2017年01月28日

ブロンプトンより良いかも

image-7e744.jpg

オルビスのリアの収納スペースに常備している折りたたみ自転車のブロンプトンですが、残念ながら大活躍とはなっていません。

そもそも、オルビスの出動機会が減っている上、2台しかないので、奥さんとの二人旅限定となると、今後もなかなか活躍の場があるとも思えません。

なので、しまなみサイクリングの時のように、自分ひとりで相棒にするのが現実的なのでしょう。

2015GW瀬戸内一周ひとり旅-3日目-

ですが、しまなみサイクリングのように、結構本気モードのサイクリングとなると、16インチというタイヤサイズはなかなか厳しいものがあります。

もちろん、走って走れなくはないけれど、ロードバイクでしまなみサイクリングをする女子の友人と話をすると、そこまでハードじゃないと言われるので、きっと比較にならない世界なのでしょう。

もっとも、普段運動をしない私が、女子とは言っても、フルマラソンにサイクリングにと自分を追い込むことのできる人間と比較するのが間違いかも知れませんが…。ふらふら

なので、タイヤサイズは大きい方が良いわけですが、大きくなると当然のように、折りたたみサイズも大きくなるので、オルビスに積めなくなる可能性があります。

そんな悩みに朗報な折りたたみ自転車が、予約を受付開始したそうです。

HELIX01.jpg


“ほぼタイヤサイズ”の折り畳み自転車「HELIX」、ついに(やっと?)予約受付開始!


おなじみ?のクラウドファンディングサイト「kickstarter」での成功商品のようですが、なかなかご苦労されたようですね。

24インチにディスクブレーキ対応とは、すごいです。

きっと、ブロンプトンとは異次元の走りなんでしょうね。

折りたたみサイズさえ妥協すれば、メイド・イン・ジャパンでも素晴らしい折りたたみ自転車もあります。

FX-folding.jpg

Tyrell(タイレル)FXという自転車は、「メイド・イン・讃岐」で、前述の女子の友人も乗ったことがあると言ってましたが、よく走るようで、前から良いなと思ってはいますが、如何せん折りたたみサイズがネックです。

partsimage05.jpg

関係ないですが、Tyrellとラブライブ!コラボのミニベロなんてのもあるんですね。

lovelive_cx1.jpg

と、久しぶりにTyrellのサイトを見ていると、FXよりも新しい折りたたみ自転車も出しているみたいです。

IVE-folding.jpg

「IVE」というこの折りたたみ自転車は、18インチで、折りたたんだ時のサイズもかなり小さいですね。

もっとも、ブロンプトンをかなり意識しているように感じますので、18インチでタイヤは少しだけ大きいですが、走りは???ですね。

各車の折りたたみ時のサイズを比較してみます。

Tyrell IVE:幅710mm x 高さ590mm x 奥行き330mm

HELIX:幅686mm x 高さ585mm x 奥行き254mm

BROMPTON:幅585mm x 高さ565mm x 奥行き270mm

高さは似たようなものなので、オルビスにも積めそうですが、幅が10cmほど大きくなるのが、微妙かな?

ブロンプトンでも2台だと、ちょっと苦労するので…。

「HELIX」は奥行きが薄いので、行けるかもしれませんが、どちらも1台なら問題ないでしょうね。

まぁ、買い換える予算もないので、比較しても仕方ないのですが、ちょっと気になる自転車でした。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣グッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178572645

この記事へのトラックバック