2017年05月21日

オルビスおでこメンテナンス・レボリューション

GW前に即席でごまかしていたオルビス・イオのおでこメンテナンスですが、GW後も放置状態でした。

2017-05-21 12.45.51.jpg

帰りの高速で付いた虫の死骸がそのままでした。

今日も血迷ってカメラ持参で神戸祭でも行こうかなんて考えていましたが、被写体がサンバのパレードの女性位しか思い付かず、ちょっと不健全かなと思っていましたが、昨晩、ニュージーランドから帰った甥っ子が来たことで、寝る時間が遅くなって、出掛けるのをやめました。

お陰で、のんびり寝坊の後、気掛かりだったオルビスのおでこメンテナンスの為の時間を取ることが出来ました。

2017-05-21 12.49.25.jpg

事前にしっかりと、洗車道具を買い直しました。

以前使っていたスポンジもボロボロで、それも洗車が遠くなってた理由のひとつです。

おでこメンテナンスには、スリーエムのFRP用のケミカルを使う予定でしたが、通販でしか手に入らないこともあり、買わずに居たら、あれこれ考えて、気が変わりました。

「本当にFRP用のものでないと、復活できないのだろうか?」

「ダメージがそこまであるものだろうか?」

「今後の継続してのメンテナンスを考えると、身近で簡単に手に入るものの方が良いなぁ」

ということで、ホームセンターで調達したものでやってみて、駄目ならスリーエムを買うことにしました。

先ずはおでこ部分の洗車から始め、久しぶりにオルビスの上を見ると、隣家からの草の弦がソーラーのところまで伸びてきていました。

弦の根元はカットされているようで、枯れていましたが、邪魔です。

2017-05-21 13.01.13.jpg

でも、ホイール専用のスポンジ導入で、洗車は捗ります。

2017-05-21 13.13.19.jpg

道具を揃えることで、洗車も楽になるのですね。

2017-05-21 13.14.08.jpg

何を今さらって言われそうですが、屋根のある環境ということもあり、そこまで気にしたことがありませんでした。

そして、本命のこれを導入。

2017-05-21 13.25.11.jpg

電動ポリッシャーです。

利用されている方も多いと思いますが、私は気になりつつもスルーしてました。

研磨にも使用できるより強力な同形状の電動工具もありましたが、削り過ぎるのも怖いので、洗車に特化したパワーの低い方を選択しました。

2017-05-21 14.36.23.jpg

水垢消し用の極細かいコンパウンド入りの液体ワックス&電動ポリッシャーでおでこを作業してみると、見事、艶が復活しました。

それでも、自分の思う艶とは違うなぁと思いつつ、改めて全部を洗車とついでにシエンタも洗車し、最後に屋根上に登ってのポリッシュで、屋根上は理想通りに復活しました。

2017-05-21 18.33.15.jpg

不満だったおでこの前部分も、再度ワックス塗り塗りのポリッシュで、満足行く仕上がりとなりました。

すごいぞ!ポリッシャー。

こんなに楽だとは・・・。

もっと早く導入するべきでした。

ポリッシャーのお陰で、今後もメンテナンス状態を維持できそうです。
posted by かわいいHERO at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179813600

この記事へのトラックバック