2017年01月31日

ディーゼルユーザーなのでちょっと気になる

情報収集のために、FeedlyでRSS登録している四国のビルダー岡モータースさんの記事がちょっと気になります。


最近多いカムロードの不具合。 − 四国香川発信 岡モータースキャンピング隊 ニュース


サーモスタッドが開いたままになり、水温が上がらず、暖房も効かないらしい。


“平成20年以降ぐらいからの3000ccのDPR付き車は、排ガス浄化装置が定期的に作動しますが、水温が60度以上にならないと作動しなくなり、最悪、エンジンが保護モードになり低速走行しかできなくなります。”
だそうです。

うちのオルビスは平成22年なので該当するのだろうなぁ。

でも、うちのはDPRのスイッチ付けたから大丈夫?


オルビスの排ガス浄化装置の燃焼スイッチ取付


それ以前に、そこまでヘビーな使い方ができていない…もうやだ〜(悲しい顔)

でも、一応、暖房気にしてみよう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178608756

この記事へのトラックバック