2017年08月01日

アップルの理不尽

applesupport.jpg

今日は、アップルのおかげで疲れました。

原因は、先日来、アップルのカスタマーサポートに問い合わせをしている、アップルペンシルの充電ケープル接続用アダプターの初期不良の件です。

アップルサポートの留守番電話

結局、留守番電話にメッセージが残っているのかどうかもわからず、連絡も来ないので、改めて1からサポートへ連絡を入れることにしました。

そして、メールで伝えられた案件番号に当たるケース番号を伝えたところ、「別のスペシャリストで良ければ…」と言われたので、結構ですと答えたところ、しばらく待たされて、「お客様の案件は、専任のスペシャリストが特別な形を取っているので、そのスペシャリストでないと対応できません」と言う。

「メッセージ吹き入れ後の留守番電話の操作が英語でわからない」と言ったものの、「少し待っていただければ大丈夫なはず」と言われ、自信がなくなってきて、もう一度留守電チャレンジすることに。

ところが、やはり、スペシャリストのメッセージの後に、こちらのメッセージを吹き込むまでは行くものの、その後、英語で1番とか2番とか選択を迫るような英語が延々と続きます。

一度目は、サポートの人の言うように、そのままボタンを押さず待っていましたが、延々と操作を促すような英語が続き、最終的に「Please call again」って言ってる…?

これって、もう一度電話しろってこと???

ということで、今度はメッセージを吹き込んだ後、1番押したらなおも操作を要求しているようなので、もう一度1番を押したらまたもや「Please call again」だって。

なにがなんだかわからないので、再度、始めのカスタマーサポートへと電話して、これまでの経緯を説明して、未だ、シリアル番号さえ伝えてないので、作業が何も始まっていないことを伝えると、電話口の方が、それなら私で対応が可能ですと言ってくれて、数分間の保留を何度も繰り返しながら、配達の手配までこぎつけたかと思うと、突然、「私の権限では、600円の有償対応しかできません」と言い出しました。

初期不良でなんでお金が要るの?ってことで、「やはり、権限を持ったスペシャリストが対応する必要があるので、他のスペシャリストを見つけてまいりますので、お待ちいただけますか?」と言うので、仕方ないのでお願いしたところ、今度は保留が長い。

10分位待たされたのではないでしょうか?

ようやく、男性のスペシャリストさんと代わってもらったのですが、今度はそのスペシャリストさんは、「本体には1年保証があるが、アダプターは消耗品扱いなので、アップルのオンライショップ以外は無条件に600円の有償扱いになる」と言います。

そして、「購入されたPCデポさんは、アップルの正規販売店ではないので、PCデポさんにご相談ください」だって。

???

でも、PCデポさんに言われて電話していると言うと「PCデポさんもどちらかの正規ルートで購入されているはずですから、そちらへご相談ください」ですと。

これ以上やり取りしても、時間の無駄なので、ここで電話を切りましたが、かれこれアップルのサポートとの電話はトータルで1時間以上は軽く超えています。

そして、今度は改めて、購入店のPCデポの方へ電話を入れ、経緯を説明するも、アップル次第という態度で、自社が販売した責任など微塵も感じていない様子です。

言われた通りに連絡したのに、こうなっていると事細かく説明後、調べて連絡をくれるというので待っていると、電話が掛かってきて、開口一番、「やはり、アップルとしては、消耗品扱いで…」と私がアップルに言われたことを確認するように言い出します。

初期不良であっても、アップルが対応しなければうちも知りませんという態度にがっくりです。

いずれにしても、一度、現物を確認したいと言うので、後日持参することとなりましたが、「初期不良は見ればわかりますから」と言うものの、「これは初期不良じゃない」とか言い出さないか心配です。

おまけに、確認したところで、アップルが「これは初期不良じゃない」とか言い出したら、目も当てられません。

たかだか600円のことで、こんだけ面倒なことになるのなら、600円出した方がましとも思うのですが、初期不良なのに有償ってことが、もう金額の問題じゃないんですよね。

実際には、その間、充電が困るし、将来的にアダプターを紛失してしまうことだって考えられますから、直接させるケーブルもアマゾンで2本購入済みで、本日到着です。

PCデポの売場に「消耗品には保証がないので、初期不良も対応できない」とかの注意書きでもあれば、収めどころもありますが、一切の表示もなく、初期不良に対応しないとかありえないでしょ。

いや、表示の問題ではなく、やはり初期不良で泣き寝入りとか、メーカー品ではどう考えてもありえないです。

せっかく良い商品であっても、これじゃあ台無しですよ、アップルさん。

PCデポさんも、量販店でも一緒とか、消費者を泣き寝入りに追い込む姿勢は、昨年の事件の反省が見られませんよ。

そんな姿勢なら、アップル商品の取扱いはやめるべきだと思います。

さてさて、PCデポさん、最終的にどんな対応してくれるのでしょうか?

あー疲れたふらふら
posted by かわいいHERO at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180517295

この記事へのトラックバック