2017年07月31日

今年も鈴鹿8耐へ

昨日は、記念すべき40回大会となる鈴鹿8時間耐久オートバイレースを観戦するために、昨年に引き続き、今年も鈴鹿へ行って来ました。

昨年同様、早朝にツーリング仲間のペンキ屋さんが迎えに来てくれ、後部座席で快適な旅です。

2017-07-30 06.57.36.jpg

ペンキ屋さんは、他人の運転では酔うらしく、運転しているのがへベストということで、運転を代わると言っても、うんとは言いませんから、気兼ねなく楽させてもらいます。

6時過ぎに出発して、途中、チラホラ雨模様の中を走りながら、8時前には鈴鹿へ到着しましたが、昨年よりも出発が早かったこともあり、渋滞なく進み、サーキットにより近い駐車場へと駐車できることとなったものの、いざ料金を支払う段になって、昨年の3倍の3千円を徴収されてしまいました。

2017-07-30 08.09.17.jpg

民間の協力駐車場でしたが、金額の表示無く、車列に入ると抜けることもできず、領収書の金額も空欄で、何とも納得の行かない中、ペンキ屋さんは帰るまでずっと不満を漏らしていましたが、サーキット公式ではない民間の駐車場で、1コーナーのスタンドが見える立地で、WEBにも金額明示されているので、仕方がないですね。

2017-07-30 08.10.43.jpg

車内で、途中コンビニに寄って買ったパンで朝食を済ませて、いよいよサーキットへ出発です。

2017-07-30 08.23.00.jpg

私は、カメラ持参で荷物が多いこともあり、サーキット内では、各所でペットボトルのドリンクが売られているので、適当にそれを買おうと思っていたのですが、ペンキ屋さんは、私達の分だと、事前にドリンクを買い込んで、大量のクーラーボックスを持参していました。

2017-07-30 08.29.59.jpg

キャリアで引くと言っても、これは結構たいへんだと思うのですが、好意なので仕方がありません。

GPエントランスから入場して、スズキやヤマハのブースを軽く覗いて、早々にこちらへ。

2017-07-30 08.44.04.jpg

昨年も寄ったKさんの会社のブースです。

地味なクロモリ製のアクスルシャフトがメイン商材ですが、その剛性から違いは結構はっきり分かるらしいですよ。

2017-07-30 08.44.10.jpg

いつも怪しい登場のしかたですみません。

2017-07-30 08.44.47.jpg

もちろん、ヨシムラの津田選手のヘルメットの他、マシンも展示されていました。

2017-07-30 08.57.28.jpg

陣中見舞いの後は、各ブースを見て回ります。

2017-07-30 08.57.32.jpg

ケミカルの試供品なんかは、有難かったりしますが、エントランスを抜けると共にポツッと来ていた雨がだんだんと強くなってきて、一時、避難することにしました。

2017-07-30 09.19.45.jpg

エアコンが効いて、なかなか快適な休憩所で助かりました。

雨が弱まってきたので、ブース見学を再開です。

2017-07-30 09.25.31.jpg

おっ、くまモンが居た!

2017-07-30 09.25.42.jpg

このミニレーサー格好いいなぁ。

2017-07-30 09.25.51.jpg

その奥のミニでないものも言うまでもなく格好良い。

2017-07-30 09.26.06.jpg

タンクのくまモンエンブレムが最高です。

2017-07-30 09.36.57.jpg

一通り見たので、サーキット方面へ戻りますが、その横でフリースタイルモトクロスのデモが始まりました。

2017-07-30 09.37.36.jpg

小さく、天を舞うモトクロッサーが見えます。

2017-07-30 09.44.46.jpg

超望遠ズームレンズで撮影しても良かったのですが、ペンキ屋さんは興味ないようなので、そのまま行くことになりました。

2017-07-30 09.46.07.jpg

ペンキ屋さんが持参したビールを「飲め、飲め」と勧め、促されるままに、1本頂きました。

今回はドライバーじゃないですしね。

2017-07-30 09.56.31.jpg

8耐の企画として、歴代の8耐マシンの展示が行われていて、しばし鑑賞。

2017-07-30 09.49.25.jpg

個人的には、ケニーロバーツの関わるこの2台のマシンが魅力です。

2017-07-30 09.48.57.jpg

ケニーロバーツ&平忠彦コンビのマシンは、若かりし頃、実際に鈴鹿8耐に観に行った思い出のマシンです。

2017-07-30 09.49.43.jpg

資生堂の「TECH21」シリーズも愛用してました。

2017-07-30 09.50.53.jpg

こちらの過去記事に、当時撮影した写真があります。

2017-07-30 09.49.07.jpg

また、ラッキーストライクがスポンサーのマシンも、レースには行けませんでしたが、当時のWGP500ccクラスで活躍していたチームロバーツを応援していて、貴重なマシンと言えます。

2017-07-30 09.53.25.jpg

その他、ヨシムラのマシンにはモリワキのステッカーも…

2017-07-30 09.53.37.jpg

感慨深いです。

モリワキエンジニアリングの森脇護氏の奥様、森脇南海子さんが、ヨシムラのポップヨシムラこと吉村秀雄氏の娘さんであることは有名です。

私のモリワキの接点はこちらの過去記事で。

2017-07-30 09.55.18.jpg

その他、40回大会の特別ゲストとして、鈴鹿イベント初登場のウェス・クーリー氏の乗ったマシンや、

歴代のマシンが勢揃いでした。

2017-07-30 09.55.45.jpg

昨年は、グランドスタンドのスズキの指定席での観戦でしたが、今年は指定席券を買わずに入場観戦券のみです。

昨年は、1・2コーナースタンドくらいしか行かなかったので、今年はコースの色んな所へ行く予定です。

早速、最終コーナー方面から日立オートモティブシステムズシケイン方向へ歩き出します。

2017-07-30 10.09.29.jpg

スズキチームの応援席でもあるのでしょうか?

スズキのフラッグがたくさん。

2017-07-30 10.13.57.jpg

こちらは、鈴鹿で散った天才ライダー「加藤大治郎」氏のファンにより、今なおたくさんのお花がありました。

この頃、グランドスタンド前ではレース前のセレモニーが行われていて、ケニーロバーツ他レジェンドライダーによるデモ走行があったようです。

シケイン近くで、いつ来るかいつ来るかと待っていたのですが、私のカメラの超望遠ズームの先には、遠くでショートカットしているライダー達の姿が目に入りました。

金網の向こうのはるか向こうに慌ててレンズを向けても、ピントが合うわけもなく、唯一撮れたケニーの写真がこれでした。

DSCF5548.jpg

ピントはシケインに行ってます。もうやだ〜(悲しい顔)

おまけに、この後行われたサイティングラップの先導も、ケニーが行っていたにも関わらず、準備不足で撮影できず…。爆弾

まぁ、今回は、新しく導入した×2テレコンバーターとバッテリーグリップのテスト目的だから…と負け惜しみです。

2017-07-30 10.56.09.jpg

そして、8耐スタートは「130R」での観戦にて迎えることになりました。

2017-07-30 10.56.17.jpg

高速コーナーなので、撮影ポイントとしては厳しいですが、これも練習です。

そして、レースがスタートし、撮影に夢中になっていましたが、徐々に空模様が怪しくなってきました。

2017-07-30 11.39.18.jpg

とうとう雨が降り出しましたが、「X-T2」は防塵防滴モデルということでそのまま撮影していましたが、一応、持参したポリ袋で覆いながら撮影を続けました。

2017-07-30 11.39.38.jpg

通り雨が過ぎると、心地よかった風が止み、異常に蒸し蒸ししてきました。

「130R」での撮影にも飽きてきたので、移動しようと申し出て、先のヘアピンへ移動します。

2017-07-30 12.37.26.jpg

速度がもっとも落ちるヘアピンカーブは、やはり絶好の撮影ポイントです。

2017-07-30 12.49.09.jpg

この時、バイク店主の友人は、ペンキ屋さん持参のアルコールを飲み続けていたようで…

2017-07-30 14.34.52.jpg

次はヘアピンの立ち上がり側へ移動。

この時点で、友人は缶ビール3本に酎ハイ等2本を立て続けに飲んだらしく、居眠りをはじめました。

私は、昼食を取っておこうと思い、ヘアピン上の売店へ行ってみたのですが、なんと丼や焼きそば系のご飯になりうるものはすべて完売でした。

2017-07-30 15.05.35.jpg

そのポイントでの観戦&撮影に満足したら、次へ移動という感じで先へ進みますが、クーラーボックスの載ったキャリアを引く友人は、ほとんど睡眠状態です。

2017-07-30 15.06.07.jpg

超高速コーナーの「200R」を過ぎて、

2017-07-30 15.14.50.jpg

「スプーンカーブ」方面へ。

2017-07-30 15.20.40.jpg

高速な「200R」から「スプーンカーブ」にかけては、サーキットらしさを感じる高速ゾーンですが、その分撮影も難しかったです。

ここでも、友人はずっと夢心地。

2017-07-30 16.40.22.jpg

そんな友人を起こして、さらに進みます。

スプーンカーブの先は行き止まりなので、200R先まで戻って、コース下のトンネルを抜けます。

2017-07-30 16.45.43.jpg

「スプーンカーブ」からの「裏ストレート」付近のエリアです。

2017-07-30 16.47.31.jpg

一見、ストレートを見ているようですが、目は瞑ってる?

はい、立ちながら寝てますね。

2017-07-30 16.48.39.jpg

しかし、このあたりの道はまるでハイキングコースみたい。

2017-07-30 16.50.43.jpg

見晴らしの良い丘の上から、裏ストレートを見渡します。

2017-07-30 16.50.57.jpg

モトGPのようなスプリントレースでは、こんな場所まで来る間にレースが終わっちゃいますが、レース中に移動できるのは、耐久レースならではです。

2017-07-30 17.12.12.jpg

とはいえ、この辺りはハードです。

一旦、サーキットのゲートを出て、再びゲートからサーキット敷地内へと戻ります。

2017-07-30 17.15.20.jpg

ゲートの先にはすぐ横を「デグナーカーブ」へと向かうマシンの姿が。

2017-07-30 17.26.29.jpg

少し進んだ「逆バンク」から「ダンロップコーナー」にかけてのスタンドにて、私はひとりでしばしの撮影タイム。

2017-07-30 17.26.36.jpg

ペンキ屋さんも相当へばったようで休憩、友人は相変わらずの爆睡状態です。

2017-07-30 17.26.41.jpg

その後、「S字コーナー」付近まで進んで、東コースの殆どが見渡せるこのポイントで、ペンキ屋さんの提案でしばし観戦も、友人はやはり爆睡。

だいぶ暗くなってきたことで、×2コンバーター付きのレンズでは、明るく撮るのが厳しくなってきて、もう充分撮ったということで、ここでカメラをリュックに仕舞いました。

2017-07-30 18.04.35.jpg

本当は、1・2コーナースタンドまで行こうと思っていましたが、友人が爆睡状態で、ペンキ屋さんのサンダルのソールが剥がれ、ショートカットしてグランドスタンドへ戻ることになりました。

2017-07-30 18.17.40.jpg

ペンキ屋さんが、スズキのオフィシャルグッズを買いたいと言うので、再びスズキのブースへやって来ました。

イアンノーネのマシンが展示されています。

2017-07-30 18.17.29.jpg

300円のスズキのモトGPマシンのミニチュアガチャがありますが、私は、朝に1回やって、イアンノーネのゼッケン29番のマシンをゲット済みです。

ちなみに自宅には、昨年ゲットした25番のヴィニャーレスのマシンがあります。

2017-07-30 18.32.57.jpg

昼食を取り損ねたということで、グランドスタンド下で軽くお腹に入れます。

2017-07-30 18.32.48.jpg

夕食の件もあるので、軽めのオニオンフライと唐揚げを。

去年は隣のココ壱でカレーを買って食べた記憶があります。

2017-07-30 18.52.35.jpg

その後は、グランドスタンド横のフェンス越しに、モニターを見ながらファイナルを見守ることにしました。

2017-07-30 18.52.40.jpg

最終コーナーからのマシンも見渡せて、なかなかのポイントです。

腰を降ろして見ていましたが、案の定、友人は爆睡、ペンキ屋さんもウトウトしていました。

2017-07-30 19.37.49.jpg

そして、チェッカーを見届けて、花火を横目に駐車場へと戻りますが、三千円駐車場は、帰りは放置状態で、公道へ出るまでに無茶苦茶時間が掛かりました。

もう二度とこの駐車場には駐めないと、ペンキ屋さんはカンカンです。

確かに、去年の駐車場は、少し遠かったですが、帰りはスムーズに帰れましたから。

2017-07-30 22.05.00.jpg

帰路は名阪国道経由で、ペンキ屋さんがトイレ休憩に寄った天理のパーキングエリアに牛丼の松屋があったので、そこで夕食にすることにしました。

私は、冷たいぶっかけうどんにミニプレミアム牛丼のセットを頼んだのに、熱いうどんが…。

2017-07-30 22.02.31.jpg

でも、店内のクーラーが効きすぎて寒かったので、丁度良かった。ひらめき

でも、初めて食べたプレミアム牛丼は普通だし、うどんもいまいちで、サービスエリア価格なのか少し高いので、残念な夕食となりました。バッド(下向き矢印)

それでも、自宅近くで降ろしてもらって、楽して鈴鹿8耐が楽しめたので、ペンキ屋さんには感謝感謝です。グッド(上向き矢印)

一方、最後まで寝通しだった友人は、何のために8耐行ったんだ?ちっ(怒った顔)

まぁ、ペンキ屋さんのお酒が原因ではあるけれど…。ダッシュ(走り出すさま)

さて、来年の8耐には行くかどうかは疑問ですが、その前に、先ずは10月の茂木が楽しみです。るんるん
posted by かわいいHERO at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180506204

この記事へのトラックバック