛かることにしました。

作業自体は、既存の分岐配管があるので、プラモデルより簡単でしたが、一点、既存のタンクから分岐させるホース配管がL字管となっているところ、購入したものには、両端がストレートとなっているので、そのまま取り付けると、壁にあたって無理な角度となって、配管に余計な力が加わってしまい、水漏れの原因となるかも知れません。

なので、既設のホース管をそのまま使おうと思ったのですが、こちらも洗浄便座へ取り付ける部分に青サビが出ていて、何となく水漏れを起こしそうな気がします。

いや、ひょっとすると、今回の水漏れは、洗浄便座本体ではなくて、このホース管の接続部分がサビで変形してしまって、そこから水漏れしていた可能性も考えられます。

今頃気づいても後の祭りなので、気にせず交換しますが、ゴムパッキンもついている部品なので、新しいものの方が良いことから、既設のホース配管をそのまま使うのも問題ありそうです。

困ったなぁと思ったものの、よくよく考えると、分岐部分の向きが壁に向いているのでL字にする必要がありますが、正面に向ければL字である必要が無いことに気が付きました。

よって、分岐部品を45度回転させて、無事にストレート管で設置完了しました。

2016-10-07 23.48.00.jpg

ケーブルレスのリモコンも付いて、一件落着です。

以前のフォグブルーと現在のブルーグレーでは、結構色の違いはありますが、まぁ同系色なので許容範囲です。

連休の一部が潰れるかと思いましたが、連休前に処理できて良かったです。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣家電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177181430

この記事へのトラックバック