2016年12月24日

プレステVRはまだ先になりそうなので…

アマゾンで買った奥さん用のスマートブレスレットと共に到着したものは後2つ。

一つは、ケンコーの800mmミラーレンズのTマウントアダプターの富士フィルムXマウント用です。

ケンコーの800mmミラーレンズについては、この辺の記事で取り上げています。

超望遠症候群、最後の聖戦!?

超望遠症候群、Q7の場合

超望遠症候群その2

暇つぶしのエアフロントオアシス下河原


折角の超望遠800mmですが、ペンタックスKマウント用とマイクロフォーサーズ用のアダプターしか持っておらず、現在メインで使用している富士フィルムのXマウント用のアダプターはなくて、X-PRO2やX-T10では使えなかったんですね。

これでまた遊べそうです。

そして、もう一つ、タイムセールでついポチってしまったのが、VR(バーチャル・リアリティ)用のヘッドセットです。

見た目はプレステVRのヘッドセットモニターのような、よくあるアレです。

2016-12-22 20.40.00.jpg

スマホをセットするタイプで、どれがいいのかもわかりませんが、タイムセールで普段3,000円弱の品が1,500円ほどだったので、つい買ってしまいました。

2016-12-22 20.41.01.jpg

想像以上にモノはしっかりしています。

2016-12-22 20.41.28.jpg

全く知識のない中、手帳型ケースの「iPhone7 Plus」は、そのままではセットできないので、そのままでセット可能な「HUAWEI P9」にいろいろなアプリをインストールしてみます。

2016-12-22 11.43.46.jpg

まずは、このプレイヤーを入れてみました。

使い方がイマイチわからない中、動画ファイルをP9のSDカードにコピーして、あれこれ試してみました。

VR以外の使い方として、普通に動画を観るのにも、映画館で観るような感覚を体験できるので、これでドラマ1話を丸々視聴しました。

2016-12-22 11.45.21.jpg

次に、ホラー系のVRゲームをやってみました。

画面中心の点を表示された選択肢の上で静止することによって、手を使うこと無く、ゲームを進めることが出来ました。

2016-12-22 11.46.43.jpg

そして、次は宇宙空間もののVRです。

何というか、今はなきUSJのアトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を思い出させるような、感覚です。

まぁ、機体が揺れたりすることはないですが、視覚上はまさにそんなVRでした。

スマホのVRアプリはたくさん出ていて、評価の高いものからインストールしてみましたが、他にも本当にたくさんあります。

また、VR以外にも3Dや普通のモニターとしての利用もできるので、スマホを有効利用するには良さげですが、カメラとして多用する「HUAWEI P9」を常時使用するのは、バッテリー管理上、やや気が引けるので、一か八かで、寝室のキャビネットの奥に眠っていた、古いスマホを出してきました。

ぎりぎり実用かなと期待した、「Android 4.1」の「HTC J butterfly(HTL21)」です。

2016-12-24 11.15.45.jpg

画面も一応フルハイビジョンで、VRアプリ「VaR's VR Video Player」もインストールできました。

2016-12-24 01.54.51.jpg

残念ながら、VRゲームの2種は動作対象外でしたが、3Dや動画モニターとしては使えそうです。

2016-12-24 01.55.01.jpg

VRや3D動画は、YOUTUBEにもアップされていますし、RICOHの「THETA」シリーズを筆頭に、360度撮影可能なカメラもいろいろと出てきていますし、FACEBOOKも全天球動画に対応したようなので、使い道はあるのかもしれません。

ただ、やはり目に負担が掛かりそうなので、長時間の使用はきついかな…。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣モバイルその他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178152292

この記事へのトラックバック