2017年07月29日

太陽光発電の幻想

ちょっと興味を引いたニュースがありました。

ドイツの「エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに − 現代ビジネス(講談社)

散々ドイツと比較してきて、今更ってところではありますが、日本でもソーラー関連の企業の倒産等、既に歪は感じるところです。

まぁ、我が家は某ハウスメーカーのツーバイフォー住宅だったことで、業者が太陽光発電に及び腰で実現ならなかったので、波に乗ることもできなかったのですが…。ふらふら

でも、脱原子力という点からは、太陽光発電の促進は意味が無いわけではないので、難しいところだと思います。

とは言え、それまで散々原子力に頼ってきて、急に脱原発に舵を切るという掌返しなところには、違和感を持ちましたし、人間の?いや日本人の?浅はかさを感じました。

直角のカーブで急ハンドルを切れば、そりゃあ膨らんでコントロールを失ってあらぬ方向に飛んでいってしまうのは当然です。

安全な速度まで減速してからハンドルを切ることが必要なのに、減速ということを考えないで急ブレーキや急ハンドルで交わそうなんて無理な話です。

ドイツで太陽光発電が、環境にも貢献していないというのも、人間が人間の思う世界にしようとする限り、不可能なのかも知れません。

昨日、テレビでジュラシックパークをやってましたが、まさに、絶滅した自然の象徴とも言える恐竜を支配できなかったように、人間には地球の環境なんてコントロールできっこないのかも知れません。

人間が淘汰されて、地球の環境に影響を与え無くなる他ないのでは?と思ったりもしますが、そう言い出すと努力もしなくなるのでこの辺で止めておきます。

はい、そこでこの件を自分の中でこじつけてみようと思います

これをキャンピングカーに当てはめてみると、言わば、我が家のオルビスの発電機は、火力発電所です。

山ほどソーラーを載せてみたところで、日照のない環境では、発電はかなわない。

どうしても電機が必要であれば、アイドリングや発電機に頼らざるを得ない。

そう考えると、極端な考え方はせずに、無理のない範囲で、ソーラーのメリットを適度に受け入れることが大事なのだと考えられます。

エアコンを使用するために発電機を使用せず、トリプルサブバッテリーに頼ることは、サブバッテリーの寿命を短くしてしまい、コストが高くつく。

かと言って、リチウムバッテリーを導入するにもコストが高くつく。

よくよく考えてみれば、暑くて我慢できないような時期には、車中泊車はみんなアイドリングなので、アイドリングレベルのオルビスの発電機なら問題になりにくい。

車中泊車がアイドリングしていないケースなら、マックスファンと窓の開け具合で空気の流れを管理してやれば、エアコンが必要ないケースも多い。

究極は、どうしても暑いなら、トラックの横へ行けば良いだけです。

もっとも、大型トラックの音で眠れないというデリケートな方には無理ですが、幸い我が家は問題ありません。

まぁ、こういうところは活字にすると、反発を食らうケースも多いのですが、ユーザー以外の方には伝わらないですから、敢えて書いています。

ここのところのソーラー&リチウムバッテリーブームで、私自身の頭の中もそちらへ流れていましたが、そう考えると、オルビスも見直されても良いのかなと感じています。

久しぶりに買った「キャンプカーマガジン」に、オンリースタイルが発売するらしい、キャンパー鹿児島の「KULOS」的なリチウムバッテリーが載っていましたが、やはり、課題は充電かなと思っています。

余談ですが、今なお「KULOS」の現実的な記事が見つけられません。

「キャンプカーマガジン」の記事には価格等の情報は無く、WEBのオンリースタイルのサイトにも載っていないので全く見当がつきませんが、全て内蔵されていることを考えると、それなりの価格だとは思いますが、これをスタンドアローン的にオルビスと組み合わせて使用するのも面白いと思ったりします。

使用は外部電源に接続して、充電は発電機を利用するわけです。(取り敢えずは外部配線とか細かいことのツッコミは無しで)

それなら、サブバッテリーをリチウムにしたらと言われそうですが、必要な時だけオルビスに載せて、普段は家庭や他の車で使用できるってのも面白いんじゃないかと思います。

コストとしても違った見方ができるかも知れませんしね。

発電機ありきで考えることで妄想が膨らみます。るんるん

あくまで妄想ですが…。あせあせ(飛び散る汗)

海外でのガソリン車・ディーゼル車の将来的廃止が掲げられる中、自分も急に舵を切ろうとせず、来るべき時までは、発電機の恩恵を最大限受けるのがベストなんだと思う今日このごろです。
posted by かわいいHERO at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>発電機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180484630

この記事へのトラックバック