2017年07月27日

コニケングッズ

今日は、久しぶりに「キャンプカーマガジン」誌を買いました。

2017-07-27 16.19.56.jpg

キャンピングカー雑誌と言えば、「オートキャンパー」誌をトップに、次いでこの「キャンプカーマガジン」誌が2大専門雑誌として知られていますが、最近、「キャンピングカーファン」なる雑誌等も発売になっているようですね。

オルビス購入前には、車種選択のお勉強に、購入直後にも、参加したキャンプ大会の記事やNEWアイテム情報を求めて購入していましたが、実際にキャンピングカーに乗っていると、トレンドを知るくらいしか参考にもならなくなってしまいました。

各誌それぞれに特徴はあるようですが、どれも概ね広告なので、実際の記事は僅かですしね。

その中の隔月発売のキャンピングカー雑誌「キャンプカーマガジン」の第63号を購入したのには理由があります。

“おサイフにやさしい小旅行”の情報が目的ではなく、付録の冊子が目的です。

2017-07-27 16.20.11.jpg

この第63号誌には、我が家のキャンピングカー「オルビス・イオ」のビルダーであるキャンピングワークス社の社長の小西さん、通称コニケンさんの誌面のコーナーをまとめた冊子が付録として付いてくるのです。

とはいえ、内容としては、自分自身も我が家のイオのサブバッテリー周りであれこれ模索したりしましたので、これと言って新しいものはないので、あくまでコレクションですね。

正直、コニケンさんという部分が抜ければ、買わないであろう付録です。あせあせ(飛び散る汗)

まぁ、内容としても開発のじぇね男さんあっての記事なのかも知れませんけど。

2017-07-27 16.20.25.jpg

知った顔のコニケンさんで、オルビス生みの親であるキャンピングワークス社の社長さんの冊子ですから、キャンピングワークスコレクションと言っても良いでしょう。

見ていない回も複数ありますので、改めてゆっくり読んでみることとします。

キャンピングカーの電機周りとしては、サブバッテリーの運用で、新たに登場したリチウムバッテリーにソーラーパネルの普及等、目まぐるしい環境変化に混乱しましたが、発電機を搭載するキャンピングワークス車のユーザーとしては、現実的に見えて来たものもあるので、また、改めてその辺りも記事にしたいと思います。

とにかく、今年の暑い夏には、オルビスの発電機に助けられていることは間違いありません。

電機が苦手という方には、参考になる部分もあると思うので、是非、お手元にkoniken先生はいかが?


同日追記:

“ジェネ男”さんを“じぇね男”さんに訂正しました。
ちょっと古いまとめですが、カタカナの“ジェネ男”というのは違う意味があったんですね。
気をつけよう。

噂のジェネ男の意味とは?

ちなみに、“じぇね男”さんの“じぇね”とは、発電機=ジェネレーターからくる“じぇね”ですね。
カタカナじゃねーかと突っ込むのは止めましょう。爆弾
posted by かわいいHERO at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣キャンピングワークス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180467471

この記事へのトラックバック